どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!

      2015/11/07


キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はオブジェクトキャッシュの設定の方法がわからなくて困っている人が居るかもしれませんね。

 
オブジェクトキャッシュはブログに訪問したユーザーに見せる為に使用する物ではなく、サイト、ページレイアウトやページのプロパティを格納してシステム内部で使用する事で、ページのレンダリング性能を向上する物です。

 
W3 Total Cacheには、オブジェクトキャッシュをする機能が搭載されているので、ブログの状態に合わせて適切なオブジェクトキャッシュを設定しておくことをお勧めします。

 
W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュの設定について、簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!
 

 

W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュの設定について

オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 
他の設定項目に比べて、オブジェクトキャッシュは設定項目が少ないように感じますね。

 
具体的にそれぞれの設定についてみていきましょう。

 

 

 

キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間

キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
キャッシュオブジェクトの有効期間では、キャッシュしたオブジェクトの有効時間を設定する事が出来ます。

一度キャッシュされたオブジェクトは有効期間が過ぎると、新しいキャッシュオブジェクトを取得するようになりますが、有効期間内であれば、一度取得したキャッシュオブジェクトを使う事が出来るので、オブジェクトを取得する処理を短縮しページのレンダリングの速度向上に貢献してくれます。

キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間は「Default lifetime of cache objects」のテキストボックスに秒単位で有効期間を入力すると設定できます。

画像の例ではキャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間に180秒(3分)を設定しています。

 

 

 

 

ガベージコレクションのインターバル時間

ガベージコレクションのインターバル時間
ガベージコレクションのインターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュしたオブジェクトが、ガベージコレクションに指定したインターバル時間内に利用されなかった場合は、メモリー上にキャッシュしたオブジェクトを破棄してくれるようになります。

 
ガベージコレクションのインターバル時間は「Garbage collection interval」のテキストボックスに秒単位でインターバル時間を入力すると設定する事が出来ます。

 
画像の例ではキャッシュオブジェクトのガベージコレクションインターバル時間は「3600秒(1時間)」を設定しています。

 

 

 

グローバルグループの設定

グローバルグループの設定
オブジェクトキャッシュの設定のグローバルグループの設定を行う事が出来ます。
グローバルグループで設定されたグループ毎にオブジェクトキャッシュを作成する設定を行う事が出来ます。

 
グローバルグループの設定は「Global groups」のテキストエリアにグループの名前を入力する事で設定します。
グローバルグループはデフォルトで次のグループが指定されています。

  • users
  • userlogins
  • usermeta
  • user_meta
  • site-transient
  • site-options
  • site-lookup
  • blog-lookup
  • blog-details
  • rss
  • global-posts

 
画像の例では、オブジェクトキャッシュを行うグループごとの設定はデフォルトのままになっています。

 

 

 

非永続グループの設定

非永続グループの設定
非永続グループの設定では、オブジェクトキャッシュを行わないグループの設定を行う事が出来ます。
非永続グループとして設定されたグループについてはオブジェクトキャッシュが行われません。

 
コメントやプラグインなどのグループについては、非永続グループとして指定しておく事が望ましく、デフォルトで設定されています。
非永続グループの設定は「Non-persistent groups」のテキストエリアにオブジェクトキャッシュを行いたくないグループを指定する事で設定する事が出来ます。

 
デフォルトでは次のグループが非永続グループとして設定されています。

  • comment
  • counts
  • plugins

 
画像の例ではオブジェクトキャッシュをしないグループとしてデフォルトのままの設定を利用しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク


オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!を読むうえで知っておきたい知識

オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

W3 Total Cacheについて

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
W3 Total CacheはWordpressのプラグインで、コンテンツのキャッシュを作ってくれるプラグインです。
W3 Total Cacheは英語での表記ですが、キャッシュ系の細かな設定を行う事が出来るため、非常に便利なプラグインの一つなのです。

 
W3 TotalCacheには有償版と無償版がありますが、無償版でも十分に使えます。

 
W3 Total CacheをWordpressにインストールする
W3 Total CacheはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
W3 Total Cacheのインストールは次の手順が主流です。

  • Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「W3 Total Cache」と検索する
  • 検索で表示された「W3 Total Cache」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 
キャッシュを使ってブログを高速化するW3 Total Cacheについては「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

W3 Total Cacheの設定と使い方について

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 

ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 

データベースキャッシュの設定(Database Cache)は、W3 Total Cacheのデータベースキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Database Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • 高度な設定

 

オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 

ブラウザーキャッシュの設定(Browser Cache)では、W3 Total Cacheのブラウザーキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Browser Cache」と進んだ先がブラウザーキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでブラウザーキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • CSSとJSに関する設定
  • HTMLとXMLに関する設定
  • メディアやその他のファイルに関する設定

 
ユーザーエージェントグループの設定
ユーザーエージェントグループの設定では、WWW(ワールドワイドウェブ)から情報を取得するHTTPユーザーエージェントのグループを作成する事が出来ます。

 
ユーザーエージェントグループとしてまとめられたエージェントからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、グループ内の同じユーザーエージェント、もしくは別のユーザーエージェントからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
ユーザーエージェントグループの設定は「Performance」->「User Agent Groups」で設定画面を開く事が出来ます。

