どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

      2015/11/07


WordPressを使用している人はとても多いですよね。
SEOに強いし、いろいろなプラグインも利用する事が出来るのでブログ構築を効率的に行う事も可能です。

 
しかし、プラグインを利用する際の注意としては、使いすぎるとブログの訪問者にとって不便になってしまう事です。
プラグインはちゃんと整理しよう!という事について簡単でわかりやすいようまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
 

 

プラグインを整理する事とは?

プラグインを整理する事とは?
プラグインを整理する事とは必要なプラグインを利用し、不要なプラグインを利用しないという事です。
また、必要なプラグインであってもデメリットが強く出てしまうようなプラグインなら適切にカスタマイズをして、デメリットを解消する必要もあります。

 
プラグインを整理するという言葉からだと「不要なプラグインを削除したり停止したりする」という事だけを想像してしまうかもしれませんが、必要なプラグインを適切な形で利用するという意味も含んでいます。

 
もちろん不要なプラグインを使ったままだと、サーバの容量を圧迫したり、ブログパフォーマンスの低下を引き起こす等のデメリットがあるので、不要なプラグインをしっかり削除したり停止したりしましょう。

 
要するにプラグインを整理するという事は、自分の用途やブログの持つ個性を考えた上で必要なそうでないかを判断して、必要ならば使う、不要ならば使わないということなのです。

 
プラグインを整理する事で、検索上位を狙う事が出来たり、ブログを訪問してくれるユーザにとってより便利なブログにする事が出来るのです。
 

 

 

 

プラグインをちゃんと整理しないとならない理由

【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に
プラグインを整理して利用しなければならない理由は上げ始めるとキリがありません。
それくらいにプラグインの整理というのは重要なのです。

 
整理というのは主に重要でない機能や無駄な機能を削減する事を指してはいますが、他にもブログにとって重要で必要な機能を追加するという意味も含んでいます。

 
プラグインを整理しなければならない理由として代表的な物をあげると次のような理由があります。

  • プラグインの乱用はユーザの利便性を下げる
  • 管理できないプラグインはブログ運営者にとって恐怖にもなる
  • プラグインによってブログパフォーマンスが落ちる事が大いにある
  • プラグイン整理でブログ運営の一歩先を行く

 
プラグインはブログ運営者にとって、色々な機能を簡単に実現できるという点ではとても便利な物ですが、あまりに乱用しすぎるとユーザにとって不便な物となってしまう事も少なくないので必要な物を厳選して利用する事が重要です。

 
プラグインを整理する事によってユーザのニーズにこたえたブログ運営をする事が出来ます。

 
ブログを運営していてどんなプラグインを使用しているか見直そうとした際、「これどんなプラグインだったっけ?」と思った事はないでしょうか?
使用しているプラグインを管理できていないという事は、必要か不要かを判断できないという事になります。

 
あまり話題に上がっては来ませんが、プラグインを管理できていないということはブログ運営者にとって致命的でブログの持つ機能について運営者が判断できていないという事と同じ意味を持ちます。

 
プラグインは便利な反面、使い方によってはブログのパフォーマンスを大いに下げてしまう事があります。
ここで言うパフォーマンスはブログが表示されるまでにかかる時間や、正しい機能を提供できるまでにかかる時間の事を指しています。

 
もし、どうしても実現したい「狙い」がプラグインで実現できるのであれば、そのプラグインはとても有意義で必要性あふれる、希望のプラグインと言えるので多少パフォーマンスが低下したところで苦にもならないでしょう。

 しかし、漫然と使用されている不要なプラグインによってパフォーマンスが低下しているのであればブログ評価を大きく下げる原因にもなるので整理し、削除するなり停止するなりしたほうがよいでしょう。

 
プラグイン整理を出来るという事はブログ運営の一歩先を行く事になります。

 
プラグインというのは物によってはブログにとって爆発的な恩恵を与える物も多くあり、ブログのオリジナリティを伝えるにもユーザや検索エンジンにとっても良いシグナルを生みます。

 
プラグインを整理できるという事は、ユーザや検索エンジンにとって良いシグナルと自分の意思で整理し管理する事が出来るという事ともいえるのです。

 

