どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Google Analytics】Google Analyticsの導入方法

      2015/11/07


サイトやブログのトラフィック解析ツールとしてGoogle Analyticsの導入を検討している人も居るかもしれませんね。

 
Google Analyticsはトラフィック解析ツールの王様ともいえるWebツールの一つで、導入して活用するとブログの運営者・オーナーとして、さまざまな手間が省けるので導入して活用したいものです。

 
色々出来るGoogle Analyticsって導入そのものも物凄く利用料が高くて、導入も大変なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、利用は無料ですし、導入も少しサイトやブログに手を加えるだけなので簡単です。

 
Googleアナリティクスの導入方法について簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【Google Analytics】Google Analyticsの導入方法
 

 

Google Analyticsの導入方法

Google AnalyticsはGoogleの提供するツールなので、事前にGoogleアカウントを取得しておく必要があります。
Google Analyticsはアクセス解析・集客分析など様々な機能を提供していますが、無料で使えるフリーツールなのでお金の心配はいりません。

 
導入については、アカウントの取得を含めると次の手順で導入する事が出来ます。

  • Googleアカウントを取得する
  • Google Analyticsのページにアクセスする
  • Google Analyticsにログインする
  • Google Analyticsの利用を申し込む
  • トラフィック解析するWebサイトやモバイルアプリを登録する
  • Google Analyticsの利用規約に同意する
  • Google Analyticsのアカウント管理画面が表示される
  • Webサイトやブログ・モバイルアプリにトラッキングコードを埋め込む
  • Google Analyticsの動作を確認する

 
それぞれの手順について具体的に見ていきましょう。

 

Googleアカウントを取得する

【Google】Googleアカウントを取得する方法
Googleアカウントを取得する方法はシンプルで、次の流れで行います。

  • Googleアカウント作成ページへアクセスする
  • Googleアカウント作成ページで必要事項を入力する
  • Googleアカウント作成完了のメッセージが表示される

 
Googleアカウントを作成するには、まずGoogleアカウント作成ページへ移動する必要があります。
Googleアカウント作成ページは次のURLのページになります。
Googleアカウントの作成

 
Googleアカウント作成ページにアクセスしたら、次にGoogleアカウント作成ページで必要事項を入力しましょう。
必要事項の入力が終わったら「次のステップ」ボタンをおして、次のステップへ行きましょう。

 
Googleアカウント作成ページで入力する項目は次の通りです。

  • 名前
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号(任意)
  • 現在使用しているメールアドレス
  • 画像認証の入力
  • 国/地域の入力
  • Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意する

 
Googleアカウントの必要項目への入力、Googleの利用規約やプライバシーポリシーにも同意し次のステップへ進むとGoogleアカウント作成完了の画面へ移動します。

 
「ようこそ」のメッセージと共に、作成したアカウントのユーザー名が表示されます。
実際に作成したユーザー名・パスワードを入力する事で、Googleのアカウントにログインする事が出来ます。

 
Googleアカウントを取得する方法について「【Google】Googleアカウントを取得する方法」で画面キャプチャ付きで簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

Google Analyticsのページにアクセスする

Google Analyticsのページにアクセスする

Google Analytics Premium 2015年10月4日時点


Google Analyticsの利用申請などを行う為、Google Analyticsのページにアクセスします。
Google Analyticsは次に紹介するリンク先のページになります。

Googleアナリティクス プレミアム

 
画像のイメージのような画面にアクセスできれば、Googleアナリティクスのページにアクセスできています。

 

 

 

Google Analyticsにログインする

Google Analyticsにログインする
Google Analyticsのページにアクセスしたら、Google Analyticsにログインしましょう。
Google Analyticsのログインは、取得したGoogleアカウントのユーザ・パスワードでログインする事が出来ます。

 
既にGoogleにログインしている場合は、ログイン認証画面は表示されず、すぐに次のステップの画面へ移動します。

 
画面の中のを探すと「ログイン」という言葉が見つかると思うので、ログインのリンク、またはボタンをクリックしましょう。

 

 

 

Google Analyticsに利用申請する

Google Analyticsに利用申請する
Google Analyticsにログインした後、まだGoogle Analyticsの利用を開始していない場合は、Google Analyticsの導入ステップ画面が表示されます。

Google Analyticsの利用申請ボタンが表示されているので「お申し込み」ボタンを押してGoogle Analyticsの利用を申請しましょう。
利用の申請が完了するとGoogle Analyticsの設定画面に自動的にアクセスされます。

