どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress開発環境】XamppのWordPressをEclipseにインポートする方法

      2015/11/07


XamppとEclipseを使ってWordpressの開発環境を構築したいと思っている人は少なくないでしょう。
Wordpressの開発環境としてEclipseを使う上では、Eclipse上にWordpressを読み込ませてプロジェクトとして開発できるようにする必要があります。

 
Wordpress開発環境を構築する上でXamppのWordpressをEclipseにインポートする方法について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
 

 

XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法とは

XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法では、XamppにインストールしたWordpressをEclipseにインポートし、プロジェクトとして開発作業を出来るようにする設定です。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートする上ではXamppの設定とXampp上へのWordpressへの配置、インストールを完了させておく必要があるので、予め完了させておきましょう。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートしてプロジェクト化する事で、Wordpressのコアファイルやテーマ・プラグインをEclipseの機能を使ってコーディングしていく事が出来るのでWordpressをEclipseにインポートしてプロジェクトとして扱えるようにするのは必須の作業と言えます。

 

 

 

 

XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法

XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、Eclipseの機能を使って行うので、Eclipseは予め起動しておきましょう。
また、Xampp上のWordpressをEclipseにインポートする為に、EclipseのワークスペースはXamppの「htdocs」を指定しておく必要があります。

 
Wordpressをプロジェクトとしてインポートするには次の手順を行う事で実現することが出来ます。

  • PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く
  • Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する
  • Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、プロジェクトを作成する必要があるため、PHPプロジェクト作成のウィンドを開きます。
その後、Xampp上に配置したWordpressを同じ名前のプロジェクトを作成する事によって、WordpressのリソースがEclipseに認識・インポートされプロジェクトとして開発できる状態になります。

 
具体的に手順を見ていきましょう。

 

 

 

PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く

XamppのWordpressをEclipseにインポートする為、PHPプロジェクト作成のウィンドウを開きましょう。
PHPプロジェクト作成のウィンドウを開くにはEclipseのメニューから「ファイル」->「新規」->「PHPプロジェクト」を選択して開く事が出来ます。
PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く-1

 
実際にPHPプロジェクト作成のウィンドウを開くと次のようPHPプロジェクト作成画面が開かれます。
PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く-2

 

 

 

Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する

PHPプロジェクトの新規作成ウィンドウが開かれたら、Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成しましょう。
同じ名前を付けると新規PHPプロジェクトのウィンドウ下部に「既にプロジェクトが存在するので読みんでビルドパスを適切に構成しますよ」という旨のメッセージが表示されます。
また、JavaScriptサポートという項目で「このプロジェクトでJavaScriptサポートを使用可能にする」というチェックボックスがあるのでチェックボックスを入れておきましょう。

 
入力が終わったら「完了」ボタンを押してプロジェクトを新規作成し、WordpressをEclipseにインポートしましょう。

 
Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクト名を指定して、プロジェクトを作成する事で、Eclipse上からWordpressが認識され、Wordpresを開発できる状態にリソースをインポートしてくれます。

 
例えば、Xamppのhtdocsフォルダの中に「dousitaraiino」という名前でWordpressを配置していた場合は、EclipseのPHPプロジェクト新規作成で「dousitaraiino」と、同じ名前を付けてプロジェクトを作成します。

 
Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する-1

 

 

 

Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する

実際にXampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認しましょう。
Eclipseのプロジェクト一覧に、作成したプロジェクトが追加され、中にWordpressのコアファイルなどを確認する事が出来れば正しくインポートする事が出来ています。
Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する-1
 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事を読むうえで知っておきたい知識

この記事を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法

【Wordpress開発環境】Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築するというのは、Wordpress上で動作するWordpressのテーマとプラグインを開発する為に必要なIDE(統合開発環境)をパソコンにインストールしてプラグインやテーマの開発を進められるようにパソコン上の環境を整える事を意味しています。

 
Wordpressのテーマやプラグインを導入する前のWordpressを使い、何の記事も投稿されていない状態のWordpressを使いたい方はWordpressを一から構築するのが良いでしょう。

 
プラグインやテーマを自作したり、公開されているプラグインをダウンロード・インストールした後に自分好みにカスタマイズするにも、Wordpressの管理画面からのカスタマイズだけでは解析作業やコーディング作業が困難な場合があります。

 
そんな時は自分のパソコン上(ローカル環境)でワードプレスをテスト出来るようにセットアップして、統合開発環境上でプラグインやテーマを開発・カスタマイズするのが良いでしょう。

 
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法は次の流れで行います。

  • Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する
  • Wordpress開発環境に必要なXamppの設定を行う
  • XamppにWordpressをインストールする
  • MySQLにWordpressに必要なデータベースを作成する
  • Wordpressの初期設定を行う
  • Xampp上のWordpressをEclipseに読み込ませ開発出来る状態にする
  • 開発しやすいようにEclipseの設定を変更する