 
Wordpressのプラグインを整理しなければならない理由については「【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に」で簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

 

プラグインを整理する方法

プラグインを整理する方法
プラグインを整理する事とは必要なプラグインを利用し、不要なプラグインを利用しないという事であり、必要なプラグインであってもデメリットが強く出るようならばカスタマイズをする必要があるでしょう。

つまり、プラグインを整理する方法としては次のような方法があるのです。

  • 必要なプラグインを導入し、利用する
  • 不要なプラグインの停止、削除
  • プラグインのカスタマイズ

 
ブログの記事の紹介の仕方、運営者の狙いによって必要なプラグインというのは変わってくるので、ブログの個性を考えたり、自分がどうやって情報をユーザに提供したいかによって必要なプラグインは変わってくるでしょう。

 
また、Wordpressでブログで使用しているテーマによっては、自分のやりたいことがテーマそのものの機能として組み込まれている場合もあるので、プラグインを使わない方がパフォーマンスも高く、適切な形式で情報を提供できる可能性もあります。

 
必要なプラグインであっても、外部サーバとの通信が多くて自分のサーバが外部のサーバのパフォーマンスに足を引きずられて相対的にパフォーマンス低下を引き起こしたりする事もあるので、そういったプラグインはカスタマイズが必要です。

 
また、不要だと判断したプラグインであってもカスタマイズの方法によっては、とても便利な機能として利用する事が出来るのでそういった目線でカスタマイズを行うと良いでしょう。

 

 

 

 

必要なプラグインを導入し、利用する

必要なプラグインを導入し、利用する
必要なプラグインというのは、運営しているブログのオリジナリティや、運営者の狙いによって変わってきます。

 
ブログで使いたい機能があるけれど、自分で作るのは大変だったり、明らかに時間の無駄になってしまうと判断されるようなときは、目的に合ったプラグインを利用すると良いでしょう。

 
必要なプラグインを導入する上では次の要件が満たされているか良く確認して必要かどうか判断する事をお勧めします。

  • ブログ運営者にとって便利か
  • プラグイン導入する事でユーザに便利さや快適さを提供できるか
  • WordPressのテーマや他のプラグインと機能が被っていないか
  • SEO上の効果を期待できそうか

 
プラグインを導入する事で、便利機能を簡単に導入する事が出来る事に繋がるのでブログ運営を行う上でメリットが大きいものですが、なんでもかんでも導入するとプラグインが不便なものに感じられてしまうので、運営が楽になるかどうかなども含めて検討しましょう。

 
また、プラグインは何かしらの目的があって導入されるのが望ましく、プラグインを導入する事で自分やユーザに便利さや快適さを提供できるかどうかという事もポイントです。

 
プラグインの導入によって、ユーザにとって不要な情報が沢山盛り込まれてしまい、情報ノイズとしてユーザにストレスを与えてしまう事もあるので、快適や便利さを考えてプラグインを選ぶことは重要です。

 
また、プラグインは基本的にブログパフォーマンスを落とす原因の一つですので、もしWordpressテーマや他のプラグインの機能で事足りる場合はむやみに導入する必要もないでしょう。

 
また、ブログ運営で検索される事はとても重要です。
SEOを意識してプラグインを導入されないと「ワードサラダ」や「検索パフォーマンスの著しい低下」などから自動アルゴリズムのペナルティ対象になって検索結果に表示されなかったり、検索上位にいく事が出来なかったりする可能性も否定できません。

 
狙い通りの機能を実現してくれるプラグインを導入する事が、SEO上とても重要なのです。

 
Wordpressのプラグインは既に多くの先人たちが利用し情報を公開しているので、Web検索すればすぐに必要な情報が出てくるので、自分の用途や目的に合ったプラグインを探しましょう。

 
また、どうしても自分で実験したい場合は、実験用ドメインを一つ取得していろいろなプラグインを試してみるのも手です。

 
運営するブログにとって何が重要か?という根本的な部分がブレなければ自ずと必要なプラグインは分かってくるはずです。

 

 

 

不要なプラグインの停止、削除

不要なプラグインの停止、削除
プラグインは便利で簡単にいろいろな機能をユーザや運営者に提供してくれますが、不要なプラグインはユーザにとっても運営者にとっても邪魔な存在となり、プラグイン特有のデメリットが強く出てしまうので停止したり、削除したりして対処しましょう。

