どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates

      2015/11/07


WordPressでブログ記事を投稿していると、いつも使っている言い回しや、定型文のようなものを使いまわしたいな~と思っている人も居る事でしょう。
Wordpressのプラグインには「TinyMCE Templates」という定型文を保存して、使う事が出来るプラグインがあります。

 
ブログの定型文を簡単挿入してくれるTinyMCE Templatesについて簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
 

 

ブログの定型文を簡単挿入してくれるTinyMCE Templatesとは

ブログの定型文を簡単挿入してくれるTinyMCE Templatesとは
TinyMCE Templatesとは、Wordpressのプラグインの一つで、保存しておいたプラグインを記事の投稿の際に呼び出し、テンプレートとして挿入してくれるプラグインです。

 
テンプレートとして保存しておいた内容を執筆の際に使う事が出来るので、自分の良く使う言い回しや言葉等の定型文をテンプレートとして保存しておき、呼び出す事で、記事執筆にかかる負担を軽減する事が出来ます。

 
定型文の挿入は良くあるプラグインでは、記事の最初と最後だけに挿入する物が多いと思いますが、TinyMCE Templatesでは記事の途中にも定型文を挿入する事が出来ます。

 
使い方もWordpressで記事を投稿したことがある人なら直感的に使う事が出来るので、ブロガーにとっては馴染みやすいツールの一つとも言えます。

 

 

 

 

TinyMCE TemplatesをWordpressにインストールする

TinyMCE TemplatesをWordpressにインストールする
TinyMCE TemplatesはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
TinyMCE Templatesのインストールは次の手順が主流です。

  • WordPressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「TinyMCE Templates」と検索する
  • 検索で表示された「TinyMCE Templates」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 

 

 

WordPressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「TinyMCE Templates」と検索する

Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「TinyMCE Templates」と検索する
Wordpressの管理画面の[プラグイン]→[新規追加]から、「プラグインの追加」画面を表示しておきましょう。
検索ボックスに「Autoptimize」を入力して検索すると、プラグインを検索する事が出来ます。

 
画像の枠で囲まれたプラグインが対象のプラグインです。

 

 

 

検索で表示された「TinyMCE Templates」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

検索で表示された「TinyMCE Templates」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール
「Autoptimize」のプラグインを検索できたら、対象プラグインの「いますぐインストール」ボタンを押下してプラグインをインストールしましょう。

 
プラグインのインストールが完了したら、有効化する事を忘れないようにしてください。

 
プラグインのインストールが成功していれば、WordPressの項目の一覧に「テンプレート」という項目が追加されています。
また、記事の投稿画面にはテンプレートを挿入というボタンが追加されています。

 

 

 

 

TinyMCE Templatesの設定

TinyMCE Templatesの設定
TinyMCE Templatesでは、煩わしい細かい設定はありません。
強いて言うなら、TinyMCE Templatesの設定と言えば予めテンプレートを作成しておく事だけです。

 
テンプレートの作成は、TinyMCE Templatesの使い方で紹介しています。

 

 

 

 

TinyMCE Templatesの使い方

TinyMCE Templatesの使い方
TinyMCE TemplatesはWordpressでブログを運営し、記事を投稿している人ならば直感的に使う事が出来るシンプルな使い方です。
TinyMCE Templatesでは、次のような流れで、定型文をテンプレートとして保存し、記事の投稿の際に挿入する事が出来ます。

  • テンプレートを新規追加する
  • 記事投稿の際にテンプレートを呼び出す

 
具体的にTinyMCE Templatesの使い方を見ていきましょう。

 

 

 

テンプレートを新規追加する

テンプレートを新規追加する
TinyMCE Templatesでテンプレートを新規追加では、あらかじめ良く使う定型文や言葉等をテンプレートとして保存しておく事で、記事の執筆の際に挿入するテンプレートとして保存しておく事が出来ます。

 
テンプレートの新規追加は次の手順で行えます。

  • WordPressの項目の中から「テンプレート」を選択
  • テンプレートの画面の「新規追加」を選択
  • テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加

 
実際にテンプレートを追加していきましょう。

 

 

WordPressの項目の中から「テンプレート」を選択

Wordpressの項目の中から「テンプレート」を選択
TinyMCE TemplatesのWordpressへのインストールが済んでいるのであれば、Wordpressの項目の中に「テンプレート」が追加されているはずなので、「テンプレート」をクリックしましょう。