 

【PHP】Windows7に開発環境をEclipseで構築! Eclipse Pleiades All in Oneの導入
PHPの開発環境を構築するには、IDE(投稿開発環境)であるEclipseを導入するのが良いでしょう。

 
Eclipseは高機能なエディタ機能や開発に必要な各種プラグインなどの機能が豊富にあり、ソースコードの入力補助機能などもあってPHPの開発をする上で作業効率や正確性を上げる上で必須ともいえる程の高機能開発環境を構築する事が出来ます。

 
Windows7に開発環境をEclipseで構築するには次の手順を行います。

  • IDE(統合開発環境)として「Eclipse(Eclipse Pleiades All in One)」をダウンロードする
  • Eclipse(Eclipse Pleiades All in One)をインストールする
  • 起動の確認を行う

 

【Wordpress開発環境】開発環境構築で必要なXamppの設定
Wordpressの開発環境構築で必要なXamppの設定というのは、自分のパソコン上であるローカル環境でWordpressのテーマやプラグインに必要な各種設定をXamppに行っていく事です。

 
WordpressはデータベースとしてMySQLを利用しているので、XamppにパッケージされているMySQLを有効化する必要があります。
また、Wordpressはサーバ上で動作する事が大前提としたつくりになっているので、ローカル環境をサーバとして使えるようにする「Apatche」もXamppから有効化していきましょう。

 
Wordpressの開発環境で必要なXamppの設定について手順としてまとめると次の通りです。

  • XamppのApatche(サーバ)のインストールと起動
  • XamppのMySQL(データベース)のインストールと起動

 

【Wordpress開発環境】XamppにWordpressを新規インストールする方法
Wordpressの開発環境を構築するで、Xamppをローカル環境(自分のPC環境)にいれたら、次は実際にWordpressをXamppにインストールする事でWordpressをローカル環境で利用可能な状態にする事が出来ます。

 
Xamppにはサーバーとして起動したときの「公開フォルダ」が存在するので、そこに新たにフォルダを作成し、作成したフォルダの中にWordpressのモジュールを格納する事でXamppにWordpressをインストールする事が出来ます。

 
Wordpress本体をすでに持っている人は良いのですが、Wordpress本体を持っていないという人は公式サイトから予めダウンロードしておく必要もあります。

 
XamppにWordpressをインストールする流れを手順としてまとめると次の通りです。

  • Wordpress本体を公式サイトからダウンロードしてくる
  • Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する
  • Wordpress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する
  • ブラウザでローカル環境のWordpressにアクセスする

 

【Wordpress開発環境】Wordpress初期設定で必要なデータベースの作成
Wordpressのデータベースの作成では、Wordpressがデータを保存・格納するのに利用するデータベースを作成します。
Wordpressは利用しているデータベースとしてMySQLを利用しているので、予めMySQLをインストールし、利用できる状態にしておく必要があります。

 
Wordpress初期設定のデータベース作成を手順としてまとめておくと次の流れで行います。

  • phpMyAdminへアクセスする
  • データベースの作成
  • データベースユーザーの作成

 

【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
Wordpressインストールと初期設定では、Wordpressをサーバー・もしくはローカル環境に設置したあとに、ブラウザからWordpressにアクセスし初期設定とインストールを行っていきます。
既にWordpress本体はサーバーに設置されている前提で作業を進めていくので、まだサーバやローカル環境にWordpressを設置していない人は予め設置しておきましょう。

Wordpressインストール後の初期設定は次の流れで行う事が出来ます。

  • Wordpressへブラウザでアクセスする
  • Wordpressで利用するデータベースの設定
  • Wordpressをインストールする
  • Wordpressの初期設定
  • Wordpressにログインしてみよう

 

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法では、XamppにインストールしたWordpressをEclipseにインポートし、プロジェクトとして開発作業を出来るようにする設定です。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートする上ではXamppの設定とXampp上へのWordpressへの配置、インストールを完了させておく必要があるので、予め完了させておきましょ

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、Eclipseの機能を使って行うので、Eclipseは予め起動しておきましょう。
また、Xampp上のWordpressをEclipseにインポートする為に、EclipseのワークスペースはXamppの「htdocs」を指定しておく必要があります。

 
Wordpressをプロジェクトとしてインポートするには次の手順を行う事で実現することが出来ます。

  • PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く
  • Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する
  • Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、プロジェクトを作成する必要があるため、PHPプロジェクト作成のウィンドを開きます。
その後、Xampp上に配置したWordpressを同じ名前のプロジェクトを作成する事によって、WordpressのリソースがEclipseに認識・インポートされプロジェクトとして開発できる状態になります。

