どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPressプラグイン自作】投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box)

      2015/11/07


WordPressのプラグインを自作で開発している人はプラグイン上でカスタム投稿画面を作成したいと思っている人も居るかと思います。
カスタム投稿画面を作成する事で自分のスタイルに合った投稿画面を作成する事が出来るので作業効率が上がったり、プラグインでより処理しやすい形に投稿画面をカスタマイズする事が出来ます。

 
カスタム投稿画面を作成する上で必要な知識の一つが「投稿画面の不要なパーツの削除」ですよね。
Wordpressでカスタム投稿画面を作成する上で、投稿画面の不要なパーツを削除する方法について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpressプラグイン自作】投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box)
 

 

WordPressの投稿画面の不要なパーツを削除するとは

WordPressの投稿画面の不要なパーツを削除するというのは、プラグイン開発などでWordpressのカスタム投稿画面を作成する場合に、デフォルトの投稿画面から不要なパーツ(要素)を削除する事を言います。

 
通常の投稿画面だと必要なパーツであっても、カスタマイズしたカスタム投稿画面上では必要ないパーツも存在するでしょう。
カスタム投稿画面を利用する上ではWordpressの標準テンプレートである通常の投稿画面から不要なパーツを削除して表示するようにしましょう。

 
Wordpresの投稿画面の不要なパーツを削除するには、Wordpressが提供している関数を利用する事で削除する事が可能です。

 
例えば、記事テンプレートを作成するようなカスタム投稿画面をプラグインで実装する場合には通常の投稿画面だと「カテゴリー」などの表示は不要となるでしょう。
そういった場合はカスタム投稿画面では通常の投稿画面から、Wordpressの関数を利用して「カテゴリーパーツを削除」して表示すると良いです。

 

 

 

 

WordPressの投稿画面の不要なパーツを削除する方法(remove_meta_box)

WordPressの投稿画面の不要なパーツを削除する方法は、先ほども紹介したとおりWordPressが提供している関数を利用する事で、投稿画面の不要なパーツを削除する事ができます。

 
投稿画面の不要なパーツを削除するのに使用する関数が「remove_meta_box」関数です。

 
remove_meta_box関数を利用し、メタボックスのdiv要素のID(不要なパーツのID)と、パーツの削除を適用する投稿のタイプ、メタボックスの種類を指定する事で不要なパーツを削除する事が出来ます。

 
remove_meta_boxは次のような形式でコードに記述します。

 

 

 

 

パーツのID

パーツのIDでは、投稿画面から削除したいパーツのIDを指定します。
投稿画面をブラウザの「ページのソースを表示」等でHTML表示すると削除したいパーツのIDを調べる事が出来、「ID=”${パーツのID}”」の形式で記述されています。

 

 

 

削除を適用する投稿のタイプ

削除を適用する投稿のタイプでは、不要な要素の削除を適用する投稿のタイプを指定します。
Wordpressの標準では次の投稿タイプを指定する事が出来ます。

  • ‘post’
  • ‘page’
  • ‘attachment’
  • ‘link’
  • ‘dashboard’

 
Wordpressの標準の投稿タイプの他、オリジナルの投稿タイプを追加している場合も、オリジナル投稿のタイプをここで指定する事で、パーツを削除する投稿タイプとする事が出来ます。

 

 

 

メタボックスの種類

メタボックスの種類では、削除するパーツの種類(場所)を設定できます。
メタボックスの種類として次の値を設定する事が出来ます。

  • ‘normal'(投稿画面のメイン部分)
  • ‘advanced’ もしくは ‘side'(投稿画面のサイドバー部分)

 

 

 

 

remove_meta_box関数の例

remove_meta_box関数のコードの例を記述しておきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク


WordPressで投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box) あとがき

WordPressで投稿画面の不要なパーツを削除する方法について紹介しました。
プラグインを自作していると投稿画面をそのまま入力画面として使い、更には自作の投稿タイプでWordpressのデータベースにデータを保存するなんてロジックを使いたい場合もあります。