テンプレートをクリックすると、テンプレート画面が表示されます。
 

 

テンプレートの画面の「新規追加」を選択

テンプレートの画面の「新規追加」を選択
テンプレート画面に移動したら、テンプレート画面の「新規追加」ボタンを押しましょう。

何も追加されていない場合は、テンプレートの一覧には何も表示はされません。
一覧は、導入しているプラグインなどの影響で、表示されている項目が異なる場合があります。

 
テンプレートの新規追加ボタンを押す事で、テンプレートの新規追加画面に移動します。

 

 

テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加

テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加
テンプレートの新規追加画面では、テンプレートのタイトルと、内容を書く事が出来ます。

 
テンプレートのタイトルには、何の定型文なのかという事をわかりやすく記載しましょう。
また、内容の部分には具体的にテンプレートとなる定型文を具体的に記載していきます。

 
Wordpressで記事を投稿している人ならば馴染みのある画面だと思うので、特に入力に困るという事はないでしょう。

 
タイトルと定型文の入力が終わったら、「公開」ボタンを押してテンプレートを保存しましょう。

 
画像の例ではタイトルと内容にテスト的な定型文を入力しています。

 
テンプレートの保存が済むとテンプレートの一覧には次の画像のように新規追加した定型文のテンプレートが表示されます。
テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加 テンプレート一覧
 

 

 

記事投稿の際にテンプレートを呼び出す

記事投稿の際にテンプレートを呼び出す
記事投稿の際に、あらかじめ保存しておいたテンプレートを呼び出して定型文を挿入する事が出来ます。
記事の内容として定型文を挿入する流れは次のように行います。

  • 記事の内容でテンプレートを挿入したい場所を予め選択しておく
  • 記事投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押す
  • 挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す

 
とても簡単でシンプルな操作ですね。
挿入された定型文は「<p>」タグで囲まれて挿入されます。

 
実際にテンプレートを挿入してみましょう。

 

 

 

記事の内容でテンプレートを挿入したい場所を予め選択しておく

記事の内容でテンプレートを挿入したい場所を予め選択しておく
記事の内容でテンプレートを挿入したい場所をクリックし、あらかじめ選択しておく事で、選択した場所に定型文が挿入されるようになります。
定型文を挿入したい場所をあらかじめ選択しておきましょう。

 

 

記事投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押す

記事投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押す
記事投稿画面のテンプレートを挿入ボタンを押しましょう。
記事投稿画面のテンプレート画面を押す事で、挿入する定型文のテンプレートの一覧がダイアログで表示されます。

 

 

挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す

挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す
記事の内容として挿入したい定型文のテンプレートをリストの中から選択して、テンプレートの挿入ボタンを押しましょう。
あらかじめ定型文を挿入したい場所として選択していた場所に定型文が挿入されます。

 
テンプレートは表示されるダイアログボックスから選択する事が出来るので、挿入したい定型文を選択して挿入します。

 
画像の例では先ほど追加しておいた定型文を挿入するようになっています。
挿入すると次の画像で紹介するように「<p>」タグに囲まれて定型文が挿入される事になります。
挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す 結果

 

 

 

ショートコードを使って定型文を一括変更できるようにする

【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!
TinyMCE Tempatesにはテンプレートに定型文を登録する際に、ショートコードを利用する設定にしておく事で、ショートコードを使って定型文を記事に挿入することが出来ます。

 
ショートコードを利用して、定型文を挿入する事で、もしも定型文に修正があった場合に、テンプレートを修正するだけで、一括して定型文を変更する事が出来ます。
ショートコードで定型文を挿入する方法は簡単です。

 
TinyMCE Templatesを使って定型文を挿入するには次の手順を行います。

  • テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする
  • 記事投稿画面でテンプレートを挿入する

 
テンプレートをショートコードとして挿入するには、あらかじめテンプレートの編集画面から、テンプレートをショートコードとして使用する設定にしてある必要があります。

 
テンプレートをショートコードとして挿入する設定にしておく事で記事投稿時に簡単に定型文を挿入する事が出来るのです。

 
記事投稿画面でテンプレートを実際に挿入してショートコードとして追加されるか確認しましょう。
テンプレートの挿入方法は投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押してテンプレートを選択する事で挿入する事が出来ます。

