どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

ストレスとは 心の健康について知っておきたい

      2015/11/07


ストレスがたまって苦しい、辛い。
ストレスが続くと病気になる。

 
社会で生活する上で、代名詞とまでなっているストレス。
人は何かしらのかたちでストレスを受けていて、全くストレスなく生きてきた人というのはいないでしょう。

 
じゃあそもそもストレスってなんだろう?色々調べたけれど良くわからない。どうしたらいいんだろう。
ストレスについて調べれば調べる程、わからなくなりますよね。

 
ストレスとは何かという事について簡単!わかりやすく!詳しく!まとめていますのでチェックしていってくださいね。

 

 
ストレスとは 心の健康について知っておきたい
 

 

ストレスとは

ストレスとは
ストレスとは心や体に、負荷(負担)がかかった状態の事を言います。
また、ストレスは環境の変化に自分の体が適応しようとして起こる反応と、適応しようとする過程とも言われます。

 
心や体にストレスをかけるものをストレッサーと言い、心身に直接的な負担を与えます。
そして、ストレッサーによって負荷をかけられることによって、心身は変形し、元に戻ろうと押し返そうとするのです。

 
ストレスはストレッサーによって掛けられた負荷に対して、押し返そうとして働く心や体の力とも捉える事が出来るでしょう。

 

 

 

 

ストレスの発見について

ストレスの発見について
ストレスは1936年に、カナダの生理学者ハンス・セリエ博士が発見したと言われています。

 
ストレスという言葉そのものは、物理学の世界で使われていた言葉であり、ストレスそのものは医学・心理学のでは使われていませんでした。

 
ハンス・セリエ博士が1936年、イギリスの雑誌「ネイチャー」誌に短い論文(A Syndrome Produced by Diverse Nocuous Agents)を発表したことがきっかけで、医学や心理学の分野でもストレスという言葉が使われるようになったのです。

 
この事から、ハンス・セリエ博士は医学や心理学のなかでいうストレスの発見者と言われています。

 

 

 

 

ストレスの働きってなんだろう?

ストレスの働きってなんだろう?
ストレスの働きについてみてみると、次に紹介するような働きがあります。

  • 環境に適応する働き
  • 自分の状態に適応する働き

 
気温が変わればそれに適応し、仕事の内容が変わればそれに適応し、人間関係が変わればそれに適応していく。そうした「環境の変化」に適応していく時の反応プロセスが、ストレスという「概念」にまとめられました。

 

 

 

 

ストレスの種類 良し悪し

ストレスの種類-1 良し悪し
ストレスという言葉からは、あまり良い印象を受けませんよね。
しかし、ストレスだからと言って何から何まで悪いというわけではなく、ストレスを種類分けするならば次のような種類に分ける事ができます。

  • 良いストレス
  • 悪いストレス

 

「良い」や「悪い」と言われても漠然とし過ぎて、分かり辛いですよね。もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

 

良いストレス

良いストレス
良いストレスは快ストレスとも言われ、人生を豊かで充実したものにしてくれるストレスです。
また、一般的に言われる悪いストレスを解消してくれるのが、この良いストレスなのです。

 
例えば目標や、夢、良い人間関係など自分を奮い立たせてくれたり元気にしてくれたりする刺激が、良いストレス(快ストレス)なのです。

 
世間でよく言われる辛いと感じるストレスとは違う印象を受けますよね。

 

 

 

悪いストレス

悪いストレス
悪いストレスは、不快ストレスとも言われ嫌な気分になったり、やる気をなくしたりするようなストレスです。

 
例えば、うまくいかない人間関係や働き過ぎ、不安や恐怖など、自分の心やからだが苦しくなったりする刺激が、悪いストレス(不快ストレス)なのです。

 
誰もが思い悩むストレスは、この「悪いストレス」という事になります。

 
悪いストレスは時間軸で考えてみると、更に次の2つの種類に分ける事が出来ます。

  • 急性ストレス
  • 慢性ストレス

 
それぞれ、どんな悪いストレスなのか見ていきましょう。

 

