どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール

      2015/11/07


ブログやサイトのパフォーマンスチェックをしたいと考えている人は自分のサイトやブログに合ったパフォーマンスチェックツールってなんだろう?って思うものですよね。

 
そもそも、パフォーマンスチェックしてくれる物にはどんなものがあって、どれがオススメなのかわからないですよね。
使用感や画面の感じはどうなのか?という事も興味があるところです。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツールについて簡単でわかりやすく、詳しくまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール
 

 

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツール

ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツール
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールにはいろいろな種類があり、Webツールなのかブラウザのアドオンなのか等々、ツールそのものの使い方が違う場合もあります。

 
パフォーマンスチェックツールを選ぶ上では、自分の使い心地の良いものだったり、知りたい情報を教えてくれたり、使い方が簡単かなどを基準に選ぶと良いのではないでしょうか。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールとしてオススメなのが次のパフォーマンスチェックツールです。

 

  • GTmetrix
  • PageSpeed Insights
  • YSlow

 
それぞれ、使い方も違えば表示してくれる情報も違う物ばかりですので、自分のパフォーマンスチェックの用途に応じたツールを使っていくと良いと思います。

 
では、各ツールについて具体的にどんなものなのか見ていきましょう。

 

 

 

 

GTmetrix

【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix
GTmetrixとは、Webツールの一つでGoogleの提供するPageSpeed Insightsと、Yahoo!の提供するYSlowを使って同時にサイト・ブログのパフォーマンスを計測してくれるものです。
また、PageSpeed InsightsとYSlowの他にもページ表示に費やされたウォーターフォールチャートも確認する事が出来ます。

 
PageSpeed InsightsもYSlowもサイトやブログのページのパフォーマンスについて評価し、改善項目について提案してくれるので、出来れば同時に検証したいという思いを叶えるツールになっています。

 
GTmetrixを使ってサイト・ブログの表示速度を評価する方法は次の手順で行います。
Gtmetrixは使い方がとてもシンプルなのでよほどの事が無い限りは使っていて迷うという事はないのではないでしょうか。

  • GTmetrixのWebページへアクセスする
  • パフォーマンスを評価したいページのURLを入力する
  • 評価内容を確認する

 
Gtmetrixを使う為に、まずはGTmetrixのWebページへアクセスしましょう。
GtmetrixのWebページへは次のリンクからアクセスする事が出来ます。

GTmetrix

 
GTmetrixのページにアクセスしたら、パフォーマンスの計測をしたいページのURLを入力しましょう。
URLを入力するのは、ページ中央部に表示されている「Enter URL to Analyze…」と表示されているテキストボックスです。

 
パフォーマンス評価したいページのURLを入力したら「Analyze」ボタンを押しましょう。

 
GTmetrixでウェブページの表示速度について評価が完了すると、具体的に評価結果について表示されます。
アカウントを利用しない無償版では次の事を確認する事が出来ます。

  • PageSpeed Insights・Yslowの評価スコア
  • Webページの詳細情報
  • PageSpeed Insightsの評価内容と提案内容
  • YSlowの評価内容と提案内容
  • ページ表示にかかったウォーターフォールチャート

 
PageSpeed Insights・Yslowの評価スコア
Webページのパフォーマンスを検証した結果のスコアとして、PageSpeed InsightsとYSlowのスコアの評価を確認することが出来ます。
Webページの評価を行った際の総評価として捉えるのが良いでしょう。

 
Webページの詳細情報
Webページの詳細情報では、Webページの読み込みにかかった時間や全体のページサイズ、ページ表示の際に出ている外部、内部へのリクエスト回数が表示されます。

 
PageSpeed Insightsの評価内容と提案内容
PageSpeed Insightsの評価内容と提案内容では、PageSpeed Insightsから受ける評価の詳細と、提案内容について確認する事が出来ます。
PageSpeed Insightsの評価内容と提案は画面中央付近の「PageSpeed」を選択すると確認する事が出来ます。

 
YSlowの評価内容と提案内容
YSlowの評価内容と提案内容では、YSlowから受ける評価の詳細と、提案内容について確認する事が出来ます。
YSlowの評価内容と提案は画面中央付近の「YSlow」を選択すると確認する事が出来ます。

 
ページ表示にかかったウォーターフォールチャート
ページ表示にかかったウォーターフォールチャートでは、ページの表示をする上で、読み込んだJavaScriptやCSS、サーバーの応答などの含めてグラフ形式で確認する事が出来るチャートです。

 

