どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!

      2015/11/07


WordPressを運営していて、W3 Total Cacheを利用している人は多いでしょう。
W3 Total Cacheはブログ運営者にとって煩わしいキャッシュ関係の処理を簡単に行う事を可能にするプラグインですよね。

 
ただ、全体設定を行おうと思っても英語だし、何の事を言っているのかわからない項目も沢山あるし…と初心者だとなかなか使いづらいかもしれませんね。

 
ブログ運営をしていて一つ上級な設定を行いたいと考えている人はW3 Total Cacheの全体設定項目について詳しく知っておく事が重要でしょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定(General Settings)の設定について簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!
 

 

W3 Total Cacheの全体設定について

全体設定
全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 
全体設定でも多くの設定項目がありますね。
それぞれの設定についてみていきましょう。

 

 

開発者の推奨設定を使用するかどうか

開発者の推奨設定を使用するかどうか
開発者の推奨設定を利用するかどうかでは、W3 Total Cache開発者の推奨する設定を反映する事が出来ます。
W3 Total Cacheを手軽に利用したいと考えている人は利用すると良いでしょう。
逆に自分でW3 Total Cacheの細かな設定を行いたいと考えている人は利用しないようにしましょう。

 
開発者の推奨設定を使用するかどうかは「General」の項目の中の「Toggle all caching types on or off (at once)」と書かれているチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では、「Toggle all caching types on or off (at once)」のチェックボックスのチェックが外れた状態なので、開発者の推奨設定を使用しない設定になっています。

 

 

ページキャッシュを行うかどうか

ページキャッシュを行うかどうか
ページキャッシュを利用するかどうかを選択する事が出来ます。
ページキャッシュを有効化した場合はページがキャッシュされるようになり、無効化した場合はページキャッシュが行われなくなります。

 
ページキャッシュを行うかどうかの設定は「Page Cache」の項目の中の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
ページキャッシュを行わないと選択した場合ページキャッシュが行われないので、後述するページキャッシュを行う形式の設定についても必然的に無効となります。

 
画像の例では「Enable」のチェックボックスにチェックされている状態なのでページキャッシュを行う設定になっています。

 

 

ページキャッシュするサーバーを選択する

ページキャッシュをどんな形式で行う
ページキャッシュを行うサーバを次の形式の中から選択する事ができます。

  • PHP(Disk: Basic)
  • HTML(Disk: Enhanced)

ページキャッシュを行うサーバーは「Page Cache」の項目の中の「Page cache method:」から選択することが出来ます。
WordpressはHTMLを生成し、ユーザに情報を見える形で提供する為HTMLである「Disk: Enhanced」を選択しましょう。

 
画像の例では、ページキャッシュするサーバに「Disk: Enhanced」を指定してHTMLのサーバとしてページをキャッシュする設定になっています。

 

 

ソースの最適化設定を行うかどうか

ソースの最適化設定を行うかどうか
HTMLやCSS、Javascript等のソースの最適化を行うかどうかを設定できます。
HTMLやCSS、Javascriptの最適化を行う事で、コンパイラが動き、改行を消したり、コメントを削除したりする事で通信にかかる容量を削減する事が出来ます。

 
ソースの最適化設定を行うかどうかは「Minify」の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。
ソースの最適化を行わないと選択した場合ソースの最適化が行われないので、後述するソースの最適化の全体設定設定についても必然的に無効となります。

 
他にもソースの最適化を行うプラグインを導入している場合は、動作が不安定になる可能性があるので、他のプラグインを削除・停止するか、W3 Total Cacheのソースの最適化を行わないよう設定しましょう。

 
画像の例ではEnableがチェックされていないので「ソースの最適化を行わない」設定になっています。

 

 

ソースの最適化の全体設定

ソースの最適化の全体設定
ソース最適化の全体設定によって次の設定を行う事が出来ます。

  • ソースの最適化を自動で行うか手動で行うか選択する(Minify mode)
  • 最適化されたソースの保存先を選択する(Minifi cache method)
  • HTMLの縮小化の設定(HTML minifier)
  • Javascriptの縮小化の設定(Js minifier)
  • CSSの縮小化の設定(CSS minifier)

