どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法

      2015/11/07


WordPressでブログを運営している人で、テーマとしてStinger5を導入している人も少なくないでしょう。

 
Stinger5はウィジット機能としてデフォルトで用意されているGoogle Adsenseの掲載のサポート機能がありますが、場合によってはStinger5のデフォルトのレイアウトでは自分のブログの広告の掲載方法に適さないという人も居るでしょう。

 
そんな時はプラグインを利用してGoogle Adsenseの広告を貼る方法が一番適していると思います。
Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法について簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法
 

 

Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法

Stinger5ではデフォルトのウィジットでGoogleアドセンスの広告を掲載する事が出来ますが、デフォルトの方法だとテーマの編集をしない限りはStinger5のデフォルトの広告掲載レイアウトが適用されます。

 
Stinger5で提供されているGoogleアドセンスの広告レイアウトでは物足りない、自分のブログに合わないという人はプラグインを導入してGoogle Adsenseの広告を掲載するのが適しているでしょう。

 
なお、プラグインを利用してGoogleアドセンスの広告を掲載する場合は、Stinger5のウィジット機能で追加されるウィジットの機能は停止して置きましょう。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてオススメのプラグインが「Quick Adsense」です。
Quick Adsenseとはどんなプラグインなのか見ていきましょう。

 

 

 

Google Adsenseの広告を簡単掲載する Quick Adsense

【Wordpress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense
Google Adsenseの広告を簡単掲載してくれるQuick Adsenseとは、Googleアドセンスのコードをプラグインに設定しておく事で、簡単に広告を掲載してくれるプラグインです。

 
Quick Adsenseでは自動的に記事上と、記事下に設定しておいたGoogleアドセンスを自動的に広告として追加してくれたり、記事の中に自動的に追加してくれる機能。ウィジットする機能があったり詳細な設定が出来たりと広告掲載でとても便利なプラグインです。

 
まとめておくと、Quick Adsenseでは、Googleアドセンス広告を掲載する上で次のような事が出来ます。

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する
  • アドセンス広告に関わる各種設定
  • アドセンス広告を挿入してくれる各種クイックタグの利用
  • Wordpressの投稿画面にクイックタグの挿入ボタンを追加してくれる
  • アドセンス広告のウィジットの追加

 
Quick AdsenseはとてもGoogleアドセンスのみならず広告を掲載する上ではとても優れたプラグインなのですが、デフォルトのままだと設定した日本語が文字化けする不具合があります。

 
例えば、「スポンサーリンク」などをQuick Adsenseに直接入力し利用しようとすると、文字化けし意味の分からない記号や文字で表示されてしまいます。

 
Quick Adsenseを利用する上では日本語を入力できるように、次のような対策を行い文字化けを対応する必要があります。

  • Quick Adsenseのプログラムを一部修正する
  • ショートコードの利用
  • 他プラグインとの併用

 

Wordpressのプラグインの一つであるQuick Adsenseは日本語の入力に対応していない為、挿入しようとしている広告コード内に日本語が含まれる時に、この日本語の表記が文字化けしてしまいます。

 
文字化けした文字は、何回か設定を保存しているうちに文字化けに、更に文字化けを重ねて膨大テキスト量の広告コードとなってしまう為、Quick Adsenseを利用する上では日本語の対応は必須と言えます。

 
Quick Adsenseの意識している広告である「Google Adsense」でも、広告の名前に日本語表記を用いると、広告のスニペットのコメントとして広告の日本語表記が追加されるので、Google Adsenseの広告を掲載する上でも注意が必要です。

 
Quick Adsenseで日本語文字化けの対応の方法として「quick-adsense-admin.php」を編集する事で、日本語に対応する事が出来ます。
Quick Adsenseの日本語文字化けの対応は次の流れで行いましょう。

  • 「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
  • 日本語に対応させるPHPコードを追記する

 

Quick Adsenseを使って広告を掲載するには、主に設定によって記事やブログのサイドバーなどに広告を掲載する使い方が基本となります。
設定によって利用する広告や広告の位置などを指定する事で、Quick Adsenseがブログ内のさまざまなな位置に自動で広告を掲載してくれます。

 
つまり、Quick Adsenseを利用する上で、重要となってくるのが設定となります。

 
Quick Adsenseで広告掲載をする上で重要となる設定について具体的に見ていきましょう。
Quick Adsenseの設定は大きく分けると次のような設定に分ける事が出来ます。

  • 記事内に掲載する広告の位置に関する設定
  • 広告を掲載するページの種類に関する設定
  • エディタのクイックタグに関する設定
  • ウィジットとして掲載する広告の設定

 
WordpressでGoogle Adsenseの広告を簡単掲載するプラグインであるQuick Adsenseについては「【WordPress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法を読むうえで知っておきたい知識

プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法を読むうえで知っておきたい知識
プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

Stinger5でGoogle Adsense広告を掲載する方法

【Stinger5】Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としては、Stinger5独自のGoogle Adsenseの広告掲載をサポートする機能に加えて、Stinger5自体のテーマを修正して掲載したり、プラグインを利用して広告を掲載する方法など、いろいろとあります。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてまとめると次のようになります。

  • Sringer5のウィジット機能を使って掲載する方法
  • Stinger5のテーマを編集して掲載する方法
  • プラグインを利用してGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

 

