どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Quick Adsense】Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法

      2015/11/07


WordPressのブログ運営でマネタイズをする上でQuick Adsenseを利用している人も居る事でしょう。
Quick AdsenseはWordpressのプラグインの中でも広告を掲載する上で一押しのプラグインです。

 
しかし、Quick Adsenseは日本語に対応しておらず、日本語を含む広告を追加してしまうと文字化けしてしまいます。
文字化けに文字化けを重ね続ける事で、Quick Adsenseそのものが動作しなくなってしまう事もあるので、Quick Adsenseの日本語対応をしましょう。

 
Wordpressのプラグインの一つであるQuick Adsenseの日本語の文字化け対応について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Quick Adsense】Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法
 

 

Quick Adsenseの日本語の文字化けとは

WordPressのプラグインの一つであるQuick Adsenseは日本語の入力に対応していない為、挿入しようとしている広告コード内に日本語が含まれる時に、この日本語の表記が文字化けしてしまいます。

 
文字化けした文字は、何回か設定を保存しているうちに文字化けに、更に文字化けを重ねて膨大テキスト量の広告コードとなってしまう為、Quick Adsenseを利用する上では日本語の対応は必須と言えます。

 
Quick Adsenseの意識している広告である「Google Adsense」でも、広告の名前に日本語表記を用いると、広告のスニペットのコメントとして広告の日本語表記が追加されるので、Google Adsenseの広告を掲載する上でも注意が必要です。

 

 

 

 

Quick Adsenseの日本語文字化けの対応

Quick Adsenseの日本語文字化けの対応
Quick Adsenseで日本語文字化けの対応の方法として「quick-adsense-admin.php」を編集する事で、日本語に対応する事が出来ます。
Quick Adsenseの日本語文字化けの対応は次の流れで行いましょう。

  • 「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
  • 日本語に対応させるPHPコードを追記する

 
具体的に方法を見ていきましょう。

 

 

 

「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く

「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
Quick Adsenseの日本語の文字化けを回避するために「quick-adsense-admin.php」の編集画面にアクセスしましょう。

 
「quick-adsense-admin.php」を開くにはまずWordpressの管理画面から「プラグイン」->「プラグイン編集」を選択します。次の画像のようなイメージです。
「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く-1

 
プラグインの編集画面を開いたら、画面右上のリストの中から「Quick Adsense」を選択します。Quick Adsenseの選択イメージは次のようなイメージです。
「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く-2

 
Quick Adsenseのプラグイン編集画面になったら、プラグインファイルの一覧の中から「quick-adsense-admin.php」を選択しましょう。
選択すると見出し画像のような「quick-adsense-admin.php」の編集画面になります。

 

 

 

 

日本語に対応させるPHPコードを追記する

「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開いたらQuick Adsenseを日本語に対応させるPHPコードを追記していきましょう。
Quick Adsenseには日本語をエンコードする処理が記述されていないので、日本語のエンコードを行う処理を追記していきます。

 
Quick Adsense日本語をエンコードさせるために追記するPHPコードは次の二種類です。
それぞれを適切な箇所に追記してやるとQuick Adsenseが日本語で文字化けしなくなります。

 

 

 
それぞれのPHPコードを追記する位置について具体的に見ていきます。

 

 

 

日本語対応コード1の追記

日本語対応コード1の追記
日本語対応コード1は「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i)); 」の記述されているコードの次の行に追記しましょう。

 
「Ctrl」+「F」キーを押すとブラウザの検索ウィンドウが表示されるので、「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i));」を入力すると修正個所をすぐに見つける事が出来ます。

 
修正を行う箇所は一か所となっています。
見出し画像の例は実際に日本語対応コードを追記したイメージです。

 

 

日本語対応コード2の追記

日本語対応コード2の追記
日本語対応コード2は「$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i));」の記述されているコードの次の行に追記しましょう。

 
「Ctrl」+「F」キーを押すとブラウザの検索ウィンドウが表示されるので、「$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i));」を入力すると修正個所をすぐに見つける事が出来ます。

 
修正を行う箇所は一か所となっています。
見出し画像の例は実際に日本語対応コードを追記したイメージです。

 

 

 

 

Quick Adsenseを日本語対応できたか確認しよう

Quick Adsenseを日本語対応できたか確認しよう
日本語化のPHPコードを追記したら、ファイルを更新ボタンを押して実際にQuick Adsenseが日本語化できたか確認しましょう。
Quick Adsenseの日本語化の確認は、Quick Adsenseの管理画面から確認する事が出来ます。