 
ソースの最適化を自動で行うか手動で行うかは「Minify」の項目の「Minify mode」から選択する事が出来ます。
「Auto」を選択した場合は、HTML・Javascript・CSSは自動的に最適化され、「Manual」を選択した場合は、手動で圧縮する事になります。

 
最適化されたソースの保存先は「Minify」の項目の「Minifi cache method」から選択する事が出来ます。
基本的には「Disk」を保存先にしましょう。他の設定は技術要件が高くなるので超大規模サイトでない限りは使用する事はありません。

 
HTMLの縮小化の設定は「Minify」の項目の「HTML minifier」から選択する事が出来、次の中から選択する事が出来ます。

  • Default
  • HTML Tidy

「Default」では、HTMLファイルの改行や余計な空白の削除などを行い最適化を行ってくれます。

 
「HTML Tidy」はHTML文書の文法上の誤りを修正したり可読性を向上させるようソースコードを整形してくれたりするものですが、よほどHTMLに不安な人でもない限りは「Default」でもよいでしょう。

 
Javascriptの縮小化の設定は「Minify」の項目の「Js minifier」から選択する事が出来、次の中から選択する事が出来ます。

  • JSMin
  • YUI Compressor
  • Closure Compiler

「JSMin」ではJavascriptの開業や余計や空白の削除などを行い最適化を行ってくれます。

 
「YUI Compressor」はJulien Lecomte(Yahoo! Inc.)によって開発された JavaScriptとCSSファイルを Minify(縮小)するツールです。
変数名を短くしたり、動作に影響しないコメントや空白を除去して、ソースファイルのサイズを小さくし最適化してくれます。

 
「Closure Compiler」はGoogleが開発したJavascriptの最適化ツールの一つで、大胆な変更を行うアグレッシブな最適なを行ってくれることです。
ただし、あまりにダイナミックにソースコードを変更する為、動かないコードになってしまう事もあるため、Googleが提唱するJavascriptの記述方法に則っていない場合は使用しない方が良いでしょう。

 
基本的には「JSMin」のデフォルトのままでも十分利用できます。

 
CSSの縮小化の設定は「Minify」の項目の「CSS minifier」から選択する事が出来、次の中から選択する事が出来ます。

  • Default
  • YUI Compressor
  • CSS Tidy

 
「Default」では、HTMLファイルの改行や余計な空白の削除などを行い最適化を行ってくれます。
「YUI Compressor」先ほども紹介したとおりJavaScriptとCSSファイルを Minify(縮小)するツールです。
「CSS Tidy」はCSS文書の文法上の誤りを修正したり可読性を向上させるようソースコードを整形してくれたりするものですが、よほどCSSに不安な人でもない限りは「Default」でもよいでしょう。

 
画像の例では、ソースの最適化は行わない設定なっていますが有効化されれば次のような設定になっています。

  • ソースの最適化を自動で行う
  • キャッシュの保存先はローカルディスク上
  • HTML最適化は「デフォルト」で行う
  • Javascript最適化は「JSMin」で行う
  • CSS最適化は「デフォルト」で行う

 

 

データベースキャッシュを行うかどうか

データベースキャッシュを行うかどうか
データベースのキャッシュを行うかどうかを設定することが出来ます。

 

データベースのキャッシュを行う事によって、データベースに対する問い合わせ結果を保存しておくことが出来るので、データベースにいちいちデータの検索問い合わせを行わなくても、保存しておいたデータを参照すればデータを検索したのと同じ事になるのでデータの参照が高速になります。

 
データベースのキャッシュを行うかどうかは「Databese Cache」の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では「Enable」がチェックされているのでデータベースキャッシュを有効化しています。

 

 

データベースキャッシュの保存先

データベースキャッシュの保存先
データベースのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
データベースのキャッシュの保存方法は「Database Cache」の「Database Cache Method」で選択することが出来ます。
 
ただし、データベースキャッシュの保存方法としては「Disk」の使用をお勧めします。
他の項目については仮想サーバの利用や複数のサーバを利用する等の高度な技術が要求されるので一般的に利用する事はないでしょう。

画像の例では、データベースキャッシュの保存先として「ローカルディスク」を利用する設定になっています。

 

 

