どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【KIOKU】KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう!

      2015/11/07


画面キャプチャツールのKIOKUは動作が軽く、直感的に使用できる画像キャプチャツールで、使い方もとってもシンプルです。

 
KIOKUはプロファイルを作る事で、いくつも設定を保存する事が出来るので、スクリーンショットを撮りたい用途に応じてキーや保存形式などを変える事が出来るのでとっても便利です。

 
KIOKUを使ってスクリーンショットを撮るには一体どうしたらいいのでしょうか?

 
KIOKUの使い方について、簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【KIOKU】KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう!
 

 

KIOKUで出来る事

KIOKUで出来る事
画面キャプチャツールKIOKUは画面キャプチャツールですので、基本的なスクリーンショットを撮る事はもちろんの事、次のような形でスクリーンショットを保存する事が出来ます。

  • デスクトップ
  • ウィンドウ
  • ウィンドウ内部
  • すべてのディスプレイ
  • 指定したディスプレイ
  • マウスで自由サイズでキャプチャ
  • マウスで固定サイズでキャプチャ
  • ターゲットを指定してスクリーンカット
  • 自動撮影でスクリーンショット

 
画面のキャプチャを撮影する上で、基本的な事からとても便利な機能までそろっています。
操作事態はとてもシンプルなもので、それぞれのイベントにキー設定をしておけば、自分好みの簡単な操作で画面イメージを保存する事が出来ます。

 
色々できる画像キャプチャツールは動作が重かったり、インストールしなければならなかったりと使い勝手が悪く面倒な事が多いものですが、KIOKUは思った以上に重くないのでキャプチャを沢山撮る人には便利なツールです。

 

 

 

 

デスクトップのスクリーンショットをファイルで保存する

【KIOKU】デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存する方法!
デスクトップのスクリーンショットをファイルで保存する上では基本的な設定は大事です。

 
デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:デスクトップ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

 
全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、あとはとっても簡単です。
「スクリーンショット:デスクトップ」に割り当てたキーを押すだけでデスクトップのキャプチャを保存する事が出来ます。

 
サウンド設定でサウンドをONにしている人は、デフォルトの設定のままであれば「カシャっ」と音が鳴るのでスクリーンショットが撮影されたかどうか判断する事が出来ます。

 
撮影が終わった後、全般設定で設定した保存フォルダの中を見るとデスクトップの画面キャプチャが保存されています。

 
デスクトップのスクリーンショットをファイルに保存する方法は「【KIOKU】デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存する方法!」で簡単で分かりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。

 

 

 

ウィンドウだけ画面キャプチャをファイルで保存する

【KIOKU】ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存する方法!
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存する設定について見ていきましょう。

 
ウィンドウだけ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:ウィンドウ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイル保存するには次の手順でキャプチャを撮ります。

  • 画面キャプチャーを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにする
  • キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ」で設定したキーを押す

 
画面キャプチャを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにしておきましょう。
ウィンドウをクリックしてアクティブ状態になっているウィンドウを対象にKIOKUはスクリーンショットを撮影します。

 
撮影したいウィンドウをアクティブ化したら、キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ」で設定したキーを押して実際に撮影しましょう。
サウンドを有効化している人は「カシャっ」という音で撮影された事が判断できます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、ウィンドウだけのスクリーンショットが画像ファイルとして保存されています。

 
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存する方法は「【KIOKU】ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存する方法!」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。

 

 

 

 

ウィンドウ内部だけ画面キャプチャしてファイルを保存する

【KIOKU】ウィンドウの中だけ画面キャプチャしてファイルで保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってウィンドウの中だけ画面キャプチャしてファイル保存をするには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。

 
ウィンドウ内部のみ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:ウィンドウ内部」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウの中だけ画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。
ウィンドウ内部を画面キャプチャしてファイル保存するには次の手順でキャプチャを撮ります。

  • 画面キャプチャーを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにする
  • キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ内部」で設定したキーを押す

 
画面キャプチャを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにしておきましょう。
ウィンドウをクリックしてアクティブ状態になっているウィンドウを対象にKIOKUはスクリーンショットを撮影します。

 
撮影したいウィンドウをアクティブ化したら、キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ内部」で設定したキーを押して実際に撮影しましょう。
サウンドを有効化している人は「カシャっ」という音で撮影された事が判断できます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、ウィンドウの中だけのスクリーンショットが画像ファイルとして保存されています。

