どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Eclipse】Eclipseで起動するブラウザを変更する設定

      2015/11/07


Eclipseを利用して、Webプログラムを作成している人は、Eclipseのブラウザ機能を使って画面を確認したりテストしている人も居る事でしょう。
Eclipseはブラウザを起動するときにブラウザに対する設定内容を見て、起動するブラウザを切り替えています。

 
Eclipseの用意しているブラウザでも確認できない事はないのだけれど、普段作成しているブラウザに切り替えて表示したい、テスト効率化の為にブラウザを直接指定したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 
Eclipseのブラウザを普段使っているブラウザに変更する設定について簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Eclipse】Eclipseで起動するブラウザを変更する設定
 

 

Eclipseで起動するブラウザを変更する設定

Eclipseで起動するブラウザを変更する設定では、EclipseでWeb画面を表示した時に起動されるブラウザをEclipseデフォルトの内部ブラウザから、パソコンにインストールされている別のブラウザに切り替える設定をします。

 
EclipseにはEclipseが用意した独自ブラウザが用意されていて、デフォルトでその内部ブラウザが設定されています。

 
ブラウザでの検証を自分が普段使っているブラウザで確認したい人や、テストの為に他の外部ブラウザに切り替えたい人は、Eclipseが用意している内部ブラウザではなく、外部ブラウザであるパソコンにインストールされているブラウザを指定する必要があります。

 
ここでは次のバージョンのEclipseを使ってブラウザを変更する設定を行っていきます。

  • Eclipse 4.5 Mars Pleiades All in One

 

Eclipseで起動するブラウザを変更する設定の手順

Eclipseで起動するブラウザを変更する設定の手順は次の通りです。この設定ではEclipseの設定項目を使ってブラウザの設定をしていくので、予めEclipseは起動しておきましょう。

  • Eclipse設定画面を開く
  • Webブラウザーの設定項目を選択する
  • 利用するWebブラウザーの設定を行う

 
では実際にEclipseで起動するブラウザを変更する手順を行って、Eclipseが起動するWebブラウザーの設定を行っていきましょう。

 

 

 

Eclipse設定画面を開く

Eclipse設定画面を開く
EclipseのWebブラウザーの設定を行う為、まずはWebブラウザーの設定画面を開きましょう。
設定画面はメニューから「ウィンドウ」->「設定」を選択するとEclipseの設定画面を開く事が出来ます。

メニューから「ウィンドウ」->「設定」を選択したイメージは次の画像の通りです。
設定画面を開く-1

 

 

 

Webブラウザーの設定項目を選択する

Webブラウザーの設定項目を選択する
Eclipseの設定画面を開く事が出来たら、実際にWebブラウザーの設定項目を選択しましょう。
Webブラウザーの設定項目は、設定一覧の中から「一般」->「Webブラウザー」を選択する事で開く事が出来ます。

 

 

 

利用するWebブラウザーの設定を行う

利用するWebブラウザーの設定を行う
EclipseのWebブラウザーの設定を開く事が出来たら、実際に利用するWebブラウザーの設定を行っていきましょう。
デフォルトでは「内部Webブラウザーを使用」で「デフォルトのシステムWebブラウザー」を使う設定になっています。

 
自分のパソコンに用意されているブラウザーを設定するには「外部Webブラウザーを使用」を選択し、外部Webブラウザーの一覧から利用したいWebブラウザーを選択して、「適用」もしくは「OK」ボタンを押す事で設定を変更することが出来ます。

 
「デフォルトのシステムWebブラウザー」を選択している場合は、いつも利用しているブラウザーをEclipseが呼び出してくれます。

 
他に起動したいブラウザーを個別に使用したい場合は、そのブラウザーを個別に選択する事で起動ブラウザーを選択する事が出来ます。
起動したいブラウザーが一覧に存在しない場合は「新規」ボタンを押してブラウザーを新規に追加する必要があります。

