どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!

      2015/11/07


WordPressのページキャッシュにW3 Total Cacheを使っている人は少なくないでしょう。
W3 Total CacheはWordpressのキャッシュに関するあらゆる事をしてくれるプラグインなので、機能の一つにページキャッシュがあります。

 
W3 Total Cacheの詳細の設定を行う事で、自分の用途や目的に合った形でページをキャッシュする事が出来るので、是非設定しておきましょう。

 
W3 Total Cacheのページキャッシュの設定について簡単でわかりやすく、詳しくまとめましたのでチェックしていって下さい。

 

 
【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!
 

 

目次

W3 Total Cacheのページキャッシュの設定について

W3 Total Cacheのページキャッシュの設定について
ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 
具体的にそれぞれの設定についてみていきましょう。

 

 

 

ページキャッシュの全体設定(General)

ページキャッシュの全体設定(General)
ページキャッシュの全体設定は「General」の項目で設定できるページキャッシュ全体に関わる詳細設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの全体設定として設定できる項目としては次のようなものがあります。

 

  • フロントページをキャッシュするかどうか
  • サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうか
  • SSL通信によるリクエストのキャッシュ
  • 404エラーページをキャッシュするかどうか
  • 自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうか
  • 認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうか
  • ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定

 

 

フロントページをキャッシュするかどうか

フロントページをキャッシュするかどうか
フロントページをキャッシュするかどうかを設定する事で、ブログのトップページをキャッシュしてくれます。
ブログトップページをサイトの入口と考え表示速度を上げたい場合は有効にすると良いでしょう。

 
フロントページをキャッシュするかどうかは「General」の「Cache front page」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例ではフロントページをキャッシュする設定になっています。

 

 

サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうか

サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうか
サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedsをキャッシュするかどうかを選択する事が出来ます。
即時性の高い情報を提供する場合は有効化させない方が無難であり、逆に即時性が求められないブログの場合は有効化させる事を考えると良いでしょう。

 
サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうかは「General」の「Cache feeds: site, categories, tags, comments」のチェックボックスをチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例ではサイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュしない設定になっています。

 

 

SSL通信によるリクエストのキャッシュ

SSL通信によるリクエストのキャッシュ
SSL通信によるリクエストのキャッシュを利用するかどうかを設定します。

 
SSL通信のリクエストをキャッシュする事で、いちいち暗号化キーを問い合わせなくてもキャッシュしたキーで暗号化出来るのでパフォーマンスが向上されます。

 
SSL通信を利用するブログの場合は利用を検討してみても良いでしょう。
SSL通信によるリクエストのキャッシュは「General」の「Cache SSL (https) requests」のチェックボックスをチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例ではSSL通信によるリクエストのキャッシュを利用しない設定になっています。

 

 

404エラーページをキャッシュするかどうか

404エラーページをキャッシュするかどうか
404エラーページをキャッシュするかどうかを設定する事が出来ます。

 
404エラーページを連続で表示するようなサーバ攻撃を受ける可能性がある場合や、Wordpressのパーマリンク変更など行って大量の404エラーページが発生する可能性がある場合に有効でしょう。

 
404エラーページをキャッシュするかどうかは「General」の「Cache 404 (not found) pages」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では404エラーページをキャッシュしない設定になっています。

 

 

自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうか

自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうか
自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうかを設定できます。

 

自分のサイトのドメインに対するリクエストだけをキャッシュするかどうかは「General」の「Cache requests only for {ドメイン}.jp site address」のチェックボックスをチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では自分のサイトのドメインに対するリクエストをキャッシュしない設定になっています。

 

 

認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうか

認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうか
認証ユーザーの閲覧時に作成されたキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうかを設定できます。

 
権限でブログの表示が変更されない場合は、とりわけ気にする必要もないかもしれませんが、管理者ユーザーがブログを表示した場合に表示形式が変更となる場合などはセキュリティーホールに繋がる可能性があるので、閲覧できないようにしましょう。

 
デフォルトでは認証ユーザーの閲覧時に作られたキャッシュは非認証ユーザーは参照できない事になっています。

 
認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうかは「General」の「Don’t cache pages for logged in users」のチェックボックスをチェックすると閲覧できない設定となり、チェックを外すと閲覧できる設定となります。