オブジェクトキャッシュを行うかどうか

オブジェクトキャッシュを行うかどうか
オブジェクトキャッシュを行うかどうか設定する事が出来ます。

 
オブジェクトキャッシュは[php]タグで生成されるオブジェクトをキャッシュして置き、同じphpタグの呼び出しがあった場合にキャッシュから結果を拾う設定です。

 
オブジェクトのキャッシュを行うかどうかは「Object Cache」の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では「Enable」がチェックされているのでオブジェクトキャッシュを有効化しています。

 

 

 

オブジェクトキャッシュの保存先

オブジェクトキャッシュの保存先
オブジェクトのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
オブジェクトのキャッシュの保存方法は「Object Cache」の「Object Cache Method」で選択することが出来ます。
 
ただし、オブジェクトキャッシュの保存方法としては「Disk」の使用をお勧めします。
他の項目については仮想サーバの利用や複数のサーバを利用する等の高度な技術が要求されるので一般的に利用する事はないでしょう。

画像の例では、オブジェクトキャッシュの保存先として「ローカルディスク」を利用する設定になっています。
 

 

ブラウザーキャッシュを行うかどうか

ブラウザーキャッシュを行うかどうか
ブラウザーキャッシュを行うかどうかを設定できます。

 
ブラウザーキャッシュを行う事で、一度ページに訪問したことのあるユーザーはブラウザの中に保存されたキャッシュを読むことが出来るようになるので、サーバに記事の表示を要求しなくてもブラウザに保存されたキャッシュのページを参照する事ができます。

 
ブラウザーのキャッシュを行うかどうかは「Browser Cache」の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では、ブラウザーキャッシュを利用する設定になっています。

 

 

CDNを使うかどうか

CDNを使うかどうか
CDNを使うかどうかを設定する事が出来ます。

 
CDNとはコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の事で、ウェブコンテンツを配信するのに最適化されたネットワークの事です。
CDNのサーバがコンテンツをサーバの代わりに配信する事で、サーバにかかる負担が分散される事になりWebサイトの表示速度が上がる仕組みになっています。

 
CDNを契約して利用するしている人は「CDN」の項目の「Enable」のチェックボックスをチェックすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。
チェックを外すとCDNの利用は無効化されるため、必然的に利用しているCDNの選択も無効となります。

 
画像の例ではCDNを使わない設定になっています。

 

 

利用しているCDNの選択

利用しているCDNの選択
利用しているCDNのタイプを選択する事が出来ます。
自分が契約しているCDNのタイプに応じたCDNのタイプを選択するようにしましょう。

 
設定する事が出来るCDNのタイプは次の通りとなります。

  • Akamai
  • Amazon CloudFront
  • AT&T
  • Cotendo(Akamai)
  • EdgeCast / Media Temple ProCDN
  • Generic Mirror
  • MaxCDN
  • MaxCDN Enterprise(NetDNA)
  • Amazon Simple Storage Service(S3)
  • Microsoft Azure Storage
  • Rackspace Cloud Files
  • Self-hosted/File transfer Protocol Upload

 
画像の例ではCDNを使わない設定になっていますが、有効化されればMaxCDNのCDNを利用する設定になっています。

 

 

リバースプロキシを使用するかどうか

リバースプロキシを使用するかどうか
リバースプロキシを使用するかどうかを設定する事が出来ます。
リバースプロキシとはある特定のサーバの代理として、そのサーバへのリクエストを中継する役割をおこなうプロキシサーバのことです。

 
セキュリティの確保の点から利用される事のあるサーバで「踏み台サーバ」とも呼ばれる事があります。

 
リバースプロキシを使うかどうかは「Reverse Proxy」の「Enable vernish cache purging」にチェックを入れると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
リバースプロキシを使用しない設定を行っているとバニッシュサーバーの設定も必然的に無効化されます。

 
画像の例ではリバースプロキシを使わない設定になっています。

 

 

バーニッシュの設定

バーニッシュの設定
リバースプロキシのサーバ(Varnish server)を指定する事が出来ます。
バーニッシュの設定ではリバースプロキシのIPアドレスを設定します。

バーニッシュは「Reverse Proxy」の「Varnish servers」にIPアドレスを入力する事で設定する事が出来ます。

画像の例ではリバースプロキシのサーバIPを指定していません。

 

 

モニタリングを利用するかどうか

モニタリングを利用するかどうか
「New Relic」を使用してレスポンスタイム等のサーバパフォーマンスのモニタリング監視を利用するかどうかを設定します。
想定外のパフォーマンス低下があった場合や定期的なモニタリングを行いたい場合に利用すると良いです。