 
見出し画像のでは利用するWebブラウザーに外部ブラウザーを選択し、「デフォルトのシステムWebブラウザー」を選択する事で、普段使っているブラウザーをEclipse側から呼び出すように設定しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク


Eclipseで起動するブラウザを変更する設定 まとめ

Eclipseで起動するブラウザを変更する設定では、EclipseでWeb画面を表示した時に起動されるブラウザをEclipseデフォルトの内部ブラウザから、パソコンにインストールされている別のブラウザに切り替える設定をします。

 
EclipseにはEclipseが用意した独自ブラウザが用意されていて、デフォルトでその内部ブラウザが設定されています。

 
ブラウザでの検証を自分が普段使っているブラウザで確認したい人や、テストの為に他の外部ブラウザに切り替えたい人は、Eclipseが用意している内部ブラウザではなく、外部ブラウザであるパソコンにインストールされているブラウザを指定する必要があります。

 
ここでは次のバージョンのEclipseを使ってブラウザを変更する設定を行っていきます。

  • Eclipse 4.5 Mars Pleiades All in One

 
Eclipseで起動するブラウザを変更する設定の手順は次の通りです。この設定ではEclipseの設定項目を使ってブラウザの設定をしていくので、予めEclipseは起動しておきましょう。

  • Eclipse設定画面を開く
  • Webブラウザーの設定項目を選択する
  • 利用するWebブラウザーの設定を行う

 
Eclipse設定画面を開く
EclipseのWebブラウザーの設定を行う為、まずはWebブラウザーの設定画面を開きましょう。
設定画面はメニューから「ウィンドウ」->「設定」を選択するとEclipseの設定画面を開く事が出来ます。

 
Webブラウザーの設定項目を選択する
Eclipseの設定画面を開く事が出来たら、実際にWebブラウザーの設定項目を選択しましょう。
Webブラウザーの設定項目は、設定一覧の中から「一般」->「Webブラウザー」を選択する事で開く事が出来ます。

 
利用するWebブラウザーの設定を行う
EclipseのWebブラウザーの設定を開く事が出来たら、実際に利用するWebブラウザーの設定を行っていきましょう。
デフォルトでは「内部Webブラウザーを使用」で「デフォルトのシステムWebブラウザー」を使う設定になっています。

 
自分のパソコンに用意されているブラウザーを設定するには「外部Webブラウザーを使用」を選択し、外部Webブラウザーの一覧から利用したいWebブラウザーを選択して、「適用」もしくは「OK」ボタンを押す事で設定を変更することが出来ます。

 
「デフォルトのシステムWebブラウザー」を選択している場合は、いつも利用しているブラウザーをEclipseが呼び出してくれます。

 
他に起動したいブラウザーを個別に使用したい場合は、そのブラウザーを個別に選択する事で起動ブラウザーを選択する事が出来ます。
起動したいブラウザーが一覧に存在しない場合は「新規」ボタンを押してブラウザーを新規に追加する必要があります。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Eclipse , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Eclipse】PHPのデバッグツールXdebugの設定と使い方
【Eclipse】PHPのデバッグツールXdebugの設定と使い方

EcliseでPHP開発をしているとプログラムをデバッグしたいという事もあるでし …

【Wordpress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定
【WordPress開発環境】Eclipseで開発をスムーズにするオススメの設定

WordPressの開発環境として統合開発環境のEclipseを利用している人も …

【Wordpress開発環境】レンタルサーバからローカル環境にWordpressをコピーし開発環境構築!
【WordPress開発環境】レンタルサーバからローカル環境にWordPressをコピーし開発環境構築!

WordPressをレンタルサーバーを借りてブログ運営していると「レンタルサーバ …

【Wordpress開発環境】XamppのWordpressをEclipseにインポートする方法
【WordPress開発環境】XamppのWordPressをEclipseにインポートする方法

XamppとEclipseを使ってWordpressの開発環境を構築したいと思っ …