 
ウィンドウ内部だけ画面キャプチャしてファイルを保存する方法は「【KIOKU】ウィンドウの中だけ画面キャプチャしてファイルで保存する!」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

すべてのディスプレイを画面キャプチャしてファイル保存する

【KIOKU】全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使って全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。

 
ウィンドウ内部のみ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:すべてのディスプレイ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルを保存する方法はとっても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:すべてのディスプレイ」で設定したキーを押すだけです。

複数ディスプレイを使ってパソコン画面を表示させている場合は、複数のディスプレイに表示されている内容が一つの画像ファイルになって保存されます。

サウンドを有効化している人は「カシャっ」という音で撮影された事が判断できます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、全てのディスプレイのスクリーンショットが画像ファイルとして保存されています。

 
すべてのディスプレイを画面キャプチャして画像ファイルとして保存する方法は「【KIOKU】全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存する!」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってくださいね。
 

 

 

指定したディスプレイを画面キャプチャしてファイル保存する

【KIOKU】指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存!
画面キャプチャツールのKIOKUを使って指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存するのに必要な最低限の設定は次の通りです。

  • キー設定で「スクリーンショット:指定ディスプレイ」にキーを割り当てておく
  • ディスプレイ設定で、スクリーンショットを撮影するディスプレイを設定しておく

 
指定したディスプレイだけ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:指定ディスプレイ」にキーを割り当てている事です。

 
また、設定項目の中のディスプレイ設定で、スクリーンショットを撮影するディスプレイを設定しておく事も大切です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
画面キャプチャツールKIOKUのディスプレイ設定では、パソコンに接続されているディスプレイを予め指定して、撮影するディスプレイを決めておく事が出来ます。

 
KIOKUのディスプレイ設定は設定項目の中の「ディスプレイ」を選択する事で設定する事が出来ます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
指定したディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルを保存する方法はとっても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:指定したディスプレイ」で設定したキーを押すだけです。

複数ディスプレイを使ってパソコン画面を表示させるマルチディスプレイの場合でも指定したディスプレイのスクリーンショットのみ画像ファイルになって保存されます。

サウンドを有効化している人は「カシャっ」という音で撮影された事が判断できます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、指定したディスプレイのスクリーンショットが画像ファイルとして保存されています。

 
指定したディスプレイを画面キャプチャしてファイル保存する方法は「【KIOKU】指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存!」で画像キャプチャ付きで簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。
 

 

 

マウスで自由サイズでキャプチャしてファイル保存する

【KIOKU】マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってマウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:自由サイズ」にキーを割り当てておく事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存するには次の手順を行えば簡単にマウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:自由サイズ」に設定したキーを押す
  • マウスポインタが変わったら、キャプチャしたい範囲をドラッグしてファイル保存する

 
キー設定で「スクリーンカット:自由サイズ」に設定したキーを押して、マウスで範囲選択して画面のスクリーンショットを撮影できるようにしましょう。

 
スクリーンカット:自由サイズの機能を使うと、マウスポインタが「+」の記号に変化するのでわかりやすいと思います。

 
スクリーンカット:自由サイズのキーを押したら、実際に画像ファイルとしてキャプチャしたい範囲を選択しましょう。
キャプチャしたい範囲の開始位置で左クリックをして、キャプチャしたい範囲まで引っ張ったら終了位置でマウスの左クリックを離しましょう。

サウンドを有効にしている人は「カシャッ」という音で撮影されたかどうかを判断する事が出来ます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、マウスで選択した範囲が画像ファイルとして保存されています。

 
マウスで自由サイズでキャプチャしてファイル保存する方法は「【KIOKU】マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存する!」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってくださいね。
 

 

 

マウスで固定サイズでキャプチャしてファイル保存する

【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の設定をあらかじめ行っておきましょう。

  • キー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」にキーを割り当てておく
  • スクリーンカット設定で固定サイズで切り抜く幅と高さを設定しておく

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」にキーを割り当てておく事です。

 
また、スクリーンカット設定で固定サイズで切り抜きたい幅と高さを設定しておきましょう。
実際に固定サイズで切り抜きを行おうとした場合は、この設定で指定したピクセル数(px)でディスプレイの内容を切り抜いて画像ファイルにする事になります。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
スクリーンカットの設定では、固定の幅と高さでスクリーンカットする場合のピクセル数を設定する事が出来ます。

