どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【W3 Total Cache】W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう

      2015/11/07


W3 Total Cache等のキャッシュ系プラグインを使ってブログの動作の軽量化を図っている人も多いですよね。

 
この記事を参照している人も恐らくW3 Total Cacheによってブログの動作を軽量化しようとしている人や、ブログの高速化の上でW3 Total Cacheの導入を検討している人など何かしらの形でW3 Total Cacheに興味を持っている事でしょう。

 
W3 Total CacheはWordpressのプラグインの中でも特に優れた秀逸なプラグインの一つなので使いこなせば万人力の攻撃力を持っているプラグインです。
しかし、力の大きさ故か、キャッシュ系のプラグインの宿命と言いましょうか、キャッシュによって動的なコンテンツを配信しているブログは何かしらの不具合に見舞われる事が多いです。

 
W3 Total Cacheも例外ではなく、正しい設定、スタイルに合った運用をしなければ不具合を起こしたり逆に動作を重くしてしまったりといった事が起きる事があります。
W3 Total Cacheで起こりやすい不具合について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
 

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合

W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 

 

 

レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

【W3 Total Cache】レスポンシブテーマでPCとスマホの広告位置が一緒に!? 原因と対処方法
W3 Total Cacheを導入する事でレスポンシブテーマのパソコンとスマホの広告位置が一緒になってしまう原因と対処方法では、Word Pressのブログの内、Stinger5等のレスポンシブテーマで広告の位置をスマートフォンとパソコンで別々の位置表示にしているにも関わらず、W3 Total Cacheを入れる事でパソコンとスマートフォンで同じ位置に広告が表示されてしまう現象の原因と対処方法について紹介します。

 
W3 Total Cacheを導入する事でパソコンとスマートフォンの広告の位置が一緒になってしまう原因は、スマートフォンとパソコンで同じキャッシュファイルを参照してしまっている事です。

 
本来、レスポンシブテーマでスマートフォンとパソコンで表示される内容をサーバ側で変更してコンテンツとして配信するのであれば、スマートフォン用のキャッシュファイル、パソコン用のキャッシュファイルを作って、スマホからアクセスがあった場合はスマホ用、パソコンからアクセスがあった場合はパソコン用のキャッシュファイルを参照するべきです。

 
しかし、デフォルトのW3 Total Cacheの状態だと、スマートフォンとパソコンが一緒のキャッシュファイルを参照してしまう事で広告の位置がスマートフォンでアクセスしてもパソコン用の広告位置になったり、パソコンでアクセスしてもスマートフォンの広告位置になってしまうのです。

 
W3 Total Cacheを導入する事でレスポンシブテーマでパソコンとスマホの広告位置が一緒になってしまう事への対処の方法についてみていきましょう。

 
W3 Total Cacheを導入してレスポンシブテーマでパソコンとスマホの広告位置が一緒になってしまうのは、スマートフォンとパソコンで同じキャッシュファイルを作成し、参照してしまう事にあるのでW3 Total Cacheの設定を変更する事で対処する事が出来ます。

 
W3 Total Cacheによって制御、作成されるキャッシュファイルは「ユーザーエージェントグループ」毎に作成され、次回ブログのアクセスがあった場合にグループごとにキャッシュファイルを参照する事が出来るようになるので「User Agent Groups」でパソコンユーザーグループとモバイルユーザーグループを別々に登録する事で、モバイル用のキャッシュファイルとパソコン用のキャッシュファイルを、それぞれ別々に作成し、参照するように設定します。

 
レスポンシブテーマでパソコンとスマホの広告位置が一緒になってしまう対処方法については次の手順で対処しましょう。

  • 「User Agent Groups」の設定画面を開く
  • モバイル端末のグループの作成・有効化をするく

 
User Agent Groupsを開くには、Wordpressの管理画面から「Preformance」->「User Agent Groups」を選択しましょう。

 
W3 Total Cacheのユーザーエージェントグループ(User Agent Groups)の設定画面を開くと次の画像のようなイメージになるはずです。
レスポンシブテーマでPCとスマホの広告位置が一緒になってしまう対処方法-1

 
次にUser Agent Grooupsの設定画面で、モバイル端末のグループの作成・有効化をしましょう。
モバイル端末のグループでは「Iphone等のスマートフォン」のグループと「ガラケーなどのその他のグループ」を設定するようにしましょう。

 
W3 Total Cacheでは実はすでにモバイル端末用のグループが作成されていて、スマートフォンとガラケーのグループが無効化された状態で登録されています。
それぞれのグループを「Enabled」で有効化するだけでスマートフォンと、ガラケーのキャッシュを作成・参照してくれるユーザーエージェントグループを作成する事が出来ます。

  • high(スマートフォンなどハイエンド端末)
  • low(ガラケー等の携帯端末)

 
high(スマートフォンなどハイエンド端末)
W3 Total CacheのUser Agent Groupsの「high」グループには、スマートフォン等のハイエンド端末のユーザーエージェントがグループ化されています。

 
ハイエンド端末のユーザーエージェントグループを作成・有効化する事によって、スマートフォン等のハイエンド端末独自のキャッシュファイルを作成し、ブログにハイエンド端末からの再アクセスがあった場合にハイエンド端末専用のキャッシュファイルを参照するようになります。

 
デフォルトでは無効化されている状態なので、スマートフォンのアクセスがあった場合にHTMLやCSS、JS等の表示をサーバー側で切り替える制御がある場合は有効化しておきましょう。

 
low(ガラケー等の携帯端末)
W3 Total CacheのUser Agent Groupsの「low」グループには、ガラケー等の携帯端末のユーザーエージェントがグループ化されています。

