どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【WordPress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!

      2015/11/07


WordPressでブログを運営していると色々なプラグインを利用していると思います。
プラグインもそれぞれ個性があり、役割や目的、したい事やデザインの変更など、さまざまな物が存在します。

 
プラグイン自体は豊富に手に入るのだけれど、実際に自分に目的に合ったプラグインを探すにはどうすれば良いのやら・・・

 
そんな人の為に、おすすめのプラグインを目的別にまとめてみました。
Wordpressで本当にオススメできるプラグインを簡単でわかりやすく詳しくまとめて紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Wordpress】オススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集!
 

 

WordPressオススメのプラグイン

WordPressでオススメ出来るプラグインというのは正直、ブログの運営テーマによって異なります。
しかし、最低限これを入れておけば、記事の作成が楽になったり作業が効率化されたり、ブログそのものが高速化されたり検索エンジンからの評価が上がりやすいという物が存在します。

 
Wordpressのオススメのプラグインを探す上では目的別にプラグインを探すのが一番で、ここでもオススメのプラグインを紹介する上で目的別に紹介をしていこうと思います。
Wordpressのオススメのプラグインを目的別に探すとすると次のような目的で探せるのではないでしょうか。

  • 記事作成・作業を効率化するプラグイン
  • ブログを高速化するプラグイン

 
他にも多くの目的があると思いますが、どんなブログのテーマでも強くなれるという意味合いで目的自体も絞らせていただいています。
では、Wordpressオススメのプラグインについて目的別に具体的に見ていきましょう。

 

 

 

記事作成・作業を効率化するプラグイン

【Wordpress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン
Wordpressのプラグインの中には、記事作成や作業を支援してくれるプラグインが存在し、煩わしい入力作業を単純化してくれたり、定型文をテンプレート化してくれたり、ある文字列を全記事一括で削除・更新してくれたりするなど、記事作成から作業までを大幅に効率化してくれるプラグインが存在します。

 
記事作成や作業を効率化する事で、新たな記事作成の作業の時間を確保したり、体を休めたり、新たなアイデアを生み出す時間を作ったりとさまざまな面でポジティブな効果が高いので、記事作成や作業を効率化する事は重要な事です。

 
記事作成や作業を効率化する上では、ブログ収益化の上で重要な「広告の掲載」を簡単にしてくれたり、自動で挿入するプラグインも含んで考える必要があるでしょう。

 
記事作成や作業を効率化してくれるプラグインには次のようなものがあります。

  • ブログ定型文を簡単挿入してくれる TinyMCE Templates
  • Google Adsense等の広告を簡単に自動挿入する Quick Adsense
  • プログラムコードを綺麗に簡単紹介出来る Crayon Syntax Highlighter

 

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
TinyMCE Templatesとは、Wordpressのプラグインの一つで、保存しておいたプラグインを記事の投稿の際に呼び出し、テンプレートとして挿入してくれるプラグインです。

 
テンプレートとして保存しておいた内容を執筆の際に使う事が出来るので、自分の良く使う言い回しや言葉等の定型文をテンプレートとして保存しておき、呼び出す事で、記事執筆にかかる負担を軽減する事が出来ます。

 
定型文の挿入は良くあるプラグインでは、記事の最初と最後だけに挿入する物が多いと思いますが、TinyMCE Templatesでは記事の途中にも定型文を挿入する事が出来ます。

 
使い方もWordpressで記事を投稿したことがある人なら直感的に使う事が出来るので、ブロガーにとっては馴染みやすいツールの一つとも言えます。

 

Google Adsenseの広告を簡単掲載してくれるQuick Adsenseとは、Googleアドセンスのコードをプラグインに設定しておく事で、簡単に広告を掲載してくれるプラグインです。

 
Quick Adsenseでは自動的に記事上と、記事下に設定しておいたGoogleアドセンスを自動的に広告として追加してくれたり、記事の中に自動的に追加してくれる機能。ウィジットする機能があったり詳細な設定が出来たりと広告掲載でとても便利なプラグインです。

 
まとめておくと、Quick Adsenseでは、Googleアドセンス広告を掲載する上で次のような事が出来ます。

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する
  • アドセンス広告に関わる各種設定
  • アドセンス広告を挿入してくれる各種クイックタグの利用
  • Wordpressの投稿画面にクイックタグの挿入ボタンを追加してくれる
  • アドセンス広告のウィジットの追加

 

【Wordpress】ソースコードを紹介したい! Crayon Syntax Highlighter

Crayon Syntax Highlighterの表示イメージ


Crayon Syntax Highlighterとは、ソースコードを綺麗で読みやすくするWordpressのプラグインです。

 
Crayon Syntax Highlighterには、ブログページを表示した際にプログラムに行番号をつけたり、関数を色分けして表示してくれたり、CSSでの整形が不要だったりと、ブログ運営者にとってもブログページの閲覧者にとってもとても利便性の高いプラグインです。

 
Crayon Syntax Highlighterの対応言語は次の通りです。
ここで紹介されているソースコードを紹介する場合は、綺麗で使いやすい形でユーザに閲覧してもらう事が出来ます。

  • ABAP
  • ActionScript
  • AmigaDOS
  • Apache
  • AppleScript
  • Arduino
  • Assembly (x86)
  • AutoIt
  • C
  • C#
  • C++
  • CoffeeScript
  • CSS
  • Delphi/Pascal
  • Diff
  • Erlang
  • Go
  • Haskell
  • HTML
  • Lisp
  • Lua
  • Microsoft Registry
  • MIVA Script
  • Monkey
  • MS-DOS
  • MySQL
  • Java
  • JavaScript
  • Objective-C
  • Perl
  • PHP
  • PL/SQL
  • PostgreSQL
  • PowerShell
  • Python
  • R
  • Ruby
  • Rust
  • Scheme
  • Shell (Unix)
  • Transact-SQL
  • TeX
  • Vim
  • Visual Basic
  • Visual Basic .NET
  • YAML

 
Crayon Syntax Highlighterを利用する上でのメリットは上げ始めるとキリがありませんが、例えば次のようなメリットがあります。
このメリットだけでも、Crayon Syntax Highlighterを導入する根拠とする事が出来るでしょう。

  • コードの種類により、タグや関数を自動的に色分けして見やすい
  • 行番号をつけられるので、記事内の説明も容易になる
  • HTML、JavaScript、CSS、PHPだけでなく多くのコードに対応してる
  • CSS(スタイルシート)での整形が不要になる
  • 表示されたソースコードを簡単にコピーできる

 
Crayon Syntax Highlighterのデメリットとしては画面の表示スピードが落ちる事で、パフォーマンス低下が起こる可能性がある事です。

 
画面の表示スピードが落ちるという事はユーザーの離脱率が上がったり、検索エンジンのクローラーにストレスを与えてSEO的に評価を落としてしまう可能性があるので、著しくパフォーマンスの悪いブログに導入すると更にパフォーマンス低下を起してしまう原因になります。

 
Crayon Syntax Highlighterのデメリットを解消するには「キャッシュ」を利用して、あらかじめ表示したいページを作成しておき、閲覧ユーザやクローラーに対してパフォーマンスの低下を感じさせない事が大切です。

 
Crayon Syntax HighlighterはWordpressのプラグインなので、新規のプラグイン追加の手順でWordpressにインストールすることが出来ます。
インストールした後はプラグインの有効化をする事を忘れないようにしましょう。

 
Crayon Syntax Highlighterのインストールは次の手順が主流です。

  • Wordpressのプラグインの「プラグインを追加」の画面で「Crayon Syntax Highlighter」と検索する
  • 検索で表示された「Crayon Syntax Highlighter」を「いますぐインストール」ボタンを押してインストール

 
Crayon Syntax Highlighterでソースコードを紹介する場合はエディタ画面の「Crayon」を追加する事で簡単に紹介する事が出来ます。
次の手順でソースコードの追加を行う事が出来ます。