 
New Relicは無料プランと有料プランがあるため、お試しで使ってみるなら無料プランを導入するのも手です。
New Relicの利用にはアカウント登録してAPIキーを取得する必要があります。

 
New Relicのモニタリングを利用するかどうかは「Monitoring」の項目の「Enable」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。
モニタリングを利用しない設定を行った場合は、APIキーの設定などは無効になります。

 
画像の例ではモニタリングを利用しない設定になっています。

 

 

モニタリングAPIの設定

モニタリングAPIの設定
モニタリングのAPIキーの設定を行う事が出来ます。
モニタリングのAPIキーはあらかじめ「New Relic」というサーバ監視ツールの利用を申請し、APIキーを取得しておく必要があります。

 
モニタリングのAPIキーの設定は「Monitoring」の「API Key」の項目に、取得したAPIキーを入力する事で設定できます。

 
画像の例ではモニタリングAPIキーは設定していません。

 

 

ライセンスキーの設定

ライセンスキーの設定
ライセンスキーを設定する事でW3 Total Cacheの有償版の機能を利用する事が出来ます。
ライセンスキーはあらかじめW3 Total Cacheの有償版の利用について申請し、ライセンスキーを取得しておく必要があります。

 
ライセンスキーの設定は「Licensing」の項目の「License」に取得したライセンスキーを入力する事で設定できます。

 
画像の例ではライセンスキーは設定していません。

 

 

その他の設定

その他の設定
W3 Total Cacheの全体設定としてその他に次のような設定を行う事が出来ます。

  • Google Page Speedのダッシュボードウィジットを使うかどうか
  • .htaccessの書き換えルールを使うかどうか

 
Google Page Speedはページの表示スピードやパフォーマンスを検証する機能です。
Google Page Speedの利用には予めAPIの利用申請を行っておく必要があります。

 
Google Page Speedを使った表示スピードの計測を行う設定は「Miscellaneous」の項目の「Enable Google Page Speed dashboard widget」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
また、取得したAPIキーは「Page Speed API Key」に入力して設定しましょう。

 
.htaccessの書き換えルールを使うかどうかは「Verify rewrite rules」のチェックボックスにチェックをすると有効化され、チェックを外すと無効化されます。

 
画像の例では次の様な設定になっています。

  • Google Page Speedのダッシュボードウィジットを使わない
  • .htaccessの書き換えルールを利用する

 

 

 

 

スポンサーリンク


全体設定(General Settings)を設定しよう!を読むうえで知っておきたい知識

全体設定(General Settings)を設定しよう!を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

W3 Total Cacheについて

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
W3 Total CacheはWordpressのプラグインで、コンテンツのキャッシュを作ってくれるプラグインです。
W3 Total Cacheは英語での表記ですが、キャッシュ系の細かな設定を行う事が出来るため、非常に便利なプラグインの一つなのです。

 
W3 TotalCacheには有償版と無償版がありますが、無償版でも十分に使えます。

 
W3 Total CacheをWordpressにインストールする
W3 Total CacheはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
W3 Total Cacheのインストールは次の手順が主流です。

  • Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「W3 Total Cache」と検索する
  • 検索で表示された「W3 Total Cache」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 
キャッシュを使ってブログを高速化するW3 Total Cacheについては「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

W3 Total Cacheの設定と使い方について

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 

ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 

データベースキャッシュの設定(Database Cache)は、W3 Total Cacheのデータベースキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Database Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • 高度な設定

 

オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 

ブラウザーキャッシュの設定(Browser Cache)では、W3 Total Cacheのブラウザーキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Browser Cache」と進んだ先がブラウザーキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでブラウザーキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • CSSとJSに関する設定
  • HTMLとXMLに関する設定
  • メディアやその他のファイルに関する設定

 
ユーザーエージェントグループの設定
ユーザーエージェントグループの設定では、WWW(ワールドワイドウェブ)から情報を取得するHTTPユーザーエージェントのグループを作成する事が出来ます。

 
ユーザーエージェントグループとしてまとめられたエージェントからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、グループ内の同じユーザーエージェント、もしくは別のユーザーエージェントからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
ユーザーエージェントグループの設定は「Performance」->「User Agent Groups」で設定画面を開く事が出来ます。