 
テンプレートの設定でショートコードを使用する設定になっている場合は、定型文を選択した際に、備考の欄に「備考: このテンプレートはショートコードとして挿入されます。」というメッセージが表示されます。

 
TinyMCE Templatesで定型文をショートコードで挿入する使い方は「【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!」で簡単でわかりやすく詳しく解説しているのでチェックしていってください。


 

 

 

 

TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ

【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズとは、TinyMCE TemplatesプラグインにパッケージされているPHPファイルやJSファイルなどをカスタマイズし、より便利で使いやすい形でTinyMCE Templatesを利用できるようにしていく事です。

 
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズとしては次のような物があります。

  • テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止する
  • テンプレートを挿入で検索できるようにする

 

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
TinyMCE Templatesのテンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズとは、TinyMCE Templatesに登録したテンプレートを投稿する内容として選択して挿入するときに<p>タグの挿入や<br />タグの追加、不要な改行の削除等のHTML自動整形を停止するカスタマイズのことです。

 
ビジュアルエディター(リッチエディター)で作業をする事がメインの人にとってはあまり気にする必要のないことだと思いますが、テキストをベースに作業をしている人にとっては、入力したテンプレートの内容が勝手に変更されてしまうのは、このプラグインを利用するかどうかを分ける程の死活問題となります。

 
TinyMCE Templatesのテンプレート挿入時のHTML自動整形を停止する方法では、プラグインのPHPファイルを改修して行います。

 

【TinyMCE Templates】テンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズ
TinyMCE Templates】テンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズとは、記事投稿・編集画面に追加される「テンプレートを挿入」ボタンを押して開かれる「テンプレート挿入」画面にテキストの検索ボックスと検索ボタンを追加し、更にプラグインに検索処理を追加する事で、テンプレートを挿入するタイミングで自分の目的のテンプレートを検索できるようにするカスタマイズです。

 
TinyMCE Templatesのテンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズでは、「TinyMCE Templates」にパッケージされているPHPファイル、JSファイルを修正し、カスタマイズをしていきます。

 
このカスタマイズを行う事で、TinyMCE Templatesでは次のような変化があります。

  • 「テンプレートを挿入」画面に検索テキストボックス・検索ボタンが追加される
  • 検索テキストボックスに入力した文字を含むタイトルのテンプレートの一覧が、テンプレート一覧に表示される
  • 何も検索条件を入力しなかった場合はテンプレート一覧に、全てのテンプレートが表示される
  • 検索条件に一致するテンプレートが無かったら「no_result」とテンプレートの一覧に表示される
  • 検索時は複数の単語で検索が可能で、検索する文字をスペースで区切って追加する事で、更に絞込みが出来る
  • 検索時は大文字、小文字を区別せずに検索する事が出来る

 
TinyMCE Templatesのテンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズでは、プラグインのファイルを修正してカスタマイズしていきます。
今回、TinyMCE Templatesのテンプレート挿入時の検索機能を追加する上で、編集するファイルは次の通りです。

  • tinymce-templates/tinymce-templates.php
  • tinymce-templates/js/tinymce-templates.js

 
TinyMCE Templatesの「テンプレートを挿入」画面で検索できるようにするカスタマイズについては「【TinyMCE Templates】テンプレートを挿入で検索できるようにするカスタマイズ」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しています。

 
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズについては「【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates あとがき

ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates あとがき
ブログの定型文を簡単挿入する事が出来るTinyMCE Templatesについて紹介しました。
何百記事、何千記事と記事を投稿していると、ブログの定型文を入力するだけで馬鹿にならない文字数となります。

 
定型文を入力している時間を、更なる記事を作る時間にしたり、体を休めたりする時間にも出来るので、作業の効率化が出来るところはやはり効率化していった方が何よりも自分が楽になります。

 
作業の効率化は最初の内は、効率化された作業になれるまで大変かもしれませんが、慣れればなんてことはありません。
TinyMCE Templatesのようなシンプルで馴染みのある感覚で使えるプラグインはうれしいですよね。

 
ブログの定型文を簡単に挿入して、記事投稿作業の効率化を図っていってください。

 

 

 

 

ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates まとめ

ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates まとめ
TinyMCE Templatesとは、Wordpressのプラグインの一つで、保存しておいたプラグインを記事の投稿の際に呼び出し、テンプレートとして挿入してくれるプラグインです。

