どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方

      2015/11/07


WordPressで運営されるブログを高速化する上で今や必須となっているW3 Total Cache
W3 Total Cacheは今や多くのブログに導入され、ブログの表示速度の高速化に利用されているようです。

 
W3 Total Cacheはブログを表示する上で高速化の為に、サーバ側、ブラウザ側でさまざまなキャッシュを設定する事が出来、使い方もとにかく設定が重要です。
W3 Total Cacheではキャッシュに関するさまざまな設定を行う事が出来、ブログを運営する上で自分のブログに合った設定を考えていくうえでも、それぞれどのような設定項目なのかを知っておく必要があるでしょう。

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
 

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは

W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 
キャッシュについてかなり詳細な設定を行う事が出来る事がこの設定からもわかるかと思います。
それぞれの設定についてみていきましょう。

 

 

 

 

全体設定

【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!
全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 
開発者の推奨設定を利用するかどうかでは、W3 Total Cache開発者の推奨する設定を反映する事が出来ます。
W3 Total Cacheを手軽に利用したいと考えている人は利用すると良いでしょう。
逆に自分でW3 Total Cacheの細かな設定を行いたいと考えている人は利用しないようにしましょう。

 
ページキャッシュを利用するかどうかを選択する事が出来ます。
ページキャッシュを有効化した場合はページがキャッシュされるようになり、無効化した場合はページキャッシュが行われなくなります。

 
ページキャッシュを行うサーバを次の形式の中から選択する事ができます。

  • PHP(Disk: Basic)
  • HTML(Disk: Enhanced)

 
HTMLやCSS、Javascript等のソースの最適化を行うかどうかを設定できます。
HTMLやCSS、Javascriptの最適化を行う事で、コンパイラが動き、改行を消したり、コメントを削除したりする事で通信にかかる容量を削減する事が出来ます。

 
ソース最適化の全体設定によって次の設定を行う事が出来ます。

  • ソースの最適化を自動で行うか手動で行うか選択する(Minify mode)
  • 最適化されたソースの保存先を選択する(Minifi cache method)
  • HTMLの縮小化の設定(HTML minifier)
  • Javascriptの縮小化の設定(Js minifier)
  • CSSの縮小化の設定(CSS minifier)

 
データベースのキャッシュを行うかどうかを設定することが出来ます。

 

データベースのキャッシュを行う事によって、データベースに対する問い合わせ結果を保存しておくことが出来るので、データベースにいちいちデータの検索問い合わせを行わなくても、保存しておいたデータを参照すればデータを検索したのと同じ事になるのでデータの参照が高速になります。

 
データベースのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
データベースのキャッシュの保存方法は「Database Cache」の「Database Cache Method」で選択することが出来ます。

 
オブジェクトキャッシュを行うかどうか設定する事が出来ます。

 
オブジェクトキャッシュは[php]タグで生成されるオブジェクトをキャッシュして置き、同じphpタグの呼び出しがあった場合にキャッシュから結果を拾う設定です。

 
オブジェクトのキャッシュの保存方法について選択する事が出来ます。
オブジェクトのキャッシュの保存方法は「Object Cache」の「Object Cache Method」で選択することが出来ます。

 
CDNを使うかどうかを設定する事が出来ます。

 
CDNとはコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の事で、ウェブコンテンツを配信するのに最適化されたネットワークの事です。
CDNのサーバがコンテンツをサーバの代わりに配信する事で、サーバにかかる負担が分散される事になりWebサイトの表示速度が上がる仕組みになっています。

 
利用しているCDNのタイプを選択する事が出来ます。
自分が契約しているCDNのタイプに応じたCDNのタイプを選択するようにしましょう。

 
設定する事が出来るCDNのタイプは次の通りとなります。

  • Akamai
  • Amazon CloudFront
  • AT&T
  • Cotendo(Akamai)
  • EdgeCast / Media Temple ProCDN
  • Generic Mirror
  • MaxCDN
  • MaxCDN Enterprise(NetDNA)
  • Amazon Simple Storage Service(S3)
  • Microsoft Azure Storage
  • Rackspace Cloud Files
  • Self-hosted/File transfer Protocol Upload

 
リバースプロキシを使用するかどうかを設定する事が出来ます。
リバースプロキシとはある特定のサーバの代理として、そのサーバへのリクエストを中継する役割をおこなうプロキシサーバのことです。

