どうしたらいいのNAVI

どうしたらいいの?にお答えするサイト

【Quick Adsense】好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定

      2015/11/07


広告を掲載していると「自分はリード文を書くのに3段落と決めているから、その段落の後に広告をさしこみたいなぁ・・・」なんて事を思う人が居るかもしれません。

 
ある程度記事のフォーマットが決まっていて、且つ自分のスタイルが出来上がっている人であれば、広告の挿入位置を「~段落の後に貼りたい」と考えているかもしれません。

 
もしくは、リード文の途中でも良いので段落が切れたら、ユーザーの目線に広告が飛び込むようにしたいと考える人も「~段落の後に広告を」と思っているかもしれませんね。

 
Quick Adsenseには自分の好きな段落の後に、自動で広告を挿入してくれる設定があるので、好きな段落の後に広告を挿入する事が出来ます。

 
好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定について、簡単でわかりやすく詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 
【Quick Adsense】好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定
 

 

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定

好きな段落の後に自動的にアドセンス広告を挿入する設定では、「自分の選んだ段落」の前に自動で広告を挿入するかどうかを設定する事が出来ます。
段落は「10段落目」等数値で決める事が出来ます。

また、もし「10段落目」まで文章が無い記事だったとしても、記事の一番下に広告を挿入するかどうかを設定する事もできるので、とても便利ですね。

好きな段落の後に自動的にアドセンス広告を挿入するには次の流れで設定する事が出来ます。

  • 「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる
  • 好きな段落の数を選ぶ
  • 段落が不足している時に広告を有効にするかどうか選ぶ
  • 好きな段落の後に挿入する広告コードを入力する

※XXXの部分にはリストで選択した任意の広告の事を指します。

 
これだけで自分の好きな段落の後に自動的にアドセンス広告を挿入することが出来るのでとても簡単で便利ですよね。

 
では、実際に自分の好きな段落の後に自動で広告を掲載する方法を具体的に見つつ広告を掲載してみましょう。

 

 

 

「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる

「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる
「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる事によって、自分の好きな段落の後に広告を掲載する設定が有効化されるようになります。
逆に記事の挿入した広告の掲載を無効化したい場合は、このチェックを外す事で簡単に無効化する事が出来ます。

 
好きな段落の後に挿入する広告は3つまで選択することが出来、それぞれ別の広告を選ぶ事が出来ます。

 
また、どの広告を好きな段落の後に設定するかもリストの中から選択する事が出来るのでリスト内から選択しておきましょう。
リストから「Random Ads」を選択すると、設定されている全広告の中から、ランダムで記事の最初に挿入する広告を選んでくれます。

 
画像の例では、記事の好きな段落の後に広告を掲載する設定を有効化し、掲載する広告に「Ads6」を選択しています。

 

 

 

好きな段落の数を選ぶ

好きな段落の数を選ぶ
広告を挿入したい段落については、自分の好きな段落を数値で指定する事が出来ます。
例えば、「3」を選んだ場合は「3段落目の後」に広告が挿入されるようになります。

任意の段落の数値はリストから選ぶ事が出来るので広告を挿入したい段落を指定するようにしましょう。

画像の例では、3段落目の後に広告を挿入する設定になっています。
 

 

 

段落が不足している時に広告を有効にするかどうか選ぶ

段落が不足している時に広告を有効にするかどうか選ぶ
場合によっては設定した段落に満たない記事を書く事もあるかもしれません。
そんな時は、設定した段落の数が不足した場合に、記事の下部に挿入しようとしていた広告を設定するかどうかを設定する事が出来ます。

 
「 to End of Post if fewer paragraphs are found」の左にあるチェックボックスをONにする事によって、段落が不足している時に広告を記事の下部に挿入し、OFFにする事によって段落が不足している時は広告を挿入しない設定になります。

 
段落が3段落など、小さい数値を設定している場合は恐らく問題はないかと思いますが、「20段落目」等を設定している時は、投稿する記事の内容によっては満たさない場合もあるでしょう。

 
その時の広告の掲載について「貼るか貼らないか」を決めておくイメージですね。
画像の例では、段落が不足している時に広告を挿入しない設定になっています。
 

 

 

好きな段落の後に挿入する広告コードを入力する

好きな段落の後に挿入する広告コードを入力する
次に投稿記事の好きな段落の後に実際に挿入する広告コードを入力しましょう。
「Adsense Codes」の項目で、「After Paragraph」のリストで選択したものに対応する部分に広告コードを入力していきます。