 
テンプレートとして保存しておいた内容を執筆の際に使う事が出来るので、自分の良く使う言い回しや言葉等の定型文をテンプレートとして保存しておき、呼び出す事で、記事執筆にかかる負担を軽減する事が出来ます。

 
定型文の挿入は良くあるプラグインでは、記事の最初と最後だけに挿入する物が多いと思いますが、TinyMCE Templatesでは記事の途中にも定型文を挿入する事が出来ます。

 
TinyMCE TemplatesはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
TinyMCE Templatesのインストールは次の手順が主流です。

  • WordPressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「TinyMCE Templates」と検索する
  • 検索で表示された「TinyMCE Templates」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 
TinyMCE Templatesでは、煩わしい細かい設定はありません。
強いて言うなら、TinyMCE Templatesの設定と言えば予めテンプレートを作成しておく事だけです。

 
TinyMCE TemplatesはWordpressでブログを運営し、記事を投稿している人ならば直感的に使う事が出来るシンプルな使い方です。
TinyMCE Templatesでは、次のような流れで、定型文をテンプレートとして保存し、記事の投稿の際に挿入する事が出来ます。

  • テンプレートを新規追加する
  • 記事投稿の際にテンプレートを呼び出す

 
TinyMCE Templatesでテンプレートを新規追加では、あらかじめ良く使う定型文や言葉等をテンプレートとして保存しておく事で、記事の執筆の際に挿入するテンプレートとして保存しておく事が出来ます。

 
テンプレートの新規追加は次の手順で行えます。

  • WordPressの項目の中から「テンプレート」を選択
  • テンプレートの画面の「新規追加」を選択
  • テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加

 
記事投稿の際に、あらかじめ保存しておいたテンプレートを呼び出して定型文を挿入する事が出来ます。
記事の内容として定型文を挿入する流れは次のように行います。

  • 記事の内容でテンプレートを挿入したい場所を予め選択しておく
  • 記事投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押す
  • 挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す

 

TinyMCE Tempatesにはテンプレートに定型文を登録する際に、ショートコードを利用する設定にしておく事で、ショートコードを使って定型文を記事に挿入することが出来ます。

 
ショートコードを利用して、定型文を挿入する事で、もしも定型文に修正があった場合に、テンプレートを修正するだけで、一括して定型文を変更する事が出来ます。
ショートコードで定型文を挿入する方法は簡単です。

 
TinyMCE Templatesを使って定型文を挿入するには次の手順を行います。

  • テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする
  • 記事投稿画面でテンプレートを挿入する

 

【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズとは、TinyMCE TemplatesプラグインにパッケージされているPHPファイルやJSファイルなどをカスタマイズし、より便利で使いやすい形でTinyMCE Templatesを利用できるようにしていく事です。

 
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズとしては次のような物があります。

  • テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止する
  • テンプレートを挿入で検索できるようにする

 
TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズについては「【TinyMCE Templates】TinyMCE Templatesで出来る便利なカスタマイズ」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しています。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpressプラグイン自作】フィルターフックと、フックで追加した関数の値のやり取り
【WordPressプラグイン自作】フィルターフックと、フックで追加した関数の値のやり取り

WordPressでフィルターフックを使っていると、フィルターフックと、フックで …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュでは、画像や動画、音声ファイルと …

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ

TinyMCE TemplatesはWordpressの投稿画面のようにテンプレ …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのHTMLとXMLの設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのHTMLとXMLの設定

WordPressでブログを運営している人でW3 Total Cacheを使って …

【Wordpress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン
【WordPress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン

ブログをWordpressで運営している人は多いですよね。 ブログをWordpr …

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用する方法
【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用する方法

WordPressで作成したブログでソースコードを紹介するとき、綺麗な表示にして …

【Wordpress】Wordpressでブログ運営する上で参考にしたい考察 
【WordPress】WordPressでブログ運営する上で参考にしたい考察 

WordPressはブログを運営する上でメジャーなCMSです。 Wordpres …

【Wordpress】HTML・CSS・JavaScriptを縮小するプラグイン Autoptimize
【WordPress】HTML・CSS・JavaScriptを縮小するプラグイン Autoptimize

WordPressでブログを運営していて、ブログの表示速度を高速化させるために、 …

【Wordpress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!
【WordPress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!

WordPressを使ってブログを運営している人で「Head Cleaner」を …

【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!
【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!

WordPressでブログを運営している人の中にはブログの高速化を期待して、高速 …