 

急性ストレス

急性ストレス
急性ストレスとは突然の変化や、危機的な状況に遭遇したときなどに起こるストレスで、心や体に急激な負担がかかるストレスです。
急性ストレスの起きるような状況としては例えば次のようなものがあります。

  • 地震や台風などの自然災害に遭遇した
  • 朝、電車に乗ろうとして駅に行ったら運転中止になっていた
  • 突然人事異動を言い渡された
  • 恋人や知人と突然お別れすることになった

 
現代社会は、変化の激しい社会と言われていて、特に、ビジネス社会では、予期せぬことや、突然の変化が起こりやすくなっています。
常に、急性ストレスの危険にさらされているような状況と言っても言い過ぎではないでしょう。

 
急性ストレスは心やからだに急激に大きなストレスを掛ける事が多いので、パニックになりやすく、判断ミスや意思決定のミスが起こりやすいと考えられています。

 

 

慢性ストレス

慢性ストレス
慢性ストレスとは、持続して長期間、心や体に負担をかけ続けるストレスです。
慢性ストレスの起きるような状況としては例えば次のようなものがあります。

 

  • 人間関係がうまくいかない人がいて、ずっとイライラが続いている
  • 長時間労働が続いていて、疲れがたまっている
  • 近隣でずっと騒音が続いていて、イライラする

 
慢性ストレスは、変化のない安定した社会で起こりやすいです。
慢性ストレスは、心身に負担をかけ続けるストレスなので、解消しないと心身に大きな悪影響を与えます。

 

 

 

ストレスは受け止め方によって良くも悪くもなる

ストレスは受け止め方によって良くも悪くもなる
ストレスは物事の受け止め方や価値観によって、良いストレスにも悪いストレスにもなり、ポジティブな考え方であればあるほど、ストレスを良い方向にしていく事が出来ます。

 
例えば、スポーツが好きな人にとって運動をする事は良いストレス(快ストレス)となって、悪いストレスを解消してくれるでしょう。
しかし、体を動かす事が嫌いだったり苦手だったりする人にとっては、悪いストレス(不快ストレス)となって、嫌な気持ちになります。

 
雨が降った時に「じめじめして嫌だなぁ」と感じる人にとって、雨は不快なストレスとなります。
しかし、「恵みの雨だ」と感じ得る人にとって、雨は心地よいストレストなり、ストレスを解消してくれます。

 
このように、物事に対してポジティブな考え、価値観を持っている人にとって、ストレスは良い方向に進みますし、ネガティブな考え、価値観を持っている人にとって、ストレスは悪い方向に進むのです。

 

 

 

 

大きなストレスと小さなストレス

大きなストレスと小さなストレス
ストレスは衝撃の大きさで分けると、大きなストレス小さなストレスに分ける事が出来、それぞれに特徴があります。

 
大きなストレスと小さなストレスについてみていきましょう。

 

 

 

大きなストレス

大きなストレス
大きなストレスは、非日常的な出来事が起こる事でショックや強い不安感、恐怖などを感じて心身に大きな負担を与える可能性があります。
大きなストレスは急性ストレスの場合に多く、大きな心の傷を生む危険もあります。

大きなストレスを生む状況としては次のような状況があります。

  • 災害
  • 事故
  • 離別

 

 

 

小さなストレス

小さなストレス
小さなストレスは、日常的に起こるちょっとしたことに対して起こる、比較的小さなストレスのことです。
小さなストレスは、「マイクロストレッサー」や「デイリー・ハスルズ」とも呼ばれます。

 
大きなストレスは、自分で感覚的に「ストレスを感じている」と分かりやすいのですが、小さなストレスは自分では気付きにくい特徴があります。

 
小さなストレスを生む状況としては次のような状況があります。

  • 道が渋滞している
  • 電車が混んでいる
  • メールの返信がなかなかこない
  • パソコンの起動が遅い

 
小さなストレスは一度のストレスは大したことが無いと、軽視されがちですが、蓄積されると、なかなか解消されず、心身に大きな負担を長期間かける慢性ストレスとなりやすくなります。