 
投稿記事の任意の段落の後に挿入する広告の位置やマージンについても自分のブログの任意の段落の後に適した表示レイアウト、マージンを設定しましょう。

 
投稿記事の任意の段落後に挿入する広告コードの入力が終わったら、画面下部にある「変更を保存」ボタンを押して設定内容を保存しましょう。

 
画像の例では、「Ads6」に実際に挿入する広告コードを入力し、中央位置にマージン10pxで広告を追加する設定になっています。

 

 

 

 

好きな段落の後に広告が掲載されたか確認する

好きな段落の後に広告が掲載されたか確認する
記事の好きな段落の後に広告を自動挿入する設定が完了するとQuick Adsenseの機能によって、実際に任意の段落後に広告が掲載されるようになります。

 
画像の例は実際にQuick Adsenseで記事の好きな段落の後に広告を自動挿入し、表示した一例です。

 

 

 

 

スポンサーリンク


好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定を読むうえで知っておきたい知識

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定を読むうえで知っておきたい知識
好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定を読む上で知っておきたい事について紹介します。
何かに困った時に他の方法を思いついたり、用語がわからなくて読みづらいと感じた場合は、これから紹介する事を参考にしてみてください。

 

 

 

Quick Adsenseとは

【Wordpress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense
Google Adsenseの広告を簡単掲載してくれるQuick Adsenseとは、Googleアドセンスのコードをプラグインに設定しておく事で、簡単に広告を掲載してくれるプラグインです。

 
Quick Adsenseでは自動的に記事上と、記事下に設定しておいたGoogleアドセンスを自動的に広告として追加してくれたり、記事の中に自動的に追加してくれる機能。ウィジットする機能があったり詳細な設定が出来たりと広告掲載でとても便利なプラグインです。

 
まとめておくと、Quick Adsenseでは、Googleアドセンス広告を掲載する上で次のような事が出来ます。

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する
  • アドセンス広告に関わる各種設定
  • アドセンス広告を挿入してくれる各種クイックタグの利用
  • Wordpressの投稿画面にクイックタグの挿入ボタンを追加してくれる
  • アドセンス広告のウィジットの追加

 
Quick AdsenseはとてもGoogleアドセンスのみならず広告を掲載する上ではとても優れたプラグインなのですが、デフォルトのままだと設定した日本語が文字化けする不具合があります。

 
例えば、「スポンサーリンク」などをQuick Adsenseに直接入力し利用しようとすると、文字化けし意味の分からない記号や文字で表示されてしまいます。

 
Quick Adsenseを利用する上では日本語を入力できるように、次のような対策を行い文字化けを対応する必要があります。

  • Quick Adsenseのプログラムを一部修正する
  • ショートコードの利用
  • 他プラグインとの併用

 

Wordpressのプラグインの一つであるQuick Adsenseは日本語の入力に対応していない為、挿入しようとしている広告コード内に日本語が含まれる時に、この日本語の表記が文字化けしてしまいます。

 
文字化けした文字は、何回か設定を保存しているうちに文字化けに、更に文字化けを重ねて膨大テキスト量の広告コードとなってしまう為、Quick Adsenseを利用する上では日本語の対応は必須と言えます。

 
Quick Adsenseの意識している広告である「Google Adsense」でも、広告の名前に日本語表記を用いると、広告のスニペットのコメントとして広告の日本語表記が追加されるので、Google Adsenseの広告を掲載する上でも注意が必要です。

 
Quick Adsenseで日本語文字化けの対応の方法として「quick-adsense-admin.php」を編集する事で、日本語に対応する事が出来ます。
Quick Adsenseの日本語文字化けの対応は次の流れで行いましょう。

  • 「quick-adsense-admin.php」の編集画面を開く
  • 日本語に対応させるPHPコードを追記する

 

Quick Adsenseを使って広告を掲載するには、主に設定によって記事やブログのサイドバーなどに広告を掲載する使い方が基本となります。
設定によって利用する広告や広告の位置などを指定する事で、Quick Adsenseがブログ内のさまざまなな位置に自動で広告を掲載してくれます。

 
つまり、Quick Adsenseを利用する上で、重要となってくるのが設定となります。

 
Quick Adsenseで広告掲載をする上で重要となる設定について具体的に見ていきましょう。
Quick Adsenseの設定は大きく分けると次のような設定に分ける事が出来ます。

  • 記事内に掲載する広告の位置に関する設定
  • 広告を掲載するページの種類に関する設定
  • エディタのクイックタグに関する設定
  • ウィジットとして掲載する広告の設定

 
WordpressでGoogle Adsenseの広告を簡単掲載するプラグインであるQuick Adsenseについては「【WordPress】Google Adsenseの広告を簡単掲載するプラグイン Quick Adsense」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