 
また、この画面にはGoogle Analyticsの大まかな導入の流れが表示されるので目を通しておきましょう。
目を通しておいた方が、自分が今Google Analyticsの導入のどの部分をやっているのかイメージが付きやすくなります。
 

 

 

トラフィック解析するWebサイトやモバイルアプリを登録する

Google Analyticsでトラフィック解析をするWebサイトやモバイルアプリを登録しましょう。
トラフィック解析をするWebサイトやモバイルアプリを登録する事で、登録したもののアクセス解析や集客分析、速度検証などを行う事が出来ます。

 
ここでは、Webサイトを登録する方法を見ていきましょう。

 

  • トラフィック解析するWebサイトを登録する

 

 

トラフィック解析するWebサイトを登録する

トラフィック解析するWebサイトを登録する
トラフィック解析をするWebサイトを登録するには、トラフィック解析に必要な情報を入力し、トラッキングIDを取得する必要があります。
トラッキングIDを取得して、Webサイトに登録する事によって、GoogleアナリティクスによってWebサイトの分析・解析を行う事が出来るようになります。

 
まずは、画面のタブから「ウェブサイト」を選択しましょう。
ウェブサイトを選択したら次の項目を入力し、トラフィック解析をするWebサイトについての情報を設定していきます。
これらの入力項目を入力したら画面の下部にある「トラッキングIDを取得」ボタンを押してトラッキングIDを取得しましょう。

 

  • アカウント名
  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトのURL
  • 業種
  • レポートのタイムゾーン
  • データの共有設定

 
アカウント名では、Googleアナリティクスの最上位の構成となるアカウント名を入力します。
Googleアナリティクスは複数のWebサイトやブログ、モバイルアプリなどを登録する事が出来るので、それらをまとめる物と考えてください。

 
ウェブサイト名はGoogleアナリティクスに登録したいWebサイト名、もしくはブログ名などを入力。

 
ウェブサイトのURLでは、ウェブサイトのURLを登録しましょう。
「http://」と「https://」から選ぶ事が出来るので、自分のサイトやブログに適したものを選択しましょう。
ウェブサイトのURLとしては、トップページのURLを設定します。たとえば、「どうしたらいいのNAVI」では「http://dousitaraiino.jp/」がトップページのURLとなります。

 
業種では、Webサイト・ブログのコンセプトとなる業種を選択します。
業種はリストから選択する事が出来ますが、もし自分の運営するWebサイトやブログが雑多な物でカテゴリとして登録する物が無い場合や、まだサイトを立ち上げたばかりで、コンセプトが定まっていない場合は「その他」を選択しておきましょう。

 
レポートのタイムゾーンでは、どの国の時刻でレポートをとるかを選択する事が出来ます。
Googleアナリティクスでは、時間毎のユーザーのアクセス推移など時間の項目が重要な指標となる場合があるので、自分の住む国の正しい時間帯を設定しましょう。

 
データの共有設定では、GoogleにGoogleアナリティクスで収集される情報の提供や、テクニカルサポートについての設定をチェック形式で選択する事が出来ます。
内容を読んで特に問題が無ければ、すべてチェックしたままでもよいでしょう。

 
入力が終わったら、「トラッキングIDを取得」ボタンを押して次のステップへ進みましょう。

 

 

 

Google Analyticsの利用規約に同意する

Google Analyticsの利用規約に同意する
トラッキングIDを取得しようとすると、Google Analyticsの利用規約が表示されます。
自分の住んでいる国/地域をリストの中から選んで、自分の国の利用規約を選択してから内容を確認しましょう。
内容の確認が済んだら、表示された利用規約のウィンドウの「同意する」ボタンを押して同意の意思を示しましょう。

 

 

 

Google Analyticsのアカウント管理画面が表示される

Google Analyticsのアカウント管理画面が表示される
GoogleアナリティクスへのWebサイト・モバイルアプリの必要情報の入力、利用規約への同意が済み、トラッキングIDの取得が終わると、Google Analyticsのアカウント管理画面に自動的にアクセスされます。

 
Google Analyticsのアカウント管理画面が表示されれば、Google Analytics側で行うべき設定は以上です。
Google Analyticsへアカウントの登録やWebサイト・モバイルアプリを登録しただけでは、まだGoogle Analyticsのアクセス解析や集客分析を行う事が出来ないので注意しましょう。

 
Googleアナリティクスの利用を開始するには、サイトやブログのページに「トラッキングコード」を埋め込む必要があります。

 

 

 