 
ユーザエージェントグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ユーザエージェントグループの有効化
  • ユーザーエージェントグループを利用するテーマ
  • ユーザーエージェントグループに含まれるエージェントでアクセスがあった場合のエージェントリダイレクトの設定
  • グループを構成するエージェントの設定

 
リファラーグループの設定
リファラーグループの設定では、ブログの照会人・照会元であるリファラーのグループを作成する事が出来ます。

 
リファラーグループとしてまとめられたリファラーからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、同じリファラーや、同じグループ内の別のリファラーからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
リファラーグループの設定は「Performance」->「Referrer Groups」で設定画面を開く事が出来ます。
リファラーグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • リファラーグループの有効化
  • リファラーグループを利用するテーマ
  • リファラーグループに含まれるリファラーでアクセスがあった場合のリファラーリダイレクトの設定
  • グループを構成するリファラーの設定

 
モニタリング設定
モニタリングの設定は、W3 Total Cacheで推奨されているモニタリングツールである「New Relic」についての設定を行う事が出来ます。
New Relicによるモニタリングの設定については、申し訳ありませんが当ブログでは取り扱いませんのでご了承ください。

 
その他の設定
その他の設定では、W3 Total Cache上で利用する事が出来る各種オプションの設定を行う事が出来ます。
各種オプションは有効化する事によってW3 Total Cache上で利用する事が出来ます。

 
その他の設定でW3 Total Cacheとして利用する事が出来るオプションは次の通りです。

  • CloudFlare
  • FeedBurner

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方については「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう! あとがき

オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう! あとがき
W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュの設定について解説しました。

 
オブジェクトキャッシュはキャッシュに馴染みのない人にとっては難しいことかもしれませんが、キャッシュというものに慣れてくると「あっそういうことだったのか!」と思う事が多いものです。

 
オブジェクトキャッシュは、料理で例えるならば料理が始まったタイミングで野菜などを切り始めるのではなく、最初から野菜を切っておいたものを使うと言ったイメージです。

 
料理が始まったタイミングで野菜を切り始めると料理の時間も長くなると思いますが、最初から切っておいた野菜を使うと野菜を切る時間が短縮されるので早く料理が出来上がりますよね。

 
オブジェクトキャッシュについて利用が出来るようになると、ブログ運営者としては強い味方になります。
W3tcではオブジェクトキャッシュは利用する設定になっているだけで簡単に利用する事が出来るようになるので、キャッシュ系プラグインのなかではやはり強力な味方でしょう。

 
W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュを利用して、ブログの表示速度を上げていきましょう!

 

 

 

 

オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう! まとめ

オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう! まとめ
オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 
キャッシュオブジェクトの有効期間では、キャッシュしたオブジェクトの有効時間を設定する事が出来ます。

一度キャッシュされたオブジェクトは有効期間が過ぎると、新しいキャッシュオブジェクトを取得するようになりますが、有効期間内であれば、一度取得したキャッシュオブジェクトを使う事が出来るので、オブジェクトを取得する処理を短縮しページのレンダリングの速度向上に貢献してくれます。

 
ガベージコレクションのインターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュしたオブジェクトが、ガベージコレクションに指定したインターバル時間内に利用されなかった場合は、メモリー上にキャッシュしたオブジェクトを破棄してくれるようになります。

 
オブジェクトキャッシュの設定のグローバルグループの設定を行う事が出来ます。
グローバルグループで設定されたグループ毎にオブジェクトキャッシュを作成する設定を行う事が出来ます。

 
非永続グループの設定では、オブジェクトキャッシュを行わないグループの設定を行う事が出来ます。
非永続グループとして設定されたグループについてはオブジェクトキャッシュが行われません。

 
コメントやプラグインなどのグループについては、非永続グループとして指定しておく事が望ましく、デフォルトで設定されています。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ

TinyMCE TemplatesはWordpressの投稿画面のようにテンプレ …

【Quick Adsense】画像の後に広告を自動挿入するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】画像の後に広告を自動挿入するQuick Adsenseの設定

画像の後に広告を掲載したいな~なんて考えている人も居るのではないでしょうか。 ブ …

【Wordpress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察
【WordPress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察

WordPressでブログを運営し、さまざまなプラグインを利用しオリジナリティあ …

【Wordpress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定
【WordPress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定

WordPressの開発環境として統合開発環境のEclipseを利用している人も …

【Wordpressプラグイン自作】プラグイン開発で良く使う!よく見る!PHPの関数
【WordPressプラグイン自作】プラグイン開発で良く使う!よく見る!PHPの関数

WordPressプラグインを自作したり、既存のプラグインを編集したりする上で、 …

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法
【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面のヘッダー作成時に処理を実行する方法

WordPressのプラグインを自作していて、Wordpressの管理画面の任意 …

【Quick Adsense】好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定

広告を掲載していると「自分はリード文を書くのに3段落と決めているから、その段落の …

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードで表示するとソースコードにCSSが反映されない原因
【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードで表示するとソースコードにCSSが反映されない原因

WordPress上のブログでソースコードを紹介するのに、プラグインとしてCra …

【Wordpress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!
【WordPress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!

WordPressを使ってブログを運営している人で「Head Cleaner」を …

【Wordpress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!
【WordPress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!

WordPressでブログを運営していると色々なプラグインを利用していると思いま …