 
KIOKUのスクリーンカットの設定は設定項目の「スクリーンカット」を選択する事で設定画面を開く事が出来ます。

 
KIOKUのスクリーンカットの設定は、画面キャプチャ撮影イベントの「スクリーンカット:固定サイズ」でディスプレイの切り抜くサイズを指定するのに利用されます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の手順を行えば簡単に固定サイズで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」に設定したキーを押す
  • 範囲選択ポインタが表示されたら、撮影したい範囲を選択して画面キャプチャを撮る

 
キー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」に設定したキーを押して、ディスプレイを固定サイズで切り抜けるようにしましょう。

 
スクリーンカット:固定サイズの機能を使うと、マウスポインタが明滅する枠線に変化するのでわかりやすいと思います。

 
スクリーンカット:固定サイズのキーを押したら、実際に画像ファイルとしてキャプチャしたい範囲までポインタを動かし、スクリーンショットを撮りましょう。

撮影したい場所まで枠線をマウスで移動させ、左クリックする事で画面キャプチャを保存する事が出来ます。

サウンドを有効にしている人は「カシャッ」という音で撮影されたかどうかを判断する事が出来ます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、マウスで選択した範囲が画像ファイルとして保存されています。

 
マウスで固定サイズでキャプチャしてファイル保存する方法は「【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存する!」で画面キャプチャ付きで簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってください。
 

 

 

ターゲットを指定してスクリーンカットして画像ファイルを保存する

【KIOKU】ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存するには「スクリーンカット:ターゲット」機能を使います。

スクリーンカット:ターゲット機能を使う上で必要な設定をあらかじめ行っておきましょう。

 
スクリーンカット:ターゲット機能を使用するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:ターゲット」にキーを割り当てておく事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の手順を行えば簡単に固定サイズで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:ターゲット」に設定したキーを押す
  • マウスポインタが変わったら撮影したい部分にカーソルを合わせて撮影する

 
スクリーンカット:ターゲット機能では、ウィンドウ内部の一部分だけカットするだけでなく、選択されたスクリーンのデスクトップやウィンドウ全体も選択して画面キャプチャする事が出来ます。

 
キー設定で「スクリーンカット:ターゲット」に設定したキーを押して、ウィンドウ内部の一部分を選択できるようにしましょう。

 
スクリーンカット:ターゲットの機能を使うと、マウスポインタが「+」に変化するのでわかりやすいと思います。

 
スクリーンカット:ターゲットのキーを押したら、実際に画像ファイルとしてキャプチャしたいターゲットまでポインタを動かし、スクリーンショットを撮りましょう。

撮影したい場所までポインタをマウスで移動させ、左クリックする事で画面キャプチャを保存する事が出来ます。
ターゲットとして選択されている部分は明滅する枠線によって囲まれているので、どこがターゲットに選択されているのかすぐにわかると思います。

撮影をするとサウンドを有効にしている人は「カシャッ」という音で撮影されたかどうかを判断する事が出来ますね。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、マウスで選択した範囲が画像ファイルとして保存されています。

 
ターゲットを指定してスクリーンカットして画像ファイルを保存する方法は「【KIOKU】ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存する!」で画面キャプチャ付きで簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていって下さい。

 

 

 

自動撮影でスクリーンショットして画像ファイルを保存する

【KIOKU】スクリーンショットを自動撮影してそのままファイルに保存する!
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってスクリーンショットを自動撮影してそのまま画像ファイルに保存するには「スクリーンショット:自動撮影」機能を使います。

スクリーンショット:自動撮影機能を使う上で必要な次の設定をあらかじめ行っておきましょう。

  • キー設定で「スクリーンショット:自動撮影」にキーを設定する
  • 自動撮影設定で実行する撮影イベント等の設定を行っておきましょう

 
スクリーンショット:自動撮影機能を使用するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンショット:自動撮影」にキーを割り当てておく事です。

 
また、自動撮影設定で、実行する撮影イベントや撮影間隔、自動撮影開始と同時に1枚目を撮影するなどの設定も行えるのであらかじめ自分に適した設定にしておきましょう。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
自動撮影の設定では、自動撮影の際に実行される撮影イベントや撮影間隔、と自動撮影に関するイベントの詳細設定を行う事が出来ます。
自動撮影の設定は、設定項目の「自動撮影」を選択すると設定画面が表示されます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
スクリーンショットを自動撮影して画像ファイルに保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
スクリーンショットを自動撮影して画像ファイルに保存するのはとても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:自動撮影」で指定したキーを押すだけです。

