どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

      2015/11/07


WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、Google Adsenseの広告を掲載するウィジット機能があります。

 
Google Adsenseでブログをマネタイズしている人にとって、広告の掲載は必須と言えども、慣れないうちは面倒だし良くわからないし、大変だしと色々と心労を抱えてしまうかもしれませんね。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法について簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
 

 

Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを掲載するとは?

Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを掲載するとは?
Stinger5のウィジット機能を使って、Google Adsenseを掲載する方法では、Stinger5の基本機能として搭載されているウィジットの機能を使ってGoogle Adsenseを適切な形で掲載する事を意味しています。

 
ウィジット機能はWordpressでブログを運営している人には馴染み深い機能であろう「外観」-> 「ウィジット」で表示される、ウィジットの設定画面です。

 
Stinger5はウィジット機能の中にGoogle Adsenseを掲載する為のウィジット項目があるので、その項目に対してGoogle Adsenseの広告のスニペットを入力すだけで全記事に自動的に広告を掲載してくれます。

 
また、Stinger5はレスポンシブデザイン対応で、パソコンでページを表示した場合と、モバイルでページを表示した場合で広告の表示方法を切り替えてくれるのでマネタイズの効果も高いと言えます。

 

もし、Stinger5の広告の掲載位置が気に入らないのであれば、Stinger5は今やメジャーなテーマの一つとなっているので、すぐに修正の方法を見つける事が出来ます。

 

では、具体的にStinger5のウィジット機能を使ってGoogel Adsenseの広告を貼ってみましょう。
 

 

 

 

Google Adsenseで広告の準備をする

Google Adsenseで広告の準備をする
Stinger5で広告を掲載する為に、Google Adsenseでまず広告を準備しましょう。
Stinger5では、パソコンとモバイルで表示する広告を切り替えてくれる機能があるので、パソコン用・モバイル用の広告を用意しましょう。

 
Google Adsenseで広告として準備しておく広告として次の広告のサイズの広告がお勧めです。

  • レスポンシブデザイン(1つ)※モバイル用
  • 336 × 280(1つ)※パソコン用

 
レスポンシブデザインはモバイル用のAdsense広告として使用します。
Stinger5のデフォルトの推奨ではモバイル用として「300×250」が推奨されていますが、レスポンシブにしていると自動で切り替わってくれるので問題ありません。

 
レスポンシブデザインは広告数が豊富との情報がGoogleから出ているのでレスポンシブデザインにしておくのがベストでしょう。

 
「336×280」のサイズはパソコン用のAdsense広告として使用します。
このサイズの広告はStinger5での推奨サイズの広告ですし、サイズとしても広告が豊富です。

 
すでにこのサイズの広告を持っている人は作成済みの広告を利用しても良いですが、もしないのであれば事前に作成しておきましょう。

 

 

 

 

Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを貼る

Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを貼る
Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを貼る方法について解説していきます。
Stinger5のウィジット機能を使ってGoogleアドセンスの広告を掲載する方法は次の流れで紹介します。

  • Stinger5のウィジット機能へアクセスする
  • パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載する
  • モバイル用のGoogle Adsense広告を掲載する

 
それぞれの方法について具体的に見ていきましょう。

 

 

 

Stinger5のウィジット機能へアクセスする

まずは、Adsense広告を掲載する為、Stinger5のウィジット機能へアクセスしましょう。

 
ウィジット機能の設定画面は次の画像の通り、Wordpressの管理画面から「外観」-> 「ウィジット」と選択する事でアクセスする事が出来ます。
Stinger5のウィジット機能へアクセスする

 
Stinger5のウィジット機能へアクセスしたら、見出し画像のようなウィジットの設定画面が表示されます。

 

 

 

パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載する

パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載する
パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載しましょう。
パソコン用のGoogle Adsenseとして用意した「336×280」のサイズのGoogle Adsenseの広告コードスニペットを利用します。
このサイズの広告はスマートフォンなどのモバイルでページを見た場合は、画面には表示されず、パソコンでのみ表示されるので、レイアウトが崩れるといった事は起こりません。

 
パソコン用のGoogle Adsenseの広告を掲載する流れは次の通りです。

 

  • 「テキスト」->「Googleアドセンス用336px」を選択する
  • 「Googleアドセンス用336px」に挿入されたテキストにパソコン用広告コードを入力する
  • パソコンからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 

 

