どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?

      2015/11/07


ストレスがたまると起こる頭痛の一つに緊張型頭痛というものがあります。
緊張型頭痛は締め付けられる痛みが特徴の頭痛ですが、なぜ緊張型頭痛になるのでしょうか?

 
緊張型頭痛の対処について考える上で、なぜ緊張型頭痛が起こるのか知っておきたいですよね。

 
緊張型頭痛の原因について、簡単でわかりやすく、詳しくまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?
 

 

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因
緊張型頭痛の原因は、体と心に溜まってしまったストレスが原因です。
体と心に溜まってしまったストレスが神経や筋肉の緊張を高めてしまう事で、頭痛を起してしまうのです。

 
緊張型頭痛の原因である、体と心に溜まったストレスは、一般的に次のような名称でよばれています。

  • 身体的ストレス:体に溜まったストレス
  • 精神的ストレス:心に溜まったストレス

 

 

 

身体的ストレスについて

身体的ストレスについて
体が受けるストレスは、身体的ストレスと呼ばれ、温度や姿勢などの体に無理がかかる事によって起こる体の受けるストレスのことです。
身体的ストレスは無理な姿勢や体格に合わない服を着たときの締め付けや長時間同じ姿勢をとり続ける等、体に無理をさせる事によって起こります。

さらに、身体的ストレスの原因には次のようなものがあります。

  • 寝不足
  • 疲労
  • 暑さ
  • 寒さ
  • 空腹

 

 

 

精神的ストレスについて

精神的ストレスについて
心が受けるストレスは精神的ストレスと言われ、社会的なストレスや心理的なストレスによって心が受けるストレスのことです。
精神的ストレスは、学校や仕事でうまくいかない事があった時や、家庭内でのトラブル等、心が負担を感じる事によって起こります。

 
さらに、精神的ストレスの原因には次のようなものがあります。

  • 転校・引っ越し
  • 人間関係
  • 愛する人との離別・死別
  • 嫉妬・妬み

 

 

 

頭が痛くなるメカニズム

頭が痛くなるメカニズム
緊張型頭痛で頭が痛くなるメカニズムは、緊張型頭痛の原因が身体的ストレスによるものか、精神的ストレスによるものかで変わってきます。

身体的ストレスは、主に体の緊張が原因で頭痛が起こるのですが、精神的ストレスについては体が緊張状態になっていなかったとしても痛みを感じる事があるのです。

身体的ストレスが原因の場合と精神的ストレスが原因の場合で痛みのメカニズムについてみていく事にしましょう。

 

 

 

身体的ストレスが原因の場合

身体的ストレスが原因の場合
身体的ストレスが原因で緊張型頭痛が起こる場合は、筋肉の緊張が原因で頭痛が起こります。

 
首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまる事で神経を刺激し、血管が締め付けられる事で頭痛という症状になって表れてくるのです。

 
身体的ストレスを受け続ける事によって、体は常に縮こまった状態になるので、血管は柔軟な動きが出来ず、老廃物が十分に通り抜ける事が出来ず、徐々に溜まってしまうのです。

 
溜りに溜まった老廃物は体にとって刺激物質なので、更に血管を締め付ける原因となったり、直接脳の血管を刺激したりして痛みのもととなります。

 

 

 

精神的ストレスが原因の場合

精神的ストレスが原因の場合
精神的ストレスが原因の場合は、主に脳の誤作動によって頭の痛みを感じます。
身体的に痛みを感じる原因が無かったとしても、精神的ストレスがたまる事で脳が「体が痛みを感じている状態と同じ」と判断し頭痛を感じさせるのです。

 
脳の痛みを感じる分野と悲しみや怒りを感じる分野は同じ分野で感じているため、精神的ストレスがたまる事によって、悲しみや怒りなどがダイレクトに頭の痛みとして処理される誤作動が起こると言われています。

 
痛みそのものを感じる要素が体になかったとしても、精神的に痛みを感じている状況であれば頭の痛みとしてあらわれる事があるのです。

 

 

 

 

緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?を更に詳しく理解する為に!

緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?を更に詳しく理解する為に!
緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は?を更に詳しく理解する為に、ぜひ知っておいてほしい事を紹介します。
もしかすると人によっては内容が難しかったりする事もあるかもしれませんが、知っておくだけで「あ!こういうことだったのか!」と閃く事もあるでしょう。

 
是非、参考にしていってくださいね。

 

 

 

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは
緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが出る頭痛です。
緊張型頭痛の痛みには特徴があり、何かで締め付けられるような感覚だと言われる事が多いです。

 
緊張型頭痛は種類に分けると大きく二種類に分ける事が出来、次に紹介する通りです。

  • 反復性緊張型頭痛
  • 慢性緊張型頭痛

 
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、時々頭が痛むタイプの頭痛です。
反復性緊張型頭痛は、常に頭の周りを何かで締め付けられるような痛みがあるのではなく、ふとした時に頭の周りが痛み始める特徴があります。

 
緊張型頭痛の種類の一つである、反復性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛むタイプの頭痛です。
慢性緊張型頭痛は、毎日のように頭が痛む為、精神的な負担が大きいです。

 
緊張型頭痛の痛みは、30分~7日間続くと言われています。

 
緊張型頭痛の痛みの程度や期間については、個人差がありますし、状況によっても大きく変わってきます。

 
緊張型頭痛の痛みは、頭を何かで何かで締め付けられるような感覚として例えられ、ヘルメットをかぶった時と同じようだと言われる事が多いです。
緊張型頭痛は、頭の痛みの他にも次のような症状を伴う事があります。

  • 肩や首の強いこり
  • めまい
  • ふらつき
  • 全身のだるさ

 
緊張型頭痛は、子供から高齢者まで、どの年齢でも見られます。
緊張型頭痛は主にストレスが原因で起こる事が多い頭痛なので、ストレスを感じる年代であればどの年代でも起こるのです。

 
緊張型頭痛の原因は、体と心に溜まってしまったストレスが原因です。
体と心に溜まってしまったストレスが神経や筋肉の緊張を高めてしまうので、頭痛を起してしまうのです。

 
緊張型頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまる事で起こります。
神経を刺激し締め付けられる事で頭痛という症状になって表れてくるのです。

 
緊張型頭痛とは何かという事を「」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。

 

 

 

ストレスとは

ストレスとは
ストレスとは心や体に、負荷(負担)がかかった状態の事を言います。
また、ストレスは環境の変化に自分の体が適応しようとして起こる反応と、適応しようとする過程とも言われます。

 
ストレスは1936年に、カナダの生理学者ハンス・セリエ博士が発見したと言われています。

 
ストレスの働きについてみてみると、次に紹介するような働きがあります。

  • 環境に適応する働き
  • 自分の状態に適応する働き

 
ストレスという言葉からは、あまり良い印象を受けませんよね。
しかし、ストレスだからと言って何から何まで悪いというわけではなく、ストレスを種類分けするならば次のような種類に分ける事ができます。

  • 良いストレス
  • 悪いストレス

 
良いストレスは快ストレスとも言われ、人生を豊かで充実したものにしてくれるストレスです。
また、一般的に言われる悪いストレスを解消してくれるのが、この良いストレスなのです。

 
悪いストレスは、不快ストレスとも言われ嫌な気分になったり、やる気をなくしたりするようなストレスです。
悪いストレスは時間軸で考えてみると、更に次の2つの種類に分ける事が出来ます。

  • 急性ストレス
  • 慢性ストレス

 
急性ストレスとは突然の変化や、危機的な状況に遭遇したときなどに起こるストレスで、心や体に急激な負担がかかるストレスです。

 
慢性ストレスとは、持続して長期間、心や体に負担をかけ続けるストレスです。

 
ストレスは物事の受け止め方や価値観によって、良いストレスにも悪いストレスにもなり、ポジティブな考え方であればあるほど、ストレスを良い方向にしていく事が出来ます。

 
ストレスは衝撃の大きさで分けると、大きなストレス小さなストレスに分ける事が出来、それぞれに特徴があります。

 
大きなストレスは、非日常的な出来事が起こる事でショックや強い不安感、恐怖などを感じて心身に大きな負担を与える可能性があります。
大きなストレスは急性ストレスの場合に多く、大きな心の傷を生む危険もあります。