 
確認の方法は広告のコードに日本語を入力してから変更を保存し、再度Quick Adseneの管理画面の広告コードを表示する事で確認する事が出来ます。

 
見出し画像のイメージは実際にQuick Adsenseを日本語対応できたか確認したイメージとなります。

 

 

 

 

スポンサーリンク


Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法を読むうえで知っておきたい知識

Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法を読むうえで知っておきたい知識
Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

Quick Adsenseとは

【Wordpress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense
Google Adsenseの広告を簡単掲載してくれるQuick Adsenseとは、Googleアドセンスのコードをプラグインに設定しておく事で、簡単に広告を掲載してくれるプラグインです。

 
Quick Adsenseでは自動的に記事上と、記事下に設定しておいたGoogleアドセンスを自動的に広告として追加してくれたり、記事の中に自動的に追加してくれる機能。ウィジットする機能があったり詳細な設定が出来たりと広告掲載でとても便利なプラグインです。

 
まとめておくと、Quick Adsenseでは、Googleアドセンス広告を掲載する上で次のような事が出来ます。

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する
  • アドセンス広告に関わる各種設定
  • アドセンス広告を挿入してくれる各種クイックタグの利用
  • Wordpressの投稿画面にクイックタグの挿入ボタンを追加してくれる
  • アドセンス広告のウィジットの追加

 
Quick AdsenseはとてもGoogleアドセンスのみならず広告を掲載する上ではとても優れたプラグインなのですが、デフォルトのままだと設定した日本語が文字化けする不具合があります。

 
例えば、「スポンサーリンク」などをQuick Adsenseに直接入力し利用しようとすると、文字化けし意味の分からない記号や文字で表示されてしまいます。

 
Quick Adsenseを利用する上では日本語を入力できるように、次のような対策を行い文字化けを対応する必要があります。

  • Quick Adsenseのプログラムを一部修正する
  • ショートコードの利用
  • 他プラグインとの併用

 

Wordpressのプラグインの一つであるQuick Adsenseは日本語の入力に対応していない為、挿入しようとしている広告コード内に日本語が含まれる時に、この日本語の表記が文字化けしてしまいます。

 
文字化けした文字は、何回か設定を保存しているうちに文字化けに、更に文字化けを重ねて膨大テキスト量の広告コードとなってしまう為、Quick Adsenseを利用する上では日本語の対応は必須と言えます。

 
Quick Adsenseの意識している広告である「Google Adsense」でも、広告の名前に日本語表記を用いると、広告のスニペットのコメントとして広告の日本語表記が追加されるので、Google Adsenseの広告を掲載する上でも注意が必要です。

 
Quick Adsenseで日本語文字化けの対応の方法として「quick-adsense-admin.php」を編集する事で、日本語に対応する事が出来ます。
Quick Adsenseの日本語文字化けの対応は次の流れで行いましょう。

  • 「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
  • 日本語に対応させるPHPコードを追記する

 

Quick Adsenseを使って広告を掲載するには、主に設定によって記事やブログのサイドバーなどに広告を掲載する使い方が基本となります。
設定によって利用する広告や広告の位置などを指定する事で、Quick Adsenseがブログ内のさまざまなな位置に自動で広告を掲載してくれます。

 
つまり、Quick Adsenseを利用する上で、重要となってくるのが設定となります。

 
Quick Adsenseで広告掲載をする上で重要となる設定について具体的に見ていきましょう。
Quick Adsenseの設定は大きく分けると次のような設定に分ける事が出来ます。

  • 記事内に掲載する広告の位置に関する設定
  • 広告を掲載するページの種類に関する設定
  • エディタのクイックタグに関する設定
  • ウィジットとして掲載する広告の設定

 
WordpressでGoogle Adsenseの広告を簡単掲載するプラグインであるQuick Adsenseについては「【WordPress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法 あとがき

Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法 あとがき
Quick Adsenseの日本語の文字化けの対応方法について紹介しました。

 
この方法は、プラグインのプログラムを直接編集する方法なので、プラグインのアップデートがあった場合に修正が元に戻ってしまうのが難点ですが、日本語化対応の対処法としてもそこまで難しくないので都度修正していきましょう。

 
Quick Adsenseの画面を開こうとしたら、広告コードの文字化けが更に文字化けして大量の文字列になったりしてQuick Adsenseが重くなって動かなくてフリーズしてという事もあるので適切に対処していきたいですね。