 
セキュリティの確保の点から利用される事のあるサーバで「踏み台サーバ」とも呼ばれる事があります。

 
リバースプロキシのサーバ(Varnish server)を指定する事が出来ます。
バーニッシュの設定ではリバースプロキシのIPアドレスを設定します。

 
「New Relic」を使用してレスポンスタイム等のサーバパフォーマンスのモニタリング監視を利用するかどうかを設定します。
想定外のパフォーマンス低下があった場合や定期的なモニタリングを行いたい場合に利用すると良いです。

 
New Relicは無料プランと有料プランがあるため、お試しで使ってみるなら無料プランを導入するのも手です。
New Relicの利用にはアカウント登録してAPIキーを取得する必要があります。

 
モニタリングのAPIキーの設定を行う事が出来ます。
モニタリングのAPIキーはあらかじめ「New Relic」というサーバ監視ツールの利用を申請し、APIキーを取得しておく必要があります。

 
ライセンスキーを設定する事でW3 Total Cacheの有償版の機能を利用する事が出来ます。
ライセンスキーはあらかじめW3 Total Cacheの有償版の利用について申請し、ライセンスキーを取得しておく必要があります。

 
W3 Total Cacheの全体設定としてその他に次のような設定を行う事が出来ます。

  • Google Page Speedのダッシュボードウィジットを使うかどうか
  • .htaccessの書き換えルールを使うかどうか

 
「W3 Total Cache」の全体設定については「【W3 Total Cache】全体設定(General Settings)を設定しよう!」で画像キャプチャ付きで簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。

 

 

 

ページキャッシュの設定

【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!
ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 
ページキャッシュの全体設定は「General」の項目で設定できるページキャッシュ全体に関わる詳細設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの全体設定として設定できる項目としては次のようなものがあります。

 

  • フロントページをキャッシュするかどうか
  • サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedをキャッシュするかどうか
  • SSL通信によるリクエストのキャッシュ
  • 404エラーページをキャッシュするかどうか
  • 自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうか
  • 認証ユーザの閲覧時に作ったキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうか
  • ページキャッシュを作成しないユーザ権限の設定

 
フロントページをキャッシュするかどうかを設定する事で、ブログのトップページをキャッシュしてくれます。
ブログトップページをサイトの入口と考え表示速度を上げたい場合は有効にすると良いでしょう。

 
サイト、カテゴリ、タグ、コメント、RSS Feedsをキャッシュするかどうかを選択する事が出来ます。
即時性の高い情報を提供する場合は有効化させない方が無難であり、逆に即時性が求められないブログの場合は有効化させる事を考えると良いでしょう。

 
SSL通信によるリクエストのキャッシュを利用するかどうかを設定します。

 
SSL通信のリクエストをキャッシュする事で、いちいち暗号化キーを問い合わせなくてもキャッシュしたキーで暗号化出来るのでパフォーマンスが向上されます。

 
404エラーページをキャッシュするかどうかを設定する事が出来ます。

 
404エラーページを連続で表示するようなサーバ攻撃を受ける可能性がある場合や、Wordpressのパーマリンク変更など行って大量の404エラーページが発生する可能性がある場合に有効でしょう。

 
自分のサイトのドメインに対するリクエストだけキャッシュするかどうかを設定できます。

 
認証ユーザーの閲覧時に作成されたキャッシュを非認証ユーザーが閲覧できるかどうかを設定できます。

 
権限でブログの表示が変更されない場合は、とりわけ気にする必要もないかもしれませんが、管理者ユーザーがブログを表示した場合に表示形式が変更となる場合などはセキュリティーホールに繋がる可能性があるので、閲覧できないようにしましょう。

 
デフォルトでは認証ユーザーの閲覧時に作られたキャッシュは非認証ユーザーは参照できない事になっています。

 
ユーザー権限毎にページキャッシュを作成するかどうかの設定を行う事が出来ます。
ユーザー権限毎にサイトの表示が変わったり、セキュリティ上絶対にキャッシュさせたくない権限のユーザがいる場合に有効な設定です。

 
ユーザー権限毎にページキャッシュを作成するかどうかの設定を行う事が出来ます。
ユーザー権限毎にサイトの表示が変わったり、セキュリティ上絶対にキャッシュさせたくない権限のユーザがいる場合に有効な設定です。

 
W3 Total Cacheでは、ページキャッシュの自動生成に関する設定を行う事が出来ます。
予めページキャッシュを自動生成しておく事で、ユーザーがページに訪問する前にWordpress上にページをキャッシュしてくれます。