 
画像の例では>認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーは閲覧できない設定になっています。

 

 

ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定

ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定
ユーザー権限毎にページキャッシュを作成するかどうかの設定を行う事が出来ます。
ユーザー権限毎にサイトの表示が変わったり、セキュリティ上絶対にキャッシュさせたくない権限のユーザがいる場合に有効な設定です。

 
ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定は「General」の「Don’t cache pages for following user roles」のチェックボックスにチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
また、次の権限毎にキャッシュを作成しない権限を設定しておきましょう。チェックされたユーザー権限のユーザがページを閲覧した場合はページキャッシュを作成しません。

  • Administrator : 管理者
  • Editor : 編集者
  • Editor : 著者
  • Contributor : コントリビュータ
  • Subscriber : 加入者

 

 
画像の例では、全権限でページキャッシュを作成する設定になっています。

 

 

 

ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)

ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
W3 Total Cacheでは、ページキャッシュの自動生成に関する設定を行う事が出来ます。
予めページキャッシュを自動生成しておく事で、ユーザーがページに訪問する前にWordpress上にページをキャッシュしてくれます。

 
毎日更新されたり、リアルタイムでコンテンツが変わるようなブログを運営している人はページキャッシュの自動生成については利用しない方が賢明でしょう。

 
ページキャッシュの有効期間が短く、頻繁にページキャッシュを作り変えるような必要性のあるブログではサーバー負荷が高まり記事の表示速度の低下を招く原因にもなります。

 
ページキャッシュの自動生成がが有効なのは静的で、ページキャッシュの有効期限が長めに設定されているようなブログです。
既に完成された、静的な状態であれば予めページキャッシュを作っておく事で全体的なサーバ負荷を軽減する事に繋がります。

 
ページキャッシュの自動生成に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか
  • 自動生成のインターバル時間
  • インターバル時間ごとに更新するページキャッシュ数
  • サイトマップのURL指定

 

 

ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか

ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか
ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか設定する事が出来ます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用しないと設定した場合は、自動生成のインターバル時間やインターバル時間ごとの作成するページ数など、ページキャッシュの自動生成に関する設定が無効化されます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用するかどうかは「Cache Preload」の「Automatically prime the page cache」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例ではページキャッシュの自動生成を使用しない設定になっています。

 

 

自動生成のインターバル時間

自動生成のインターバル時間
ページキャッシュの自動生成を使用する場合の、ページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュの作成処理は重い処理となるため、キャッシュの更新インターバルの時間を短くし過ぎると、サーバに大きな負荷をかける可能性があり、キャッシュ作成中、画面の表示が遅くなる可能性があります。

 
自動生成のインターバル時間は「Cache Preload」の「Update interval」に秒単位(Seconds)で入力して設定します。

 
画像の例ではページキャッシュの自動生成は有効化されていませんが、有効化されていれば「900秒(15分ごと)」にキャッシュを更新する設定になっています。

 

 

インターバル時間ごとに更新するページキャッシュ数

インターバル時間ごとに更新するページキャッシュ数
ページキャッシュの自動生成を使用する場合のページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
インターバル時間ごとに更新するページキャッシュの数を設定する事が出来ます。
インターバル時間ごとに更新するページキャッシュの数は「Cache Preload」の「Pages per interval」に整数で入力して設定します。

 
画像の例ではページキャッシュの自動生成は有効化されていませんが、有効化されていればインターバル時間ごとに10ページのキャッシュを更新する設定になっています。

 

 

サイトマップのURL指定

サイトマップのURL指定
サイトマップのURLを指定する事が出来ます。

 
ここではブログに置かれている「sitemap.xml」のURLを指定し、設定されているページの優先順位などをもとに優先的にキャッシュするページを決める為に指定します。

 
サイトマップのURL指定は「Cache Preload」の「Sitemap URL」にサイトマップにアクセスするためのURLを入力する事で設定できます。

 
画像の例では、サイトマップのURLは指定しない設定になっています。

 

 

ページキャッシュ更新に関する設定(Purge Policy: Page Cache)

ページキャッシュを更新に関する設定を行います。
ページキャッシュの更新に関する設定を行う事で、新規記事を投稿した際に自動的にキャッシュをクリアし、新しいキャッシュを作成してくれるようになります。
パージポリシーを指定していないと、新しい記事を投稿してもキャッシュが残っている事で新しい記事が画面に表示されない等の不具合の原因となります。