Quick Adsenseの設定と使い方

【Quick Adsense】Quick Adsenseで広告を掲載する設定と使い方
Quick Adsenseを使って広告を掲載するには、主に設定によって記事やブログのサイドバーなどに広告を掲載する使い方が基本となります。
設定によって利用する広告や広告の位置などを指定する事で、Quick Adsenseがブログ内のさまざまなな位置に自動で広告を掲載してくれます。

 
つまり、Quick Adsenseを利用する上で、重要となってくるのが設定となります。

 
Quick Adsenseで広告掲載をする上で重要となる設定について具体的に見ていきましょう。
Quick Adsenseの設定は大きく分けると次のような設定に分ける事が出来ます。

  • 記事内に掲載する広告の位置に関する設定
  • 広告を掲載するページの種類に関する設定
  • エディタのクイックタグに関する設定
  • ウィジットとして掲載する広告の設定

 

Quick Adsenseでは、掲載する広告の位置について詳細な設定を行う事で、投稿記事のページの先頭や記事中間、ページ下部など、色々なところに広告を掲載する事が出来ます。

 
Quick Adsenseの広告の掲載位置に関する設定については、まとめると次のような設定を行う事が出来ます。

 

  • 投稿記事上に自動的にアドセンス広告を挿入する設定
  • 投稿記事中に自動的にアドセンス広告を挿入する設定
  • 投稿記事下に自動的にアドセンス広告を挿入する設定
  • <!–more–>タグの後に自動的にアドセンス広告を挿入する設定
  • 最後の段落の前にアドセンス広告を挿入する設定
  • 任意の段落の後にアドセンス広告を挿入する設定
  • 挿入した画像の直後にアドセンス広告を挿入する設定

 

Quick Adsenseの設定では、広告を掲載するページの種類を指定する事が出来ます。
トップページには広告を掲載したくない、投稿記事だけに広告を掲載したい等のページ種類ごとに広告掲載を行う場合に重宝します。

 
Quick Adsenseで広告を掲載するページの種類を指定するには、Quick Adsense設定画面の「Options」内の「Appearance」から設定する事が出来ます。

 
Options内のAppearanceで設定できる設定項目は次の通りです。

  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • トップページ
  • カテゴリーページ
  • アーカイブページ
  • タグページ
  • トップ・カテゴリ・アーカイブ・タグページの一括広告表示設定
  • トップページだけQuick Adsenseのウィジットを停止
  • ワードプレスログインユーザには広告を表示しない

 

Quick Adsenseのエディタに追加されるクイックタグのボタン設定では、Quick AdsenseをWordpressにインストールした際にエディタに追加されるクイックタグの入力補助ボタンの表示・非表示を切り替える事が出来ます。

 
全てのクイックタグの入力補助ボタンの表示・非表示を切り替えたり、普段利用しない特定のタグを入力するボタンの表示・非表示を切り替える事が出来ます。

 
Quick Adsenseのエディタに追加されるクイックタグのボタン設定では次のような設定を行う事が出来ます。

  • クイックタグを入力補助するボタンをエディタに追加するか
  • クイックタグを入力するボタンの内、RndAdsを非表示にするか
  • クイックタグを入力するボタンの内、NoAds,OffDef,OffWidgetを非表示にするか
  • クイックタグを入力するボタンの内、OffBegin,OffMiddle,OffEnd,OffAfMore,OffBfLastParaを非表示にするか

 

Quick Adsenseではサイドバーへの広告掲載をサポートする機能があり、ウィジット機能で利用できるオブジェクトをQuick Adsenseの設定画面で作っておく事で、サイドバーへの広告掲載を可能にします。

 
Quick Adsenseではサイドバーに広告を追加する設定として、このウィジットに追加する広告コードを設定することが出来ます。
Quick Adsenseでサイドバーに広告を追加するには次の設定を行う必要があります。

  • Quick Adsenseの設定画面でウィジットに追加する広告コードを設定
  • ウィジット機能でサイドバーに広告ウィジットを追加する

 
Quick Adsenseで広告を掲載する設定と使い方については「【Quick Adsense】Quick Adsenseで広告を掲載する設定と使い方」で簡単でわかりやすく、更に詳しく紹介しているのでチェックしていってくださいね。

 

 

 

 

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定 あとがき

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定 あとがき
好きな段落の後に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定について紹介しました。

 
好きな段落の後に広告を挿入する設定は、意外と使いやすく、特に記事上の広告を任意の段落の後に設定する事でインプレッション的な効果を高める事が出来る可能性を秘めています。

