どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

緊張型頭痛とは 締め付けられるような頭の痛みがつらい・・・

      2015/11/07


締め付けられる頭の痛みを感じたことのある人は多い事でしょう。
この記事を読んでいるあなたは「緊張型頭痛」と呼ばれる頭痛について知っているでしょうか。
ストレス社会で生きる私たちの多くの人が、この緊張型頭痛に悩まされていると言われています。

 
私たちを悩ませる緊張型頭痛とは一体なんなのでしょうか?

 
緊張型頭痛について簡単でわかりやすく、詳しくまとめましたのでチェックしていって下さい。

 

 
緊張型頭痛とは
 

 

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは (2)
緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが出る頭痛です。
緊張型頭痛の痛みには特徴があり、何かで締め付けられるような感覚だと言われる事が多いです。

 
緊張型頭痛は種類に分けると大きく二種類に分ける事が出来、次に紹介する通りです。

  • 反復性緊張型頭痛
  • 慢性緊張型頭痛

 

 

 

緊張型頭痛の種類:反復性緊張型頭痛について

緊張型頭痛の種類:反復性緊張型頭痛について
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、時々頭が痛むタイプの頭痛です。
反復性緊張型頭痛は、常に頭の周りを何かで締め付けられるような痛みがあるのではなく、ふとした時に頭の周りが痛み始める特徴があります。

 
一時的に大きなストレスを感じたときなどに、頭の周りがずっしりと痛む時は反復性緊張型頭痛の可能性があります。
一日に何回も緊張型頭痛を感じる時は体が危険信号を出している可能性があるので、早めに病院で受診することをオススメします。

 

 

 

緊張型頭痛の種類:慢性緊張型頭痛について

緊張型頭痛の種類:慢性緊張型頭痛について
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛むタイプの頭痛です。
慢性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛む為、精神的な負担が大きいです。

 
時々頭痛がする反復性緊張型頭痛がひどくなり慢性緊張型頭痛になってしまう人も少なくありません。
慢性緊張型頭痛が起きてしまった場合は、痛みそのものへの対処と同時に、頭痛の原因となるストレスに対処していく事がとても重要です。

 

 

 

 

緊張型頭痛はどれくらいの期間続くのか

緊張型頭痛はどれくらいの期間続くのか
緊張型頭痛の痛みは、30分~7日間続くと言われています。

 
緊張型頭痛の痛みの程度や期間については、個人差がありますし、状況によっても大きく変わってきます。
痛みがすぐに治まってくれる事もあれば、1週間といった長期間頭痛が続く事もあります。

 
頭痛は体が異常だと言われるサインのようなものなので、あまりに酷く、長期間続く場合は危険です。
余りに痛みが強かったり、長い間続くようであれば、お医者様に診察してもらいましょう。

 

 

 

 

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の症状
緊張型頭痛の痛みは、頭を何かで何かで締め付けられるような感覚として例えられ、ヘルメットをかぶった時と同じようだと言われる事が多いです。
緊張型頭痛は、頭の痛みの他にも次のような症状を伴う事があります。

  • 肩や首の強いこり
  • めまい
  • ふらつき
  • 全身のだるさ

 

 

 

 

緊張型頭痛はどの年代で起こりやすいのか

緊張型頭痛はどの年代で起こりやすいのか
緊張型頭痛は、子供から高齢者まで、どの年齢でも見られます。
緊張型頭痛は主にストレスが原因で起こる事が多い頭痛なので、ストレスを感じる年代であればどの年代でも起こるのです。

 
子供であれば、受験や勉強、家庭環境などから影響を受け、ストレスがたまり緊張型頭痛を起こす事もありますし、高齢者であれば将来の事を考える事が出来ない不安からストレスを抱え緊張型頭痛を起してしまう事も多いでしょう。

 
このように、緊張型頭痛は特定の年代に起こるわけではなく、どの年代でも起こる可能性のある頭痛なのです。

 

 

 

 

