どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!

      2015/11/07


WordPressでブログを運営している人で「TinyMCE Templates」を利用している人も居る事でしょう。
TinyMCE Templatesでは予め保存しておいたテンプレートを利用する事で、記事投稿の作業を効率化することが出来ます。

 
TinyMCE Templatesには二種類のテンプレートの呼び出し方があり、その一つにショートコードを使って定型文を追加するという機能があります。
TinyMCE Templatesでショートコードを使って定型文を追加する方法を簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【TinyMCE Templates】ショートコードで定型文を一括変更!
 

 

TinyMCE Templatesを使ってショートコードで定型文を挿入するとは

TinyMCE Templatesを使ってショートコードで定型文を挿入するとは
TinyMCE Tempatesにはテンプレートに定型文を登録する際に、ショートコードを利用する設定にしておく事で、ショートコードを使って定型文を記事に挿入することが出来ます。

ショートコードを利用して、定型文を挿入する事で、もしも定型文に修正があった場合に、テンプレートを修正するだけで、一括して定型文を変更する事が出来ます。

ショートコードを利用する事によって、常にテンプレートに登録されている最新の定型文を読み込んで記事に挿入してくれるので共通して使う定型文についてはショートコードを利用した挿入を行うのが理想的です。

 

 

 

 

ショートコードで定型文を挿入する方法

ショートコードで定型文を挿入する方法
ショートコードで定型文を挿入する方法は簡単です。
TinyMCE Templatesを使って定型文を挿入するには次の手順を行います。

  • テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする
  • 記事投稿画面でテンプレートを挿入する

 
たったこれだけの手順でショートコードで定型文を挿入する事が出来ます。
実際にショートコードで定型文を挿入してみましょう。

 

 

 

テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする

テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする
テンプレートをショートコードとして挿入するには、あらかじめテンプレートの編集画面から、テンプレートをショートコードとして使用する設定にしてある必要があります。

 
テンプレートをショートコードとして挿入する設定にしておく事で記事投稿時に簡単に定型文を挿入する事が出来るのです。

 
画像の例では、定型文をショートコードとして利用する設定になっています。

 

 

 

 

記事投稿画面でテンプレートを挿入する

記事投稿画面でテンプレートを挿入する
記事投稿画面でテンプレートを実際に挿入してショートコードとして追加されるか確認しましょう。
テンプレートの挿入方法は投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押してテンプレートを選択する事で挿入する事が出来ます。

 
テンプレートの設定でショートコードを使用する設定になっている場合は、定型文を選択した際に、備考の欄に「備考: このテンプレートはショートコードとして挿入されます。」というメッセージが表示されます。

 
画像のイメージはWordpressの投稿画面のエディタ表示を「テキスト」にして、実際にテンプレートに追加してみた一例です。
実際にブログにアクセスし、画面を表示してみると次の画像のようにショートコードによって定型文が呼び出され、展開されて定型文が表示されます。(広告でイメージが見づらくてゴメンナサイ)
記事投稿画面でテンプレートを挿入する 表示

 

 

 

スポンサーリンク


ショートコードで定型文を一括変更!を読むうえで知っておきたい知識

ショートコードで定型文を一括変更!を読むうえで知っておきたい知識
ショートコードで定型文を一括変更!を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

ブログの定型文を簡単挿入してくれるTinyMCE Tempates

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templatesとは、Wordpressのプラグインの一つで、保存しておいたプラグインを記事の投稿の際に呼び出し、テンプレートとして挿入してくれるプラグインです。 
テンプレートとして保存しておいた内容を執筆の際に使う事が出来るので、自分の良く使う言い回しや言葉等の定型文をテンプレートとして保存しておき、呼び出す事で、記事執筆にかかる負担を軽減する事が出来ます。 
定型文の挿入は良くあるプラグインでは、記事の最初と最後だけに挿入する物が多いと思いますが、TinyMCE Templatesでは記事の途中にも定型文を挿入する事が出来ます。 
TinyMCE TemplatesはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。 
TinyMCE Templatesのインストールは次の手順が主流です。<ul><li>Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「TinyMCE Templates」と検索する</li><li>検索で表示された「TinyMCE Templates」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール</li></ul><p> <br /> TinyMCE Templatesでは、煩わしい細かい設定はありません。<br /> 強いて言うなら、TinyMCE Templatesの設定と言えば予めテンプレートを作成しておく事だけです。</p><p> <br /> TinyMCE TemplatesはWordpressでブログを運営し、記事を投稿している人ならば直感的に使う事が出来るシンプルな使い方です。<br /> TinyMCE Templatesでは、次のような流れで、定型文をテンプレートとして保存し、記事の投稿の際に挿入する事が出来ます。</p><ul><li>テンプレートを新規追加する</li><li>記事投稿の際にテンプレートを呼び出す</li></ul><p> <br /> TinyMCE Templatesでテンプレートを新規追加では、あらかじめ良く使う定型文や言葉等をテンプレートとして保存しておく事で、記事の執筆の際に挿入するテンプレートとして保存しておく事が出来ます。</p><p> <br /> テンプレートの新規追加は次の手順で行えます。</p><ul><li>Wordpressの項目の中から「テンプレート」を選択</li><li>テンプレートの画面の「新規追加」を選択</li><li>テンプレートの新規追加画面にタイトル、内容を追加</li></ul><p> <br /> 記事投稿の際に、あらかじめ保存しておいたテンプレートを呼び出して定型文を挿入する事が出来ます。<br /> 記事の内容として定型文を挿入する流れは次のように行います。</p><ul><li>記事の内容でテンプレートを挿入したい場所を予め選択しておく</li><li>記事投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押す</li><li>挿入したいテンプレートを選択し、「テンプレートを挿入」ボタンを押す</li></ul><p> <br /><p>TinyMCE Tempatesにはテンプレートに定型文を登録する際に、ショートコードを利用する設定にしておく事で、ショートコードを使って定型文を記事に挿入することが出来ます。</p><p> <br /> ショートコードを利用して、定型文を挿入する事で、もしも定型文に修正があった場合に、テンプレートを修正するだけで、一括して定型文を変更する事が出来ます。<br /> ショートコードで定型文を挿入する方法は簡単です。</p><p> <br /> TinyMCE Templatesを使って定型文を挿入するには次の手順を行います。</p><ul><li>テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする</li><li>記事投稿画面でテンプレートを挿入する</li></ul></p><p> <br /><p><img width=
TinyMCE Templatesのテンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズとは、TinyMCE Templatesに登録したテンプレートを投稿する内容として選択して挿入するときに<p>タグの挿入や<br />タグの追加、不要な改行の削除等のHTML自動整形を停止するカスタマイズのことです。