 
ページキャッシュ更新に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • ページキャッシュの削除上限数を設定
  • キャッシュ更新を優先するページの設定
  • サイトマップファイル名の指定

 

 

どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか

どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか
どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
トップページや投稿記事、ブログのフィードなどの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するかは「Purge Policy:Page Cache」のチェックボックスで選択する事が出来ます。
チェックの入ったところが新規追加・更新された場合は、キャッシュがクリアされる事になります。

 
画像の例では、トップページ・投稿ページ・ブログフィードが更新されるとそれぞれのページキャッシュをクリアする設定になっています。

 

 

 

どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するか

どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか
どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
RSSやRSS2などの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するかは「Purge Policy:Page Cache」の「Specify the feed types to purge」チェックボックスで選択する事が出来ます。
チェックの入ったところが新規追加・更新された場合は、キャッシュがクリアされる事になります。

 
画像の例では、Feedタイプによる更新ではキャッシュをクリアしない設定になっています。

 

 

 

ページキャッシュの削除上限数を設定

ページキャッシュの削除上限数を設定
ページキャッシュの削除上限数を設定できます。

 
ページキャッシュの削除上限数は「Purge Policy:Page Cache」の「Purge Limit」に削除上限数を設定する事で設定できます。

 
画像の例では、ページキャッシュの削除上限数は10個までという設定になっています。

 

 

キャッシュ更新を優先するページの設定

キャッシュ更新を優先するページの設定を行う事が出来ます。
ここで指定したページは他のページと比較して、優先的にページがキャッシュされる事になります。

 
キャッシュ更新を優先するページの設定は「Purge Policy:Page Cache」の「Additional pages」にURLを追加して指定します。

 
画像の例ではキャッシュ更新を優先するページはない設定になっています。

 

 

 

サイトマップファイル名の指定

サイトマップファイル名の指定
サイトマップファイル名を指定する事が出来ます。
サイトマップのファイル名は正規表現で入力する事が出来、デフォルトで「([a-z0-9_-]*?)sitemap([a-z0-9_-]*)?.xml」が設定されています。

 
サイトマップファイル名の指定は「Purge Policy:Page Cache」の「Purge sitemaps」に正規表現で入力する事で設定できます。

 
画像の例ではサイトマップのファイル名にデフォルトの設定を使っています。

 

 

高度な設定(Advanced)

高度な設定(Advanced)
ページキャッシュに対する高度な設定では、サーバー管理者向けのより高度な設定を行う事が出来ます。
サーバー管理者でない限りは設定を変える必要はないでしょう。

 

Page Cacheに対する深い理解や構造が概念でつかめる人は、設定を変更すると良いですが、もしキャッシュに対する知識が足りないと感じている人は無理に設定を変更しなくても良いでしょう。

 

ページキャッシュの高度な設定としては次のような事を設定できます。

  • 互換モードの有効化・無効化
  • UTF-8の文字コードのサポートを無効化する
  • ページキャッシュの期限の設定
  • コメントのクッキーの期限の設定

 

 

互換モードの有効化・無効化

互換モードの有効化・無効化
互換モードの有効化・無効化について設定する事が出来ます。

 
互換モードの有効化・無効化は「Advanced」の「Compatibility mode」のチェックボックスをチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では互換モードは無効化されています

 

 

UTF-8の文字コードのサポートを無効化する

UTF-8の文字コードのサポートを無効化する
UTF-8の文字コードのサポートを無効化するかどうかを設定する事が出来ます。

 
UTF-8の文字コードのサポートを無効化するかどうかは「Advanced」の「Charset」のチェックボックスにチェックをするとUTF-8のサポート無効化、チェックを外すとUTF-8のサポートを有効化します。

 
画像の例では、UTF-8の文字コードのサポートは有効化されている設定になっています。

 

 

 

ページキャッシュの期限の設定

ページキャッシュの期限の設定
ページキャッシュの期限の設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの期限を設定する事で、有効期限が経過した後、キャッシュが上書きされ新しいキャッシュに更新されるようになります。

 
ページキャッシュの期限の設定は「Advanced」の「Garbage collection interval」に秒単位(Seconds)で入力し設定します。

 
画像の例ではページキャッシュの期限に3600秒(1時間)を設定しています

 