Stinger5のウィジット機能を使って、Google Adsenseを掲載する方法では、Stinger5の基本機能として搭載されているウィジットの機能を使ってGoogle Adsenseを適切な形で掲載する事を意味しています。

 
ウィジット機能はWordpressでブログを運営している人には馴染み深い機能であろう「外観」-> 「ウィジット」で表示される、ウィジットの設定画面です。

 
Stinger5はウィジット機能の中にGoogle Adsenseを掲載する為のウィジット項目があるので、その項目に対してGoogle Adsenseの広告のスニペットを入力すだけで全記事に自動的に広告を掲載してくれます。

 
また、Stinger5はレスポンシブデザイン対応で、パソコンでページを表示した場合と、モバイルでページを表示した場合で広告の表示方法を切り替えてくれるのでマネタイズの効果も高いと言えます。

 

もし、Stinger5の広告の掲載位置が気に入らないのであれば、Stinger5は今やメジャーなテーマの一つとなっているので、すぐに修正の方法を見つける事が出来ます。

 

Stinger5ではデフォルトのウィジットでGoogleアドセンスの広告を掲載する事が出来ますが、デフォルトの方法だとテーマの編集をしない限りはStinger5のデフォルトの広告掲載レイアウトが適用されます。

 
Stinger5で提供されているGoogleアドセンスの広告レイアウトでは物足りない、自分のブログに合わないという人はプラグインを導入してGoogle Adsenseの広告を掲載するのが適しているでしょう。

 
なお、プラグインを利用してGoogleアドセンスの広告を掲載する場合は、Stinger5のウィジット機能で追加されるウィジットの機能は停止して置きましょう。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてオススメのプラグインが「Quick Adsense」です。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を貼る方法は「【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。


 

 

 

 

Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法 あとがき

Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法 あとがき
Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法について紹介しました。

 
Quick AdsenseはStinger5のテーマでも利用できる広告掲載の上で便利なプラグインですね。
他にも広告掲載をするのに便利なプラグインはあると思いますが、Quick Adsense一つで広告の掲載については事足りるのではないでしょうか。

 
広告を自動で記事上・中・下に追加してくれる基本的な機能のほか、クイックタグによる細かな制御などを交えて自分の理想的な広告掲載を実現できるのではないでしょうか。

 
クイックタグを用いない方法でも、簡単な使い方さえ覚えておけば、広告の掲載をスムーズに行う事が出来ます。

 
Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法を使って、効率的に広告掲載をしていきましょうね。

 

 

 

 

Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法 まとめ

Stinger5でプラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法 まとめ
Stinger5ではデフォルトのウィジットでGoogleアドセンスの広告を掲載する事が出来ますが、デフォルトの方法だとテーマの編集をしない限りはStinger5のデフォルトの広告掲載レイアウトが適用されます。

 
Stinger5で提供されているGoogleアドセンスの広告レイアウトでは物足りない、自分のブログに合わないという人はプラグインを導入してGoogle Adsenseの広告を掲載するのが適しているでしょう。

 
なお、プラグインを利用してGoogleアドセンスの広告を掲載する場合は、Stinger5のウィジット機能で追加されるウィジットの機能は停止して置きましょう。

 
Stinger5でGoogle Adsenseの広告を掲載する方法としてオススメのプラグインが「Quick Adsense」です。

 

Google Adsenseの広告を簡単掲載してくれるQuick Adsenseとは、Googleアドセンスのコードをプラグインに設定しておく事で、簡単に広告を掲載してくれるプラグインです。

 
Quick Adsenseでは自動的に記事上と、記事下に設定しておいたGoogleアドセンスを自動的に広告として追加してくれたり、記事の中に自動的に追加してくれる機能。ウィジットする機能があったり詳細な設定が出来たりと広告掲載でとても便利なプラグインです。

 
まとめておくと、Quick Adsenseでは、Googleアドセンス広告を掲載する上で次のような事が出来ます。

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する
  • アドセンス広告に関わる各種設定
  • アドセンス広告を挿入してくれる各種クイックタグの利用
  • Wordpressの投稿画面にクイックタグの挿入ボタンを追加してくれる
  • アドセンス広告のウィジットの追加

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates

WordPressでブログ記事を投稿していると、いつも使っている言い回しや、定型 …

【Wordpress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)
【WordPress】インストールしたプラグインの保存場所(ディレクトリ)

WordPressでブログを運営していると必ずと言っていいほど利用するプラグイン …

【Wordpress開発環境】開発環境構築で必要なXamppの設定
【WordPress開発環境】開発環境構築で必要なXamppの設定

WordPressでテーマやプラグインの開発を進めるには、自分のパソコン上で開発 …

【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!
【Head Cleaner】CSSとJavaScriptをサーバ上にキャッシュする設定!

WordPressでブログを運営している人の中にはブログの高速化を期待して、高速 …

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用する方法
【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用する方法

WordPressで作成したブログでソースコードを紹介するとき、綺麗な表示にして …

【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの高度な設定
【Autoptimize】JavaScriptを縮小化するAutoptimizeの高度な設定

Autoptimizeには基本設定と高度な設定があり、高度な設定については技術的 …

【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】オブジェクトキャッシュ(Object Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はオブジ …

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ

TinyMCE TemplatesはWordpressの投稿画面のようにテンプレ …

W3 Total Cacheの設定方法と使い方とは
【W3 Total Cache】W3 Total Cacheの設定方法と使い方

WordPressで運営されるブログを高速化する上で今や必須となっているW3 T …

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、 …