 
携帯端末のユーザーエージェントグループを作成・有効化する事によって、ガラケー等の携帯端末独自のキャッシュファイルを作成し、ブログに携帯端末からの再アクセスがあった場合に携帯端末専用のキャッシュファイルを参照するようになります。

 
デフォルトでは無効化されている状態なので、ガラケーのアクセスがあった場合にHTMLやCSS、JS等の表示をサーバー側で切り替える制御がある場合は有効化しておきましょう。

 
W3 Total Cacheを使う事でレスポンシブテーマでPCとスマホの広告位置が一緒になってしまう原因と対処方法については「【W3 Total Cache】レスポンシブテーマでPCとスマホの広告位置が一緒に!? 原因と対処方法」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう あとがき

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう あとがき
W3 Total Cacheで起こりやすい不具合について紹介しました。
W3 Total Cacheを導入する事で、せっかく早くなったのに不具合を起こしてしまったら「え?Σ(゚◇゚;)マジデッ!?」なんて事を思ってしまいますよね。

 
確かに早くなると言えば早くなったんだけれど、結局ブログが壊れたんじゃあ意味がないような・・・なんて思いからW3 Total Cacheは使えない!と思ってしまう人も居るかもしれません。

 
確かに、ブログやサイトの構成上ではW3 Total Cacheのようなキャッシュファイルを作成したり制御したりする事で高速化を図る効果が薄い、もしくは望めないものもありますが、多くのブログは基本的に静的なコンテンツなのでW3 Total Cacheのようなプラグインで効果が無いという言うのは、そもそも事前の設定が優れていたか特殊で特別な構造になっていたか等の理由が考えられるのです。

 
適切な設定を行って概念さえ頭の中にぼんやりでも良いので掴んでいれば「あっあれが原因で不具合起こしてるかも」とか「原因はこうなんじゃないか」という仮説と検証を立てる事もできるようになってきます。

 
そうなればW3 Total Cacheってなんて使える奥の深いツールなんだ・・・と思えるようになるかもしれません。

 
W3 Total Cacheで起こりやすい不具合について知って、いざというときに対処できるようになっていきましょうね。

 

 

 

 

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう まとめ

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう まとめ
W3 Total Cache等のキャッシュプラグインを導入し、利用すると、動的コンテンツを配信するサイトやブログなどではキャッシュの制御が適正に行われていないと古い情報が画面上に残ってしまったり、JavaScriptが動作しなくなってしまったりなどの不具合を起こす事があります。

 
多くはツールによって起こる不具合ではなく、ブログ運営のスタイルに合っていない設定であったり、キャッシュファイルの削除期限であったり、キャッシュファイルの参照グループの設定が行えていなかったりする事が原因でブログで不具合を起こす事が多いです。

 
W3 Total Cacheでブログ上でよく起こる不具合としては次のようなものがあります。

 

  • レスポンシブデザインでモバイルとパソコンで同じ広告位置表示になってしまう

 

【W3 Total Cache】レスポンシブテーマでPCとスマホの広告位置が一緒に!? 原因と対処方法
W3 Total Cacheを導入する事でレスポンシブテーマのパソコンとスマホの広告位置が一緒になってしまう原因と対処方法では、Word Pressのブログの内、Stinger5等のレスポンシブテーマで広告の位置をスマートフォンとパソコンで別々の位置表示にしているにも関わらず、W3 Total Cacheを入れる事でパソコンとスマートフォンで同じ位置に広告が表示されてしまう現象の原因と対処方法について紹介します。

 
W3 Total Cacheを導入する事でパソコンとスマートフォンの広告の位置が一緒になってしまう原因は、スマートフォンとパソコンで同じキャッシュファイルを参照してしまっている事です。

 
本来、レスポンシブテーマでスマートフォンとパソコンで表示される内容をサーバ側で変更してコンテンツとして配信するのであれば、スマートフォン用のキャッシュファイル、パソコン用のキャッシュファイルを作って、スマホからアクセスがあった場合はスマホ用、パソコンからアクセスがあった場合はパソコン用のキャッシュファイルを参照するべきです。

 
しかし、デフォルトのW3 Total Cacheの状態だと、スマートフォンとパソコンが一緒のキャッシュファイルを参照してしまう事で広告の位置がスマートフォンでアクセスしてもパソコン用の広告位置になったり、パソコンでアクセスしてもスマートフォンの広告位置になってしまうのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Head Cleaner】Autoptimize効果なしを解消するカスタマイズ
【Head Cleaner】Autoptimize効果なしを解消するカスタマイズ

WordPressを運営していて、AutoptimizeとHead Cleane …

【Stinger5】Stinger5のサイドバーの新規記事一覧を消す方法
【Stinger5】Stinger5のサイドバーの新規記事一覧を消す方法

WordPressでブログを運営している人で、Stinger5を利用している人も …

【Wordpress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!
【WordPress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!

WordPressを使ってブログを運営している人で「Head Cleaner」を …

【Wordpressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?
【WordPressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?

WordPressのプラグインを自作する場合であっても、インストールして利用して …

【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定
【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定

WordPressでブログのパフォーマンス高速化の為に、Head Cleaner …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!

W3 Total Cacheにはブラウザキャッシュに関する詳細な設定を行う事が出 …

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates

WordPressでブログ記事を投稿していると、いつも使っている言い回しや、定型 …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressにプラグインの関数処理を実行させる方法(add_filter)
【WordPressプラグイン自作】WordPressにプラグインの関数処理を実行させる方法(add_filter)

WordPressのプラグインを自作したり、ダウンロード・インストールしたプラグ …

【Wordpress】レンタルサーバからローカル環境にWordpressを移行する方法
【WordPress】レンタルサーバからローカル環境にWordPressを移行する方法

WordPressのテーマやプラグイン開発を進める上で、レンタルサーバ上で稼働し …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …