どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】WordPressインストールと初期設定

      2015/11/07


ブログでWordpressを始めようと思ってWordpressをサーバーにインストールした人や、Wordpressのテーマやプラグインの開発の為、自分のパソコンの環境にWordpressをインストールした人は、Wordpressインストールと初期設定を行いましょう。

 
Wordpressの初期設定は難しいものではなく、画面のインターフェースに沿って簡単な設定を行うだけで、Wordpressをつかえる状態に出来ます。

 
Wordpresをサーバーにインストールと初期設定について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
 

 

WordPressインストールと初期設定

WordPressインストールと初期設定では、Wordpressをサーバー・もしくはローカル環境に設置したあとに、ブラウザからWordpressにアクセスし初期設定とインストールを行っていきます。
既にWordpress本体はサーバーに設置されている前提で作業を進めていくので、まだサーバやローカル環境にWordpressを設置していない人は予め設置しておきましょう。

WordPressインストール後の初期設定は次の流れで行う事が出来ます。

  • WordPressへブラウザでアクセスする
  • WordPressで利用するデータベースの設定
  • WordPressをインストールする
  • WordPressの初期設定
  • WordPressにログインしてみよう

では実際にWodpressのインストールと初期設定を行っていきましょう。

 

 

 

WordPressへブラウザでアクセスする

WordPressをサーバ・ローカル環境に配置したら、Wordpressへブラウザへアクセスしましょう。
サーバ・ローカル環境どちらにおいても「Apatche」が起動し、Wordpressそのものが公開ディレクトリに配置されていないとWordpressにアクセスする事が出来ないので注意しましょう。

 
Wordpressへブラウザでアクセスするにはサーバであれば「http://${ドメイン名}/」を入力し、ローカル環境であれば「http://localhost/${公開ディレクトリ名}」でアクセスする事が出来ます。

 
WordpressへブラウザでアクセスするとWordpress設定の導入画面になりますので、「さぁ、始めましょう!」ボタンを押して設定を開始しましょう。
Wordpressへブラウザでアクセスする-1

 

 

 

WordPressで利用するデータベースの設定

WordPress導入画面でトップ画面から移動するとデータベースの設定画面へ移動します。
ここで、Wordpress上で利用するデータベースとMySQLに定義しているデータベースを関連付ける事が出来ます。
Wordpressで利用するデータベースの設定で入力する項目は次の通りです。

  • データベース名 : (MySQLで作成したWordpress専用のデータベース名)
  • ユーザ名 : (WordPress専用データベースを扱えるユーザ)
  • パスワード : (ユーザのパスワード)
  • データベースのホスト名 : (データベースが稼働しているホスト名)
  • テーブル接頭辞 :(WordPressテーブルの頭文字に着ける文字)

 
各項目を入力したら「送信」ボタンを押して、データベース設定を反映します。

 
この設定は、MySQLに作成したデータベースやデータベースを扱えるユーザー名・パスワードなどサーバーやローカル環境構築をした際の条件が人によって異なるので自分の設定に合った設定を入力しましょう。

 
テーブル接頭辞はWordpressをインストールする事で作成されるテーブルの頭文字に付ける文字列になります。

 
ローカル環境にWordpressを配置した場合の入力例では次のような例になります。

  • データベース名 : wp_db
  • ユーザ名 : wp_db
  • パスワード : (任意のパスワード)
  • データベースのホスト名 : localhost
  • テーブル接頭辞 :wp_

Wordpressで利用するデータベースの設定-1

 

 

 

WordPressをインストールする

WordPressのデータベースの設定が完了すると、インストールの確認画面になります。
インストール確認画面になったら「インストール実行」ボタンを押してインストールを実行しましょう。
Wordpressをインストールする

 

 

 