 
毎日更新されたり、リアルタイムでコンテンツが変わるようなブログを運営している人はページキャッシュの自動生成については利用しない方が賢明でしょう。

 
ページキャッシュの有効期間が短く、頻繁にページキャッシュを作り変えるような必要性のあるブログではサーバー負荷が高まり記事の表示速度の低下を招く原因にもなります。

 
ページキャッシュの自動生成がが有効なのは静的で、ページキャッシュの有効期限が長めに設定されているようなブログです。
既に完成された、静的な状態であれば予めページキャッシュを作っておく事で全体的なサーバ負荷を軽減する事に繋がります。

 
ページキャッシュの自動生成に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか
  • 自動生成のインターバル時間
  • インターバル時間ごとに更新するページキャッシュ数
  • サイトマップのURL指定

 
ページキャッシュの自動生成を使用するかどうか設定する事が出来ます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用しないと設定した場合は、自動生成のインターバル時間やインターバル時間ごとの作成するページ数など、ページキャッシュの自動生成に関する設定が無効化されます。

 
ページキャッシュの自動生成を使用する場合の、ページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュの作成処理は重い処理となるため、キャッシュの更新インターバルの時間を短くし過ぎると、サーバに大きな負荷をかける可能性があり、キャッシュ作成中、画面の表示が遅くなる可能性があります。

 
ページキャッシュの自動生成を使用する場合のページキャッシュの更新インターバル時間を設定する事が出来ます。

 
インターバル時間ごとに更新するページキャッシュの数を設定する事が出来ます。

 
サイトマップのURLを指定する事が出来ます。

 
ここではブログに置かれている「sitemap.xml」のURLを指定し、設定されているページの優先順位などをもとに優先的にキャッシュするページを決める為に指定します。

 
ページキャッシュを更新に関する設定を行います。
ページキャッシュの更新に関する設定を行う事で、新規記事を投稿した際に自動的にキャッシュをクリアし、新しいキャッシュを作成してくれるようになります。
パージポリシーを指定していないと、新しい記事を投稿してもキャッシュが残っている事で新しい記事が画面に表示されない等の不具合の原因となります。

 
ページキャッシュ更新に関する設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するか
  • ページキャッシュの削除上限数を設定
  • キャッシュ更新を優先するページの設定
  • サイトマップファイル名の指定

 
どこが新規追加・更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
トップページや投稿記事、ブログのフィードなどの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
どのFeedタイプが更新されたら既存のキャッシュを削除するかを設定できます。
RSSやRSS2などの更新があった場合、該当するページキャッシュを削除する設定を行う事が出来ます。

 
ページキャッシュの削除上限数を設定できます。

 
キャッシュ更新を優先するページの設定を行う事が出来ます。
ここで指定したページは他のページと比較して、優先的にページがキャッシュされる事になります。

 
サイトマップファイル名を指定する事が出来ます。
サイトマップのファイル名は正規表現で入力する事が出来、デフォルトで「([a-z0-9_-]*?)sitemap([a-z0-9_-]*)?.xml」が設定されています。

 
ページキャッシュに対する高度な設定では、サーバー管理者向けのより高度な設定を行う事が出来ます。
サーバー管理者でない限りは設定を変える必要はないでしょう。

 

Page Cacheに対する深い理解や構造が概念でつかめる人は、設定を変更すると良いですが、もしキャッシュに対する知識が足りないと感じている人は無理に設定を変更しなくても良いでしょう。

 

ページキャッシュの高度な設定としては次のような事を設定できます。

  • 互換モードの有効化・無効化
  • UTF-8の文字コードのサポートを無効化する
  • ページキャッシュの期限の設定
  • コメントのクッキーの期限の設定

 
互換モードの有効化・無効化について設定する事が出来ます。

 
UTF-8の文字コードのサポートを無効化するかどうかを設定する事が出来ます。

 
ページキャッシュの期限の設定を行う事が出来ます。
ページキャッシュの期限を設定する事で、有効期限が経過した後、キャッシュが上書きされ新しいキャッシュに更新されるようになります。

 
コメントのクッキーの期限の設定を行う事が出来ます。
コメントのクッキーの期限の設定する事で、有効期限が経過した後、クッキーが削除されます。

 
ページキャッシュ(Page Cache)の設定については「【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!」で画像キャプチャ付きで、簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

リソースの縮小設定

【テンプレート】執筆中
当項目は、現在検索需要が見込まれないか、筆者のブログ運営に余裕が出てきたら再度執筆する項目となっています。
当項目に興味をお持ちの方は大変申し訳ございません。


