どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】WordPressのHTML自動整形を停止する方法

      2015/11/07


WordPressでブログを運営して記事を投稿している人の中には「テキスト」で記事内容を編集し投稿している人も多い事でしょう。
テキストでの編集はビジュアルエディタとは違い、自分でHTMLを記述できる事から、HTMLに理解のある人からすれば使い勝手の良いものです。

 
しかし、テキストで記述した内容が画面でどのように表示されるのか気になり「ビジュアル」モードに切り替えて表示イメージを確認しテキストモードに切り替えたところ「HTMLが整形されとるやないか!(怒)」なんて小規模な事故が起こってしまう事があります。

 
場合によっては自分の記述したHTMLが整形される事できれいさっぱりなくなってしまうなんて参事も起きてしまい、便利なはずのHTML整形機能も余計なおせっかい機能になってしまう事があります。

 
こんなときはWordpressのHTMLの自動整形機能を停止してみましょう。

 
WordpressのHTMLの自動整形機能を停止する方法について、簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしてくださいね。

 

 
【Wordpress】HTMLの自動整形を停止する方法
 

 

WordPressの自動整形機能を停止するとは?

WordPressには自動で記事内容として入力した内容を自動整形するHTML自動整形機能(auto paragraph)が備わっています。

 
ビジュアルモードをベースに記事を投稿している人やHTMLの知識が無い人からすれば便利な機能なのですが、ある程度HTMLの知識があり、テキスト入力がメインの人にとっては自分の入力したHTMLが整形されてしまったり、タグが追加されたり、タグそのものが消えてしまう事もあるので使い勝手の悪い厄介な機能になってしまいます。

 
Wordpressの自動整形機能であるauto paragraphを停止するというのは、このような事態に備えてWordpressのHTML自動整形機能を停止する事です。

 
必要な人にとっては必要なHTMLの自動整形機能ですが、不要な人にとっては邪魔で余計なお節介機能となってしまうので、不要な人はWordpressの自動整形機能を停止する事をオススメします。

 

 

 

WordPressの自動整形機能を停止する方法

WordPressの自動整形機能を停止するには、Wordpressのコアファイルである「functions.php」を編集し、Wordpressの自動整形機能を停止する処理を追加する方法があります。

 
Wordpressの自動整形機能を「functions.php」を編集して停止するには次の流れで行うと良いでしょう。

  • 外観のテーマの編集から「functions.php」を開く
  • 「functions.php」に自動整形を停止するコードを追記する

 
「functions.php」を編集するというと抵抗感が強くなる人も多いかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば難しいものではありません。
それぞれの手順について具体的に見ていきましょう。

 

 

 

外観のテーマの編集から「functions.php」を開く

外観のテーマの編集から「functions.php」を開く
Wordpressの自動整形機能を停止するには「functions.php」を編集する必要があるのでテーマの編集から「functions.php」の編集画面を開いておきましょう。

 
「functions.php」を開くには「外観」->「テーマの編集」を開きます。
外観のテーマの編集から「functions.php」を開く-1

 
テーマの編集の「テンプレートの一覧」内に「functions.php」があるのでリンクをクリックしてファイルの編集画面にしましょう。
外観のテーマの編集から「functions.php」を開く-2

 
見出し画像の例が、実際の「functions.php」の編集画面です。

 

 

 

「functions.php」に自動整形を停止するコードを追記する

「functions.php」に自動整形を停止するコードを追記する
WordpressのHTML自動整形機能であるauto paragraphを停止する為、自動整形を停止するPHPコードをfunctions.phpに追記しましょう。

 
WordpressのHTML自動整形機能はWordpressの持つフィルターの機能によって実現されているため、自動整形するフィルタを除外するコードを追記する事で、自動整形機能を停止する事が出来ます。

 
auto paragraphを停止するのに停止しなければならないフィルターは次の通りです。

  • 本文の自動整形フィルタ
  • 要約の自動整形フィルタ

 
本文の自動整形フィルタと、要約の自動整形フィルタを除外するには次のPHPコードをfunctions.php内に追記します。

 

 
追記の際はfunctions.phpの最初と最後に記述されている「<?php ~ ?>」の間にコードを追記するようにしましょう。
そうしないとfunctions.phpが壊れ、PHPが正常に動作しなくなり、ブログにアクセスしても画面が真っ白なんて事にもなりかねません。

 
見出し画像の例は実際にfunctions.phpに本文・要約の自動整形フィルタを除外するコードを追記した一例です。

 

 

 

 

スポンサーリンク


WordPressのHTMLの自動整形を停止する方法 あとがき

WordpressのHTMLの自動整形を停止する方法 あとがき
WordpressのHTML自動整形機能であるauto paragraphを停止する方法について紹介しました。
どうだったでしょうか?意外と簡単だったのではないでしょうか。