 

 

 

 

ストレスの影響について

ストレスの影響について
ストレスは心身に大きな影響を与えますが、心身を更に詳しく見てみると「頭」と「体」と「心」に影響を与えます。

 
頭や体、心は自分にとって内側的なものと考える事ができますが、内側が影響を受け続ける事で、行動が変わってしまったり怒りっぽくなりやすくなるなど他人や環境への影響といった外部の影響にもつながってきます。

 
例えば、意欲が低下して引きこもり状態になったり、コミュニケーション能力が低下したり、あるいは、怒りの感情から不適切な行動を取ったり、注意力や判断力の低下などから事故につながりかねない行動を取ったりする場合があります。

 
例えばストレスが頭に与える影響には次のようなものがあります。

  • 記憶力の低下
  • 創造性の低下
  • 判断力の低下
  • 意思決定が出来なくなる
  • チーム意識の低下

 
次にストレスが体に与える影響についてみていきましょう。

  • 疲労
  • 不眠
  • 交感神経の高揚
  • 免疫機能の低下
  • 心身症の発症

 
次にストレスが心に与える影響についてみていきましょう。

  • 意欲低下
  • 感情が不安定になる
  • うつ病
  • PTSD
  • PTG

 

 

 

 

過度なストレスが事故の元になる事も

過度なストレスが事故の元になる事も
ストレスは、「頭」や「体」、「心」に影響を及ぼす事から仕事のパフォーマンスに影響をしたり、危険な行動をとったり、事故の原因となる事もあります。

 
ストレスは、社会生活を送る上でどうしても受けてしまう物なのですが、蓄積される事によって社会的に大きな影響を与える危険のある物なのです。

 
特に事故を起こすと危険な、航空宇宙分野や、医療機関では最近ではストレス対策が注目され、ストレスフリーを目指す動きがあります。

 

 

 

 

ストレスは無ければいいってものではない 適度なストレスがパフォーマンスを上げる

ストレスは無ければいいってものではない 適度なストレスがパフォーマンスを上げる
ストレスというと、すべてが悪いかというとそうではなく、適度なストレスによっては、さまざまなパフォーマンスを発揮する事ができます。
ストレスは高すぎると「頭」「心」「体」への影響が大きく、さまざまな事故の原因となりますが、なさすぎても逆に事故の原因にもなります。

 
適度なストレスによって、体は適度な緊張感を持つことが出来、逆に頭がさえわたり、精神的な活動もスムーズにいく事があるのです。

 
ヤーキズ・ドットソンの法則でも、適度なストレス状態であるほうが、仕事のパフォーマンス(生産性)が上がり、逆に低すぎても高すぎても生産性が落ちる事を示唆しています。

 
ストレスが大きくなりすぎず、また小さくなり過ぎないように対処する事を「コーピング」と言いますが、コーピングによって適度なストレス状態を保つ事が充実した人生を送る上では重要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

ストレスタイプについて

ストレス解消の為にストレスタイプを知っておこう!
ストレスのタイプを大きく分けると4つの種類に分ける事ができ、人によって、ストレスがたまってくると体に現れる状態に違いがあります。
ストレスのタイプ4種類について紹介すると次の通りとなります。

  • 痛み・苦しみタイプ
  • 体が不調のタイプ
  • 憂鬱・落ち込みタイプ
  • イライラ・ムシャクシャするタイプ

 
痛み・苦しみタイプは、ストレスが溜まる事で、体に痛みや苦しみを感じるストレスタイプです。

 
ストレスによって起こる痛みや苦しみというのは、薬では解決できない事も多く、ストレスそのものを除去し、体をリラックスさせる事で改善される物が多いです。

 
体が不調のタイプは、ストレスが溜まる事で、体に不調を感じるストレスタイプです。
単純に体力を使いすぎて体が不調という状態とは異なり、ストレスが解消されるまで、いつまでも不調な状態が続く厄介なタイプです。