  • エディタ画面の「Crayon」をクリックする
  • 「コード」を入力する
  • 「タイトル」を入力する
  • 「プログラム言語」を選択する
  • 「URL」を入力する
  • 「Line Range」を入力する
  • 「マークするライン」を入力する
  • 追加するコード固有の設定を行う
  • 「挿入」をクリックする

 
細かい設定手順を含めると大変な作業に思えますが、実際にコード紹介で行わなければならないのは最低限『エディタ画面の「Crayon」をクリックする』『「コード」を入力する』『「挿入」をクリックする』のみです。

 

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードで表示するとソースコードにCSSが反映されない原因
Crayon Syntax Highlighterの内容をショートコードで表示するとCSSが反映されないというのは、Crayon Syntax Highlighterの内容をショートコードでテンプレート化してショートコードを呼び出す形でブラウザの記事画面に出力するとソースコードの紹介にCSSが反映されないというものです。

 
Crayon Syntax Hilighterの内容をショートコード化としてテンプレート化する事でCSSが反映されない原因は、Crayon Syntax Highlighterが記事内容からCrayon Syntax HilighterのCSSを適用する対象の記事である事を認識できない事です。

 
Crayon Syntax Highlighterで記事内でソースコードが紹介されている事をプラグインが検知すると、HTMLのヘッダーにCrayon Syntax HighlighterのCSSやJSファイルを読み込むようにプラグインが動作する為、テンプレート化したCrayon Syntax Highlighterの内容をショートコードで記述するとタグなどを読み取る事が出来ずに必要なCSSやJSファイルが記事のHTMLに追加されなくなってしまうのです。

 

【Crayon Syntax Highlighter】ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用する方法
Crayon Syntax Highlighterで、ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用するというのは、Crayon Syntax Highlighterの機能で入力したソースコードをショートコードでテンプレート化した際に、Crayon Sytax HighlighterのCSSが適用されずそのまま表示されてしまうので、CSSを適用してショートコード化したソースコードについてもCSSを適用し、綺麗に画面で表示できるようにする事です。

 
Crayon Syntax Highlighterで、ショートコードでテンプレート化したソースコードにCSSを適用するには、プラグインのPHPを修正する必要があります。
Crayon Syntax Highlighterをカスタマイズし、ショートコードでテンプレート化下ソースコードにCSSを適用するには次の修正を行う必要があります。

  • Crayon Syntax Highlighterのスキャン処理内でショートコードを展開してからスキャンする

 
Wordpressでソースコードを綺麗に紹介するCrayon Syntax Highlighterプラグインについては「【WordPress】ソースコードを綺麗に紹介したい! Crayon Syntax Highlighter」で簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 
Wordpressで記事作成や作業を効率化してくれるオススメのプラグインは「【WordPress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン」で更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

ブログを高速化するプラグイン

【Wordpress】ブログを高速化するプラグイン特集! 高速化の果てへ
ブログを高速化するプラグインとてしては、現在出ているプラグインではキャッシュ系のプラグインが主流となっています。

 
キャッシュ系のプラグインは、データベースやファイル、オブジェクトなどなど本来であれば一からサーバ上で処理して作らなければならないものを、何かしらの契機であらかじめ作っておく事で、サーバの処理時間などを短縮してブログのパフォーマンスを上げる物です。

 
また、HTMLやJavaScript、CSSなどをを縮小する事で、サーバと訪問ユーザーのパソコンやモバイルとの通信容量を削減する事で、通信時間を短くする効果もあります。

 
ページのヘッダー内で読み込んでいるJavaScriptやCSS等を遅延読み込みしたり、フッターで読み込むようにする事で、ページのレンダリングを妨げないようにし、ブログの閲覧ユーザーに対して早くコンテンツを表示できるようにするプラグインもあります。

 
このように、ブログを高速化するプラグインを利用する、あるいは組み合わせる事によって、Wordpressで運営されるブログをプラグインによって高速化する事が出来るのです。

 
ブログを高速化する上でオススメのプラグインが次のプラグインです。

  • W3 Total Cache
  • Head Cleaner
  • Autoptimize

 