キーを押す事で、自動撮影の設定で指定した実行する撮影イベントや、撮影間隔で画面のキャプチャを撮影する事が出来ます。

スクリーンヨット:ウィンドウ系の実行撮影イベントを選んだ人は、自動撮影を開始したウィンドウがアクティブな時のみ撮影する設定等の設定を行っていると、動作がアクティブ・非アクティブで撮影されるかどうかが変わるので自分で設定した内容をよく確認しておきましょう。

撮影をするとサウンドを有効にしている人は「カシャッ」という音で撮影されたかどうかを判断する事が出来ます。

 
実際に撮影が終わったら、スクリーンショットの保存先フォルダを見て、撮影が出来ているか確認します。
成功していれば、定期的に撮影された画像ファイルが保存されているはずです。

 

KIOKUでスクリーンショットを自動撮影する方法については「【KIOKU】スクリーンショットを自動撮影してそのままファイルに保存する!」で簡単でわかりやすく、詳しく解説しているのでチェックしていってくださいね。
 

 

 

KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう!を読むうえで知っておきたい知識

KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう!を読むうえで知っておきたい知識
KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう!を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

フリーの画面キャプチャソフト「KIOKU」 色々できて軽量な万能ツール

【PC】フリーの画面キャプチャソフト「KIOKU」 色々できて軽量な万能ツール
KIOKUは使いやすさがコンセプトの画面キャプチャツールの一つです。
パソコン初心者でも扱いやすいよう設計されているので煩わしい設定などは不要ですぐに利用できるメリットもあります。

 
画像のキャプチャと言えば、代表的なキーとして「Print Screen」キーが有名だと思いますが、撮影時には他のキーやマウスのボタンも指定する事が出来ます。

 
また、ウィンドウの内部やリアルタイムに画面の指定の部分だけを切り取って画像として保存をする事が出来るので、とても便利です。

 
パソコン上で画像キャプチャをとって作業をする人には「KIOKU」はとても便利なツールです。

 
KIOKUの主な機能についてみていきましょう。
大前提としてはKIOKUは画像キャプチャツールなので、画像のキャプチャをとる事が出来るのはもちろんです。

 
そして、その他、KIOKUの特徴的な機能としては次のような主な機能があります。

  • 好きなキーで撮影する事が出来る
  • ウィンドウ内部も撮影可能
  • 画面の指定部分だけを撮影することも可能
  • タイマーによる自動撮影
  • マルチディスプレイ環境に対応
  • 撮影サウンド再生

 
KIOKUは「Vector」などからダウンロードして利用する事が出来ます。
Vectorからダウンロードする場合は次の手順を踏めばダウンロードする事が出来ます。

  • Vectorの「KIOKU」ダウンロードページへアクセス
  • 「ダウンロードページへ」をクリック
  • 「このソフトを今すぐダウンロード」をクリック

 
ダウンロードしてきた、KOKUのzipには次のようなファイルが保存されているので、そのうちの「Kioku.exe」を実行すると、KIOKUが起動されて設定画面が表示されます。

 
KIOKUはインストール型のツールではない為、停止した場合は再度「Kioku.exe」を押すようにしましょう。
KIOKUを毎回自分の手で起動するのが面倒だという人はショートカットを作成してスタートアップに登録すると起動の手間が省けます。

  • template.ini
  • Sounds
  • gkh.dll
  • imgctl.dll
  • Kioku.exe
  • Readme.txt

 
KIOKUを手に入れたら、画像のキャプチャを撮るために設定を行いましょう。
特にこだわりが無ければ、設定画面のクイックスタートを押して撮影を開始する事もできます。

 
KIOKUの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • プロファイルの作成
  • 全般
  • ファイル名
  • キー
  • サウンド
  • BMP
  • JPG
  • GIF
  • PNG
  • サイズ
  • スクリーンカット
  • ディスプレイ
  • 自動撮影
  • オプション

 
画面キャプチャツールKIOKUは画面キャプチャツールですので、基本的なスクリーンショットを撮る事はもちろんの事、次のような形でスクリーンショットを保存する事が出来ます。

  • デスクトップ
  • ウィンドウ
  • ウィンドウ内部
  • すべてのディスプレイ
  • 指定したディスプレイ
  • マウスで自由サイズでキャプチャ
  • マウスで固定サイズでキャプチャ
  • ターゲットを指定してスクリーンカット
  • 自動撮影でスクリーンショット