WordPressを初期設定する

WordPressのインストールが完了すると、Wordpressの初期設定画面に移動するので、必要情報を入力して初期設定を行っていきましょう。
万が一、初期設定を間違ってしまったとしてもWordpressの設定画面で設定を変更する事が出来ます。
ただし、設定を変更するにはWordpressへログインする必要があるので「ユーザー名」「パスワード」は忘れないようにどこかに控えておきましょう。
Wordpressの必要情報として次の情報を入力します。入力が終わったら「Wordpressをインストール」ボタンを押します。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • プライバシー

 
サイトのタイトルにはブログのタイトルを設定します。
ユーザー名・パスワードは、Wordpressの管理画面へログインする為のユーザー名・パスワードを設定します。

 
メールアドレスはWordpressからの情報をメールで受け取る場合に設定します。
プライバシーはGoogleなどから来訪するクローラーの来訪を受け入れ、検索エンジンにブログの内容を登録するかどうかを指定する事が出来ます。
ここではクローラーの来訪を受け入れるかどうかを設定するので、実際に検索結果にブログが表示されるかどうかは検索エンジン側の処理にゆだねられます。

 
もし、検索エンジンにブログを登録してほしくない(非公開にしたい)、もしくはローカル環境のWordpressなので検索エンジンに登録されるとか関係ないという人はチェックボックスのチェックを外しましょう。

 
次の画像は実際に入力してみた一例です。
Wordpressを初期設定する

 

 

 

WordPressにログインしてみよう

WordPressのインストール・初期設定が完了するとインストールが正しく完了した旨、表示されます。
Wordpressのインストール・初期設定完了画面に「ログイン」画面があるので「ログイン」ボタンを押してログインをしてみましょう。
Wordpressにログインしてみよう-1

 
また、URLで直接指定して入力するのであればサーバであれば「http://${ドメイン名}/wp-login.php」で、ローカル環境に構築したWordpressにログインするのであれば「http://localhost/${公開ディレクトリ名}/wp-login.php」でアクセスする事が出来ます。

 
ログイン画面を表示すると、ユーザ名・パスワードを聞かれるので初期設定時に設定したWordpressのユーザ名・パスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してログインします。
Wordpressにログインしてみよう-2

 
ログインが完了し、Wordpressの管理画面にログインする事が出来ると、Wordpressが利用可能な状態である事が確認できます。
Wordpressにログインしてみよう-3

 

 
これでWordpressのインストール・初期設定は完了しましたね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


この記事を読むうえで知っておきたい知識

この記事を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法

【Wordpress開発環境】Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築するというのは、Wordpress上で動作するWordpressのテーマとプラグインを開発する為に必要なIDE(統合開発環境)をパソコンにインストールしてプラグインやテーマの開発を進められるようにパソコン上の環境を整える事を意味しています。

 
Wordpressのテーマやプラグインを導入する前のWordpressを使い、何の記事も投稿されていない状態のWordpressを使いたい方はWordpressを一から構築するのが良いでしょう。

 
プラグインやテーマを自作したり、公開されているプラグインをダウンロード・インストールした後に自分好みにカスタマイズするにも、Wordpressの管理画面からのカスタマイズだけでは解析作業やコーディング作業が困難な場合があります。

 
そんな時は自分のパソコン上(ローカル環境)でワードプレスをテスト出来るようにセットアップして、統合開発環境上でプラグインやテーマを開発・カスタマイズするのが良いでしょう。

 
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法は次の流れで行います。

  • Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する
  • Wordpress開発環境に必要なXamppの設定を行う
  • XamppにWordpressをインストールする
  • MySQLにWordpressに必要なデータベースを作成する
  • Wordpressの初期設定を行う
  • Xampp上のWordpressをEclipseに読み込ませ開発出来る状態にする
  • 開発しやすいようにEclipseの設定を変更する

 

【PHP】Windows7に開発環境をEclipseで構築! Eclipse Pleiades All in Oneの導入
PHPの開発環境を構築するには、IDE(投稿開発環境)であるEclipseを導入するのが良いでしょう。