 
この記事を読まれている方は何かしらのかたちでWordpressの自動整形機能に悩まされてきた人だと思うので胸中お察しします。

 
自動整形機能の機能によって無駄な改行が省略されたり<br />が追加されたり、変なところにPタグた追加されたりと、初めてテキストモードをビジュアルモードを切り替えた人にとっては「なんじゃこりゃ!」と思ってしまうかもしれませんね。

 
HTMLを最適化したり、正しい記述方法で記述してくれたりする面ではとても良いのですが、時には正しいHTMLじゃなくても実現したい表現方法などもあるはずです。

 
そんなときはWordpressのHTMLの自動整形機能を停止してビジュアルエディタ・テキストエディタを自由に行き来できるようにカスタマイズしておきましょうね。

 
WordpressのHTMLの自動整形を停止して、自由なWordpressライフを送っていってください。

 

 

 

 

WordPressのHTMLの自動整形を停止する方法 まとめ

WordpressのHTMLの自動整形を停止する方法 まとめ
Wordpressには自動で記事内容として入力した内容を自動整形するHTML自動整形機能(auto paragraph)が備わっています。

 
ビジュアルモードをベースに記事を投稿している人やHTMLの知識が無い人からすれば便利な機能なのですが、ある程度HTMLの知識があり、テキスト入力がメインの人にとっては自分の入力したHTMLが整形されてしまったり、タグが追加されたり、タグそのものが消えてしまう事もあるので使い勝手の悪い厄介な機能になってしまいます。

 
Wordpressの自動整形機能であるauto paragraphを停止するというのは、このような事態に備えてWordpressのHTML自動整形機能を停止する事です。

 
Wordpressの自動整形機能を停止するには、Wordpressのコアファイルである「functions.php」を編集し、Wordpressの自動整形機能を停止する処理を追加する方法があります。

 
Wordpressの自動整形機能を「functions.php」を編集して停止するには次の流れで行うと良いでしょう。

  • 外観のテーマの編集から「functions.php」を開く
  • 「functions.php」に自動整形を停止するコードを追記する

 
外観のテーマの編集から「functions.php」を開く
Wordpressの自動整形機能を停止するには「functions.php」を編集する必要があるのでテーマの編集から「functions.php」の編集画面を開いておきましょう。

 
WordpressのHTML自動整形機能であるauto paragraphを停止する為、自動整形を停止するPHPコードをfunctions.phpに追記しましょう。

 
WordpressのHTML自動整形機能はWordpressの持つフィルターの機能によって実現されているため、自動整形するコードを追記する事で、このフィルターを除外する事が出来ます。

 
auto paragraphを停止するのに停止しなければならないフィルターは次の通りです。

  • 本文の自動整形フィルタ
  • 要約の自動整形フィルタ

 
本文の自動整形フィルタと、要約の自動整形フィルタを除外するには次のPHPコードをfunctions.php内に追記します。

 

 
追記の際はfunctions.phpの最初と最後に記述されている「<?php ~ ?>」の間にコードを追記するようにしましょう。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!
【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!

WordPressを運営していて、W3 Total Cacheを利用している人は …

【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に
【WordPress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に

WordPressのプラグインはとても便利ですよね。 このブログでもWordpr …

クイックタグを入力補助するボタンをエディタに追加するか-1
【Quick Adsense】エディタに追加されるクイックタグのボタン設定

WordPressのブログ運営でQuick Adsenseを使って広告掲載を行っ …

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方

WordPressで運営されるブログを高速化する上で今や必須となっているW3 T …

【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
【WordPress】WordPressインストールと初期設定

ブログでWordpressを始めようと思ってWordpressをサーバーにインス …

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードで表示するとソースコードにCSSが反映されない原因
【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードで表示するとソースコードにCSSが反映されない原因

WordPress上のブログでソースコードを紹介するのに、プラグインとしてCra …

【Wordpressプラグイン自作】自作プラグインをWordpressに登録し認識させる方法
【WordPressプラグイン自作】WordPressに自作プラグインを登録し認識させる方法

WordPressを使っていて、自作プラグインを作成したいと考えている人も多い事 …

【Wordpressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?
【WordPressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?

WordPressのプラグインを自作する場合であっても、インストールして利用して …

【Quick Adsense】記事中に自動で広告を掲載したい!Quick Adsenseを設定する
【Quick Adsense】記事中に自動で広告を掲載したい!Quick Adsenseの設定

広告でブログの収益化をしている人は「記事中に自動で広告を貼りたい」と考える人も居 …

【Wordpressプラグイン自作】特定のイベント時に処理を実行させるアクションフック(add_action)
【WordPressプラグイン自作】特定のイベント時に処理を実行させるアクションフック(add_action)

WordPressのプラグインを自作するには自分のつくったプログラムがいつ実行さ …