Webサイトやブログ・モバイルアプリにトラッキングコードを埋め込む

Webサイトやブログ・モバイルアプリにトラッキングコードを埋め込む
Google Analyticsに利用の申請を行った後は、Googleアナリティクスを使ってアクセス解析・集客分析・パフォーマンス評価などを行いたいWebサイトやモバイルアプリにトラッキングコードを埋め込みます。

 
トラッキンコードは、WebサイトであればGoogle Analyticsアカウントの管理画面で表示されるサイトやブログ、モバイルアプリを解析・分析する上で動作するコードのことです。

 
トラッキングコードはWebサイトであれば、トップページや記事ページを含む全てのページに埋め込む必要があります。
ページ一つ一つに埋め込むのは大変な作業なので、Wordpressでブログを運営している人であれば、Wordpressのプラグインを利用したり、テーマのヘッダー部分にトラッキングコードを記述したりすると一括で全てのページにトラッキングコードを埋め込む事が出来ます。

 
当ブログはWordpressで運営されている為、トラッキングコードをサイトのヘッダー内に試しに埋め込んでみました。
ブラウザのHTMLソースで表示してみると次のようなイメージになります。(HTMLやJavaScriptの縮小化をしているので見づらくて済みません)
Webサイトやブログ・モバイルアプリにトラッキングコードを埋め込む HTMLソース
 

 

 

Google Analyticsの動作を確認する

Google Analyticsの動作を確認する
Gogole Analyticsの動作を確認しましょう。
Google Analyticsの動作を簡単に確認するには次の手順を行ってみます。

  • Googleアナリティクスに登録しトラッキングコードを埋め込んだサイト・ブログ・モバイルアプリにアクセスする
  • サイト・ブログ・モバイルアプリにアクセスした状態で、Google Analyticsの「リアルタイム」->「サマリー」を表示する
  • 表示内容を確認する

 
まずは、Googleアナリティクスに登録した、Webサイトやブログ・モバイルアプリにアクセスしましょう。
アクセスした状態で、Googleアナリティクスのトップ画面から、「リアルタイム」の項目を選択し、その中のサマリーを表示します。

 
トラッキングコードが正常に動作し、Google Analytics上でも解析、分析が出来るようになっていれば、表示されるリアルタイムの人数がカウントアップされ表示されているはずです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


Google Analyticsの導入方法 あとがき

Google Analyticsの導入方法 あとがき
Google Analyticsの導入方法について紹介しました、いかがだったでしょうか?意外と簡単だったのではないでしょうか。

 
利用の申請自体もシンプルですし、トラッキングコードを埋め込むのがサイトやブログのソースをいじるのに馴染みがない人にとっては少し敷居が高く感じるかもしれませんが、実際やってみるととても簡単ですので、是非トライしてみてください。

 
Google Analyticsはアクセス解析の上で色々できて優れたツールの一つなので、導入していろいろな情報を分析し、より良いコンテンツ作成やユーザーの行動の把握、自分のサイトやブログ、アプリの弱いところ等の分析に役立てていってください。

 

 

 

 

Google Analyticsの導入方法 まとめ

Google Analyticsの導入方法 まとめ
Google AnalyticsはGoogleの提供するツールなので、事前にGoogleアカウントを取得しておく必要があります。
Google Analyticsはアクセス解析・集客分析など様々な機能を提供していますが、無料で使えるフリーツールなのでお金の心配はいりません。

 
導入については、アカウントの取得を含めると次の手順で導入する事が出来ます。

  • Googleアカウントを取得する
  • Google Analyticsのページにアクセスする
  • Google Analyticsにログインする
  • Google Analyticsの利用を申し込む
  • トラフィック解析するWebサイトやモバイルアプリを登録する
  • Google Analyticsの利用規約に同意する
  • Google Analyticsのアカウント管理画面が表示される
  • Webサイトやブログ・モバイルアプリにトラッキングコードを埋め込む
  • Google Analyticsの動作を確認する

 

Googleアカウントを取得する方法はシンプルで、次の流れで行います。

  • Googleアカウント作成ページへアクセスする
  • Googleアカウント作成ページで必要事項を入力する
  • Googleアカウント作成完了のメッセージが表示される

 
Google Analyticsの利用申請などを行う為、Google Analyticsのページにアクセスします。
Google Analyticsは次に紹介するリンク先のページになります。
Googleアナリティクス プレミアム

 
Google Analyticsのページにアクセスしたら、Google Analyticsにログインしましょう。
Google Analyticsのログインは、取得したGoogleアカウントのユーザ・パスワードでログインする事が出来ます。

