どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法

      2015/11/07


WordPressのプラグインを自作していて、Wordpressの管理画面の任意の画面を表示するときに、ヘッダーを作成するときに処理を実行したい場合ってありますよね。

 
例えばCSSやJavaScriptを管理画面のヘッダー部分に新たに記述したい場合など、任意画面のヘッダー作成時にヘッダーにCSSやJSファイルの読み込み処理を書きたい場合などがこれに該当するのではないでしょうか。

 
管理画面の任意画面のヘッダー作世事に処理を実行する方法について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法
 

 

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法とは

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法というのは、Wordpressの管理画面の内、好きな画面を開いた時、Wordpressが管理画面の表示時に、<head>を作成する時に処理を実行する事です。

 
Wordpressの管理画面に自作プラグインで作成したCSSやJSファイルを管理画面に適用したい場合等に、<head>の出力内容の中に含めたい時に文字列を出力する処理を実行したい場合などに利用されます。

 
Wordpressの特定の管理画面にだけCSSやJSファイルを適用したい場合などに良く利用するのでWordpressの管理画面のどこかに自作のボタンやリンクを追加してCSSを適用したい場合の基本知識ですね。

 

 

 

 

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法としては「add_action関数」を利用し、「管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時」を表現するアクションフックを利用する事で、任意の画面を表示したときだけプラグインの処理を実行する事が出来ます。

 
「管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時」を表現するアクションフックは「admin_head-(hookname)」を使う事で実現する事が出来ます。
「admin_head-」の部分で管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時という事を意味していて、「(hookname)」の部分で実際に画面表示に利用されているPHPファイル名を指定します。

 
Wordpressの管理画面にデフォルトで用意されている「新規投稿を追加」画面等の他にも、自作プラグインで用意した画面も指定する事が出来ます。

 
add_action関数を利用した上での管理画面の任意画面を表示するときに処理を実行する形式には次のようなコードを利用します。

 

 

 
例えば、「新規投稿を追加」画面ではWordpressに特別なカスタマイズを加えていない限りは「post-new.php」が新規投稿を追加画面のPHPファイルとなり、アクションフックとして追加するには「admin_head-post-new.php」というフックを使う事によって、新規投稿を追加画面を表示した場合に処理を実行する事が出来ます。

 
新規投稿を追加画面を表示する時のヘッダー出力時に「do_test」という関数を処理させたい時を例にサンプルコードを紹介すると、次のようなコードです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事を読むうえで知っておきたい知識

この記事を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

WordPressの管理画面で任意の画面を表示した時に処理を実行する方法

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法
Wordpressの管理画面の任意画面を表示するときに処理実行する方法というのは、Wordpressの管理画面のいずれか好きな画面を開いた時だけ、プラグインの処理を実行したい時に利用します。

 
管理画面の任意の画面を表示するときに処理実行する方法では、Wordpressの管理画面の表示をする時の次のタイミングで処理を実行したい時に自作した関数を処理する事が出来ます。

  • ヘッダー作成時に関数を処理する
  • フッター作成時に関数を処理する

 

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法
Wordpressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法というのは、Wordpressの管理画面の内、好きな画面を開いた時、Wordpressが管理画面の表示時に、<head>を作成する時に処理を実行する事です。

 
Wordpressの管理画面に自作プラグインで作成したCSSやJSファイルを管理画面に適用したい場合等に、<head>の出力内容の中に含めたい時に文字列を出力する処理を実行したい場合などに利用されます。

 
Wordpressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法としては「add_action関数」を利用し、「管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時」を表現するアクションフックを利用する事で、任意の画面を表示したときだけプラグインの処理を実行する事が出来ます。

 
管理画面の任意の画面表示PHPを知る方法
Wordpressの管理画面で各画面を表示するPHPを知るには、実際に管理画面から画面を開いてみて、ブラウザのURLから任意の画面の表示PHPを判断すると良いでしょう。