 
フリーの画面キャプチャソフトKIOKUについては「【PC】フリーの画面キャプチャソフト「KIOKU」 色々できて軽量な万能ツール」で簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているので是非チェックしていってくださいね。
 

 

 

画面キャプチャツール KIOKUの設定

【KIOKU】画面キャプチャツール KIOKUの設定
KIOKUを手に入れたら、画像のキャプチャを撮るために設定を行いましょう。
特にこだわりが無ければ、設定画面のクイックスタートを押して撮影を開始する事もできます。

 
KIOKUの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • プロファイルの作成
  • 全般
  • ファイル名
  • キー
  • サウンド
  • BMP
  • JPG
  • GIF
  • PNG
  • サイズ
  • スクリーンカット
  • ディスプレイ
  • 自動撮影
  • オプション

 
プロファイルの作成では撮影プロファイルの作成を行う事が出来ます。
プロファイルを設定する事で、プロファイルごとに設定を保存する事が出来ます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

 
全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう
全般の設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • 保存形式
  • 保存フォルダ

 
ファイル名の設定では、スクリーンショットを撮った時に作られる画像ファイルの名前に関する設定を行う事が出来ます。
設定画面の「ファイル」を選択すると表示される設定項目です。

 
ファイル名の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ファイル名の設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • ファイル名の名前
  • ウィンドウ名の取得文字数
  • 識別番号の初期値
  • 識別番号の0付加桁数
  • 識別番号の増加値
  • 次回の識別番号のリセット

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
キーを指定できるイベントには次のようなものがあります。

  • スクリーンショット:デスクトップ
  • スクリーンショット:ウィンドウ
  • スクリーンショット:ウィンドウ内部
  • スクリーンショット:すべてのディスプレイ
  • スクリーンショット:指定ディスプレイ
  • スクリーンカット:自由サイズ
  • スクリーンカット:固定サイズ
  • スクリーンカット:ターゲット
  • スクリーンショット:自動撮影
  • 設定画面を開く
  • 保存した画像をクリップボードへコピー
  • 保存した画像ファイルを開く
  • 保存したフォルダを開く
  • 保存フォルダを開く
  • キー入力無効モードを切り替える
  • 【共通】1つ先のプロファイルへ切り替え
  • 【共通】1つ前のプロファイルへ切り替え

 
サウンドの設定では、各イベントを行った時のサウンドに関する設定を行う事が出来ます。
サウンドの設定は、設定項目の中の「サウンド」を選択すると設定する事が出来ます。

 
このツールでのサウンドはお楽しみ機能なので、画面キャプチャとしては特に重要ではありません。

 
サウンドの設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • サウンドの無効化
  • 各イベントのサウンド設定

 
BMPの設定ではBMP形式で画像を保存した場合の画質を設定する事が出来ます。
BMPの画質は次の中から選ぶ事が出来ます。

  • 32ビットカラー
  • 24ビットカラー
  • 16ビットカラー
  • 8ビットカラー

 
JPGの設定ではJPG形式で画像を保存した場合の画質や形式を設定する事が出来ます。

 
JPGの画質は0~100%の間で設定でき、設定が高いほど画質が高くファイル容量が大きくなります。
逆に設定が低いほど、画質が荒く、ファイル容量は小さくなります。

 
また、プログレッシブJPG形式で保存するかどうかも選択する事が出来ます。

 
KIKUのGIFの設定ではGIFの形式や透過色の設定、背景色の設定を行う事が出来ます。
透過色をあらかじめ設定しておけば、GIFの画像が作成された段階で自動的に透過してくれるので便利ですよね。
GIFの設定では次のような設定を出来ます。

  • インターレースGIF形式で保存するかどうか
  • 透過色を指定するかどうか
  • 透過色の設定
  • 背景色の設定

 
PNGの設定ではPNG形式で画像を保存した場合の画質やインターレースPNG形式で保存するかどうかを設定する事が出来ます。

 
PNGの画質は次の中から選ぶ事が出来ます。

  • 32ビットカラー
  • 24ビットカラー
  • 16ビットカラー
  • 8ビットカラー

 
KIOKUの画像サイズの設定では、画像サイズの変更に関する設定を行う事が出来ます。
保存される画像のサイズは設定項目の「サイズ」を選択すると選択画面が表示されます。

