どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights

      2015/11/07


ブログやサイトを運営しているとサイトやブログのパフォーマンスをチェックしたい時がありますよね。
そんな時に使えるパフォーマンスチェックツールが「Page Speed Insights」です。

 
ブログやサイトのパフォーマンスをチェックするPageSpeed Insightsとは一体どんなツールで、どんな使い方なのでしょうか。

 
ブログやサイトのパフォーマンスを評価してくれるPageSpeed Insightsについて簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 
【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights
 

 

ブログやサイトのパフォーマンスをチェックする PageSpeed Insightsとは

ブログやサイトのパフォーマンスをチェックする PageSpeed Insightsとは
PageSpeed Insightsとは、Googleの提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度やユーザビリティを100点満点の点数で評価してくれるパフォーマンスチェックツールです。

 
パフォーマンスやユーザビリティの他にも、ページを表示する上でネックとなるリソースを示したり、改善方法の提案もしてくれる優れたツールです。

 
Googleが提供しているという事もあって、指摘のあった内容の改善やネックとなるリソースに対して対処を行う事で、Google SEOとしても改善項目に対して対処したほうがメリットがあるのではないかと推測されます。

 
レンダリングをブロックしているCSSやJavaScriptや、画像の最適化の指摘など、幅広い提案を受ける事ができるので、サイトやブログを運営するのであれば一度は使っておきたいパフォーマンスチェックツールの一つです。

 

 

 

 

PageSpeed Insightsの使い方

PageSpeed Insightsの使い方
PageSpeed Insightsを使うにはGoogleの提供するサービスページへ移動する必要があります。
次のリンクにアクセスすると、PageSpeed Insightsのページに移動する事が出来ます。
PageSpeed Insights

 
PageSpeed Insightsの使い方はいたって簡単でシンプルです。
PageSpeed Insightsの画面に表示されているテキストボックスにパフォーマンスやユーザビリティを検証したいページのURLを入力するだけです。

 
PageSpeed Insightsは自分の持っているサイトやブログだけでなく、他のサイトやブログもURLを入力すると評価する事が出来ます。

 
画像の例はPageSpeed Insightsにアクセスした画面です。

 

 

 

 

PageSpeed Insightsの評価について

PageSpeed Insightsの評価について
PageSpeed Insightはモバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンについてはGoogleの提案について、テストし評価を受ける事が出来ます。

 
テストした評価の画面では評価をした際の簡単なレンダリング表示についても確認する事が出来ます。

 
モバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンスについて「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来、パソコンについても提案の概要として「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来ます。

 
必ずしもこの提案内容が正しいとは限りませんが、サイトやブログ・パフォーマンスの改善方法がわからない人にとってはとても有益な情報ですので、提案内容を参考にサイトやブログを修正した方が賢明でしょう。

 

 

 

 

PageSpeed Insightsの提案について

PageSpeed Insightsの提案について
PageSpeed Insightsでは、検証をしたサイトやブログのページを評価し、改善するための提案を受ける事が出来ます。
提案はモバイルの速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンの提案の概要毎に受ける事が出来ます。

 

 

 

モバイルの速度で受ける提案

モバイルの速度で受ける提案
Page Speed Insightsのモバイルの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、改善の余地のある改善内容について提案を受ける事が出来ます。

 
パフォーマンス低下の原因であったり、パフォーマンスを更に向上させるうえで有意義な提案を受ける事が出来るので提案内容について目を通しておいた方が良いでしょう。

 
また、検証した際にパフォーマンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
現在、モバイルの速度で受ける提案内容としては次のような提案を受ける事が出来ます。

  • スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する
  • ブラウザのキャッシュを活用する
  • 圧縮を有効にする
  • JavaScript を縮小する
  • サーバーの応答時間を短縮する
  • HTML を縮小する
  • CSS を縮小する
  • 画像を最適化する
  • リンク先ページのリダイレクトを使用しない
  • 表示可能コンテンツの優先順位を決定する

 

 

 