 
管理画面から画面へアクセスすると「${ドメイン名}/wp-admin/${画面表示PHP}」という形式で表示されるので、「${画面表示PHP}」を見る事で、その画面がどのPHPによって処理されているかを知る事が出来ます。

 
見出し画像の例では、新規投稿の追加画面を開いてみて、画面表示に使われているPHPを確認してみた例です。
この場合だと「post-new.php」が「${画面表示PHP}」に該当し、新規投稿の追加画面を表示する為のPHPファイルである事がわかります。

 
Wordpress管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法については「【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法 あとがき

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法について紹介しました。
Wordpressの管理画面はブログの記事表示画面とは直接表示に関係が無いものの、やはりWordpress上で作業の起点となる部分なのでCSSで整形して使いやすく、見やすくしている事が大切です。

 
また、管理画面をプラグインの機能によってカスタマイズしたい時は時にJavaScriptのJQueryを利用する必要がある場合もあります。
jQueryを読み込んで利用したり、jQueryを利用する上で必要な処理を記述したJavaScriptファイルをヘッダーで読み込みたい場合もありますよね。

 
そんな時は管理画面で自分の選んだ画面のヘッダーが出力タイミングで、そのJSファイルを読み込む処理を記述する必要があるでしょう。
管理画面でグリグリいろんな処理を実行したり、例えば新規投稿の追加画面で入力したテキストをJavaScriptで処理させたい場合などに有効な方法です。

 
Wordpressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法を使って、便利なWordpressプラグインをカスタマイズしていってくださいね。

 

 

 

 

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法 まとめ

WordPressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法というのは、Wordpressの管理画面の内、好きな画面を開いた時、Wordpressが管理画面の表示時に、<head>を作成する時に処理を実行する事です。

 
Wordpressの管理画面に自作プラグインで作成したCSSやJSファイルを管理画面に適用したい場合等に、<head>の出力内容の中に含めたい時に文字列を出力する処理を実行したい場合などに利用されます。

 
Wordpressの管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法としては「add_action関数」を利用し、「管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時」を表現するアクションフックを利用する事で、任意の画面を表示したときだけプラグインの処理を実行する事が出来ます。

 
「管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時」を表現するアクションフックは「admin_head-(hookname)」を使う事で実現する事が出来ます。
「admin_head-」の部分で管理画面の特定の画面をのヘッダーを作成する時という事を意味していて、「(hookname)」の部分で実際に画面表示に利用されているPHPファイル名を指定します。

 
Wordpressの管理画面にデフォルトで用意されている「新規投稿を追加」画面等の他にも、自作プラグインで用意した画面も指定する事が出来ます。

 
add_action関数を利用した上での管理画面の任意画面を表示するときに処理を実行する形式には次のようなコードを利用します。

 

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、 …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュでは、画像や動画、音声ファイルと …

【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの高度な設定
【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの高度な設定

Autoptimizeには基本設定と高度な設定があり、高度な設定については技術的 …

【Quick Adsense】画像の後に広告を自動挿入するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】画像の後に広告を自動挿入するQuick Adsenseの設定

画像の後に広告を掲載したいな~なんて考えている人も居るのではないでしょうか。 ブ …

【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はオブジ …

【Wordpress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事
【WordPress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事

WordPressでブログを運営していて、上級者になってくると「より自分にあった …

【Wordpress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン
【WordPress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン

ブログをWordpressで運営している人は多いですよね。 ブログをWordpr …

【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう
【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう

Quick AdsenseでGoogle Adsenseや忍者Admaxといった …

【Autoptimize】CSSを縮小化するAutoptimizeの基本設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】CSSを縮小化するAutoptimizeの基本設定 誰でも簡単!

AutoptimizeはWordpressのプラグインで、CSSを縮小化する機能 …

【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定
【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定

WordPressでブログのパフォーマンス高速化の為に、Head Cleaner …