 
サイズで行う事が出来る設定は次の通りです。

  • 画像サイズを変更するかどうか
  • 画像サイズの倍率での設定
  • 画像サイズのピクセルでの設定
  • テンプレートによるサイズ設定

 
スクリーンカットの設定では、固定の幅と高さでスクリーンカットする場合のピクセル数を設定する事が出来ます。
幅と高さをピクセル数で設定できるほか、次のテンプレートの一覧からサイズを選択する事もできます。

 

  • ワイドワンセグ:幅320px 高さ180px
  • QVGA:幅320px 高さ180px
  • WQVGA:幅320px 高さ240px
  • VGA:幅640px 高さ480px
  • SVGA:幅800px 高さ600px
  • XGA:幅1024px 高さ768px
  • WXGA:幅1280px 高さ960px
  • SXGA:幅1280px 高さ1024px
  • WSXGA+:幅1680px 高さ1050px

 
ディスプレイでは「スクリーンショット(ディスプレイ)」の方法でスクリーンショットを撮影した場合に、どのディスプレイをスクリーンショットの対象ディスプレイにするかを設定する事が出来ます。

 
ディスプレイの一覧に表示されるディスプレイは自分のパソコンの環境によって変わります。

 
自動撮影の設定では、自動撮影の際に実行される撮影イベントや撮影間隔、と自動撮影に関するイベントの詳細設定を行う事が出来ます。
自動撮影の設定は、設定項目の「自動撮影」を選択すると設定画面が表示されます。

 
自動撮影の設定では次の設定を行う事が出来ます。

  • 実行する撮影イベント
  • 撮影間隔
  • 自動撮影開始と同時に1枚目を撮影するかどうか
  • 撮影時にイベントサウンドを有効にするかどうか
  • スクリーンショットウィンドウ系の設定

 
オプション設定では「KIOKU」のツールに関する全般的なオプション設定を行う事が出来ます。

 
オプションでは次のような設定を行う事が出来ます。

  • 撮影した画像ファイルによる上書きを警告するかどうか
  • 「ラグナロクオンライン2」対策モードで実行するかどうか
  • マウスカーソルをキャプチャするかどうか
  • キー入力にグローバルキーフックを使用するかどうか
  • Windowsへログオン時に自動起動するかどうか
  • 起動時に設定ウィンドを表示するかどうか
  • プロファイル保存時の上書きを警告するかどうか
  • キー入力を無効にして開始するかどうか(キー入力無効モード)

 

KIOKUの設定については「【KIOKU】画面キャプチャツール KIOKUの設定」で簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。
 

 

 

 

スポンサーリンク


KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう! あとがき

KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう! あとがき
画面キャプチャツールのKIOKUの使い方について解説しました。
KIOKUはフリーソフトではありますが、色々な方法でスクリーンショットを撮影することが出来ます。

 
人によって画面キャプチャをどのような操作感で撮影したいかなどは様々でしょうが、基本的な事はKIOKUを使うだけで事足りるのではないでしょうか。

 
私自身は、パソコンでよくスクリーンショットを撮影するので、KIOKUを使ってスクリーンショットを撮影する事で、効率よく作業できるようにしています。
特にターゲットを指定してスクリーンカットを撮影する機能はとても便利なので作業がサクサクはかどります。

 
KIOKUの使い方をマスターして快適な画面キャプチャライフを送っていってくださいね。

 

 

 

 

KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう! まとめ

KIOKUの使い方 スクリーンショットを簡単に撮ろう! まとめ
画面キャプチャツールKIOKUは画面キャプチャツールですので、基本的なスクリーンショットを撮る事はもちろんの事、次のような形でスクリーンショットを保存する事が出来ます。

  • デスクトップ
  • ウィンドウ
  • ウィンドウ内部
  • すべてのディスプレイ
  • 指定したディスプレイ
  • マウスで自由サイズでキャプチャ
  • マウスで固定サイズでキャプチャ
  • ターゲットを指定してスクリーンカット
  • 自動撮影でスクリーンショット

 
デスクトップのスクリーンショットをファイルで保存する上では基本的な設定は大事です。

 
デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:デスクトップ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

 
全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
デスクトップの画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、あとはとっても簡単です。
「スクリーンショット:デスクトップ」に割り当てたキーを押すだけでデスクトップのキャプチャを保存する事が出来ます。

 
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存する設定について見ていきましょう。

 
ウィンドウだけ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:ウィンドウ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。
ウィンドウだけの画面キャプチャをファイル保存するには次の手順でキャプチャを撮ります。

  • 画面キャプチャーを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにする
  • キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ」で設定したキーを押す