 
ビジュアルエディター(リッチエディター)で作業をする事がメインの人にとってはあまり気にする必要のないことだと思いますが、テキストをベースに作業をしている人にとっては、入力したテンプレートの内容が勝手に変更されてしまうのは、このプラグインを利用するかどうかを分ける程の死活問題となります。

 
TinyMCE Templatesのテンプレート挿入時のHTML自動整形を停止する方法では、プラグインのPHPファイルを改修して行います。

 

ブログの定型文を簡単挿入できるTinyMCE Templatesについては「【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates」で簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。


 

 

 

 

ショートコードで定型文を一括変更! あとがき

ショートコードで定型文を一括変更! あとがき
テンプレートとショートコードの組み合わせはブログの作業を効率化でいうと爆発的な効率化を生んでくれます。

 
例えば、どうしても使いまわしたい記事の投稿内容なんかをテンプレートとして登録して、ショートコードで呼び出せるようにしておけば、テンプレートを修正するだけで定型文を使っている記事を一括で修正する事が出来ます。

 
手作業でやると定型文をどこで使ってたっけ?というところから始まり、記事の一覧から定型文を使っている記事を探し、更に修正内容を反映させて・・・と物凄く面倒で非効率で格好の悪い作業になります。

 
私自身TinyMCE Templatesのショートコードを使う事で作業がグンと効率化されるようになりました。
テンプレートを追加したりする作業も確かに面倒と言えば面倒なのですが、後の修正の作業を考えるとその面倒さも何のそのといった感じです。

 
定型文をショートコードで記述できるようになるとブログの表現で今まで面倒で出来なかったような事もできるようになるのでブログの幅も広がります。

 
ショートコードで定型文を一括変更して、ブログの更新をより簡単にしていきましょうね。

 

 

 

 

ショートコードで定型文を一括変更! まとめ

ショートコードで定型文を一括変更! まとめ
TinyMCE Tempatesにはテンプレートに定型文を登録する際に、ショートコードを利用する設定にしておく事で、ショートコードを使って定型文を記事に挿入することが出来ます。

 
ショートコードを利用して、定型文を挿入する事で、もしも定型文に修正があった場合に、テンプレートを修正するだけで、一括して定型文を変更する事が出来ます。
ショートコードで定型文を挿入する方法は簡単です。

 
TinyMCE Templatesを使って定型文を挿入するには次の手順を行います。

  • テンプレートを「ショートコードとして挿入」する設定にする
  • 記事投稿画面でテンプレートを挿入する

 
テンプレートをショートコードとして挿入するには、あらかじめテンプレートの編集画面から、テンプレートをショートコードとして使用する設定にしてある必要があります。

 
テンプレートをショートコードとして挿入する設定にしておく事で記事投稿時に簡単に定型文を挿入する事が出来るのです。

 
記事投稿画面でテンプレートを実際に挿入してショートコードとして追加されるか確認しましょう。
テンプレートの挿入方法は投稿画面の「テンプレートを挿入」ボタンを押してテンプレートを選択する事で挿入する事が出来ます。

 
テンプレートの設定でショートコードを使用する設定になっている場合は、定型文を選択した際に、備考の欄に「備考: このテンプレートはショートコードとして挿入されます。」というメッセージが表示されます。

 

 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!
【WordPress】プラグインを整理してブログ価値を高めよう!

WordPressを使用している人はとても多いですよね。 SEOに強いし、いろい …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!

W3 Total Cacheにはブラウザキャッシュに関する詳細な設定を行う事が出 …

【Wordpress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察
【WordPress】プラグインを使う上で絶対参考にしたい考察

WordPressでブログを運営し、さまざまなプラグインを利用しオリジナリティあ …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …

【Stinger5】Stinger5のカスタマイズ方法のまとめ特集
【Stinger5】Stinger5のカスタマイズ方法のまとめ特集

WordPressでブログを運営し、Stinger5を使っていると自分好みにカス …

【Head Cleaner】Google Ajax Libraries を使う設定!
【Head Cleaner】Google Ajax Libraries を使う設定!

Head Cleanerの設定にはGoogle Ajax Librariesを使 …

【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定

Google Adsenseや忍者Admaxといった広告をブログで掲載している人 …

【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう
【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう

Quick AdsenseでGoogle Adsenseや忍者Admaxといった …

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
【WordPress開発環境】XamppのWordPressをEclipseにインポートする方法

XamppとEclipseを使ってWordpressの開発環境を構築したいと思っ …

【Wordpress】プログラムコードをブログで紹介する方法 使いやすくてキレイ!
【WordPress】プログラムコードをブログで紹介する方法 使いやすくてキレイ!

運営するブログによってはプログラムのソースコードを表示して紹介したい場合がありま …