 
Wordpressにすでに導入していて、不要なプラグインかどうかを判断するには次のチェックを行いましょう。

  • テーマや他に利用しているプラグインと機能が被っている
  • 狙い通りの動きをせず、漫然と使用されているプラグインか
  • 明らかにブログパフォーマンスを低下させるプラグインか
  • 運営者・訪問者にとって不利益な情報を提供するプラグインか

 
テーマや他に利用しているプラグインと機能が被っている場合は、どれが必要なプラグインなのか判断し、不要な物は停止させるようにしましょう。

 
機能が被る事で、ブログ運営者にとっても、どのプラグインを使って機能を実現していたかわからなくなる事もあり、ユーザにとって必要なカスタマイズを行いたい場合などに混乱します。

 
また、導入したはいいけれど、自分の思った通りの動きをしてくれず、ただ何となく使用しているプラグインの場合は、停止や削除をしたほうがよいでしょう。
他の本当に必要なプラグインと混同してしまい、後々削除する事も停止する事もできなくなってしまう恐れがあります。

 
プラグインの中にはパフォーマンスがいちじるしく悪化する物があります。

 
最近流行の「ソーシャルボタン」も記事表示のパフォーマンスを著しく下げる原因の一つとなってしまっている事があります。

 
もしソーシャルでの宣伝やバズを期待するようなブログでなければソーシャルボタンを表示するプラグインを停止するなどの処置を行う必要があるでしょう。

 
もし、パフォーマンスを代償としてでもソーシャルバズを起こす事を考えている人は、ソーシャルボタンのプラグインは有効なプラグインとなります。
ブログ運営者としてプラグインの「不要」「必要」を判断することでブログにとって「大きな価値」を得て「大きな損失」を避ける事にも繋がります。

 
また、多機能なプラグインに多いのですが、なんでもかんでも情報を表示すればユーザーは喜ぶものではありません。
ターゲットにしているユーザーにとって、必要な情報を厳選し表示してあげる事が何よりも大事です。

 
情報表示系のプラグインを利用している場合は「運営者・訪問者にとって不利益な情報」を提供していないかどうかという事を判断する必要があるでしょう。

 

 

 

 

プラグインのカスタマイズ

プラグインのカスタマイズ
プラグインをカスタマイズする事によって、無駄な情報を削減したり、動作を軽量化したり、効果的な形式でユーザーに情報を提供する事が出来ます。
プラグインのカスタマイズ方法には大きく分けると次の二つの種類があります。

  • プラグインの「設定」からカスタマイズする方法
  • プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法

 
プラグインの多くはデフォルトのままでも利用できるものが多いですが、よりブログの個性をユーザーに強調したい人や、より快適さを提供したい人にとってプラグインのカスタマイズは必須とも言えます。

 
不要だと判断したプラグインであっても、少しのカスタマイズで劇的に使える必要なプラグインとなる事もあるので、プラグインのカスタマイズを含めて検討すると良いでしょう。

 

 

プラグインの「設定」からカスタマイズする方法

プラグインの「設定」からカスタマイズする方法
プラグインが持つ基本的な設定はWordpressの設定から設定する事が出来るのでブログに合った基本的なカスタマイズや設定を行うようにしましょう。
また、基本的な設定だけでは事足りない場合は、プラグインそのもののプログラムコードを書き換える事が必要な場合もあります。

 
この方法でのメリットは、設定が簡単な事やプラグインのバージョンアップがあった場合に、そのままカスタマイズした設定が引き継がれる事です。

 
Wordpressであれば、管理画面の[設定]を押すと、ターゲットにしているプラグインの基本設定を行う事が出来るので、自分のブログに合ったカスタマイズを行うようにしましょう。

 

 

プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法

プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法
プラグインが持つ基本的な設定では対処しきれないようなカスタマイズを行いたい場合は、プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法があります。

 
プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法は主にプラグインや言語が理解できる玄人むけのカスタマイズ方法です。

 
この方法でのメリットは、自分だけの個性あふれるプラグインにカスタマイズできる事や、自分にとっての無駄機能を削除したり、必要な機能を追加したりとダイナミックなカスタマイズが出来る事です。