モバイルのユーザーエクスピリエンスで受ける提案

モバイルのユーザーエクスピリエンスで受ける提案
Page Speed Insightsのユーザーエクスピリエンスの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、更にユーザーの使いやすさに対して改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
ユーザーが目的のリンクを押しやすくしたり、見づらい表示となっていた場合はユーザーにとって不便な使えないページになってしまうので、提案内容に沿ってよりユーザーが使いやすいページを作成していきましょう。

 
また、検証した際にユーザーエクスピリエンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
現在、モバイルのユーザーエクスピリエンスで受ける提案内容としては次のような提案を受ける事が出来ます。

  • タップ ターゲットのサイズを適切に調整する
  • viewport の設定
  • コンテンツのサイズを表示域に合わせる
  • コンテンツを隠すアプリ インストール インタースティシャルを使用しない
  • プラグインを使用しない
  • 判読可能なフォント サイズの使用

 

 

 

パソコンの提案の概要で受ける提案

パソコンの提案の概要で受ける提案
Page Speed Insightsのパソコンの提案の概要で受ける提案ではサイトやブログのページをパソコンで表示した場合に、表示やページの見易さ等、改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
パソコンはモバイルに比べ、ページを表示する処理能力が高いですが、よりブログやサイトとして最適化しておいた方が良い項目について提案を受ける事が出来ます。

 
また、検証した際に評価が合格となったものについては「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
現在、パソコンの提案の概要で受ける提案内容としては次のような提案を受ける事が出来ます。

  • 圧縮を有効にする
  • ブラウザのキャッシュを活用する
  • スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する
  • JavaScript を縮小する
  • サーバーの応答時間を短縮する
  • HTML を縮小する
  • CSS を縮小する
  • リンク先ページのリダイレクトを使用しない
  • 画像を最適化する
  • 表示可能コンテンツの優先順位を決定する

 

 

 

 

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insightsを読むうえで知っておきたい知識

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insightsを読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

サイト・ブログのパフォーマンスをチェックするツール

【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールにはいろいろな種類があり、Webツールなのかブラウザのアドオンなのか等々、ツールそのものの使い方が違う場合もあります。

 
パフォーマンスチェックツールを選ぶ上では、自分の使い心地の良いものだったり、知りたい情報を教えてくれたり、使い方が簡単かなどを基準に選ぶと良いのではないでしょうか。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールとしてオススメなのが次のパフォーマンスチェックツールです。

 

  • GTmetrix
  • PageSpeed Insights
  • YSlow

 

GTmetrixとは、Webツールの一つでGoogleの提供するPageSpeed Insightsと、Yahoo!の提供するYSlowを使って同時にサイト・ブログのパフォーマンスを計測してくれるものです。
また、PageSpeed InsightsとYSlowの他にもページ表示に費やされたウォーターフォールチャートも確認する事が出来ます。

 
PageSpeed InsightsもYSlowもサイトやブログのページのパフォーマンスについて評価し、改善項目について提案してくれるので、出来れば同時に検証したいという思いを叶えるツールになっています。

 
GTmetrixを使ってサイト・ブログの表示速度を評価する方法は次の手順で行います。
Gtmetrixは使い方がとてもシンプルなのでよほどの事が無い限りは使っていて迷うという事はないのではないでしょう。

  • GTmetrixのWebページへアクセスする
  • パフォーマンスを評価したいページのURLを入力する
  • 評価内容を確認する

 

PageSpeed Insightsとは、Googleの提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度やユーザビリティを100点満点の点数で評価してくれるパフォーマンスチェックツールです。

 
パフォーマンスやユーザビリティの他にも、ページを表示する上でネックとなるリソースを示したり、改善方法の提案もしてくれる優れたツールです。

 
PageSpeed Insightsを使うにはGoogleの提供するサービスページへ移動する必要があります。
次のリンクにアクセスすると、PageSpeed Insightsのページに移動する事が出来ます。
PageSpeed Insights

 

サイトやブログの表示速度を測定するYSlowとは、アメリカの「Yahoo!」が提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度を測定し、評価してくれるGoogle ChromeとFireFoxの拡張機能・アドオンです。

 
サイトやブログのHTMLや、Apacheの設定ファイル(.htaccessやhttpd.conf)の記述だけで効果が得られるTipsとなっています。

 
YSlowを利用する事で、サイトやブログの表示速度の低下の原因となっている箇所やネックとなっているリソース、特に弱い項目や改善すべき内容などの提案を受ける事が出来ます。