 
Eclipseは高機能なエディタ機能や開発に必要な各種プラグインなどの機能が豊富にあり、ソースコードの入力補助機能などもあってPHPの開発をする上で作業効率や正確性を上げる上で必須ともいえる程の高機能開発環境を構築する事が出来ます。

 
Windows7に開発環境をEclipseで構築するには次の手順を行います。

  • IDE(統合開発環境)として「Eclipse(Eclipse Pleiades All in One)」をダウンロードする
  • Eclipse(Eclipse Pleiades All in One)をインストールする
  • 起動の確認を行う

 

【Wordpress開発環境】開発環境構築で必要なXamppの設定
Wordpressの開発環境構築で必要なXamppの設定というのは、自分のパソコン上であるローカル環境でWordpressのテーマやプラグインに必要な各種設定をXamppに行っていく事です。

 
WordpressはデータベースとしてMySQLを利用しているので、XamppにパッケージされているMySQLを有効化する必要があります。
また、Wordpressはサーバ上で動作する事が大前提としたつくりになっているので、ローカル環境をサーバとして使えるようにする「Apatche」もXamppから有効化していきましょう。

 
Wordpressの開発環境で必要なXamppの設定について手順としてまとめると次の通りです。

  • XamppのApatche(サーバ)のインストールと起動
  • XamppのMySQL(データベース)のインストールと起動

 

【Wordpress開発環境】XamppにWordpressを新規インストールする方法
Wordpressの開発環境を構築するで、Xamppをローカル環境(自分のPC環境)にいれたら、次は実際にWordpressをXamppにインストールする事でWordpressをローカル環境で利用可能な状態にする事が出来ます。

 
Xamppにはサーバーとして起動したときの「公開フォルダ」が存在するので、そこに新たにフォルダを作成し、作成したフォルダの中にWordpressのモジュールを格納する事でXamppにWordpressをインストールする事が出来ます。

 
Wordpress本体をすでに持っている人は良いのですが、Wordpress本体を持っていないという人は公式サイトから予めダウンロードしておく必要もあります。

 
XamppにWordpressをインストールする流れを手順としてまとめると次の通りです。

  • Wordpress本体を公式サイトからダウンロードしてくる
  • Xamppの公開ディレクトリにWordpress公開用フォルダを作成する
  • Wordpress公開用フォルダの中にWordpress本体を格納する
  • ブラウザでローカル環境のWordpressにアクセスする

 

【Wordpress開発環境】Wordpress初期設定で必要なデータベースの作成
Wordpressのデータベースの作成では、Wordpressがデータを保存・格納するのに利用するデータベースを作成します。
Wordpressは利用しているデータベースとしてMySQLを利用しているので、予めMySQLをインストールし、利用できる状態にしておく必要があります。

 
Wordpress初期設定のデータベース作成を手順としてまとめておくと次の流れで行います。

  • phpMyAdminへアクセスする
  • データベースの作成
  • データベースユーザーの作成

 

【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
Wordpressインストールと初期設定では、Wordpressをサーバー・もしくはローカル環境に設置したあとに、ブラウザからWordpressにアクセスし初期設定とインストールを行っていきます。
既にWordpress本体はサーバーに設置されている前提で作業を進めていくので、まだサーバやローカル環境にWordpressを設置していない人は予め設置しておきましょう。

Wordpressインストール後の初期設定は次の流れで行う事が出来ます。

  • Wordpressへブラウザでアクセスする
  • Wordpressで利用するデータベースの設定
  • Wordpressをインストールする
  • Wordpressの初期設定
  • Wordpressにログインしてみよう

 

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法では、XamppにインストールしたWordpressをEclipseにインポートし、プロジェクトとして開発作業を出来るようにする設定です。

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートする上ではXamppの設定とXampp上へのWordpressへの配置、インストールを完了させておく必要があるので、予め完了させておきましょ

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、Eclipseの機能を使って行うので、Eclipseは予め起動しておきましょう。
また、Xampp上のWordpressをEclipseにインポートする為に、EclipseのワークスペースはXamppの「htdocs」を指定しておく必要があります。