 

 

 

データベースキャッシュの設定

【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!
データベースキャッシュの設定(Database Cache)は、W3 Total Cacheのデータベースキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Database Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • 高度な設定

 
 
全体設定ではデータベースキャッシュに関する全体的な設定を行う事が出来ます。

 
全体設定としては次の項目を設定する事が出来ます。

  • 管理画面ログイン中 データべスキャッシュを更新するかどうか

 
ブログ運営者が管理画面ログイン中のデータベースキャッシュの更新の有無について設定する事が出来ます。

 
管理画面のログイン中はブログ運営者が記事内容であったり、テーマやプラグインを編集している可能性があるので、その様な情報をブログに訪問したユーザーに見せないようにする為です。
基本的には有効にするのが良いでしょう。

 
高度な設定では、データベースキャッシュに関する高度な設定を行う事が出来ます。
キャッシュしたオブジェクトのライフタイムや、ガベージコレクションのインターバル時間などを設定する事が出来ます。

 
サーバ管理者や高度な専門技術を持った人でない限りは、下手に変更しない方が良いでしょう。

 
高度な設定で行う事が出来る設定は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトの有効期限
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • キャッシュを除外するページやディレクトリの指定
  • キャッシュを除外する用語の指定
  • キャッシュを除外するクエリの指定

 
キャッシュしたデータベースオブジェクトの有効期限を設定します。

 
キャッシュしたデータベースオブジェクトの有効期限を過ぎたキャッシュオブジェクトは次回のデータベースの問い合わせ時に新しいキャッシュで上書きされるようになります。

 
キャッシュしたデータベースオブジェクトの有効期限を設定します。

 
キャッシュしたデータベースオブジェクトの有効期限を過ぎたキャッシュオブジェクトはガベージコレクションのインターバル時間を経過した後、ディスク上から削除される事になります。

 
ライフタイムを過ぎて、新しいキャッシュで上書きされなかったデータベースキャッシュが削除対象になります。

 
キャッシュを除外するページやディレクトリを指定する事が出来ます。

 
キャッシュを除外する用語の指定する事が出来ます。
デフォルトでは次の単語がキャッシュを除外する設定になっています。

  • gdsr_
  • wp_rg_
  • _wp_session_

 
キャッシュを除外するクエリを指定する事が出来ます。
デフォルトでは次のクエリがキャッシュを除外する設定になっています。

  • ^s*insertb
  • ^s*deleteb
  • ^s*updateb
  • ^s*replaceb
  • ^s*createb
  • ^s*alterb
  • ^s*showb
  • ^s*setb
  • bautoloads+=s+’yes’
  • bsql_calc_found_rowsb
  • bfound_rows()
  • bw3tc_request_datab

 
W3 Total Cacheのデータベースキャッシュについては「【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!」で画像キャプチャ付きで簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックして言ってください。

 

 

 

オブジェクトキャッシュの設定

【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!
オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 
キャッシュオブジェクトの有効期間では、キャッシュしたオブジェクトの有効時間を設定する事が出来ます。

一度キャッシュされたオブジェクトは有効期間が過ぎると、新しいキャッシュオブジェクトを取得するようになりますが、有効期間内であれば、一度取得したキャッシュオブジェクトを使う事が出来るので、オブジェクトを取得する処理を短縮しページのレンダリングの速度向上に貢献してくれます。

 
ガベージコレクションのインターバル時間を設定する事が出来ます。

 
キャッシュしたオブジェクトが、ガベージコレクションに指定したインターバル時間内に利用されなかった場合は、メモリー上にキャッシュしたオブジェクトを破棄してくれるようになります。

 
オブジェクトキャッシュの設定のグローバルグループの設定を行う事が出来ます。
グローバルグループで設定されたグループ毎にオブジェクトキャッシュを作成する設定を行う事が出来ます。

 
非永続グループの設定では、オブジェクトキャッシュを行わないグループの設定を行う事が出来ます。
非永続グループとして設定されたグループについてはオブジェクトキャッシュが行われません。

 
コメントやプラグインなどのグループについては、非永続グループとして指定しておく事が望ましく、デフォルトで設定されています。

 
W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュ(Object Cache)の設定については「【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