「テキスト」->「Googleアドセンス用336px」を選択する

「テキスト」-「Googleアドセンス用336px」を選択する
ウィジット内の項目から「テキスト」を選び、表示されるリストの中から「Googleアドセンス用336px」を選択しましょう。
これにより、「Googleアドセンス用336px」のウィジット内に、パソコン用アドセンスのコードスニペットを埋め込むためのテキストを追加することが出来ます。

 

 

「Googleアドセンス用336px」に挿入されたテキストにパソコン用広告コードを入力する

「Googleアドセンス用336px」に挿入されたテキストにパソコン用広告コードを入力する
ウィジットの「Googleアドセンス用336px」に挿入された「テキスト」の内容に用意しておいたGoogle Adsenseのコードを入力しましょう。
パソコン用広告の入力が終わったら、テキスト下部にある「保存」ボタンを押して、パソコン用アドセンスコードを保存します。

 

 

パソコンからページにアクセスし掲載した広告を確認する

実際にパソコンから記事にアクセスして、Stinger5のウィジット機能を使って広告が追加されているか確認しましょう。
もし、Google Adsenseで広告を作成したばかりなのであれば、広告が有効になるまで20分程時間がかかる事があるので、少し時間を空けてから確認しましょう。

 

Stinger5のパソコン用Adsenseの広告は記事の下部に2つ連続して並ぶつくりになっているので、次の画像のように記事の下部に2つ広告が掲載されましたね。
パソコンからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 

 

 

モバイル用のGoogle Adsense広告を掲載する

モバイル用のGoogle Adsense広告を掲載する
次にモバイル用のGoogle Adsense広告を掲載しましょう。
モバイル用のGoogle Adsenseとして用意した「レスポンシブ」のサイズのGoogle Adsenseの広告コードスニペットを利用します。
このサイズの広告はモバイルで表示した場合に記事下部に一つ、記事下部のサイドバーの部分に二つ掲載される事になります。
また、パソコンで表示した場合は、サイドバーの最上部に表示され、現在では自動で「ラージスカイクレイバー」の大型広告が表示されます。
Google Adsenseの広告のレスポンシブが画面の何かしらの要素を判断して自動的に変更してくれているようです。

 
モバイル用のGoogle Adsenseの広告を掲載する流れは次の通りです。

 

  • 「テキスト」->「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択する
  • 「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入されたテキストにモバイル用広告コードを入力する
  • パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 

 

「テキスト」->「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択する

「テキスト」-「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択する
ウィジット内の項目から「テキスト」を選び、表示されるリストの中から「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択しましょう。
これにより、「Googleアドセンスのスマホ用300px」のウィジット内に、スマホ用アドセンスのコードスニペットを埋め込むためのテキストを追加することが出来ます。

 

 

「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入されたテキストにモバイル用広告コードを入力する

「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入されたテキストにモバイル用広告コードを入力する
ウィジットの「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入された「テキスト」の内容に用意しておいたGoogle Adsenseのコードを入力しましょう。
モバイル用広告の入力が終わったら、テキスト下部にある「保存」ボタンを押して、モバイル用アドセンスコードを保存します。

 

 

パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する

実際にパソコンとモバイルから記事にアクセスして、Stinger5のウィジット機能を使って広告が追加されているか確認しましょう。
もし、Google Adsenseで広告を作成したばかりなのであれば、広告が有効になるまで20分程時間がかかる事があるので、少し時間を空けてから確認しましょう。

 

Stinger5のモバイル用Adsenseの広告はパソコンで表示した場合、次の画像のようにサイドバーの最上部に表示され、レスポンシブサイズの機能によって「ラージスカイクレイバー」のサイズで表示されました。
パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する-パソコン

 
また、モバイルで表示した場合は、次の画像のように記事の下部、記事の下部のサイドバーに表示され、計3つの広告が表示されました。
パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する-モバイル

 

 

 

 

スポンサーリンク


ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法を読むうえで知っておきたい知識

ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法を読むうえで知っておきたい知識
ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

Stinger5でGoogle Adsense広告を掲載する方法

【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としては、Stinger5独自のGoogle Adsenseの広告掲載をサポートする機能に加えて、Stinger5自体のテーマを修正して掲載したり、プラグインを利用して広告を掲載する方法など、いろいろとあります。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてまとめると次のようになります。

  • Sringer5のウィジット機能を使って掲載する方法
  • Stinger5のテーマを編集して掲載する方法
  • プラグインを利用してGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

 

Stinger5のウィジット機能を使って、Google Adsenseを掲載する方法では、Stinger5の基本機能として搭載されているウィジットの機能を使ってGoogle Adsenseを適切な形で掲載する事を意味しています。