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
W3 Total CacheはWordpressのプラグインで、コンテンツのキャッシュを作ってくれるプラグインです。
W3 Total Cacheは英語での表記ですが、キャッシュ系の細かな設定を行う事が出来るため、非常に便利なプラグインの一つなのです。

 
W3 TotalCacheには有償版と無償版がありますが、無償版でも十分に使えます。

 

Head Cleaner は、WordPressのプラグインの一つで、それぞれのページを構成するソースを最適化して、サイト表示速度を向上してくれるプラグインです。

 
CSSやJavaScriptを最適化してコンパクトにしたり一つにまとめたりする事でサーバーとユーザーのデータ通信の量を少なくする効果があったり、WebブラウザとWebサーバのやり取りの回数や送るデータ量を減らすことで、サイトの構築を早くする効果があります。

 

AutoptimizeはWordpressのプラグインの一つで、HTMLやCSS、JavaScriptといったリソースを縮小化し、ブログのパフォーマンスを上げてくれるキャッシュ系プラグインの一つです。

 
通常、ブログ運営者が作成するHTMLやCSS、JavaScriptはブラウザの表示には直接関係ない改行や余計な余白などが沢山使われていて、ブラウザの表示という観点からすると無駄にファイル容量が大きくなっています。

 
無駄にファイル容量が大きくなると、ブログを訪問しに来た閲覧者のモバイルや、パソコンに無駄な通信容量を使わせる事になるため、ブログのパフォーマンスが低下してしまうのです。

 
Autoptimizeは、Wordpressのブログを表示する上で直接関係の無い、スペースや改行などを削除し、縮小化する事で、訪問者のモバイルやパソコンに負担を掛けないようにしてパフォーマンスを上げる事に繋がります。

ブログを高速化するプラグインについては「【WordPress】ブログを高速化するプラグイン特集! 高速化の果てへ」で特集していますので、チェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


WordPressでオススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集! あとがき

WordPressでのオススメのプラグインについて紹介しました。

 
Wordpressではプラグインを導入する事により様々な機能を追加する他にも、作業を効率化したり、技術的にブログを高速化してくれるものがあるので、プラグインというのは本当に奥が深く、便利な物ですよね。

 
プラグインを乱用するとブログのパフォーマンスが落ちたり、管理できていない事が原因で「これって停止させていいプラグインなんだっけ?」という事になってしまう事もありますが、やはり根本はプラグインを導入する事で簡単に機能を追加してくれるとても便利な物なのです。

 
管理や運用の方法、設定についてはブログ運営者のプラグインへの理解や技術などの手腕にかかっている事が多いものですが、今や欲しい多くの情報を手に入れる事が出来る時代になってきています。

 
そういった情報をうまく活用し、且つ便利な道具、例えばプラグインなどを利用する事で自分自身の出来る事を飛躍的に多くする事が出来ます。

 
最初は重くて振る事が出来なかったバットも振り続ければいつかは軽々と振れるようになるのと同じようにプラグインというのも強力であればあるほど扱いが難しいものの、使い続ければいつかは簡単に扱えるようになってきます。

 
是非、おすすめのプラグインの激まとめを使って便利なWordpressを堪能していってくださいね。
ちなみに、この記事は今後もオススメのプラグインが見つかった時に更新していくので都度記事をチェックして頂ければと思います。

 

 

 

WordPressでオススメのプラグイン激まとめ タメになるプラグイン特集! まとめ

WordPressでオススメ出来るプラグインというのは正直、ブログの運営テーマによって異なります。
しかし、最低限これを入れておけば、記事の作成が楽になったり作業が効率化されたり、ブログそのものが高速化されたり検索エンジンからの評価が上がりやすいという物が存在します。

 
Wordpressのオススメのプラグインを探す上では目的別にプラグインを探すのが一番で、ここでもオススメのプラグインを紹介する上で目的別に紹介をしていこうと思います。
Wordpressのオススメのプラグインを目的別に探すとすると次のような目的で探せるのではないでしょうか。

  • 記事作成・作業を効率化するプラグイン
  • ブログを高速化するプラグイン

 