ブラウザーキャッシュの設定

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!
ブラウザーキャッシュの設定(Browser Cache)では、W3 Total Cacheのブラウザーキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Browser Cache」と進んだ先がブラウザーキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでブラウザーキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • CSSとJSに関する設定
  • HTMLとXMLに関する設定
  • メディアやその他のファイルに関する設定

 

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュ(Browser Cache)では、キャッシュファイルの更新の条件や設定前後でキャッシュを有効化するか等、Wordpressのブログに関わるブラウザーキャッシュの全体的な制御に対する設定を行う事が出来ます。

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュの全般設定は「Browser Cache」の「General」から設定する事が出来ます。

ブラウザーキャッシュの全体設定としては次の項目を設定する事が出来ます。

  • ページの最終更新情報を付けるか
  • ブラウザキャッシュに有効期限を付けるか
  • ヘッダーにキャッシュ制御情報を付けるかどうか
  • エンティティータグを設定するかどうか
  • ヘッダーにW3 Total Cacheのヘッダーを付けるかどうか
  • HTTPのgzip圧縮を有効にするか
  • 設定変更前のキャッシュを無効化する
  • 設定変更前のキャッシュを無効化する例外の設定
  • クッキーを保存しない
  • 404エラーをWordpressに処理させない設定
  • 404エラーをWordpressに処理させない例外ファイルの設定

 

W3 Total CacheのブラウザキャッシュにおけるCSSとJSの設定では、CSSファイルとJSファイルに対してブラウザのキャッシュを促すかどうかを設定する事が出来ます。
CSSとJSの設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • CSSやJSファイルに最終更新情報を付けるか
  • CSSとJSファイルに対して有効期限を付けるか
  • CSSとJSファイルの有効期限の時間
  • CSSとJSにキャッシュ制御情報を付けるかどうか
  • キャッシュ制御情報の条件(ポリシー)
  • エンティティータグを設定するかどうか
  • ヘッダーにW3 Total Cacheのヘッダーを付けるかどうか
  • HTTPのgzip圧縮を有効にするか
  • 設定変更前のキャッシュを無効化する
  • クッキーを保存しない

 

W3 Total CacheのブラウザキャッシュにおけるHTMLとXMLの設定では、ブログのHTMLとXMLファイルに対してブラウザのキャッシュを促すかどうかを設定する事が出来ます。
HTMLとXMLの設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • HTMLやXMLファイルに最終更新情報を付けるか
  • HTMLとXMLファイルに対して有効期限を付けるか
  • HTMLとXMLファイルの有効期限の時間
  • HTMLとXMLにキャッシュ制御情報を付けるかどうか
  • キャッシュ制御情報の条件(ポリシー)
  • エンティティータグを設定するかどうか
  • ヘッダーにW3 Total Cacheのヘッダーを付けるかどうか
  • HTTPのgzip圧縮を有効にするか

 

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュにおけるメディアファイルとその他のファイルの設定では、ブログのメディアファイルととHTML,CSS,JS,XML,メディア以外のファイルに対してブラウザのキャッシュを促すかどうかを設定する事が出来ます。
メディアファイルとその他のファイルの設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • メディアファイルやその他のファイルに最終更新情報を付けるか
  • メディアファイルやその他のファイルに対して有効期限を付けるか
  • メディアファイルやその他のファイルの有効期限の時間
  • メディアファイルやその他のファイルにキャッシュ制御情報を付けるかどうか
  • キャッシュ制御情報の条件(ポリシー)
  • エンティティータグを設定するかどうか
  • ヘッダーにW3 Total Cacheのヘッダーを付けるかどうか
  • HTTPのgzip圧縮を有効にするか
  • 設定変更前のキャッシュを無効化する
  • クッキーを保存しない

 
W3 Total Cacheでブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定する方法は「【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

ユーザーエージェントグループの設定

ユーザーエージェントグループの設定
ユーザーエージェントグループの設定では、WWW(ワールドワイドウェブ)から情報を取得するHTTPユーザーエージェントのグループを作成する事が出来ます。

 
ユーザーエージェントグループとしてまとめられたエージェントからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、グループ内の同じユーザーエージェント、もしくは別のユーザーエージェントからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
ユーザーエージェントグループの設定は「Performance」->「User Agent Groups」で設定画面を開く事が出来ます。

 
ユーザエージェントグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ユーザエージェントグループの有効化
  • ユーザーエージェントグループを利用するテーマ
  • ユーザーエージェントグループに含まれるエージェントでアクセスがあった場合のエージェントリダイレクトの設定
  • グループを構成するエージェントの設定