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってウィンドウの中だけ画面キャプチャしてファイル保存をするには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。

 
ウィンドウ内部のみ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:ウィンドウ内部」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウの中だけ画面キャプチャをファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。
ウィンドウ内部を画面キャプチャしてファイル保存するには次の手順でキャプチャを撮ります。

  • 画面キャプチャーを撮影したいウィンドウをクリックしてアクティブにする
  • キー設定で「スクリーンショット:ウィンドウ内部」で設定したキーを押す

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使って全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。

 
ウィンドウ内部のみ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:すべてのディスプレイ」にキーを割り当てている事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルを保存する方法はとっても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:すべてのディスプレイ」で設定したキーを押すだけです。

 
複数ディスプレイを使ってパソコン画面を表示させている場合は、複数のディスプレイに表示されている内容が一つの画像ファイルになって保存されます。

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使って指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
指定したディスプレイだけキャプチャしてファイル保存するのに必要な最低限の設定は次の通りです。

  • キー設定で「スクリーンショット:指定ディスプレイ」にキーを割り当てておく
  • ディスプレイ設定で、スクリーンショットを撮影するディスプレイを設定しておく

 
指定したディスプレイだけ、画面キャプチャを保存する上で必要なのは最低限キー設定の「スクリーンショット:指定ディスプレイ」にキーを割り当てている事です。

 
また、設定項目の中のディスプレイ設定で、スクリーンショットを撮影するディスプレイを設定しておく事も大切です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
画面キャプチャツールKIOKUのディスプレイ設定では、パソコンに接続されているディスプレイを予め指定して、撮影するディスプレイを決めておく事が出来ます。

 
KIOKUのディスプレイ設定は設定項目の中の「ディスプレイ」を選択する事で設定する事が出来ます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
指定したディスプレイを画面キャプチャしてファイルで保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
全てのディスプレイを画面キャプチャしてファイルを保存する方法はとっても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:指定したディスプレイ」で設定したキーを押すだけです。

 
複数ディスプレイを使ってパソコン画面を表示させるマルチディスプレイの場合でも指定したディスプレイのスクリーンショットのみ画像ファイルになって保存されます。

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってマウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:自由サイズ」にキーを割り当てておく事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存するには次の手順を行えば簡単にマウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:自由サイズ」に設定したキーを押す
  • マウスポインタが変わったら、キャプチャしたい範囲をドラッグしてファイル保存する

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには、あらかじめ簡単な設定を行っておく必要があります。
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の設定をあらかじめ行っておきましょう。

  • キー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」にキーを割り当てておく
  • スクリーンカット設定で固定サイズで切り抜く幅と高さを設定しておく

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」にキーを割り当てておく事です。

 
また、スクリーンカット設定で固定サイズで切り抜きたい幅と高さを設定しておきましょう。
実際に固定サイズで切り抜きを行おうとした場合は、この設定で指定したピクセル数(px)でディスプレイの内容を切り抜いて画像ファイルにする事になります。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
スクリーンカットの設定では、固定の幅と高さでスクリーンカットする場合のピクセル数を設定する事が出来ます。

 
KIOKUのスクリーンカットの設定は設定項目の「スクリーンカット」を選択する事で設定画面を開く事が出来ます。

 
KIOKUのスクリーンカットの設定は、画面キャプチャ撮影イベントの「スクリーンカット:固定サイズ」でディスプレイの切り抜くサイズを指定するのに利用されます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の手順を行えば簡単に固定サイズで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:固定サイズ」に設定したキーを押す
  • 範囲選択ポインタが表示されたら、撮影したい範囲を選択して画面キャプチャを撮る

 
画面キャプチャツールのKIOKUを使ってウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存するには「スクリーンカット:ターゲット」機能を使います。

スクリーンカット:ターゲット機能を使う上で必要な設定をあらかじめ行っておきましょう。

 
スクリーンカット:ターゲット機能を使用するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンカット:ターゲット」にキーを割り当てておく事です。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
キーの設定には、キーボードのキーと、マウスの左クリック以外のボタンを指定する事が出来るので、マウス、キーボードで使っていないキーを指定すると便利でしょう。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存するには次の手順を行えば簡単に固定サイズで選択した範囲をキャプチャして画像ファイルを保存する事が出来ます。