【Wordpress】記事作成や作業を効率化するおすすめのプラグイン
Wordpressのプラグインの中には、記事作成や作業を支援してくれるプラグインが存在し、煩わしい入力作業を単純化してくれたり、定型文をテンプレート化してくれたり、ある文字列を全記事一括で削除・更新してくれたりするなど、記事作成から作業までを大幅に効率化してくれるプラグインが存在します。

 
記事作成や作業を効率化する事で、新たな記事作成の作業の時間を確保したり、体を休めたり、新たなアイデアを生み出す時間を作ったりとさまざまな面でポジティブな効果が高いので、記事作成や作業を効率化する事は重要な事です。

 
記事作成や作業を効率化する上では、ブログ収益化の上で重要な「広告の掲載」を簡単にしてくれたり、自動で挿入するプラグインも含んで考える必要があるでしょう。

 
記事作成や作業を効率化してくれるプラグインには次のようなものがあります。

  • ブログ定型文を簡単挿入してくれる TinyMCE Templates
  • Google Adsense等の広告を簡単に自動挿入する Quick Adsense
  • プログラムコードを綺麗に簡単紹介出来る Crayon Syntax Highlighter

 

【Wordpress】ブログを高速化するプラグイン特集! 高速化の果てへ
ブログを高速化するプラグインとてしては、現在出ているプラグインではキャッシュ系のプラグインが主流となっています。

 
キャッシュ系のプラグインは、データベースやファイル、オブジェクトなどなど本来であれば一からサーバ上で処理して作らなければならないものを、何かしらの契機であらかじめ作っておく事で、サーバの処理時間などを短縮してブログのパフォーマンスを上げる物です。

 
また、HTMLやJavaScript、CSSなどをを縮小する事で、サーバと訪問ユーザーのパソコンやモバイルとの通信容量を削減する事で、通信時間を短くする効果もあります。

 
ページのヘッダー内で読み込んでいるJavaScriptやCSS等を遅延読み込みしたり、フッターで読み込むようにする事で、ページのレンダリングを妨げないようにし、ブログの閲覧ユーザーに対して早くコンテンツを表示できるようにするプラグインもあります。

 
このように、ブログを高速化するプラグインを利用する、あるいは組み合わせる事によって、Wordpressで運営されるブログをプラグインによって高速化する事が出来るのです。

 
ブログを高速化する上でオススメのプラグインが次のプラグインです。

  • W3 Total Cache
  • Head Cleaner
  • Autoptimize

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クイックタグを入力補助するボタンをエディタに追加するか-1
【Quick Adsense】エディタに追加されるクイックタグのボタン設定

WordPressのブログ運営でQuick Adsenseを使って広告掲載を行っ …

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法
【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法

WordPressでプラグインを自作開発していると、Wordpressの管理画面 …

【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定

Google Adsenseや忍者Admaxといった広告をブログで掲載している人 …

【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定
【Quick Adsense】moreタグの後に自動広告挿入!Quick Adsenseの設定

WordPressのブログで、広告を掲載してブログの収益化に挑戦している人も居る …

【Wordpress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates
【WordPress】ブログの定型文を簡単挿入! TinyMCE Templates

WordPressでブログ記事を投稿していると、いつも使っている言い回しや、定型 …

【Wordpress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache
【WordPress】キャッシュを使ってブログを高速化しよう! W3 Total Cache

WordPressでキャッシュを使ったブログの高速化をしたいと思う人は多いもので …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)のCSS&JS設定
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)のCSS&JS設定

WordPressでブログを運営している人でW3 Total Cacheのブラウ …

【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定
【Head Cleaner】ブログを高速化するHead Cleanerのお勧めの設定

WordPressでブログのパフォーマンス高速化の為に、Head Cleaner …

【Stinger5】Stinger5のカスタマイズ方法のまとめ特集
【Stinger5】Stinger5のカスタマイズ方法のまとめ特集

WordPressでブログを運営し、Stinger5を使っていると自分好みにカス …

【Wordpress】おすすめテーマのカスタマイズ方法
【WordPress】おすすめテーマのカスタマイズ方法

WordPressでは、デザインも秀逸で派手な物やシンプルな物、機能的に優れてい …