 
グループは「User Agent Groups」の設定画面で設定されている画面の上部に位置されているグループ程優先順位が高くなり、ユーザーエージェントからのアクセスがあった場合の設定が有効化される特徴があります。

 
優先順位を変更したい場合は、ドラッグ&ドロップでグループを移動する事が出来ます。

 

 

 

リファラーグループの設定

リファラーグループの設定
リファラーグループの設定では、ブログの照会人・照会元であるリファラーのグループを作成する事が出来ます。

 
リファラーグループとしてまとめられたリファラーからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、同じリファラーや、同じグループ内の別のリファラーからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
リファラーグループの設定は「Performance」->「Referrer Groups」で設定画面を開く事が出来ます。
リファラーグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • リファラーグループの有効化
  • リファラーグループを利用するテーマ
  • リファラーグループに含まれるリファラーでアクセスがあった場合のリファラーリダイレクトの設定
  • グループを構成するリファラーの設定

 
グループは「Referrer Groups」の設定画面で設定されている画面の上部に位置されているグループ程優先順位が高くなり、リファラーからのアクセスがあった場合の設定が有効化される特徴があります。

 
優先順位を変更したい場合は、ドラッグ&ドロップでグループを移動する事が出来ます。

 

 

 

CDNの設定

【テンプレート】執筆中
当項目は、現在検索需要が見込まれないか、筆者のブログ運営に余裕が出てきたら再度執筆する項目となっています。
当項目に興味をお持ちの方は大変申し訳ございません。


 

 

 

モニタリング設定

モニタリング設定
モニタリングの設定は、W3 Total Cacheで推奨されているモニタリングツールである「New Relic」についての設定を行う事が出来ます。
New Relicによるモニタリングの設定については、申し訳ありませんが当ブログでは取り扱いませんのでご了承ください。
 

 

 

その他の設定

その他の設定
その他の設定では、W3 Total Cache上で利用する事が出来る各種オプションの設定を行う事が出来ます。
各種オプションは有効化する事によってW3 Total Cache上で利用する事が出来ます。

 
その他の設定でW3 Total Cacheとして利用する事が出来るオプションは次の通りです。

  • CloudFlare
  • FeedBurner

 
CloudFlareは無料から利用する事が出来るCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)のことです。コンテンツを高速配信する事が出来るCDNを利用しキャッシュファイルやCSSファイル等のリソースを配置する事により、技術的・物理的なブログパフォーマンスの向上を可能にします。

 
FeedBurnerはGoogleが運営している無料サービスの一つで、利用しているBlogサービスやブログツー2の代わりにRSSフィードを配信してくれるサービスです。
各サービスで標準機能として出力されるRSSフィードなどを読み込み、加工した後に別のRSSフィードとして出力します。

 

 

 

 

スポンサーリンク


W3 Total Cacheの設定方法と使い方を読むうえで知っておきたい知識

W3 Total Cacheの設定方法と使い方を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

W3 Total Cacheについて

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
W3 Total CacheはWordpressのプラグインで、コンテンツのキャッシュを作ってくれるプラグインです。
W3 Total Cacheは英語での表記ですが、キャッシュ系の細かな設定を行う事が出来るため、非常に便利なプラグインの一つなのです。

 
W3 TotalCacheには有償版と無償版がありますが、無償版でも十分に使えます。

 
W3 Total CacheをWordpressにインストールする
W3 Total CacheはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
W3 Total Cacheのインストールは次の手順が主流です。

  • Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「W3 Total Cache」と検索する
  • 検索で表示された「W3 Total Cache」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 
キャッシュを使ってブログを高速化するW3 Total Cacheについては「【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方 あとがき

W3 Total Cacheの設定方法と使い方 あとがき
W3 Total Cacheの設定方法と使い方について紹介しました。
W3 Total Cacheはサーバ側ではデータベースやオブジェクト、ページキャッシュなど様々な設定を通してブログの表示高速化を支えます。
また、ブラウザ側ではHTTPレスポンスヘッダーを簡単に設定できるようにし、ブラウザのキャッシュを通してブログのパフォーマンスアップを図る事が出来ますね。

 
更にCDNや縮小化の設定などを通してユーザに最適な形でコンテンツが提供できる事も魅力の一つですね。

 
それぞれの設定項目が難しくてなかなか設定変更に踏み切れないという方も大丈夫、設定しているうちに慣れてきます。

 
また、W3 Total Cacheで実現している技術は確かに凄い事なのですが、実際に概念としては一般的なキャッシュ技術を使っているので、少し調べると各設定で行う事が出来る技術について多くの情報がネット上、書籍などから手に入るのでキャッシュについて勉強してみるといいですよ。