 

コメントのクッキーの期限の設定

コメントのクッキーの期限の設定を行う事が出来ます。
コメントのクッキーの期限の設定する事で、有効期限が経過した後、クッキーが削除されます。

 
コメントのクッキーの期限の設定は「Advanced」の「Comment cookie lifetime」に秒単位(Seconds)で入力し設定します。

 
画像の例ではコメントのクッキーの期限に1800秒(30分)を設定しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク


ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!を読むうえで知っておきたい知識

ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

W3 Total Cacheについて

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
W3 Total CacheはWordpressのプラグインで、コンテンツのキャッシュを作ってくれるプラグインです。
W3 Total Cacheは英語での表記ですが、キャッシュ系の細かな設定を行う事が出来るため、非常に便利なプラグインの一つなのです。

 
W3 TotalCacheには有償版と無償版がありますが、無償版でも十分に使えます。

 
W3 Total CacheをWordpressにインストールする
W3 Total CacheはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
W3 Total Cacheのインストールは次の手順が主流です。

  • Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「W3 Total Cache」と検索する
  • 検索で表示された「W3 Total Cache」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 
キャッシュを使ってブログを高速化するW3 Total Cacheについては「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

W3 Total Cacheの設定と使い方について

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 

ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 

データベースキャッシュの設定(Database Cache)は、W3 Total Cacheのデータベースキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Database Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • 高度な設定

 

オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 

ブラウザーキャッシュの設定(Browser Cache)では、W3 Total Cacheのブラウザーキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Browser Cache」と進んだ先がブラウザーキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでブラウザーキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • CSSとJSに関する設定
  • HTMLとXMLに関する設定
  • メディアやその他のファイルに関する設定

 
ユーザーエージェントグループの設定
ユーザーエージェントグループの設定では、WWW(ワールドワイドウェブ)から情報を取得するHTTPユーザーエージェントのグループを作成する事が出来ます。

 
ユーザーエージェントグループとしてまとめられたエージェントからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、グループ内の同じユーザーエージェント、もしくは別のユーザーエージェントからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
ユーザーエージェントグループの設定は「Performance」->「User Agent Groups」で設定画面を開く事が出来ます。

 
ユーザエージェントグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ユーザエージェントグループの有効化
  • ユーザーエージェントグループを利用するテーマ
  • ユーザーエージェントグループに含まれるエージェントでアクセスがあった場合のエージェントリダイレクトの設定
  • グループを構成するエージェントの設定

 
リファラーグループの設定
リファラーグループの設定では、ブログの照会人・照会元であるリファラーのグループを作成する事が出来ます。

 
リファラーグループとしてまとめられたリファラーからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、同じリファラーや、同じグループ内の別のリファラーからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
リファラーグループの設定は「Performance」->「Referrer Groups」で設定画面を開く事が出来ます。
リファラーグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • リファラーグループの有効化
  • リファラーグループを利用するテーマ
  • リファラーグループに含まれるリファラーでアクセスがあった場合のリファラーリダイレクトの設定
  • グループを構成するリファラーの設定

 
モニタリング設定
モニタリングの設定は、W3 Total Cacheで推奨されているモニタリングツールである「New Relic」についての設定を行う事が出来ます。
New Relicによるモニタリングの設定については、申し訳ありませんが当ブログでは取り扱いませんのでご了承ください。

 
その他の設定
その他の設定では、W3 Total Cache上で利用する事が出来る各種オプションの設定を行う事が出来ます。
各種オプションは有効化する事によってW3 Total Cache上で利用する事が出来ます。

 
その他の設定でW3 Total Cacheとして利用する事が出来るオプションは次の通りです。

  • CloudFlare
  • FeedBurner

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方については「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう! あとがき

ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう! あとがき
W3tcのページキャッシュの設定は詳細設定だけあってかなり細かな設定を行う事が出来ますね。
高機能すぎていったいどこをどう設定したらいいのかと焦ってしまうかもしれませんが、まずは自分のわかる範囲で設定してみると良いと思います。

