どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress開発環境】XamppにWordPressを新規インストールする方法

      2015/11/07


WordPress開発環境を作成する上では、Xamppを利用してWordpressが動作する環境を作る事がオススメです。
XamppはWordpressが動作する上で必要なソフトウェアがパッケージされているため、ローカル環境に導入して利用する事で、ローカルでWordpressを動作させる事が出来るようになります。

 
XamppによってWordpressが必要なソフトウェア環境を整えたら、次に実際にXamppにWordpressをインストールする必要があります。
XamppにWordpressを新規インストールする方法について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpress開発環境】XamppにWordpressを新規インストールする方法
 

 

XamppにWordpressを新規インストールする方法

WordPressの開発環境を構築するで、Xamppをローカル環境(自分のPC環境)にいれたら、次は実際にWordpressをXamppにインストールする事でWordpressをローカル環境で利用可能な状態にする事が出来ます。

 
Xamppにはサーバーとして起動したときの「公開フォルダ」が存在するので、そこに新たにフォルダを作成し、作成したフォルダの中にWordpressのモジュールを格納する事でXamppにWordpressをインストールする事が出来ます。

 
Wordpress本体をすでに持っている人は良いのですが、Wordpress本体を持っていないという人は公式サイトから予めダウンロードしておく必要もあります。

 
XamppにWordpressをインストールする流れを手順としてまとめると次の通りです。

  • WordPress本体を公式サイトからダウンロードしてくる
  • Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する
  • WordPress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する
  • ブラウザでローカル環境のWordpressにアクセスする

 
では、XamppにWordpressをインストールしていきましょう。

 

 

 

WordPress本体を公式サイトからダウンロードしてくる

【Wordpress】Wordpressの本体をダウンロードする方法
Wordpressの本体をダウンロードする方法というのは、Wordpressでブログを作成したり、Wordpressのテーマや開発環境を構築する上で必要な、Wordpressのモジュール群をダウンロードする方法の事を意味しています。

 
Wordpressの本体をダウンロードするには次の手順でダウンロードする事が出来ます。

  • Wordpressの公式サイトへアクセス
  • 公式サイトからWordpressの最新版をダウンロードする

 
Wordpressをダウンロードする為、Wordpressの本家であるWordpress公式サイトにアクセスしましょう。
Wordpressの公式サイトへは次のリンクから移動する事が出来ます。
WordPress › 日本語

 
Wordpress公式サイトへ移動すると次の画像ようなページに移動するので、ページのダウンロードの項目にある「Wordpress x.x.x をダウンロード」のボタンを押してWordpressの最新版をダウンロードしましょう。「x.x.x」の部分にはWordpressの最新のバージョンが記載されているので、最新のバージョンがリリースされると変わります。
公式サイトからWordpressの最新版をダウンロードする-1

 
ダウンロードのボタンを押すとダウンローダーが起動し、Wordpress本体のダウンロードが始まります。自分のわかる場所にダウンロードして保存しましょう。
Wordpress本体はzip形式でダウンロードされるので、ダウンロードが終わったら解凍ルーチンでzipファイルを解凍しておきましょう。

 
Wordpressの本体をダウンロードする方法については「【WordPress】WordPressの本体をダウンロードする方法」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する

Xamppはインストールされているフォルダの「htdocs」が公開フォルダとなっているので、公開フォルダの中に新規フォルダを追加します。
Xamppの中に「dousitaraiino」フォルダを新規作成した結果が次の画像の通りです。
Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する

 

 

 

WordPress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する

WordPress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納していきましょう。

 
格納するのはWordpress公式サイトからダウンロードしてきたWordpressのコアファイル郡です。
Wordpressを解凍した本体の中身をすべて作成したWordpress公開用フォルダの中に移動しましょう。

 
例えば「dousitaraiino」のWordpress公開用フォルダを作成したのであれば、そのフォルダに対して次のようにファイルを格納します。(※格納ファイルのイメージはWordpressのバージョンによって異なります)

  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressxmlrpc.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-admin
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-content
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-includes
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressindex.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresslicense.txt
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressreadme.html
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-activate.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-blog-header.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-comments-post.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-config-sample.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-cron.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-links-opml.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-load.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-login.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-mail.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-settings.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-signup.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-trackback.php

 
実際に格納したイメージが次の画像の通りです。
Wordpress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する