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因
緊張型頭痛の原因は、体と心に溜まってしまったストレスが原因です。
体と心に溜まってしまったストレスが神経や筋肉の緊張を高めてしまう事で、頭痛を起してしまうのです。

 
緊張型頭痛の原因である、体と心に溜まったストレスは、一般的に次のような名称でよばれています。

  • 身体的ストレス:体に溜まったストレス
  • 精神的ストレス:心に溜まったストレス

 
体が受けるストレスは、身体的ストレスと呼ばれ、温度や姿勢などの体に無理がかかる事によって起こる体の受けるストレスのことです。
身体的ストレスは無理な姿勢や体格に合わない服を着たときの締め付けや長時間同じ姿勢をとり続ける等、体に無理をさせる事によって起こります。

 
心が受けるストレスは精神的ストレスと言われ、社会的なストレスや心理的なストレスによって心が受けるストレスのことです。
精神的ストレスは、学校や仕事でうまくいかない事があった時や、家庭内でのトラブル等、心が負担を感じる事によって起こります。

 
緊張型頭痛で頭が痛くなるメカニズムは、緊張型頭痛の原因が身体的ストレスによるものか、精神的ストレスによるものかで変わってきます。

身体的ストレスは、主に体の緊張が原因で頭痛が起こるのですが、精神的ストレスについては体が緊張状態になっていなかったとしても痛みを感じる事があるのです。

 

 
身体的ストレスが原因で緊張型頭痛が起こる場合は、筋肉の緊張が原因で頭痛が起こります。

 
首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまる事で神経を刺激し、血管が締め付けられる事で頭痛という症状になって表れてくるのです。

 
精神的ストレスが原因の場合は、主に脳の誤作動によって頭の痛みを感じます。
身体的に痛みを感じる原因が無かったとしても、精神的ストレスがたまる事で脳が「体が痛みを感じている状態と同じ」と判断し頭痛を感じさせるのです。

 

緊張型頭痛の原因については「緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。
 

 

 

 

スポンサーリンク


緊張型頭痛とは 締め付けられるような頭の痛みがつらい・・・ まとめ

緊張型頭痛とは 締め付けられるような頭の痛みがつらい・・・ まとめ
緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが出る頭痛です。
緊張型頭痛の痛みには特徴があり、何かで締め付けられるような感覚だと言われる事が多いです。

 
緊張型頭痛は種類に分けると大きく二種類に分ける事が出来、次に紹介する通りです。

  • 反復性緊張型頭痛
  • 慢性緊張型頭痛

 
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、時々頭が痛むタイプの頭痛です。
反復性緊張型頭痛は、常に頭の周りを何かで締め付けられるような痛みがあるのではなく、ふとした時に頭の周りが痛み始める特徴があります。

 
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛むタイプの頭痛です。
慢性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛む為、精神的な負担が大きいです。

 
緊張型頭痛の痛みは、30分~7日間続くと言われています。

 
緊張型頭痛の痛みの程度や期間については、個人差がありますし、状況によっても大きく変わってきます。

 
緊張型頭痛の痛みは、頭を何かで何かで締め付けられるような感覚として例えられ、ヘルメットをかぶった時と同じようだと言われる事が多いです。
緊張型頭痛は、頭の痛みの他にも次のような症状を伴う事があります。

  • 肩や首の強いこり
  • めまい
  • ふらつき
  • 全身のだるさ

 
緊張型頭痛は、子供から高齢者まで、どの年齢でも見られます。
緊張型頭痛は主にストレスが原因で起こる事が多い頭痛なので、ストレスを感じる年代であればどの年代でも起こるのです。

 
緊張型頭痛の原因は、体と心に溜まってしまったストレスが原因です。
体と心に溜まってしまったストレスが神経や筋肉の緊張を高めてしまうので、頭痛を起してしまうのです。

 
緊張型頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまる事で起こります。
神経を刺激し締め付けられる事で頭痛という症状になって表れてくるのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - 頭痛 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?
緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?

ストレスがたまると起こる頭痛の一つに緊張型頭痛というものがあります。 緊張型頭痛 …