 
それぞれの設定項目について分からないうちはモヤモヤしてむしろ設定する事そのものがストレスに感じてしまう事もあるかもしれませんが、内容がわかってくると「自分のブログに適した設定ってなんだろう・・・」と悩んでいる事が楽しくなってきます。

 
W3 Total Cacheの設定方法と使い方を有効に活用して、快適で高速なブログを是非作り上げていってください。

 

 

 

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方 まとめ

W3 Total Cacheの設定方法と使い方 まとめ
W3 Total Cacheはブログ高速化の上で必要なサーバ側、ブラウザ側のキャッシュに関する設定を行う事が出来ます。

 
サーバー側ではアクセスがあった際にページを表示する上で必要なページやデータベースの検索結果、ページを構成するオブジェクトなどを作成する事でいちから記事を作成するのではなく、あらかじめ用意しておいた部品(キャッシュ)を利用する事でブログの表示速度を向上させます。

 
ブラウザ側での設定ではブログに訪問したブラウザに対してHTMLやCSS、JSファイル等をキャッシュして保持するよう促し、再訪問の際にキャッシュを利用する事でページ閲覧時の高速化を測る事が出来ます。また、ブラウザ側でキャッシュしたファイルをユーザーが閲覧する事でWordpressのサーバー側では負荷が軽減される事でもブログの表示速度を向上させる効果があります。

 
サーバやブラウザだけでなくCDNに関する設定を行う事が出来、W3 Total CacheをCDNと連携して色々なファイルを連携する事で、場所的に閲覧ユーザーから近いサーバーからコンテンツを提供する事でブログの表示速度を向上させる設定もあります。

 
W3 Total Cacheで設定できる項目は次の通りです。

  • 全体設定
  • ページキャッシュの設定
  • ソースの最適化設定
  • データベースキャッシュの設定
  • オブジェクトキャッシュの設定
  • ブラウザーキャッシュの設定
  • ユーザーエージェントグループの設定
  • リファラーグループの設定
  • CDNの設定
  • モニタリング設定
  • その他の設定

 

全体設定は、W3 Total Cache全体に関する設定を行う項目です。
Wordpressの管理画面の「Performance」→「General Settings」と進んだ先が全体設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3 Total Cacheの全体設定として行う事が出来る事は次の通りです。

  • 開発者の推奨設定を使用するかどうか
  • ページキャッシュを行うかどうか
  • ページキャッシュするサーバーを選択する
  • ソースの最適化設定を行うかどうか
  • ソースの最適化の全体設定
  • データベースキャッシュを行うかどうか
  • データベースキャッシュの保存先
  • オブジェクトキャッシュを行うかどうか
  • オブジェクトキャッシュの保存先
  • ブラウザーキャッシュを行うかどうか
  • CDNを使うかどうか
  • 利用しているCDNの選択
  • リバースプロキシを使用するかどうか
  • バニッシュサーバーの設定
  • モニタリングを利用するかどうか
  • モニタリングAPIの設定
  • ライセンスキーの設定
  • その他の設定

 

ページキャッシュの設定(Page Cache)は、W3 Total Cacheのページキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Page Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • ページキャッシュの全体設定(General)
  • ページキャッシュの自動生成に関する設定(Cache Preload)
  • ページキャッシュ更新の契機に関する設定(Purge Policy: Page Cache)
  • 高度な設定(Advanced)

 

データベースキャッシュの設定(Database Cache)は、W3 Total Cacheのデータベースキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Database Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでページキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • 高度な設定

 

オブジェクトキャッシュの設定(Object Cache)は、W3 Total Cacheのオブジェクトキャッシュに関する詳細設定を行います。
オブジェクトキャッシュの設定は、W3tc上ではそもそも高度な設定として扱われています。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Object Cache」と進んだ先がページキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでオブジェクトキャッシュとして設定できる高度な設定項目は次の通りです。

  • キャッシュオブジェクトのデフォルトの有効期間
  • ガベージコレクションのインターバル時間
  • グローバルグループの設定
  • 非永続グループの設定

 

ブラウザーキャッシュの設定(Browser Cache)では、W3 Total Cacheのブラウザーキャッシュに関する詳細設定を行います。

 
Wordpressの管理画面の「Performance」→「Browser Cache」と進んだ先がブラウザーキャッシュの設定を行うページです。
設定が終わったら必ず「Save all Settings」ボタンを押して設定を保存しましょう。

 
W3tcでブラウザーキャッシュとして設定できる項目としては次の通りです。

  • 全体設定
  • CSSとJSに関する設定
  • HTMLとXMLに関する設定
  • メディアやその他のファイルに関する設定

 
ユーザーエージェントグループの設定
ユーザーエージェントグループの設定では、WWW(ワールドワイドウェブ)から情報を取得するHTTPユーザーエージェントのグループを作成する事が出来ます。

 
ユーザーエージェントグループとしてまとめられたエージェントからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、グループ内の同じユーザーエージェント、もしくは別のユーザーエージェントからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
ユーザーエージェントグループの設定は「Performance」->「User Agent Groups」で設定画面を開く事が出来ます。

 
ユーザエージェントグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ユーザエージェントグループの有効化
  • ユーザーエージェントグループを利用するテーマ
  • ユーザーエージェントグループに含まれるエージェントでアクセスがあった場合のエージェントリダイレクトの設定
  • グループを構成するエージェントの設定

 
リファラーグループの設定
リファラーグループの設定では、ブログの照会人・照会元であるリファラーのグループを作成する事が出来ます。

 
リファラーグループとしてまとめられたリファラーからアクセスがあった場合、W3 Total Cacheはグループごとのキャッシュを作成し、同じリファラーや、同じグループ内の別のリファラーからアクセスがあった場合にキャッシュファイルをグループ内で利用できるようにします。

 
リファラーグループの設定は「Performance」->「Referrer Groups」で設定画面を開く事が出来ます。
リファラーグループの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • リファラーグループの有効化
  • リファラーグループを利用するテーマ
  • リファラーグループに含まれるリファラーでアクセスがあった場合のリファラーリダイレクトの設定
  • グループを構成するリファラーの設定

 
モニタリング設定
モニタリングの設定は、W3 Total Cacheで推奨されているモニタリングツールである「New Relic」についての設定を行う事が出来ます。
New Relicによるモニタリングの設定については、申し訳ありませんが当ブログでは取り扱いませんのでご了承ください。

 
その他の設定
その他の設定では、W3 Total Cache上で利用する事が出来る各種オプションの設定を行う事が出来ます。
各種オプションは有効化する事によってW3 Total Cache上で利用する事が出来ます。

 
その他の設定でW3 Total Cacheとして利用する事が出来るオプションは次の通りです。

  • CloudFlare
  • FeedBurner

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress】Wordpressでブログ運営する上で参考にしたい考察 
【WordPress】WordPressでブログ運営する上で参考にしたい考察 

WordPressはブログを運営する上でメジャーなCMSです。 Wordpres …

【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

WordPressを使用している人はとても多いですよね。 SEOに強いし、いろい …

【Wordpress】プログラムコードをブログで紹介する方法 使いやすくてキレイ!
【WordPress】プログラムコードをブログで紹介する方法 使いやすくてキレイ!

運営するブログによってはプログラムのソースコードを表示して紹介したい場合がありま …

【Wordpress】Wordpressインストールと初期設定
【WordPress】WordPressインストールと初期設定

ブログでWordpressを始めようと思ってWordpressをサーバーにインス …

【WordPress】ソースコードを綺麗に紹介したい! Crayon Syntax Highlighter

ブログ運営をしていてプログラムのソースコードを利用したいという人は、「Crayo …

【Wordpress】データベースをバックアップするWP Database Backup
【WordPress】データベースをバックアップするWP Database Backup

WordPressでデータベースのバックアップを簡単に行いたい場合がありますよね …

【Wordpress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!
【WordPress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!

WordPressでブログを運営していると色々なプラグインを利用していると思いま …

【Wordpress】データベースをバックアップしよう! 目的や方法について
【WordPress】データベースをバックアップしよう! 目的や方法について

WordPressでブログを運営する上ではデータの保全性もとても重要ですよね。 …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュのメディアファイルとその他のファイルの設定

W3 Total Cacheのブラウザキャッシュでは、画像や動画、音声ファイルと …

【Quick Adsense】記事中に自動で広告を掲載したい!Quick Adsenseを設定する
【Quick Adsense】記事中に自動で広告を掲載したい!Quick Adsenseの設定

広告でブログの収益化をしている人は「記事中に自動で広告を貼りたい」と考える人も居 …