 
YSlowで受ける提案の項目がすべて正しいというわけではありませんが、検証し、対処する事でサイトやブログの表示速度が大幅に改善される事も多いため、パフォーマンス改善の方法がわからないという人は利用をオススメしたいツールです。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツールについては「【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール」で簡単でわかりやすく、詳しくまとめているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights あとがき

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights あとがき
ブログやサイトのパフォーマンスをチェックするPageSpeed Insightsについて紹介しました。

 
実際にページ表示にかかった時間などは表示されないものの、点数表示で評価をし、更に改善内容まで提案してくれるので自分で何がページを表示する上でネックとなっているのか調べる手間がかなり省けるところが魅力的です。

 
実際にPageSpeed Insightsの提案内容に沿って修正をし、高評価になったところ、突然検索流入が多くなったという事例もあるので、Google SEO的な目線としても効果があるのかもしれません。

 
実際にブログやページを表示するパフォーマンスも向上させた方が、記事の評価が上がるのは明白なので、改善して置いて損はないでしょう。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするPageSpeed Insightsを使って使いやすく、早くて良いものを作り上げていってくださいね。

 

 

 

 

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights まとめ

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights まとめ
PageSpeed Insightsとは、Googleの提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度やユーザビリティを100点満点の点数で評価してくれるパフォーマンスチェックツールです。

 
パフォーマンスやユーザビリティの他にも、ページを表示する上でネックとなるリソースを示したり、改善方法の提案もしてくれる優れたツールです。

 
PageSpeed Insightsを使うにはGoogleの提供するサービスページへ移動する必要があります。
次のリンクにアクセスすると、PageSpeed Insightsのページに移動する事が出来ます。
PageSpeed Insights

 
PageSpeed Insightsの使い方はいたって簡単でシンプルです。
PageSpeed Insightsの画面に表示されているテキストボックスにパフォーマンスやユーザビリティを検証したいページのURLを入力するだけです。

 
PageSpeed Insightはモバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンについてはGoogleの提案について、テストし評価を受ける事が出来ます。

 
テストした評価の画面では評価をした際の簡単なレンダリング表示についても確認する事が出来ます。

 
モバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンスについて「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来、パソコンについても提案の概要として「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来ます。

 
PageSpeed Insightsでは、検証をしたサイトやブログのページを評価し、改善するための提案を受ける事が出来ます。
提案はモバイルの速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンの提案の概要毎に受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのモバイルの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、改善の余地のある改善内容について提案を受ける事が出来ます。

 
パフォーマンス低下の原因であったり、パフォーマンスを更に向上させるうえで有意義な提案を受ける事が出来るので提案内容について目を通しておいた方が良いでしょう。

 
また、検証した際にパフォーマンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのユーザーエクスピリエンスの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、更にユーザーの使いやすさに対して改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
ユーザーが目的のリンクを押しやすくしたり、見づらい表示となっていた場合はユーザーにとって不便な使えないページになってしまうので、提案内容に沿ってよりユーザーが使いやすいページを作成していきましょう。

 
また、検証した際にユーザーエクスピリエンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのパソコンの提案の概要で受ける提案ではサイトやブログのページをパソコンで表示した場合に、表示やページの見易さ等、改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
パソコンはモバイルに比べ、ページを表示する処理能力が高いですが、よりブログやサイトとして最適化しておいた方が良い項目について提案を受ける事が出来ます。

 
また、検証した際に評価が合格となったものについては「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Webツール , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix
【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix

サイトやブログのパフォーマンスのチェックにPage Speed Insights …

【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowを導入する方法
【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowの導入方法

YSlowはサイトやブログのページの表示速度を評価する、Chromeのアドオンの …

【ツール】サイトやブログの表示速度を測定するYSlow
【ツール】サイトやブログの表示速度を評価するYSlow

サイトブログの表示速度を測定するツールにYSlowというツールがあります。 サイ …

【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール
【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール

ブログやサイトのパフォーマンスチェックをしたいと考えている人は自分のサイトやブロ …