 

 

 

スポンサーリンク


XamppにWordpressを新規インストールする方法 まとめ

WordPressの開発環境を構築するで、Xamppをローカル環境(自分のPC環境)にいれたら、次は実際にWordpressをXamppにインストールする事でWordpressをローカル環境で利用可能な状態にする事が出来ます。

 
Xamppにはサーバーとして起動したときの「公開フォルダ」が存在するので、そこに新たにフォルダを作成し、作成したフォルダの中にWordpressのモジュールを格納する事でXamppにWordpressをインストールする事が出来ます。

 
Wordpress本体をすでに持っている人は良いのですが、Wordpress本体を持っていないという人は公式サイトから予めダウンロードしておく必要もあります。

 
XamppにWordpressをインストールする流れを手順としてまとめると次の通りです。

  • WordPress本体を公式サイトからダウンロードしてくる
  • Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する
  • WordPress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する
  • ブラウザでローカル環境のWordpressにアクセスする

 

【Wordpress】Wordpressの本体をダウンロードする方法
Wordpressの本体をダウンロードする方法というのは、Wordpressでブログを作成したり、Wordpressのテーマや開発環境を構築する上で必要な、Wordpressのモジュール群をダウンロードする方法の事を意味しています。

 
Wordpressの本体をダウンロードするには次の手順でダウンロードする事が出来ます。

  • Wordpressの公式サイトへアクセス
  • 公式サイトからWordpressの最新版をダウンロードする

 
Xamppはインストールされているフォルダの「htdocs」が公開フォルダとなっているので、公開フォルダの中に新規フォルダを追加します。
Xamppの中に「dousitaraiino」フォルダを新規作成した結果が次の画像の通りです。
Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する

 
Wordpress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納していきましょう。

 
格納するのはWordpress公式サイトからダウンロードしてきたWordpressのコアファイル郡です。
Wordpressを解凍した本体の中身をすべて作成したWordpress公開用フォルダの中に移動しましょう。

 
例えば「dousitaraiino」のWordpress公開用フォルダを作成したのであれば、そのフォルダに対して次のようにファイルを格納します。(※格納ファイルのイメージはWordpressのバージョンによって異なります)

  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressxmlrpc.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-admin
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-content
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-includes
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressindex.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresslicense.txt
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpressreadme.html
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-activate.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-blog-header.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-comments-post.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-config-sample.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-cron.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-links-opml.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-load.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-login.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-mail.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-settings.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-signup.php
  • xampphtdocsdousitaraiinowordpresswp-trackback.php

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【TinyMCE Templates】テンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズ

TinyMCE Templatesは記事内容や定型文、決まったJavaScrip …

【Wordpressプラグイン自作】投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box)
【WordPressプラグイン自作】投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box)

WordPressのプラグインを自作で開発している人はプラグイン上でカスタム投稿 …

【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定
【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定

WordPressでブログのパフォーマンス高速化の為に、Head Cleaner …

【Wordpress開発環境】Wordpress初期設定で必要なデータベースの作成
【WordPress開発環境】WordPress初期設定で必要なデータベースの作成

WordPressはレンタルサーバーでブログ運営する場合、多くのレンタルサーバー …

【Autoptimize】HTMLを縮小化するAutoptimizeの基本設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】HTMLを縮小化するAutoptimizeの基本設定 初心者でも簡単!

AutoptimizeはWordpressのプラグインで、HTMLを縮小化する機 …

【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

WordPressを使用している人はとても多いですよね。 SEOに強いし、いろい …

【Head Cleaner】Autoptimize効果なしを解消するカスタマイズ
【Head Cleaner】Autoptimize効果なしを解消するカスタマイズ

WordPressを運営していて、AutoptimizeとHead Cleane …

【Wordpress】データ通信を削減してブログを高速化! Head Cleaner
【WordPress】データ通信を削減してブログを高速化! Head Cleaner

WordPressでブログを運営している人で、「もっとブログのパフォーマンスを上 …

クイックタグを入力補助するボタンをエディタに追加するか-1
【Quick Adsense】エディタに追加されるクイックタグのボタン設定

WordPressのブログ運営でQuick Adsenseを使って広告掲載を行っ …

【Wordpressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法
【WordPressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法

WordPressのプラグインを自作する上で気を付けなければいけないのが自作した …