 
しかし、デメリットとしては、PHPの言語の理解や、プログラム構造の理解など専門的な知識が必要な事や、プラグインのバージョンアップを行った場合カスタマイズ内容が消えてしまう事、プログラムの記述を間違えるとプラグインの動作が不安定になったり壊れたりする事です。

 
例えば、プラグインで外部サーバのリソースを読み込みに行くようなプログラムが記述されていたりすると、外部サーバのリソース読み込みに足を引っ張られてブログパフォーマンスが低下してしまう事があります。

 
自分のサーバ上に読み込むリソースを設置して、プログラムの読み込み先を自分のサーバに変更したい場合にこのようなカスタマイズが有効になります。

 
また、Javascriptを自動挿入する機能のあるプラグインを使う場合、スクリプトの内容を変更したい場合に、プラグラムコードを書き換える事もできるでしょう。

 
プラグインそのもののプログラムコードを書き換える事で、検索エンジンからの流入が爆発的に増加する効果があった事例もあるので、より効果的なSEOを行いたい場合はプラグインそのもののプログラムコードを書き換えると良いでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク


プラグインはちゃんと整理しよう! あとがき

プラグインはちゃんと整理しよう! あとがき
プラグインはとても便利なものですが、使い方によっては強力な武器にもなるし、戦略的な穴になってしまう事もあり、まさに諸刃の剣のような存在です。

 
必要なものか、いらないものかを判断し、導入したり停止・削除したりする事はブログを自分の思うように正しい形式で運営するには必須と言えるでしょう。

 
筆者自身、執筆をしていて「自分はもっとプラグインについて詳しくならなければならないな」と再認識した次第です。
より快適で良い情報をブログを読んで下さる人に提供するには、プラグインの厳選もやはり大事であり、カスタマイズも重要です。

 
整理されたプラグインというのはユーザーにとって価値の高い情報を提供するのに重要なポイントとなりますし、何より自分も管理しやすくて助かります。

 
プラグインを上手に利用して、検索ユーザーや検索エンジンに気に入ってもらいたいものですね。

 

 

 

 

プラグインを整理してブログ価値を高めよう! まとめ

プラグインを整理してブログ価値を高めよう! まとめ
プラグインを整理する事とは必要なプラグインを利用し、不要なプラグインを利用しないという事です。
また、必要なプラグインであってもデメリットが強く出てしまうようなプラグインなら適切にカスタマイズをして、デメリットを解消する必要もあります。

 
プラグインを整理するという言葉からだと「不要なプラグインを削除したり停止したりする」という事だけを想像してしまうかもしれませんが、必要なプラグインを適切な形で利用するという意味も含んでいます。

 
もちろん不要なプラグインを使ったままだと、サーバの容量を圧迫したり、ブログパフォーマンスの低下を引き起こす等のデメリットがあるので、不要なプラグインをしっかり削除したり停止したりしましょう。

 
要するにプラグインを整理するという事は、自分の用途やブログの持つ個性を考えた上で必要なそうでないかを判断して、必要ならば使う、不要ならば使わないということなのです。

 
プラグインを整理して利用しなければならない理由は上げ始めるとキリがありません。
それくらいにプラグインの整理というのは重要なのです。

 
整理というのは主に重要でない機能や無駄な機能を削減する事を指してはいますが、他にもブログにとって重要で必要な機能を追加するという意味も含んでいます。

 
プラグインを整理しなければならない理由として代表的な物をあげると次のような理由があります。

  • プラグインの乱用はユーザの利便性を下げる
  • 管理できないプラグインはブログ運営者にとって恐怖にもなる
  • プラグインによってブログパフォーマンスが落ちる事が大いにある
  • プラグイン整理でブログ運営の一歩先を行く

 
プラグインを整理する事とは必要なプラグインを利用し、不要なプラグインを利用しないという事であり、必要なプラグインであってもデメリットが強く出るようならばカスタマイズをする必要があるでしょう。

つまり、プラグインを整理する方法としては次のような方法があるのです。

  • 必要なプラグインを導入し、利用する
  • 不要なプラグインの停止、削除
  • プラグインのカスタマイズ

 
必要なプラグインというのは、運営しているブログのオリジナリティや、運営者の狙いによって変わってきます。

 
ブログで使いたい機能があるけれど、自分で作るのは大変だったり、明らかに時間の無駄になってしまうと判断されるようなときは、目的に合ったプラグインを利用すると良いでしょう。

 
必要なプラグインを導入する上では次の要件が満たされているか良く確認して必要かどうか判断する事をお勧めします。

  • ブログ運営者にとって便利か
  • プラグイン導入する事でユーザに便利さや快適さを提供できるか
  • WordPressのテーマや他のプラグインと機能が被っていないか
  • SEO上の効果を期待できそうか

 
プラグインは便利で簡単にいろいろな機能をユーザや運営者に提供してくれますが、不要なプラグインはユーザにとっても運営者にとっても邪魔な存在となり、プラグイン特有のデメリットが強く出てしまうので停止したり、削除したりして対処しましょう。

 
Wordpressにすでに導入していて、不要なプラグインかどうかを判断するには次のチェックを行いましょう。

  • テーマや他に利用しているプラグインと機能が被っている
  • 狙い通りの動きをせず、漫然と使用されているプラグインか
  • 明らかにブログパフォーマンスを低下させるプラグインか
  • 運営者・訪問者にとって不利益な情報を提供するプラグインか

 
プラグインをカスタマイズする事によって、無駄な情報を削減したり、動作を軽量化したり、効果的な形式でユーザーに情報を提供する事が出来ます。
プラグインのカスタマイズ方法には大きく分けると次の二つの種類があります。

  • プラグインの「設定」からカスタマイズする方法
  • プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法

 
プラグインが持つ基本的な設定はWordpressの設定から設定する事が出来るのでブログに合った基本的なカスタマイズや設定を行うようにしましょう。
また、基本的な設定だけでは事足りない場合は、プラグインそのもののプログラムコードを書き換える事が必要な場合もあります。

 
この方法でのメリットは、設定が簡単な事やプラグインのバージョンアップがあった場合に、そのままカスタマイズした設定が引き継がれる事です。

 
プラグインが持つ基本的な設定では対処しきれないようなカスタマイズを行いたい場合は、プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法があります。

 
プラグインそのもののプログラムコードを書き換える方法は主にプラグインや言語が理解できる玄人むけのカスタマイズ方法です。

 
この方法でのメリットは、自分だけの個性あふれるプラグインにカスタマイズできる事や、自分にとっての無駄機能を削除したり、必要な機能を追加したりとダイナミックなカスタマイズが出来る事です。

 
しかし、デメリットとしては、PHPの言語の理解や、プログラム構造の理解など専門的な知識が必要な事や、プラグインのバージョンアップを行った場合カスタマイズ内容が消えてしまう事、プログラムの記述を間違えるとプラグインの動作が不安定になったり壊れたりする事です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - SEO, Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress】データベースをバックアップしよう! 目的や方法について
【WordPress】データベースをバックアップしよう! 目的や方法について

WordPressでブログを運営する上ではデータの保全性もとても重要ですよね。 …

【Quick Adsense】サイドバーに広告を追加する設定について
【Quick Adsense】サイドバーに広告を追加する設定について

WordPressでブログを運営している人で、広告を掲載している人は「サイドバー …

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、 …

【Wordpress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察
【WordPress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察

WordPressでブログを運営し、さまざまなプラグインを利用しオリジナリティあ …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …

【Wordpressプラグイン自作】プラグインの処理をWordpressに実行させる「フック」
【WordPressプラグイン自作】プラグインの処理をWordPressに実行させる「フック」

WordPressでプラグインを自作で開発する人にとって絶対に避けて通る事が出来 …

【Wordpress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事
【WordPress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事

WordPressでブログを運営していて、上級者になってくると「より自分にあった …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)の全般設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)の全般設定

WordPressでブログを運営している人でキャッシュ系プラグインの王道である「 …

【Wordpress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!
【WordPress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!

WordPressでブログを運営していると色々なプラグインを利用していると思いま …

【Wordpress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン
【WordPress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン

ブログをWordpressで運営している人は多いですよね。 ブログをWordpr …