 
Quick Adsenseはやはり広告掲載の上ではなくてはならないプラグインの一つなので、日本語化対応して便利に使っていけるようにしましょうね。

 

 

 

 

Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法 まとめ

Quick Adsenseの日本語の文字化け対応の方法 まとめ
Wordpressのプラグインの一つであるQuick Adsenseは日本語の入力に対応していない為、挿入しようとしている広告コード内に日本語が含まれる時に、この日本語の表記が文字化けしてしまいます。

 
文字化けした文字は、何回か設定を保存しているうちに文字化けに、更に文字化けを重ねて膨大テキスト量の広告コードとなってしまう為、Quick Adsenseを利用する上では日本語の対応は必須と言えます。

 
Quick Adsenseの意識している広告である「Google Adsense」でも、広告の名前に日本語表記を用いると、広告のスニペットのコメントとして広告の日本語表記が追加されるので、Google Adsenseの広告を掲載する上でも注意が必要です。

 
Quick Adsenseで日本語文字化けの対応の方法として「quick-adsense-admin.php」を編集する事で、日本語に対応する事が出来ます。
Quick Adsenseの日本語文字化けの対応は次の流れで行いましょう。

  • 「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
  • 日本語に対応させるPHPコードを追記する

 
Quick Adsenseの日本語の文字化けを回避するために「quick-adsense-admin.php」の編集画面にアクセスしましょう。

 
「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開いたらQuick Adsenseを日本語に対応させるPHPコードを追記していきましょう。
Quick Adsenseには日本語をエンコードする処理が記述されていないので、日本語のエンコードを行う処理を追記していきます。

 
Quick Adsense日本語をエンコードさせるために追記するPHPコードは次の二種類です。
それぞれを適切な箇所に追記してやるとQuick Adsenseが日本語で文字化けしなくなります。

 

 

 
日本語対応コード1は「$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i)); 」の記述されているコードの次の行に追記しましょう。

 
日本語対応コード2は「$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i));」の記述されているコードの次の行に追記しましょう。

 
日本語化のPHPコードを追記したら、ファイルを更新ボタンを押して実際にQuick Adsenseが日本語化できたか確認しましょう。
Quick Adsenseの日本語化の確認は、Quick Adsenseの管理画面から確認する事が出来ます。

 
確認の方法は広告のコードに日本語を入力してから変更を保存し、再度Quick Adseneの管理画面の広告コードを表示する事で確認する事が出来ます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Wordpress開発環境】XamppにWordpressを新規インストールする方法
【WordPress開発環境】XamppにWordPressを新規インストールする方法

WordPress開発環境を作成する上では、Xamppを利用してWordpres …

【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する
【Quick Adsense】Quick Adsenseの広告の掲載位置を設定する

Googleアドセンスや忍者アドマックスの広告などの掲載の為、Wordpress …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)のCSS&JS設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)のCSS&JS設定

WordPressでブログを運営している人でW3 Total Cacheのブラウ …

【Autoptimize】Autoptimizeの高度な設定 より使えるようにする設定

AutoptimizeはHTMLやCSS,JavaScriptを縮小・最適化する …

【WordPress】WordPressの本体をダウンロードする方法

ここではWordpress本体をダウンロードする方法を紹介しています。 &nbs …

【Wordpress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に
【WordPress】プラグインを整理しなければならない理由 ユーザと自分の為に

WordPressのプラグインはとても便利ですよね。 このブログでもWordpr …

W3 Total Cacheで起こりやすい不具合
【W3 Total Cache】W3 Total Cacheで起こりやすい不具合 え?マジデ?!を解消しよう

W3 Total Cache等のキャッシュ系プラグインを使ってブログの動作の軽量 …

【Wordpress】HTML・CSS・JavaScriptを縮小するプラグイン Autoptimize
【WordPress】HTML・CSS・JavaScriptを縮小するプラグイン Autoptimize

WordPressでブログを運営していて、ブログの表示速度を高速化させるために、 …

【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法
【Stinger5】プラグインを利用してGoogle Adsenseを掲載する方法

WordPressでブログを運営している人で、テーマとしてStinger5を導入 …

【Wordpressプラグイン自作】Wordpressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)
【WordPressプラグイン自作】WordPressのプラグインの初期化処理の方法(plugins loaded)

WordPressで自作プラグインを認識させ、アクションフックやフィルターフック …