  • キー設定で「スクリーンカット:ターゲット」に設定したキーを押す
  • マウスポインタが変わったら撮影したい部分にカーソルを合わせて撮影する

 
スクリーンカット:ターゲット機能では、ウィンドウ内部の一部分だけカットするだけでなく、選択されたスクリーンのデスクトップやウィンドウ全体も選択して画面キャプチャする事が出来ます。

 

画面キャプチャツールのKIOKUを使ってスクリーンショットを自動撮影してそのまま画像ファイルに保存するには「スクリーンショット:自動撮影」機能を使います。

スクリーンショット:自動撮影機能を使う上で必要な次の設定をあらかじめ行っておきましょう。

  • キー設定で「スクリーンショット:自動撮影」にキーを設定する
  • 自動撮影設定で実行する撮影イベント等の設定を行っておきましょう

 
スクリーンショット:自動撮影機能を使用するのに必要な最低限の設定はキー設定で「スクリーンショット:自動撮影」にキーを割り当てておく事です。

 
また、自動撮影設定で、実行する撮影イベントや撮影間隔、自動撮影開始と同時に1枚目を撮影するなどの設定も行えるのであらかじめ自分に適した設定にしておきましょう。

 
他にも全般設定で、スクリーンショットの保存フォルダを自分のわかりやすい設定にしておく事と、保存形式を決めておく必要があるでしょう。

 
KIOKUで出来るイベント毎のキーの設定を行う事が出来ます。
KIOKUのキー設定は、設定項目の中の「キー」を選択する事で設定できます。

 
自動撮影の設定では、自動撮影の際に実行される撮影イベントや撮影間隔、と自動撮影に関するイベントの詳細設定を行う事が出来ます。
自動撮影の設定は、設定項目の「自動撮影」を選択すると設定画面が表示されます。

 
KIOKUの設定画面の左のリストから「全般」を押すと表示される設定で、KIOKU全般の設定を行う事が出来ます。

全般の設定が完了したら設定画面下部の「保存」ボタンを必ず押しましょう

 
スクリーンショットを自動撮影して画像ファイルに保存するのに必要な設定が終わったら、実際に画面キャプチャをファイルで保存してみましょう。

 
スクリーンショットを自動撮影して画像ファイルに保存するのはとても簡単で、キー設定で「スクリーンショット:自動撮影」で指定したキーを押すだけです。

 
キーを押す事で、自動撮影の設定で指定した実行する撮影イベントや、撮影間隔で画面のキャプチャを撮影する事が出来ます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - パソコン , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルにする設定
【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルにする設定

画像のキャプチャを撮影するのに、画面キャプチャソフトの一つである「KIOKU」を …

KIOKUのキー設定
【KIOKU】画面キャプチャツールKIOKUのキー設定

画面キャプチャツールにKIOKUを利用している人で、自分好みのキーやマウス操作で …

【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存する!
【KIOKU】ディスプレイを固定サイズで切り抜いて画像ファイルで保存する!

パソコンで画像のキャプチャをとっていると、ディスプレイを固定サイズで切り抜くよう …

【KIOKU】スクリーンショットを自動撮影してそのままファイルに保存する!
【KIOKU】スクリーンショットを自動撮影してそのままファイルに保存する!

スクリーンショットを撮影している人の中にはスクリーンショットを自動で撮影してほし …

【KIOKU】ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存する!
【KIOKU】ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャして画像ファイルに保存する!

画面キャプチャをしている人の中には、ウィンドウ内部の一部だけ画面キャプチャしたい …

オプション
【KIOKU】画面キャプチャツールKIOKUのオプション設定

画面キャプチャツールKIOKUではオプション設定をする事でツールの動作に関わる設 …

自動撮影
【KIOKU】画面キャプチャツールKIOKUの自動撮影の設定 自動でスクショ!

画面キャプチャツールのKIOKUには自動撮影の機能があり、カメラでいう自動撮影や …

【KIOKU】マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存する!
【KIOKU】マウスで選択した範囲をキャプチャして画像ファイル保存する!

パソコンで画像のスクリーンショットを撮っていると「マウスで選択した範囲をそのまま …

【PC】フリーの画面キャプチャツールのまとめ!簡単で使いやすいものを!
【PC】フリーの画面キャプチャツールのまとめ!簡単で使いやすいものを!

パソコンを使っていて画面キャプチャを撮影したいのだけれど、効率よく画像のキャプチ …

ファイル名
【KIOKU】画面キャプチャツールKIOKUのファイル名設定

画面のスクリーンショットを撮影するのに画面キャプチャツールのKIOKUを使ってい …