 

【Wordpress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定
Wordpress開発環境としてEclipseを使っていると、デフォルトのままでもWordpressの管理画面のエディタや、テキストエディタだけで開発を進めるのと比較するとかなり開発作業が効率化されます。

 
しかし、Eclipseのデフォルトの状態では開発作業のパフォーマンスを発揮できないシーンがあったり、デバッグの設定が出来ていない状態ですので、これらの設定を行った開発作業を十分スムーズに行えるようにしていきたいですよね。

 
開発環境であるEclipseで行うべきオススメの設定は次の通りです。

  • Eclipseが起動するブラウザの変更
  • Wordpressデバッグ環境の設定

 
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法は「【WordPress開発環境】WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法 まとめ

XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法では、XamppにインストールしたWordpressをEclipseにインポートし、プロジェクトとして開発作業を出来るようにする設定です。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートする上ではXamppの設定とXampp上へのWordpressへの配置、インストールを完了させておく必要があるので、予め完了させておきましょ

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、Eclipseの機能を使って行うので、Eclipseは予め起動しておきましょう。
また、Xampp上のWordpressをEclipseにインポートする為に、EclipseのワークスペースはXamppの「htdocs」を指定しておく必要があります。

 
Wordpressをプロジェクトとしてインポートするには次の手順を行う事で実現することが出来ます。

  • PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く
  • Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する
  • Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、プロジェクトを作成する必要があるため、PHPプロジェクト作成のウィンドを開きます。
その後、Xampp上に配置したWordpressを同じ名前のプロジェクトを作成する事によって、WordpressのリソースがEclipseに認識・インポートされプロジェクトとして開発できる状態になります。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートする為、PHPプロジェクト作成のウィンドウを開きましょう。
PHPプロジェクト作成のウィンドウを開くにはEclipseのメニューから「ファイル」->「新規」->「PHPプロジェクト」を選択して開く事が出来ます。
PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く-1

 
PHPプロジェクトの新規作成ウィンドウが開かれたら、Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成しましょう。
同じ名前を付けると新規PHPプロジェクトのウィンドウ下部に「既にプロジェクトが存在するので読みんでビルドパスを適切に構成しますよ」という旨のメッセージが表示されます。
また、JavaScriptサポートという項目で「このプロジェクトでJavaScriptサポートを使用可能にする」というチェックボックスがあるのでチェックボックスを入れておきましょう。

 
入力が終わったら「完了」ボタンを押してプロジェクトを新規作成し、WordpressをEclipseにインポートしましょう。

 
Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクト名を指定して、プロジェクトを作成する事で、Eclipse上からWordpressが認識され、Wordpresを開発できる状態にリソースをインポートしてくれます。

 
例えば、Xamppのhtdocsフォルダの中に「dousitaraiino」という名前でWordpressを配置していた場合は、EclipseのPHPプロジェクト新規作成で「dousitaraiino」と、同じ名前を付けてプロジェクトを作成します。

 
Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する-1

 
実際にXampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認しましょう。
Eclipseのプロジェクト一覧に、作成したプロジェクトが追加され、中にWordpressのコアファイルなどを確認する事が出来れば正しくインポートする事が出来ています。
Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する-1

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Eclipse, Wordpress , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう
【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう

Quick AdsenseでGoogle Adsenseや忍者Admaxといった …

【Wordpress】データベースをバックアップするWP Database Backup
【WordPress】データベースをバックアップするWP Database Backup

WordPressでデータベースのバックアップを簡単に行いたい場合がありますよね …

【Wordpress】Wordpressでブログ運営する上で参考にしたい考察 
【WordPress】WordPressでブログ運営する上で参考にしたい考察 

WordPressはブログを運営する上でメジャーなCMSです。 Wordpres …

【Head Cleaner】Google Ajax Libraries を使う設定!
【Head Cleaner】Google Ajax Libraries を使う設定!

Head Cleanerの設定にはGoogle Ajax Librariesを使 …

【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

WordPressを使用している人はとても多いですよね。 SEOに強いし、いろい …

【Wordpressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法
【WordPressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法

WordPressのプラグインを自作する上で気を付けなければいけないのが自作した …

【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法
【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法

WordPressでブログ運営している人で、テーマにStinger5を使っている …

【Head Cleaner】ヘッダーのJavaScriptをフッタに移動させる設定!
【Head Cleaner】ヘッダーのJavaScriptをフッタに移動させる設定!

WordPressでブログを運営している人でHead Cleanerを使ってブロ …

【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!
【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!

WordPressでブログを運営している人で「TinyMCE Templates …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …