どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)

      2015/11/07


WordPressでブログを運営していると必ずと言っていいほど利用するプラグイン。
プラグインはブログの機能強化をしてくれたり、自分の実現したい事をいとも簡単に行ってくれるのでとても便利ですよね。

 
Wordpressについて深く知れば知るほど「Wordpressのプラグインってサーバーのどこに保存されているんだろう?」という疑問が起こってくると思います。
Wordpressについて技術的な事を知識として深めたい人、プラグインの編集をしたい人、プラグインを自作したい人は特にこのような疑問を持つことだと思います。

 
Wordpressのプラグインを利用する事から一歩先に踏み込んでみると、まず基本となるのが「プラグインのインストール場所」もといプラグインのディレクトリという事になるでしょう。

 
Wordpressでインストール下プラグインの保存場所(ディレクトリ)について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)
 

 

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所というのは、Wordpressに特別なカスタマイズを加えない限りは全ての環境で同じディレクトリに保存される事になります。

 
Wordpressはプラグインが決められた場所に保存される事によって、ここに保存されているのはプラグインと判断する事が出来、読み込んでWordpressの機能として追加する事が実現できるのです。

 
Wordpressでインストールしたプラグインの保存先ディレクトリはWordpressがインストールされているルートのディレクトリから「${ドメインルートディレクトリ}/public_html/wp-content/plugins」の場所に保存される事になります。

 
Wordpressのプラグインの新規追加によってダウンロード・インストールしたプラグインはここに保存される事になり、もしプラグインを自作してWordpressの機能として追加したい場合は、このディレクトリにプラグインのモジュール(PHPやJS・CSSファイルなど)を保存する事で利用可能な状態にする事が出来るのです。

 

 

 

 

プラグインの保存場所を確認してみよう

プラグインの保存場所を実際に確認するにはFTPアクセスできるツールでWordpressが稼働しているサーバにアクセスして、インストールしたプラグインの保存場所まで移動する事で確認する事が出来ます。

プラグインの保存場所を確認するのに「FFFTP」などのツールを利用するようにしましょう。
プラグインの保存場所は次の流れで確認する事が出来ます。

  • WordPressを保存しているサーバにFTPアクセスする
  • プラグインの保存先ディレクトリに移動する

 

 

 

WordPressを保存しているサーバにFTPアクセスする

Wordpressを保存しているサーバにFTPアクセスする
Wordpressを保存しているサーバにFTPアクセスするのに必要な情報は次の通りです、これは自分が契約しているサーバによって内容が異なるので、サーバ契約時等に送信されてくるメールや契約書などを参考に調べてください。

  • サーバーのアドレス
  • サーバにアクセスするためのユーザー名(FTPユーザー名)
  • FTPユーザーのパスワード

自作サーバーでWordpressを運用している人は、FTPサーバとしての稼働などをサーバに対して行う必要があるので予めサーバを設定しておきましょう。レンタルサーバーでWordpressでブログをしている人は契約内容を確認しましょう。

見出し画像の例は「FFFTP」のツールを使ってサーバにアクセスしたイメージ画像です。

 

 

 

プラグインの保存先ディレクトリに移動する

プラグインの保存先ディレクトリに移動する
Wordpressを使用しているサーバにFTPアクセス出来たら、実際にプラグインの保存先ディレクトリにアクセスしましょう。
プラグインの保存先ディレクトリは「${ドメインルートディレクトリ}/public_html/wp-content/plugins」なので、パスを入力するか、実際にフォルダアイコンをクリックしてたどるなどして所定のディレクトリへ移動しましょう。

 
プラグインの保存先ディレクトリに移動したら実際に自分が今までインストールしてきたプラグインがインストールされているはずです。

 
ちなみに、プラグイン保存先ディレクトリには停止中のプラグインも含まれているので「停止しているのにプラグインのゴミが残っている!」なんて思わない様に注意しましょうね。
プラグインを削除した場合は、実際にこのディレクトリからプラグインファイルが削除される事となります。

 
見出し画像の例はプラグインの保存先ディレクトリに実際に移動してみたイメージです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事を読むうえで知っておきたい知識

この記事を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

WordPressでプラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事

【Wordpress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事
Wordpressのプラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事というのは、プラグインを自作する上で必須となるプラグインのモジュール(PHPやJS、CSSファイル)の保存先や、各種設定などなどプラグインを自作する上で最低限必要となるWordpressや技術的な前提知識となります。

 
Wordpressのプラグインを作成する上ではWordpress上で動かなければなりませんし、Wordpressそのものに機能を追加するとなるとWordpressそのものに対する多少の前提知識がつきものとなってきます。

 
Wordpressのプラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事を項目として挙げると次の通りとなります。

  • Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法
  • プラグインの保存先
  • Wordpressに自作プラグインを登録・認識させる方法
  • Wordpressに自作プラグインの関数を処理させる方法
  • Wordpressが一番初めに実行するプラグインの処理
  • プラグイン有効化の時だけ実行される初期化処理について
  • Wordpressプラグイン開発時によく使うPHP関数について

 

Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築するというのは、Wordpress上で動作するWordpressのテーマとプラグインを開発する為に必要なIDE(統合開発環境)をパソコンにインストールしてプラグインやテーマの開発を進められるようにパソコン上の環境を整える事を意味しています。

 
Wordpressのテーマやプラグインを導入する前のWordpressを使い、何の記事も投稿されていない状態のWordpressを使いたい方はWordpressを一から構築するのが良いでしょう。

 
プラグインやテーマを自作したり、公開されているプラグインをダウンロード・インストールした後に自分好みにカスタマイズするにも、Wordpressの管理画面からのカスタマイズだけでは解析作業やコーディング作業が困難な場合があります。

 
そんな時は自分のパソコン上(ローカル環境)でワードプレスをテスト出来るようにセットアップして、統合開発環境上でプラグインやテーマを開発・カスタマイズするのが良いでしょう。

 
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法は次の流れで行います。

  • Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する
  • Wordpress開発環境に必要なXamppの設定を行う
  • XamppにWordpressをインストールする
  • MySQLにWordpressに必要なデータベースを作成する
  • Wordpressの初期設定を行う
  • Xampp上のWordpressをEclipseに読み込ませ開発出来る状態にする
  • 開発しやすいようにEclipseの設定を変更する

 

【Wordpress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)
Wordpressでインストールしたプラグインの保存場所というのは、Wordpressに特別なカスタマイズを加えない限りは全ての環境で同じディレクトリに保存される事になります。

 
Wordpressはプラグインが決められた場所に保存される事によって、ここに保存されているのはプラグインと判断する事が出来、読み込んでWordpressの機能として追加する事が実現できるのです。

 
Wordpressでインストールしたプラグインの保存先ディレクトリはWordpressがインストールされているルートのディレクトリから「${ドメインルートディレクトリ}/public_html/wp-content/plugins」の場所に保存される事になります。

 
プラグインの保存場所を実際に確認するにはFTPアクセスできるツールでWordpressが稼働しているサーバにアクセスして、インストールしたプラグインの保存場所まで移動する事で確認する事が出来ます。

プラグインの保存場所を確認するのに「FFFTP」などのツールを利用するようにしましょう。
プラグインの保存場所は次の流れで確認する事が出来ます。

  • Wordpressを保存しているサーバにFTPアクセスする
  • プラグインの保存先ディレクトリに移動する

 

【Wordpressプラグイン自作】自作プラグインをWordpressに登録し認識させる方法
自作プラグインをWordpressに登録し認識させる方法では、自分で作成したプラグインをWordpressに認識させ、実際に管理画面などに表示する方法について紹介します。
自作プラグインをWordpressに登録し、実際に管理画面などで扱えるようにするにはポイントがあり、それは次の通りです。

  • プラグインのPHPファイル内にプラグイン標準情報を記述する
  • プラグインをプラグインのインストール先ディレクトリに保存する

 

【Wordpressプラグイン自作】プラグインの処理をWordpressに実行させる「フック」
プラグインの処理をWordpressに実行させるフックというのはWordpressのコアにプラグインの関数を読み込ませ、実行させるために利用するAPIの概念の事を言います。

 
フックというのは「引き込む」という意味合いがあり、文字通りプラグインにフックを利用する定義を記述する事で、Wordpressにプラグインの関数を特定のタイミングやポイントなどで引き込ませ、実行させます。

 
プラグインの処理をWordpressに実行させるフックは2つ存在し、次の通りとなります。

  • アクションフック
  • フィルターフック

 

【Wordpressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?
ここで言うWordpressがプラグインを認識して一番初めに実行されるPHPファイルというのは、Wordpressがインストールされたプラグインを初めて認識し、どのファイルから実行するのか?という事を指しています。

 
プラグインのモジュールセットとして使っているPHPファイルが一つであればこういった疑問は起こらないかもしれませんが、PHPファイルを設定画面用、初期化処理用、コンテンツ作成用などと分けている場合、Wordpressはどこから処理を実行してくれるんだろうか?という疑問が起こるはずです。

 
Wordpressであってもプラグインを認識して使えるようにするにはプラグインの処理の「始め」を知る必要があり、プラグイン開発や公開プラグインの編集を行う上ではこのはじめとなる「処理の入口」を知っておく事が絶対必要になってきます。

 
結論を申し上げますと、Wordpressが一番初めにプラグインを認識して実行するファイルは「プラグイン標準情報」が記述されたPHPファイルから実行されます。
プラグイン標準情報が記載された「<?php~?>」で囲まれた部分の処理から実行される事になります。

 

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
Wordpressのプラグインの初期化処理の方法というのは、Wordpressに登録したプラグインが有効化された時に、プラグイン実行の為に必要な前提情報を起動時に一度だけ実行する処理の事を指します。

 
プラグインの最初の一度だけ処理され、変数として持ちたい値などを予め設定しておくことを「初期化」または「イニシャライズ」と言います。

 
Wordpressのプラグインの初期化というと理想的なのがプラグインの一覧画面からプラグインを有効化した時でしょう。
プラグインの一覧画面からプラグインを有効化した際に、初期化処理をさせるのに利用するのが、フィルターフックの一つである「plugins loaded」の利用です。

 
Wordpressのプラグインの初期化を利用する上では次の手順を踏むようにしましょう。

  • 初期化処理関数を作成する
  • 初期化処理関数をアクションフックで呼び出す

 

【Wordpressプラグイン自作】プラグイン開発で良く使う!よく見る!PHPの関数
プラグイン開発でよく使う、よく見る関数集というのは、実際にプラグイン開発の時に知っておくと実装が楽になったり、他の人が作ってくれたプラグインの処理でよく使われるPHP標準の関数の事を指します。

 
プラグイン独自で実装されている関数については各種プラグインの処理のコードを読む必要がありますが、PHPの標準の関数について知っておくだけでプラグイン開発が効率的に作業出来るようになったり、プラグインの処理を読む労力が削減されます。

 
プラグイン開発で良く使う、よく見るPHPの関数としては次のような関数があります。

  • require_once(${ファイル名})

 
Wordpressのプラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事については「【WordPress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

 

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ) あとがき

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)について確認方法など解説しました。
Wordpressでインストールしたプラグインの保存場所を知る事は、Wordpressのプラグインを利用する上級者の基本を学ぶことにも実は繋がってくるのです。

 
自作配布されているプラグインで、Wordpressの管理画面で提供されている「プラグインの新規追加」から追加できないようなプラグインもディレクトリにプラグインのモジュールを保存する事で利用する事が出来るので、いざというときの予備知識としても役に立ちます。

 
また「こんなプラグインが欲しいんだけれど・・・」と自作プラグインを自分で作る上でもWordpressのプラグインの保存ディレクトリを知っておく事は基本中の基本となり絶対に知らなくてはならない事です。

 
Wordpressでインストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)を覚えて、Wordpress上級者に近づいてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ) まとめ

WordPressでインストールしたプラグインの保存場所というのは、Wordpressに特別なカスタマイズを加えない限りは全ての環境で同じディレクトリに保存される事になります。

 
Wordpressはプラグインが決められた場所に保存される事によって、ここに保存されているのはプラグインと判断する事が出来、読み込んでWordpressの機能として追加する事が実現できるのです。

 
Wordpressでインストールしたプラグインの保存先ディレクトリはWordpressがインストールされているルートのディレクトリから「${ドメインルートディレクトリ}/public_html/wp-content/plugins」の場所に保存される事になります。

 
プラグインの保存場所を実際に確認するにはFTPアクセスできるツールでWordpressが稼働しているサーバにアクセスして、インストールしたプラグインの保存場所まで移動する事で確認する事が出来ます。

プラグインの保存場所を確認するのに「FFFTP」などのツールを利用するようにしましょう。
プラグインの保存場所は次の流れで確認する事が出来ます。

  • WordPressを保存しているサーバにFTPアクセスする
  • プラグインの保存先ディレクトリに移動する

 
Wordpressを保存しているサーバにFTPアクセスする
Wordpressを保存しているサーバにFTPアクセスするのに必要な情報は次の通りです、これは自分が契約しているサーバによって内容が異なるので、サーバ契約時等に送信されてくるメールや契約書などを参考に調べてください。

  • サーバーのアドレス
  • サーバにアクセスするためのユーザー名(FTPユーザー名)
  • FTPユーザーのパスワード

 
プラグインの保存先ディレクトリに移動する
Wordpressを使用しているサーバにFTPアクセス出来たら、実際にプラグインの保存先ディレクトリにアクセスしましょう。
プラグインの保存先ディレクトリは「${ドメインルートディレクトリ}/public_html/wp-content/plugins」なので、パスを入力するか、実際にフォルダアイコンをクリックしてたどるなどして所定のディレクトリへ移動しましょう。

 
プラグインの保存先ディレクトリに移動したら実際に自分が今までインストールしてきたプラグインがインストールされているはずです。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はデータ …

【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの基本設定 簡単設定!
【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの基本設定 簡単設定!

Autoptimizeには基本設定と高度な設定があり、基本設定については初心者で …

【Autoptimize】Autoptimizeの高度な設定 より使えるようにする設定

AutoptimizeはHTMLやCSS,JavaScriptを縮小・最適化する …

【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ
【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ

ブログの定型文や決まり文句、JavaScript等々、様々なものをテンプレートと …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
【WordPress開発環境】XamppのWordPressをEclipseにインポートする方法

XamppとEclipseを使ってWordpressの開発環境を構築したいと思っ …

【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!

Autoptimizeはワードプレスのプラグインの一つで、設定について大きく分け …

【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
【WordPress】WordPressインストールと初期設定

ブログでWordpressを始めようと思ってWordpressをサーバーにインス …

【Wordpress開発環境】Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]
【WordPress開発環境】WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を一から構築する[Windows7]

WordPressについて知れば知るほど、「オリジナルのテーマを作成したい」「自 …

【Wordpress】データ通信を削減してブログを高速化! Head Cleaner
【WordPress】データ通信を削減してブログを高速化! Head Cleaner

WordPressでブログを運営している人で、「もっとブログのパフォーマンスを上 …