 
Wordpressをプロジェクトとしてインポートするには次の手順を行う事で実現することが出来ます。

  • PHPプロジェクト作成のウィンドウを開く
  • Xampp上に配置したWordpressと同じ名前のプロジェクトを作成する
  • Xampp上に配置したWordpressがEclipseにインポートされたか確認する

 
XamppのWordpressをEclipseにインポートするには、プロジェクトを作成する必要があるため、PHPプロジェクト作成のウィンドを開きます。
その後、Xampp上に配置したWordpressを同じ名前のプロジェクトを作成する事によって、WordpressのリソースがEclipseに認識・インポートされプロジェクトとして開発できる状態になります。

 

【Wordpress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定
Wordpress開発環境としてEclipseを使っていると、デフォルトのままでもWordpressの管理画面のエディタや、テキストエディタだけで開発を進めるのと比較するとかなり開発作業が効率化されます。

 
しかし、Eclipseのデフォルトの状態では開発作業のパフォーマンスを発揮できないシーンがあったり、デバッグの設定が出来ていない状態ですので、これらの設定を行った開発作業を十分スムーズに行えるようにしていきたいですよね。

 
開発環境であるEclipseで行うべきオススメの設定は次の通りです。

  • Eclipseが起動するブラウザの変更
  • Wordpressデバッグ環境の設定

 
Wordpressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する方法は「【WordPress開発環境】WordPressのテーマ・プラグインの開発環境を構築する[Windows7]」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

WordPressインストールと初期設定 あとがき

WordPressインストールと初期設定について解説・紹介しました。

 
Wordpressのインストール・初期設定はWordpressが提供している画面を使うだけで簡単に設定出来てしまいますね。

 
MySQLのユーザーなどが不明な場合などはユーザー名やホスト名の入力で躓いてしまう可能性も否定はできませんが、レンタルサーバーでWordpressの環境をつくる場合であれば必ずMySQLのユーザー名・パスワード・ホスト名などはメールなりで確認する事が出来ますし、自分のパソコンの環境上にWordpressの開発環境を作っている人ならば自分の行った設定を覚えておいたり控えておく事ですぐに設定する事が出来るでしょう。

 
Wordpressの管理画面にログインする事が出来るようになると、とうとうWordpressを使ってブログ運営を行う事が出来るので少しワクワクしてきますよね。

 
Wordpressのインストールと初期設定して、Wordpressを使えるようにしてくださいね。

 

 

 

 

WordPressインストールと初期設定 まとめ

WordPressインストールと初期設定では、Wordpressをサーバー・もしくはローカル環境に設置したあとに、ブラウザからWordpressにアクセスし初期設定とインストールを行っていきます。
既にWordpress本体はサーバーに設置されている前提で作業を進めていくので、まだサーバやローカル環境にWordpressを設置していない人は予め設置しておきましょう。

WordPressインストール後の初期設定は次の流れで行う事が出来ます。

  • WordPressへブラウザでアクセスする
  • WordPressで利用するデータベースの設定
  • WordPressをインストールする
  • WordPressの初期設定
  • WordPressにログインしてみよう

 
Wordpressをサーバ・ローカル環境に配置したら、Wordpressへブラウザへアクセスしましょう。
サーバ・ローカル環境どちらにおいても「Apatche」が起動し、Wordpressそのものが公開ディレクトリに配置されていないとWordpressにアクセスする事が出来ないので注意しましょう。

 
Wordpressへブラウザでアクセスするにはサーバであれば「http://${ドメイン名}/」を入力し、ローカル環境であれば「http://localhost/${公開ディレクトリ名}」でアクセスする事が出来ます。

 
WordpressへブラウザでアクセスするとWordpress設定の導入画面になりますので、「さぁ、始めましょう!」ボタンを押して設定を開始しましょう。
Wordpressへブラウザでアクセスする-1