 
ユーザエージェントグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ユーザエージェントグループの有効化
  • ユーザーエージェントグループを利用するテーマ
  • ユーザーエージェントグループに含まれるエージェントでアクセスがあった場合のエージェントリダイレクトの設定
  • グループを構成するエージェントの設定

 
リファラーグループの設定
リファラーグループの設定では、ブログの照会人・照会元であるリファラーのグループを作成する事が出来ます。

 
リファラーグループとしてまとめられたリファラーからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、同じリファラーや、同じグループ内の別のリファラーからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
リファラーグループの設定は「Performance」->「Referrer Groups」で設定画面を開く事が出来ます。
リファラーグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • リファラーグループの有効化
  • リファラーグループを利用するテーマ
  • リファラーグループに含まれるリファラーでアクセスがあった場合のリファラーリダイレクトの設定
  • グループを構成するリファラーの設定

 
モニタリング設定
モニタリングの設定は、W3 Total Cacheで推奨されているモニタリングツールである「New Relic」についての設定を行う事が出来ます。
New Relicによるモニタリングの設定については、申し訳ありませんが当ブログでは取り扱いませんのでご了承ください。

 
その他の設定
その他の設定では、W3 Total Cache上で利用する事が出来る各種オプションの設定を行う事が出来ます。
各種オプションは有効化する事によってW3 Total Cache上で利用する事が出来ます。

 
その他の設定でW3 Total Cacheとして利用する事が出来るオプションは次の通りです。

  • CloudFlare
  • FeedBurner

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方については「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

全体設定(General Settings)を設定しよう! あとがき

全体設定(General Settings)を設定しよう! あとがき
Wordpressを利用する上でとても便利なW3 Total Cacheの全体設定について解説しました。

 
CDN、リバースプロキシや、バニッシュ、New Relicなど「それって何?」と思う物もあったかもしれませんが、普通にブログ運営する上ではあまり縁のない物なので気にする必要はないでしょう。

 
全体設定では主にページキャッシュやデータベースキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、ブラウザキャッシュを利用するかどうかを設定するところであるという事をおさえておくだけで十分です。

 
また、それぞれのキャッシュがどんな働きをするのかを大雑把でも良いので掴んでおくとブログのパフォーマンスに対する見方であったり知識であったり考え方が広がります。

 
W3 Total Cacheの設定について理解を深めて、自分のオリジナリティあふれるブログを最大限表現していけるような仕組みを作っていってください。

 

 

 

 

全体設定(General Settings)を設定しよう! まとめ

全体設定(General Settings)を設定しよう! まとめ
全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 
開発者の推奨設定を利用するかどうかでは、W3 Total Cache開発者の推奨する設定を反映する事が出来ます。
W3 Total Cacheを手軽に利用したいと考えている人は利用すると良いでしょう。
逆に自分でW3 Total Cacheの細かな設定を行いたいと考えている人は利用しないようにしましょう。

 
ページキャッシュを利用するかどうかを選択する事が出来ます。
ページキャッシュを有効化した場合はページがキャッシュされるようになり、無効化した場合はページキャッシュが行われなくなります。

 
ページキャッシュを行うサーバを次の形式の中から選択する事ができます。

  • PHP(Disk: Basic)
  • HTML(Disk: Enhanced)

 
HTMLやCSS、Javascript等のソースの最適化を行うかどうかを設定できます。
HTMLやCSS、Javascriptの最適化を行う事で、コンパイラが動き、改行を消したり、コメントを削除したりする事で通信にかかる容量を削減する事が出来ます。

 
ソース最適化の全体設定によって次の設定を行う事が出来ます。

  • ソースの最適化を自動で行うか手動で行うか選択する(Minify mode)
  • 最適化されたソースの保存先を選択する(Minifi cache method)
  • HTMLの縮小化の設定(HTML minifier)
  • Javascriptの縮小化の設定(Js minifier)
  • CSSの縮小化の設定(CSS minifier)

 
データベースのキャッシュを行うかどうかを設定することが出来ます。

 

データベースのキャッシュを行う事によって、データベースに対する問い合わせ結果を保存しておくことが出来るので、データベースにいちいちデータの検索問い合わせを行わなくても、保存しておいたデータを参照すればデータを検索したのと同じ事になるのでデータの参照が高速になります。