 
体が不調のタイプの人が感じる体の不調は、ストレスが原因であると考える事が出来ないものが多く、気づいたときにはストレスがたまり過ぎていたなんて事もあります。

 
憂鬱・落ち込みタイプは、ストレスが溜まる事で、精神的に積極性の低下や、やる気を失うストレスタイプです。

 
精神的な力そのものがそがれてしまう為、ストレス解消法を試してもなかなか改善されない事もある厄介なタイプです。
周囲から無視されるような錯覚を感じる事もあり、何をしても楽しくなく、気分も晴れません。

 
今後もこんなつらい状況が続くのかと、気が滅入ってしまう事も少なくありません。

 
イライラ・ムシャクシャするタイプは、ストレスが溜まる事で、精神的にイライラしたり、ムシャクシャしたりするストレスタイプです。

 
暴力的な考えが浮かんだり、ストレスが原因で周りにとって迷惑ともとられかねない行動をしてしまう事もあります。
最初は我慢できる程度のイライラやムシャクシャする気持ちであっても、ストレスが解消されず蓄積されていくと、爆発してとんでもない行動に繋がってしまう事もあります。

 
人によってストレスが溜まると、なりやすいストレスタイプというのはありますが、体の状態や状況などによってストレスタイプが異なる事があります。
ストレスが溜まるといつもカッとなってしまう人が、次の日には落ち込んでいるなんて事もあるのです。

 
ストレスがたまると自分が陥りやすいタイプについて理解する事はもちろん重要ですが、それ以外のタイプについても総合的に理解する事で、ストレスへの上手な対処が出来るようになります。

 
あまりにストレスが蓄積され、爆発寸前までになると、先ほど紹介したストレスタイプの複数、もしくはすべてを併発してしまう人もいます。
痛み・苦しみのタイプと体が不調のタイプ、憂鬱なタイプが併発してしまうのです。

 
ちょっと落ち込むくらいの状況であればストレス解消する事で調子を取り戻す事もできますが、複数併発する程ストレスが溜まってしまっている状況では、ストレスの解消と体の回復も長期的な目線で見る必要があるでしょう。

 
ストレスタイプとは何かという事を「ストレス解消の為にストレスタイプを知っておこう!」で詳しく紹介しているのでチェックしていってください。
 

 

 

 

スポンサーリンク


ストレスとは 心の健康について知っておきたい まとめ

ストレスとは 心の健康について知っておきたい まとめ
ストレスとは心や体に、負荷(負担)がかかった状態の事を言います。
また、ストレスは環境の変化に自分の体が適応しようとして起こる反応と、適応しようとする過程とも言われます。

 
ストレスは1936年に、カナダの生理学者ハンス・セリエ博士が発見したと言われています。

 
ストレスの働きについてみてみると、次に紹介するような働きがあります。

  • 環境に適応する働き
  • 自分の状態に適応する働き

 
ストレスという言葉からは、あまり良い印象を受けませんよね。
しかし、ストレスだからと言って何から何まで悪いというわけではなく、ストレスを種類分けするならば次のような種類に分ける事ができます。

  • 良いストレス
  • 悪いストレス

 
良いストレスは快ストレスとも言われ、人生を豊かで充実したものにしてくれるストレスです。
また、一般的に言われる悪いストレスを解消してくれるのが、この良いストレスなのです。

 
悪いストレスは、不快ストレスとも言われ嫌な気分になったり、やる気をなくしたりするようなストレスです。
悪いストレスは時間軸で考えてみると、更に次の2つの種類に分ける事が出来ます。

  • 急性ストレス
  • 慢性ストレス

 
急性ストレスとは突然の変化や、危機的な状況に遭遇したときなどに起こるストレスで、心や体に急激な負担がかかるストレスです。

 
慢性ストレスとは、持続して長期間、心や体に負担をかけ続けるストレスです。

 
ストレスは物事の受け止め方や価値観によって、良いストレスにも悪いストレスにもなり、ポジティブな考え方であればあるほど、ストレスを良い方向にしていく事が出来ます。

 
ストレスは衝撃の大きさで分けると、大きなストレス小さなストレスに分ける事が出来、それぞれに特徴があります。

 
大きなストレスは、非日常的な出来事が起こる事でショックや強い不安感、恐怖などを感じて心身に大きな負担を与える可能性があります。
大きなストレスは急性ストレスの場合に多く、大きな心の傷を生む危険もあります。