 
Wordpress導入画面でトップ画面から移動するとデータベースの設定画面へ移動します。
ここで、Wordpress上で利用するデータベースとMySQLに定義しているデータベースを関連付ける事が出来ます。
Wordpressで利用するデータベースの設定で入力する項目は次の通りです。

  • データベース名 : (MySQLで作成したWordpress専用のデータベース名)
  • ユーザ名 : (WordPress専用データベースを扱えるユーザ)
  • パスワード : (ユーザのパスワード)
  • データベースのホスト名 : (データベースが稼働しているホスト名)
  • テーブル接頭辞 :(WordPressテーブルの頭文字に着ける文字)

 
各項目を入力したら「送信」ボタンを押して、データベース設定を反映します。

 
ローカル環境にWordpressを配置した場合の入力例では次のような例になります。

  • データベース名 : wp_db
  • ユーザ名 : wp_db
  • パスワード : (任意のパスワード)
  • データベースのホスト名 : localhost
  • テーブル接頭辞 :wp_

Wordpressで利用するデータベースの設定-1

 
Wordpressのデータベースの設定が完了すると、インストールの確認画面になります。
インストール確認画面になったら「インストール実行」ボタンを押してインストールを実行しましょう。
Wordpressをインストールする

 
Wordpressのインストールが完了すると、Wordpressの初期設定画面に移動するので、必要情報を入力して初期設定を行っていきましょう。
万が一、初期設定を間違ってしまったとしてもWordpressの設定画面で設定を変更する事が出来ます。
ただし、設定を変更するにはWordpressへログインする必要があるので「ユーザー名」「パスワード」は忘れないようにどこかに控えておきましょう。
Wordpressの必要情報として次の情報を入力します。入力が終わったら「Wordpressをインストール」ボタンを押します。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • プライバシー

 
次の画像は実際に入力してみた一例です。
Wordpressを初期設定する

 
Wordpressのインストール・初期設定が完了するとインストールが正しく完了した旨、表示されます。
Wordpressのインストール・初期設定完了画面に「ログイン」画面があるので「ログイン」ボタンを押してログインをしてみましょう。
Wordpressにログインしてみよう-1

 
また、URLで直接指定して入力するのであればサーバであれば「http://${ドメイン名}/wp-login.php」で、ローカル環境に構築したWordpressにログインするのであれば「http://localhost/${公開ディレクトリ名}/wp-login.php」でアクセスする事が出来ます。

 
ログイン画面を表示すると、ユーザ名・パスワードを聞かれるので初期設定時に設定したWordpressのユーザ名・パスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してログインします。
Wordpressにログインしてみよう-2

 
ログインが完了し、Wordpressの管理画面にログインする事が出来ると、Wordpressが利用可能な状態である事が確認できます。
Wordpressにログインしてみよう-3

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …

【Wordpress開発環境】Wordpress初期設定で必要なデータベースの作成
【WordPress開発環境】WordPress初期設定で必要なデータベースの作成

WordPressはレンタルサーバーでブログ運営する場合、多くのレンタルサーバー …

Head Cleanerの注意点
【Head Cleaner】Head Cleanerのよくある不具合と解決方法

ブログのパフォーマンス高速化のためにHead Cleanerを導入している人は多 …

【Wordpress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense
【WordPress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense

WordPressでブログを運営し、Google Adsenseを使ってブログを …

【Wordpress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!
【WordPress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!

WordPressでブログを運営していると色々なプラグインを利用していると思いま …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …

【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に
【WordPress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に

WordPressのプラグインはとても便利ですよね。 このブログでもWordpr …

【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する
【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する

Googleアドセンスや忍者アドマックスの広告などの掲載の為、Wordpress …

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法
【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法

WordPressでプラグインを自作開発していると、Wordpressの管理画面 …

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
【WordPress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache

WordPressでキャッシュを使ったブログの高速化をしたいと思う人は多いもので …