 
そんな時、投稿画面をテンプレートとしてパーツを削除してカスタム投稿画面を削除すると恐ろしいくらい便利な画面が出来上がります。
この方法だとWordpressのエディタ機能をそのまま引き継いだ画面を使用する事が出来るので、テキストベースで何かを入力するようなプラグインを作成する場合はとても便利です。

 
Wordpressで投稿画面の不要なパーツを削除する方法を使って、自分好みのWordpressに仕上げていってくださいね。

 

 

 

 

WordPressで投稿画面の不要なパーツを削除する(remove_meta_box) まとめ

WordPressの投稿画面の不要なパーツを削除するというのは、プラグイン開発などでWordpressのカスタム投稿画面を作成する場合に、デフォルトの投稿画面から不要なパーツ(要素)を削除する事を言います。

 
通常の投稿画面だと必要なパーツであっても、カスタマイズしたカスタム投稿画面上では必要ないパーツも存在するでしょう。
カスタム投稿画面を利用する上ではWordpressの標準テンプレートである通常の投稿画面から不要なパーツを削除して表示するようにしましょう。

 
Wordpresの投稿画面の不要なパーツを削除するには、Wordpressが提供している関数を利用する事で削除する事が可能です。

 
Wordpressの投稿画面の不要なパーツを削除する方法は、先ほども紹介したとおりWordPressが提供している関数を利用する事で、投稿画面の不要なパーツを削除する事ができます。

 
投稿画面の不要なパーツを削除するのに使用する関数が「remove_meta_box」関数です。

 
remove_meta_box関数を利用し、メタボックスのdiv要素のID(不要なパーツのID)と、パーツの削除を適用する投稿のタイプ、メタボックスの種類を指定する事で不要なパーツを削除する事が出来ます。

 
remove_meta_boxは次のような形式でコードに記述します。

 

 
パーツのIDでは、投稿画面から削除したいパーツのIDを指定します。

 
削除を適用する投稿のタイプでは、不要な要素の削除を適用する投稿のタイプを指定します。

 
メタボックスの種類では、削除するパーツの種類(場所)を設定できます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpressプラグイン自作】自作プラグインをWordpressに登録し認識させる方法
【WordPressプラグイン自作】WordPressに自作プラグインを登録し認識させる方法

WordPressを使っていて、自作プラグインを作成したいと考えている人も多い事 …

【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する
【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する

Googleアドセンスや忍者アドマックスの広告などの掲載の為、Wordpress …

【Wordpress開発環境】Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]
【WordPress開発環境】WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を一から構築する[Windows7]

WordPressについて知れば知るほど、「オリジナルのテーマを作成したい」「自 …

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
【WordPress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache

WordPressでキャッシュを使ったブログの高速化をしたいと思う人は多いもので …

【Autoptimize】Autoptimizeのお勧めの設定 コツコツとパフォーマンス改善
【Autoptimize】Autoptimizeのお勧めの設定 コツコツとパフォーマンス改善

WordPressでブログを運営している人の中にはAutoptimize使ってブ …

【Wordpress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事
【WordPress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事

WordPressでブログを運営していて、上級者になってくると「より自分にあった …

【Stinger5】PCで記事下に2つ横並びの広告を表示する方法
【Stinger5】PCで記事下に2つ横並びの広告を表示する方法

WordPressでブログを運営していて、Stinger5のテーマを利用している …

【Wordpress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)
【WordPress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)

WordPressでブログを運営していると必ずと言っていいほど利用するプラグイン …

【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法
【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法

WordPressでブログ運営している人で、テーマにStinger5を使っている …

【Wordpressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法
【WordPressプラグイン自作】フックに登録する関数を他プラグインの関数と衝突させない方法

WordPressのプラグインを自作する上で気を付けなければいけないのが自作した …