ウォーターフォールチャートは、画面中央部の「Waterfall」タブをクリックすると表示する事が出来ます。

 
PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測できるGTmetrixについては「【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsの使い方
PageSpeed Insightsとは、Googleの提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度やユーザビリティを100点満点の点数で評価してくれるパフォーマンスチェックツールです。

 
パフォーマンスやユーザビリティの他にも、ページを表示する上でネックとなるリソースを示したり、改善方法の提案もしてくれる優れたツールです。

 
PageSpeed Insightsを使うにはGoogleの提供するサービスページへ移動する必要があります。
次のリンクにアクセスすると、PageSpeed Insightsのページに移動する事が出来ます。
PageSpeed Insights

 
PageSpeed Insightsの使い方はいたって簡単でシンプルです。
PageSpeed Insightsの画面に表示されているテキストボックスにパフォーマンスやユーザビリティを検証したいページのURLを入力するだけです。

 
PageSpeed Insightはモバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンについてはGoogleの提案について、テストし評価を受ける事が出来ます。

 
テストした評価の画面では評価をした際の簡単なレンダリング表示についても確認する事が出来ます。

 
モバイルについては速度・ユーザーエクスピリエンスについて「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来、パソコンについても提案の概要として「修正が必要」「修正を考慮」の2段階の提案を受ける事が出来ます。

 
PageSpeed Insightsでは、検証をしたサイトやブログのページを評価し、改善するための提案を受ける事が出来ます。
提案はモバイルの速度・ユーザーエクスピリエンス、パソコンの提案の概要毎に受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのモバイルの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、改善の余地のある改善内容について提案を受ける事が出来ます。

 
パフォーマンス低下の原因であったり、パフォーマンスを更に向上させるうえで有意義な提案を受ける事が出来るので提案内容について目を通しておいた方が良いでしょう。

 
また、検証した際にパフォーマンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのユーザーエクスピリエンスの速度で受ける提案ではサイトやブログのページとして、更にユーザーの使いやすさに対して改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
ユーザーが目的のリンクを押しやすくしたり、見づらい表示となっていた場合はユーザーにとって不便な使えないページになってしまうので、提案内容に沿ってよりユーザーが使いやすいページを作成していきましょう。

 
また、検証した際にユーザーエクスピリエンスの低下の原因とされなかった物には「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
Page Speed Insightsのパソコンの提案の概要で受ける提案ではサイトやブログのページをパソコンで表示した場合に、表示やページの見易さ等、改善の余地のある項目について提案を受ける事が出来ます。

 
パソコンはモバイルに比べ、ページを表示する処理能力が高いですが、よりブログやサイトとして最適化しておいた方が良い項目について提案を受ける事が出来ます。

 
また、検証した際に評価が合格となったものについては「ルールに合格」として評価を受ける事が出来ます。

 
ブログやサイトのパフォーマンスを検証してくれるPageSpeed Insightsについては「【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

YSlow

【ツール】サイトやブログの表示速度を測定するYSlow
サイトやブログの表示速度を測定するYSlowとは、アメリカの「Yahoo!」が提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度を測定し、評価してくれるGoogle ChromeとFireFoxの拡張機能・アドオンです。

 
サイトやブログのHTMLや、Apacheの設定ファイル(.htaccessやhttpd.conf)の記述だけで効果が得られるTipsとなっています。

 
YSlowを利用する事で、サイトやブログの表示速度の低下の原因となっている箇所やネックとなっているリソース、特に弱い項目や改善すべき内容などの提案を受ける事が出来ます。

 
YSlowで受ける提案の項目がすべて正しいというわけではありませんが、検証し、対処する事でサイトやブログの表示速度が大幅に改善される事も多いため、パフォーマンス改善の方法がわからないという人は利用をオススメしたいツールです。

 
YSlowはFireFoxとGoogle Chromeのアドオンとして提供されていて、それぞれのブラウザで導入方法が若干異なります。
Fire Fox、Google ChromeのアドオンにYSlowを導入する方法を見ていきましょう。

 

Google ChromeにYSlowを導入するには、次の手順を行う必要があります。

  • Chrome ウェブストアのYSlowのページにアクセスする
  • ChromeにYSlowを追加する
  • YSlowが動作するか使ってみる

 
YSlowの導入が済んだら、実際にYSlowを使ってみましょう。
YSlowは次の手順で使用する事が出来ます。

  • パフォーマンスを評価したいサイト・ブログのページへアクセス
  • ブラウザ拡張機能のYSlowを起動して評価を開始する
  • YSlowの評価内容を確認する

 
サイトやブログの表示速度を評価するYSlowについては「【ツール】サイトやブログの表示速度を評価するYSlow」で簡単でわかりやすく、詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール あとがき

ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール あとがき
ブログ・サイトのパフォーマンスチェックツールについてまとめて紹介しました。
それぞれのパフォーマンスツールには個性があり、自分の知りたい情報や用途、作業効率などを考えて選ぶと一番良いのではないでしょうか。

 
パフォーマンスチェックツールは一つだけでなく、複数使ってみると新たな気づきや改善点などを知る事が出来るので、自分に合ったパフォーマンスチェックツールを複数選ぶのが良いのではないかと思います。

 
筆者個人的には「GTmetrix」が使いやすくてお勧めで、実際に色々とパフォーマンスチェックの際には利用しています。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスチェックの方法もブログ・サイト運営者の人の考え方が反映されると思いますので、是非自分に合ったパフォーマンスチェックツールを見つけて使っていってくださいね。

 

 

 

 

ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール まとめ

ブログ・サイトのパフォーマンスチェックのツール まとめ
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールにはいろいろな種類があり、Webツールなのかブラウザのアドオンなのか等々、ツールそのものの使い方が違う場合もあります。

 
パフォーマンスチェックツールを選ぶ上では、自分の使い心地の良いものだったり、知りたい情報を教えてくれたり、使い方が簡単かなどを基準に選ぶと良いのではないでしょうか。

 
ブログ・サイトのパフォーマンスをチェックするツールとしてオススメなのが次のパフォーマンスチェックツールです。

 

  • GTmetrix
  • PageSpeed Insights
  • YSlow

 

GTmetrixとは、Webツールの一つでGoogleの提供するPageSpeed Insightsと、Yahoo!の提供するYSlowを使って同時にサイト・ブログのパフォーマンスを計測してくれるものです。
また、PageSpeed InsightsとYSlowの他にもページ表示に費やされたウォーターフォールチャートも確認する事が出来ます。

 
PageSpeed InsightsもYSlowもサイトやブログのページのパフォーマンスについて評価し、改善項目について提案してくれるので、出来れば同時に検証したいという思いを叶えるツールになっています。

 
GTmetrixを使ってサイト・ブログの表示速度を評価する方法は次の手順で行います。
Gtmetrixは使い方がとてもシンプルなのでよほどの事が無い限りは使っていて迷うという事はないのではないでしょう。

  • GTmetrixのWebページへアクセスする
  • パフォーマンスを評価したいページのURLを入力する
  • 評価内容を確認する

 

PageSpeed Insightsとは、Googleの提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度やユーザビリティを100点満点の点数で評価してくれるパフォーマンスチェックツールです。

 
パフォーマンスやユーザビリティの他にも、ページを表示する上でネックとなるリソースを示したり、改善方法の提案もしてくれる優れたツールです。

 
PageSpeed Insightsを使うにはGoogleの提供するサービスページへ移動する必要があります。
次のリンクにアクセスすると、PageSpeed Insightsのページに移動する事が出来ます。
PageSpeed Insights

 

サイトやブログの表示速度を測定するYSlowとは、アメリカの「Yahoo!」が提供するツールの一つで、サイトやブログの表示速度を測定し、評価してくれるGoogle ChromeとFireFoxの拡張機能・アドオンです。

 
サイトやブログのHTMLや、Apacheの設定ファイル(.htaccessやhttpd.conf)の記述だけで効果が得られるTipsとなっています。

 
YSlowを利用する事で、サイトやブログの表示速度の低下の原因となっている箇所やネックとなっているリソース、特に弱い項目や改善すべき内容などの提案を受ける事が出来ます。

 
YSlowで受ける提案の項目がすべて正しいというわけではありませんが、検証し、対処する事でサイトやブログの表示速度が大幅に改善される事も多いため、パフォーマンス改善の方法がわからないという人は利用をオススメしたいツールです。


 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Webツール, ツール , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix
【ツール】PageSpeed InsightsとYSlowで同時パフォーマンス計測! GTmetrix

サイトやブログのパフォーマンスのチェックにPage Speed Insights …

【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowを導入する方法
【Chrome】サイトのパフォーマンスを評価するYSlowの導入方法

YSlowはサイトやブログのページの表示速度を評価する、Chromeのアドオンの …

【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights
【ツール】ブログ・サイトのパフォーマンスをチェック PageSpeed Insights

ブログやサイトを運営しているとサイトやブログのパフォーマンスをチェックしたい時が …

【ツール】サイトやブログの表示速度を測定するYSlow
【ツール】サイトやブログの表示速度を評価するYSlow

サイトブログの表示速度を測定するツールにYSlowというツールがあります。 サイ …