 
小さなストレスは、日常的に起こるちょっとしたことに対して起こる、比較的小さなストレスのことです。
小さなストレスは、「マイクロストレッサー」や「デイリー・ハスルズ」とも呼ばれます。

 
ストレスは心身に大きな影響を与えますが、心身を更に詳しく見てみると「頭」と「体」と「心」に影響を与えます。

 
頭や体、心は自分にとって内側的なものと考える事ができますが、内側が影響を受け続ける事で、行動が変わってしまったり怒りっぽくなりやすくなるなど他人や環境への影響といった外部の影響にもつながってきます。

 
ストレスは、「頭」や「体」、「心」に影響を及ぼす事から仕事のパフォーマンスに影響をしたり、危険な行動をとったり、事故の原因となる事もあります。

 
ストレスは、社会生活を送る上でどうしても受けてしまう物なのですが、蓄積される事によって社会的に大きな影響を与える危険のある物なのです。

 
ストレスというと、すべてが悪いかというとそうではなく、適度なストレスによっては、さまざまなパフォーマンスを発揮する事ができます。
ストレスは高すぎると「頭」「心」「体」への影響が大きく、さまざまな事故の原因となりますが、なさすぎても逆に事故の原因にもなります。

 
適度なストレスによって、体は適度な緊張感を持つことが出来、逆に頭がさえわたり、精神的な活動もスムーズにいく事があるのです。

 
ストレスのタイプを大きく分けると4つの種類に分ける事ができ、人によって、ストレスがたまってくると体に現れる状態に違いがあります。
ストレスのタイプ4種類について紹介すると次の通りとなります。

  • 痛み・苦しみタイプ
  • 体が不調のタイプ
  • 憂鬱・落ち込みタイプ
  • イライラ・ムシャクシャするタイプ

 
ストレスとは何かという事について「ストレスとは 心の健康について知っておきたい」で簡単でわかりやすいよう紹介しているのでチェックしていって下さい。

 

 

 

 

スポンサーリンク


緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は? まとめ

緊張型頭痛の原因 締め付けられる痛みの理由は? まとめ
緊張型頭痛の原因は、体と心に溜まってしまったストレスが原因です。
体と心に溜まってしまったストレスが神経や筋肉の緊張を高めてしまう事で、頭痛を起してしまうのです。

 
緊張型頭痛の原因である、体と心に溜まったストレスは、一般的に次のような名称でよばれています。

  • 身体的ストレス:体に溜まったストレス
  • 精神的ストレス:心に溜まったストレス

 
体が受けるストレスは、身体的ストレスと呼ばれ、温度や姿勢などの体に無理がかかる事によって起こる体の受けるストレスのことです。
身体的ストレスは無理な姿勢や体格に合わない服を着たときの締め付けや長時間同じ姿勢をとり続ける等、体に無理をさせる事によって起こります。

 
心が受けるストレスは精神的ストレスと言われ、社会的なストレスや心理的なストレスによって心が受けるストレスのことです。
精神的ストレスは、学校や仕事でうまくいかない事があった時や、家庭内でのトラブル等、心が負担を感じる事によって起こります。

 
緊張型頭痛で頭が痛くなるメカニズムは、緊張型頭痛の原因が身体的ストレスによるものか、精神的ストレスによるものかで変わってきます。

身体的ストレスは、主に体の緊張が原因で頭痛が起こるのですが、精神的ストレスについては体が緊張状態になっていなかったとしても痛みを感じる事があるのです。

 

 
身体的ストレスが原因で緊張型頭痛が起こる場合は、筋肉の緊張が原因で頭痛が起こります。

 
首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張する事で、血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸などの老廃物がたまる事で神経を刺激し、血管が締め付けられる事で頭痛という症状になって表れてくるのです。

 
精神的ストレスが原因の場合は、主に脳の誤作動によって頭の痛みを感じます。
身体的に痛みを感じる原因が無かったとしても、精神的ストレスがたまる事で脳が「体が痛みを感じている状態と同じ」と判断し頭痛を感じさせるのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - 頭痛 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

緊張型頭痛とは
緊張型頭痛とは 締め付けられるような頭の痛みがつらい・・・

締め付けられる頭の痛みを感じたことのある人は多い事でしょう。 この記事を読んでい …