 
小さなストレスは、日常的に起こるちょっとしたことに対して起こる、比較的小さなストレスのことです。
小さなストレスは、「マイクロストレッサー」や「デイリー・ハスルズ」とも呼ばれます。

 
ストレスは心身に大きな影響を与えますが、心身を更に詳しく見てみると「頭」と「体」と「心」に影響を与えます。

 
頭や体、心は自分にとって内側的なものと考える事ができますが、内側が影響を受け続ける事で、行動が変わってしまったり怒りっぽくなりやすくなるなど他人や環境への影響といった外部の影響にもつながってきます。

 
ストレスは、「頭」や「体」、「心」に影響を及ぼす事から仕事のパフォーマンスに影響をしたり、危険な行動をとったり、事故の原因となる事もあります。

 
ストレスは、社会生活を送る上でどうしても受けてしまう物なのですが、蓄積される事によって社会的に大きな影響を与える危険のある物なのです。

 
ストレスというと、すべてが悪いかというとそうではなく、適度なストレスによっては、さまざまなパフォーマンスを発揮する事ができます。
ストレスは高すぎると「頭」「心」「体」への影響が大きく、さまざまな事故の原因となりますが、なさすぎても逆に事故の原因にもなります。

 
適度なストレスによって、体は適度な緊張感を持つことが出来、逆に頭がさえわたり、精神的な活動もスムーズにいく事があるのです。

 
ストレスのタイプを大きく分けると4つの種類に分ける事ができ、人によって、ストレスがたまってくると体に現れる状態に違いがあります。
ストレスのタイプ4種類について紹介すると次の通りとなります。

  • 痛み・苦しみタイプ
  • 体が不調のタイプ
  • 憂鬱・落ち込みタイプ
  • イライラ・ムシャクシャするタイプ

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - ストレス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ストレスのタイプ 憂鬱や落ち込みがある人必見!
ストレスのタイプ 憂鬱や落ち込みがある人必見!

ストレスがたまると人によって、体に色々な事が起きてきます。 ストレスがたまる事に …

ストレスで体が不調になる人のストレス解消 (2)
ストレスで体が不調になる人のストレス解消

ストレスを感じると体調不良になったりすることがありますよね。 体がだるくて疲れや …

憂鬱・落ち込む人のストレス解消! 元気になりたい人へ
憂鬱・落ち込む人のストレス解消! 元気になりたい人へ

ストレスを感じると理由もなく憂鬱になったり落ち込んだりしてしまうことってあります …

ストレス解消の為にストレスタイプを知っておこう!
ストレス解消の為にストレスタイプを知っておこう!

ストレスがたまったと感じても、人によってストレスの感じ方はさまざまです。 &nb …

ストレスのタイプ 痛み・苦しみが出るタイプ
ストレスのタイプ 痛み・苦しみが出るタイプ

ストレスがたまると人によって、体に色々な事が起きてきます。 ストレスがたまる事に …

イライラ・ムシャクシャする人のストレス解消法! 清々しい毎日の為に
イライラ・ムシャクシャする人のストレス解消! 清々しい毎日の為に

ストレスがたまるとイライラ・ムシャクシャする事ってありますよね。 落ち着かなくて …

ストレスのタイプ 何となく体が不調な人必見!
ストレスのタイプ 何となく体が不調な人必見!

ストレスがたまると人によって、体に色々な事が起きてきます。 ストレスがたまる事に …

イライラ・ムシャクシャするタイプ
ストレスのタイプ イライラ・ムシャクシャする人必見!

ストレスがたまると人によって、体に色々な事が起きてきます。 ストレスがたまる事に …