 
データベースのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
データベースのキャッシュの保存方法は「Database Cache」の「Database Cache Method」で選択することが出来ます。

 
オブジェクトキャッシュを行うかどうか設定する事が出来ます。

 
オブジェクトキャッシュは[php]タグで生成されるオブジェクトをキャッシュして置き、同じphpタグの呼び出しがあった場合にキャッシュから結果を拾う設定です。

 
オブジェクトのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
オブジェクトのキャッシュの保存方法は「Object Cache」の「Object Cache Method」で選択することが出来ます。

 
CDNを使うかどうかを設定する事が出来ます。

 
CDNとはコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の事で、ウェブコンテンツを配信するのに最適化されたネットワークの事です。
CDNのサーバがコンテンツをサーバの代わりに配信する事で、サーバにかかる負担が分散される事になりWebサイトの表示速度が上がる仕組みになっています。

 
利用しているCDNのタイプを選択する事が出来ます。
自分が契約しているCDNのタイプに応じたCDNのタイプを選択するようにしましょう。

 
設定する事が出来るCDNのタイプは次の通りとなります。

  • Akamai
  • Amazon CloudFront
  • AT&T
  • Cotendo(Akamai)
  • EdgeCast / Media Temple ProCDN
  • Generic Mirror
  • MaxCDN
  • MaxCDN Enterprise(NetDNA)
  • Amazon Simple Storage Service(S3)
  • Microsoft Azure Storage
  • Rackspace Cloud Files
  • Self-hosted/File transfer Protocol Upload

 
リバースプロキシを使用するかどうかを設定する事が出来ます。
リバースプロキシとはある特定のサーバの代理として、そのサーバへのリクエストを中継する役割をおこなうプロキシサーバのことです。

 
セキュリティの確保の点から利用される事のあるサーバで「踏み台サーバ」とも呼ばれる事があります。

 
リバースプロキシのサーバ(Varnish server)を指定する事が出来ます。
バーニッシュの設定ではリバースプロキシのIPアドレスを設定します。

 
「New Relic」を使用してレスポンスタイム等のサーバパフォーマンスのモニタリング監視を利用するかどうかを設定します。
想定外のパフォーマンス低下があった場合や定期的なモニタリングを行いたい場合に利用すると良いです。

 
New Relicは無料プランと有料プランがあるため、お試しで使ってみるなら無料プランを導入するのも手です。
New Relicの利用にはアカウント登録してAPIキーを取得する必要があります。

 
モニタリングのAPIキーの設定を行う事が出来ます。
モニタリングのAPIキーはあらかじめ「New Relic」というサーバ監視ツールの利用を申請し、APIキーを取得しておく必要があります。

 
ライセンスキーを設定する事でW3 Total Cacheの有償版の機能を利用する事が出来ます。
ライセンスキーはあらかじめW3 Total Cacheの有償版の利用について申請し、ライセンスキーを取得しておく必要があります。

 
W3 Total Cacheの全体設定としてその他に次のような設定を行う事が出来ます。

  • Google Page Speedのダッシュボードウィジットを使うかどうか
  • .htaccessの書き換えルールを使うかどうか

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
【WordPress開発環境】XamppのWordPressをEclipseにインポートする方法

XamppとEclipseを使ってWordpressの開発環境を構築したいと思っ …

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、 …

【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法
【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法

WordPressでブログを運営している人で、テーマとしてStinger5を導入 …

【Wordpress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定
【WordPress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定

WordPressの開発環境として統合開発環境のEclipseを利用している人も …

【Autoptimize】Autoptimizeのお勧めの設定 コツコツとパフォーマンス改善
【Autoptimize】Autoptimizeのお勧めの設定 コツコツとパフォーマンス改善

WordPressでブログを運営している人の中にはAutoptimize使ってブ …

【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はオブジ …

【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!

Autoptimizeはワードプレスのプラグインの一つで、設定について大きく分け …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …

【WordPress】ソースコードを綺麗に紹介したい! Crayon Syntax Highlighter

ブログ運営をしていてプログラムのソースコードを利用したいという人は、「Crayo …

【Wordpress】データベースをバックアップするWP Database Backup
【WordPress】データベースをバックアップするWP Database Backup

WordPressでデータベースのバックアップを簡単に行いたい場合がありますよね …