 
ページキャッシュで基本的な事はページキャッシュを行う事が出来る事と、ページキャッシュの有効期限、ページキャッシュの更新タイミングを掴むことだと私は思います。

 
キャッシュは便利な物ですが、裏でどんな事をしているのかやどんな風にキャッシュを実現しているのかという事を全く理解しないまま使うと、キャッシュを使った特有の不具合に頭を悩ませる事もあるので少しでも理解をしていけば自ずと記事の表示速度の向上や、サーバの負荷の分散などに興味がわいてくることでしょう。

 
まずはキャッシュの基本であるページのキャッシュをW3 Total Cacheのページキャッシュから学んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう! まとめ

ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう! まとめ
ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 
ページキャッシュの全体設定は「General」の項目で設定できるページキャッシュ全体に関わる詳細設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの全体設定として設定できる項目としては次のようなものがあります。

 

  • フロントページをキャッシュするかどうか
  • サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうか
  • SSL通信によるリクエストのキャッシュ
  • 404エラーページをキャッシュするかどうか
  • 自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうか
  • 認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうか
  • ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定

 
フロントページをキャッシュするかどうかを設定する事で、ブログのトップページをキャッシュしてくれます。
ブログトップページをサイトの入口と考え表示速度を上げたい場合は有効にすると良いでしょう。

 
サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedsをキャッシュするかどうかを選択する事が出来ます。
即時性の高い情報を提供する場合は有効化させない方が無難であり、逆に即時性が求められないブログの場合は有効化させる事を考えると良いでしょう。

 
SSL通信によるリクエストのキャッシュを利用するかどうかを設定します。

 
SSL通信のリクエストをキャッシュする事で、いちいち暗号化キーを問い合わせなくてもキャッシュしたキーで暗号化出来るのでパフォーマンスが向上されます。

 
404エラーページをキャッシュするかどうかを設定する事が出来ます。

 
404エラーページを連続で表示するようなサーバ攻撃を受ける可能性がある場合や、Wordpressのパーマリンク変更など行って大量の404エラーページが発生する可能性がある場合に有効でしょう。

 
自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうかを設定できます。

 
認証ユーザーの閲覧時に作成されたキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうかを設定できます。

 
権限でブログの表示が変更されない場合は、とりわけ気にする必要もないかもしれませんが、管理者ユーザーがブログを表示した場合に表示形式が変更となる場合などはセキュリティーホールに繋がる可能性があるので、閲覧できないようにしましょう。

 
デフォルトでは認証ユーザーの閲覧時に作られたキャッシュは非認証ユーザーは参照できない事になっています。

 
ユーザー権限毎にページキャッシュを作成するかどうかの設定を行う事が出来ます。
ユーザー権限毎にサイトの表示が変わったり、セキュリティ上絶対にキャッシュさせたくない権限のユーザがいる場合に有効な設定です。

 
ユーザー権限毎にページキャッシュを作成するかどうかの設定を行う事が出来ます。
ユーザー権限毎にサイトの表示が変わったり、セキュリティ上絶対にキャッシュさせたくない権限のユーザがいる場合に有効な設定です。

 
W3 Total Cacheでは、ページキャッシュの自動生成に関する設定を行う事が出来ます。
予めページキャッシュを自動生成しておく事で、ユーザーがページに訪問する前にWordpress上にページをキャッシュしてくれます。

 
毎日更新されたり、リアルタイムでコンテンツが変わるようなブログを運営している人はページキャッシュの自動生成については利用しない方が賢明でしょう。

 
ページキャッシュの有効期間が短く、頻繁にページキャッシュを作り変えるような必要性のあるブログではサーバー負荷が高まり記事の表示速度の低下を招く原因にもなります。

 
ページキャッシュの自動生成がが有効なのは静的で、ページキャッシュの有効期限が長めに設定されているようなブログです。
既に完成された、静的な状態であれば予めページキャッシュを作っておく事で全体的なサーバ負荷を軽減する事に繋がります。

 
ページキャッシュの自動生成に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか
  • 自動生成のインターバル時間
  • インターバル時間ごとに更新するページキャッシュ数
  • サイトマップのURL指定

 
ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか設定する事が出来ます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用しないと設定した場合は、自動生成のインターバル時間やインターバル時間ごとの作成するページ数など、ページキャッシュの自動生成に関する設定が無効化されます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用する場合の、ページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュの作成処理は重い処理となるため、キャッシュの更新インターバルの時間を短くし過ぎると、サーバに大きな負荷をかける可能性があり、キャッシュ作成中、画面の表示が遅くなる可能性があります。