 
ウィジット機能はWordpressでブログを運営している人には馴染み深い機能であろう「外観」-> 「ウィジット」で表示される、ウィジットの設定画面です。

 
Stinger5はウィジット機能の中にGoogle Adsenseを掲載する為のウィジット項目があるので、その項目に対してGoogle Adsenseの広告のスニペットを入力すだけで全記事に自動的に広告を掲載してくれます。

 
また、Stinger5はレスポンシブデザイン対応で、パソコンでページを表示した場合と、モバイルでページを表示した場合で広告の表示方法を切り替えてくれるのでマネタイズの効果も高いと言えます。

 

もし、Stinger5の広告の掲載位置が気に入らないのであれば、Stinger5は今やメジャーなテーマの一つとなっているので、すぐに修正の方法を見つける事が出来ます。

 

Stinger5ではデフォルトのウィジットでGoogleアドセンスの広告を掲載する事が出来ますが、デフォルトの方法だとテーマの編集をしない限りはStinger5のデフォルトの広告掲載レイアウトが適用されます。

 
Stinger5で提供されているGoogleアドセンスの広告レイアウトでは物足りない、自分のブログに合わないという人はプラグインを導入してGoogle Adsenseの広告を掲載するのが適しているでしょう。

 
なお、プラグインを利用してGoogleアドセンスの広告を掲載する場合は、Stinger5のウィジット機能で追加されるウィジットの機能は停止して置きましょう。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてオススメのプラグインが「Quick Adsense」です。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法は「【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

 

ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法 あとがき

ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法 あとがき
Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法を紹介しました。

 
Stinger5の標準機能として搭載されているAdsense広告のレイアウトは、クリックの効果が高いレイアウトを採用しているらしいので、利用しているだけでマネタイズの効果が上がるかもしれませんね。

 
Stinger5はレスポンシブデザインのテーマで、Google Adsense広告をパソコン用・モバイル用に分けて表示してくれるもの助かります。
Adsense広告を掲載する位置は人の好みもあると思いますが、Stinger5ではすでにパソコン・モバイル用に内部のプログラムで広告の掲載方法を変えているので基本があればカスタマイズはしやすいと言えるでしょう。

 
Singer5のウィジット機能を使って効率的にGoogle Adsenseのマネタイズを行っていってくださいね。

 

 

 

 

ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法 まとめ

ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法 まとめ
Stinger5のウィジット機能を使って、Google Adsenseを掲載する方法では、Stinger5の基本機能として搭載されているウィジットの機能を使ってGoogle Adsenseを適切な形で掲載する事を意味しています。

 
ウィジット機能はWordpressでブログを運営している人には馴染み深い機能であろう「外観」-> 「ウィジット」で表示される、ウィジットの設定画面です。

 
Stinger5はウィジット機能の中にGoogle Adsenseを掲載する為のウィジット項目があるので、その項目に対してGoogle Adsenseの広告のスニペットを入力すだけで全記事に自動的に広告を掲載してくれます。

 
また、Stinger5はレスポンシブデザイン対応で、パソコンでページを表示した場合と、モバイルでページを表示した場合で広告の表示方法を切り替えてくれるのでマネタイズの効果も高いと言えます。

 

もし、Stinger5の広告の掲載位置が気に入らないのであれば、Stinger5は今やメジャーなテーマの一つとなっているので、すぐに修正の方法を見つける事が出来ます。

 
Stinger5で広告を掲載する為に、Google Adsenseでまず広告を準備しましょう。
Stinger5では、パソコンとモバイルで表示する広告を切り替えてくれる機能があるので、パソコン用・モバイル用の広告を用意しましょう。

 
Google Adsenseで広告として準備しておく広告として次の広告のサイズの広告がお勧めです。

  • レスポンシブデザイン(1つ)※モバイル用
  • 336 × 280(1つ)※パソコン用

 
Stinger5のウィジット機能を使ってGoogle Adsenseを貼る方法について解説していきます。
Stinger5のウィジット機能を使ってGoogleアドセンスの広告を掲載する方法は次の流れで紹介します。

  • Stinger5のウィジット機能へアクセスする
  • パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載する
  • モバイル用のGoogle Adsense広告を掲載する

 
まずは、Adsense広告を掲載する為、Stinger5のウィジット機能へアクセスしましょう。

 
ウィジット機能の設定画面は次の画像の通り、Wordpressの管理画面から「外観」-> 「ウィジット」と選択する事でアクセスする事が出来ます。
Stinger5のウィジット機能へアクセスする