 
既にGoogleにログインしている場合は、ログイン認証画面は表示されず、すぐに次のステップの画面へ移動します。

 
Google Analyticsにログインした後、まだGoogle Analyticsの利用を開始していない場合は、Google Analyticsの導入ステップ画面が表示されます。

 
Google Analyticsの利用申請ボタンが表示されているので「お申し込み」ボタンを押してGoogle Analyticsの利用を申請しましょう。
利用の申請が完了するとGoogle Analyticsの設定画面に自動的にアクセスされます。

 
Google Analyticsでトラフィック解析をするWebサイトやモバイルアプリを登録しましょう。
トラフィック解析をするWebサイトやモバイルアプリを登録する事で、登録したもののアクセス解析や集客分析、速度検証などを行う事が出来ます。

 
ここでは、Webサイトを登録する方法を見ていきましょう。

 

  • トラフィック解析するWebサイトを登録する

 
トラフィック解析をするWebサイトを登録するには、トラフィック解析に必要な情報を入力し、トラッキングIDを取得する必要があります。
トラッキングIDを取得して、Webサイトに登録する事によって、GoogleアナリティクスによってWebサイトの分析・解析を行う事が出来るようになります。

 
まずは、画面のタブから「ウェブサイト」を選択しましょう。
ウェブサイトを選択したら次の項目を入力し、トラフィック解析をするWebサイトについての情報を設定していきます。
これらの入力項目を入力したら画面の下部にある「トラッキングIDを取得」ボタンを押してトラッキングIDを取得しましょう。

 

  • アカウント名
  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトのURL
  • 業種
  • レポートのタイムゾーン
  • データの共有設定

 
トラッキングIDを取得しようとすると、Google Analyticsの利用規約が表示されます。
自分の住んでいる国/地域をリストの中から選んで、自分の国の利用規約を選択してから内容を確認しましょう。
内容の確認が済んだら、表示された利用規約のウィンドウの「同意する」ボタンを押して同意の意思を示しましょう。

 
Google Analyticsに利用の申請を行った後は、Googleアナリティクスを使ってアクセス解析・集客分析・パフォーマンス評価などを行いたいWebサイトやモバイルアプリにトラッキングコードを埋め込みます。

 
トラッキンコードは、WebサイトであればGoogle Analyticsアカウントの管理画面で表示されるサイトやブログ、モバイルアプリを解析・分析する上で動作するコードのことです。

 
トラッキングコードはWebサイトであれば、トップページや記事ページを含む全てのページに埋め込む必要があります。
ページ一つ一つに埋め込むのは大変な作業なので、Wordpressでブログを運営している人であれば、Wordpressのプラグインを利用したり、テーマのヘッダー部分にトラッキングコードを記述したりすると一括で全てのページにトラッキングコードを埋め込む事が出来ます。

 
Gogole Analyticsの動作を確認しましょう。
Google Analyticsの動作を簡単に確認するには次の手順を行ってみます。

  • Googleアナリティクスに登録しトラッキングコードを埋め込んだサイト・ブログ・モバイルアプリにアクセスする
  • サイト・ブログ・モバイルアプリにアクセスした状態で、Google Analyticsの「リアルタイム」->「サマリー」を表示する
  • 表示内容を確認する

 
トラッキングコードが正常に動作し、Google Analytics上でも解析、分析が出来るようになっていれば、表示されるリアルタイムの人数がカウントアップされ表示されているはずです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Google , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Google】Search Consoleでプロパティにアクセスできなくなった場合の対処法!
【Google】Search Consoleでプロパティにアクセスできなくなった場合の対処法!

ブログやサイトを運営していて、Googleが提供するSearch Console …

【Google】Search ConsoleでGoogleアナリティクスのプロパティが確認できない!
【Google】Search ConsoleでGoogleアナリティクスのプロパティが確認できない!

ブログやサイトを運営している上で、Search ConsoleとGoogleアナ …

【Google】Googleアカウントを取得する方法
【Google】Googleアカウントを取得する方法

GoogleのサービスやWebツールなどなど、Googleの提供する様々なサービ …

【Wordpress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!
【WordPress】Head Cleanerが原因でSearch Consoleが使えない?!

WordPressを使ってブログを運営している人で「Head Cleaner」を …

【Google】データハイライターの設定と使い方
【Google】データハイライターの設定と使い方

ブログやサイトを運営している人で、Googleの提供するSearch Conso …

【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowを導入する方法
【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowの導入方法

YSlowはサイトやブログのページの表示速度を評価する、Chromeのアドオンの …