 
ページキャッシュの自動生成を使用する場合のページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
インターバル時間ごとに更新するページキャッシュの数を設定する事が出来ます。

 
サイトマップのURLを指定する事が出来ます。

 
ここではブログに置かれている「sitemap.xml」のURLを指定し、設定されているページの優先順位などをもとに優先的にキャッシュするページを決める為に指定します。

 
ページキャッシュを更新に関する設定を行います。
ページキャッシュの更新に関する設定を行う事で、新規記事を投稿した際に自動的にキャッシュをクリアし、新しいキャッシュを作成してくれるようになります。
パージポリシーを指定していないと、新しい記事を投稿してもキャッシュが残っている事で新しい記事が画面に表示されない等の不具合の原因となります。

 
ページキャッシュ更新に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • ページキャッシュの削除上限数を設定
  • キャッシュ更新を優先するページの設定
  • サイトマップファイル名の指定

 
どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
トップページや投稿記事、ブログのフィードなどの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
RSSやRSS2などの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
ページキャッシュの削除上限数を設定できます。

 
キャッシュ更新を優先するページの設定を行う事が出来ます。
ここで指定したページは他のページと比較して、優先的にページがキャッシュされる事になります。

 
サイトマップファイル名を指定する事が出来ます。
サイトマップのファイル名は正規表現で入力する事が出来、デフォルトで「([a-z0-9_-]*?)sitemap([a-z0-9_-]*)?.xml」が設定されています。

 
ページキャッシュに対する高度な設定では、サーバー管理者向けのより高度な設定を行う事が出来ます。
サーバー管理者でない限りは設定を変える必要はないでしょう。

 

Page Cacheに対する深い理解や構造が概念でつかめる人は、設定を変更すると良いですが、もしキャッシュに対する知識が足りないと感じている人は無理に設定を変更しなくても良いでしょう。

 

ページキャッシュの高度な設定としては次のような事を設定できます。

  • 互換モードの有効化・無効化
  • UTF-8の文字コードのサポートを無効化する
  • ページキャッシュの期限の設定
  • コメントのクッキーの期限の設定

 
互換モードの有効化・無効化について設定する事が出来ます。

 
UTF-8の文字コードのサポートを無効化するかどうかを設定する事が出来ます。

 
ページキャッシュの期限の設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの期限を設定する事で、有効期限が経過した後、キャッシュが上書きされ新しいキャッシュに更新されるようになります。

 
コメントのクッキーの期限の設定を行う事が出来ます。
コメントのクッキーの期限の設定する事で、有効期限が経過した後、クッキーが削除されます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Autoptimize】CSSを縮小化するAutoptimizeの高度な設定
【Autoptimize】CSSを縮小化するAutoptimizeの高度な設定

AutoptimizeはWordpressのプラグインで、CSSを縮小化する機能 …

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ

TinyMCE TemplatesはWordpressの投稿画面のようにテンプレ …

【Autoptimize】Autoptimizeの高度な設定 より使えるようにする設定

AutoptimizeはHTMLやCSS,JavaScriptを縮小・最適化する …

【Wordpress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)
【WordPress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)

WordPressでブログを運営していると必ずと言っていいほど利用するプラグイン …

【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に
【WordPress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に

WordPressのプラグインはとても便利ですよね。 このブログでもWordpr …

【Autoptimize】HTMLを縮小化するAutoptimizeの高度な設定
【Autoptimize】HTMLを縮小化するAutoptimizeの高度な設定

AutoptimizeはWordpressのプラグインで、HTMLを縮小化する機 …

【Wordpress開発環境】レンタルサーバからローカル環境にWordpressをコピーし開発環境構築!
【WordPress開発環境】レンタルサーバからローカル環境にWordPressをコピーし開発環境構築!

WordPressをレンタルサーバーを借りてブログ運営していると「レンタルサーバ …

【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!

Autoptimizeはワードプレスのプラグインの一つで、設定について大きく分け …

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
【WordPress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache

WordPressでキャッシュを使ったブログの高速化をしたいと思う人は多いもので …

【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

WordPressを使用している人はとても多いですよね。 SEOに強いし、いろい …