 
パソコン用のGoogle Adsense広告を掲載しましょう。
パソコン用のGoogle Adsenseとして用意した「336×280」のサイズのGoogle Adsenseの広告コードスニペットを利用します。
このサイズの広告はスマートフォンなどのモバイルでページを見た場合は、画面には表示されず、パソコンでのみ表示されるので、レイアウトが崩れるといった事は起こりません。

 
パソコン用のGoogle Adsenseの広告を掲載する流れは次の通りです。

 

  • 「テキスト」->「Googleアドセンス用336px」を選択する
  • 「Googleアドセンス用336px」に挿入されたテキストにパソコン用広告コードを入力する
  • パソコンからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 
ウィジット内の項目から「テキスト」を選び、表示されるリストの中から「Googleアドセンス用336px」を選択しましょう。

 
ウィジットの「Googleアドセンス用336px」に挿入された「テキスト」の内容に用意しておいたGoogle Adsenseのコードを入力しましょう。
パソコン用広告の入力が終わったら、テキスト下部にある「保存」ボタンを押して、パソコン用アドセンスコードを保存します。

 
Stinger5のパソコン用Adsenseの広告は記事の下部に2つ連続して並ぶつくりになっているので、次の画像のように記事の下部に2つ広告が掲載されましたね。
パソコンからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 
次にモバイル用のGoogle Adsense広告を掲載しましょう。
モバイル用のGoogle Adsenseとして用意した「レスポンシブ」のサイズのGoogle Adsenseの広告コードスニペットを利用します。
このサイズの広告はモバイルで表示した場合に記事下部に一つ、記事下部のサイドバーの部分に二つ掲載される事になります。
また、パソコンで表示した場合は、サイドバーの最上部に表示され、現在では自動で「ラージスカイクレイバー」の大型広告が表示されます。
Google Adsenseの広告のレスポンシブが画面の何かしらの要素を判断して自動的に変更してくれているようです。

 
モバイル用のGoogle Adsenseの広告を掲載する流れは次の通りです。

 

  • 「テキスト」->「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択する
  • 「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入されたテキストにモバイル用広告コードを入力する
  • パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する

 
ウィジット内の項目から「テキスト」を選び、表示されるリストの中から「Googleアドセンスのスマホ用300px」を選択しましょう。

 
ウィジットの「Googleアドセンスのスマホ用300px」に挿入された「テキスト」の内容に用意しておいたGoogle Adsenseのコードを入力しましょう。
モバイル用広告の入力が終わったら、テキスト下部にある「保存」ボタンを押して、モバイル用アドセンスコードを保存します。

 
実際にパソコンとモバイルから記事にアクセスして、Stinger5のウィジット機能を使って広告が追加されているか確認しましょう。
もし、Google Adsenseで広告を作成したばかりなのであれば、広告が有効になるまで20分程時間がかかる事があるので、少し時間を空けてから確認しましょう。

 

Stinger5のモバイル用Adsenseの広告はパソコンで表示した場合、次の画像のようにサイドバーの最上部に表示され、レスポンシブサイズの機能によって「ラージスカイクレイバー」のサイズで表示されました。
パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する-パソコン

 
また、モバイルで表示した場合は、次の画像のように記事の下部、記事の下部のサイドバーに表示され、計3つの広告が表示されました。
パソコン・モバイルからページにアクセスし掲載した広告を確認する-モバイル

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?
【WordPressプラグイン自作】プラグインで一番初めに実行されるPHPファイルはどれ?

WordPressのプラグインを自作する場合であっても、インストールして利用して …

【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!
【Autoptimize】Autoptimizeの基本的な設定 初心者でも簡単!

Autoptimizeはワードプレスのプラグインの一つで、設定について大きく分け …

【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!
【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!

WordPressでブログを運営している人の中にはブログの高速化を期待して、高速 …

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates

WordPressでブログ記事を投稿していると、いつも使っている言い回しや、定型 …

【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はデータ …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …

【Wordpress】HTMLの自動整形を停止する方法
【WordPress】WordPressのHTML自動整形を停止する方法

WordPressでブログを運営して記事を投稿している人の中には「テキスト」で記 …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …

【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】ページキャッシュ(Page Cache)を設定しよう!

WordPressのページキャッシュにW3 Total Cacheを使っている人 …

【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう
【Quick Adsense】広告を掲載するページの種類を指定しよう

Quick AdsenseでGoogle Adsenseや忍者Admaxといった …