 
ブログによってはmoreタグや記事上に広告を掲載するよりも効果が高まる可能性もあるので、好きな段落の後に広告を挿入する方法で広告を紹介してみてください。

 
個人的には「ちょっと邪魔くさい場所」に広告が入り込んでしまう印象がありますが、収益を最優先にしたい人などは任意の段落の後に広告を挿入してみてはいかがでしょうか。

 
好きな段落の後に広告を自動挿入するQuick Adsenseの設定を使って、読者や運営者にとって良好な関係を築けるようなブログを作っていきましょう。

 

 

 

 

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定 まとめ

好きな段落の後に広告を挿入するQuick Adsenseの設定 まとめ
好きな段落の後に自動的にアドセンス広告を挿入する設定では、「自分の選んだ段落」の前に自動で広告を挿入するかどうかを設定する事が出来ます。
段落は「10段落目」等数値で決める事が出来ます。

また、もし「10段落目」まで文章が無い記事だったとしても、記事の一番下に広告を挿入するかどうかを設定する事もできるので、とても便利ですね。

好きな段落の後に自動的にアドセンス広告を挿入するには次の流れで設定する事が出来ます。

  • 「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる
  • 好きな段落の数を選ぶ
  • 段落が不足している時に広告を有効にするかどうか選ぶ
  • 好きな段落の後に挿入する広告コードを入力する

 
「Assign XXX After Paragraph」にチェックを入れる事によって、自分の好きな段落の後に広告を掲載する設定が有効化されるようになります。
逆に記事の挿入した広告の掲載を無効化したい場合は、このチェックを外す事で簡単に無効化する事が出来ます。

 
好きな段落の後に挿入する広告は3つまで選択することが出来、それぞれ別の広告を選ぶ事が出来ます。

 
また、どの広告を好きな段落の後に設定するかもリストの中から選択する事が出来るのでリスト内から選択しておきましょう。
リストから「Random Ads」を選択すると、設定されている全広告の中から、ランダムで記事の最初に挿入する広告を選んでくれます。

 
広告を挿入したい段落については、自分の好きな段落を数値で指定する事が出来ます。
例えば、「3」を選んだ場合は「3段落目の後」に広告が挿入されるようになります。

任意の段落の数値はリストから選ぶ事が出来るので広告を挿入したい段落を指定するようにしましょう。

 
場合によっては設定した段落に満たない記事を書く事もあるかもしれません。
そんな時は、設定した段落の数が不足した場合に、記事の下部に挿入しようとしていた広告を設定するかどうかを設定する事が出来ます。

 
「 to End of Post if fewer paragraphs are found」の左にあるチェックボックスをONにする事によって、段落が不足している時に広告を記事の下部に挿入し、OFFにする事によって段落が不足している時は広告を挿入しない設定になります。

 
次に投稿記事の好きな段落の後に実際に挿入する広告コードを入力しましょう。
「Adsense Codes」の項目で、「After Paragraph」のリストで選択したものに対応する部分に広告コードを入力していきます。

 
投稿記事の任意の段落の後に挿入する広告の位置やマージンについても自分のブログの任意の段落の後に適した表示レイアウト、マージンを設定しましょう。

 
好きな段落の後に広告が掲載されたか確認する
記事の好きな段落の後に広告を自動挿入する設定が完了するとQuick Adsenseの機能によって、実際に任意の段落後に広告が掲載されるようになります。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク





 - Wordpress , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定
【Quick Adsense】記事の最初に自動で広告を掲載するQuick Adsenseの設定

Google Adsenseや忍者Admaxといった広告をブログで掲載している人 …

【Wordpress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事
【WordPress】プラグインを自作する上で絶対に知っておきたい事

WordPressでブログを運営していて、上級者になってくると「より自分にあった …

【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】ブラウザキャッシュ(Browser Cache)を設定しよう!

W3 Total Cacheにはブラウザキャッシュに関する詳細な設定を行う事が出 …

【Wordpressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法
【WordPressプラグイン自作】管理画面の任意画面を表示する時に処理実行する方法

WordPressでプラグインを自作開発していると、Wordpressの管理画面 …

【Stinger5】PCで記事下に2つ横並びの広告を表示する方法
【Stinger5】PCで記事下に2つ横並びの広告を表示する方法

WordPressでブログを運営していて、Stinger5のテーマを利用している …

【Wordpressプラグイン自作】プラグインの処理をWordpressに実行させる「フック」
【WordPressプラグイン自作】プラグインの処理をWordPressに実行させる「フック」

WordPressでプラグインを自作で開発する人にとって絶対に避けて通る事が出来 …

【Quick Adsense】Quick Adsenseで広告を掲載する設定と使い方
【Quick Adsense】Quick Adsenseで広告を掲載する設定と使い方

WordPressをブログを運営し、広告掲載の上でQuick Adsenseを導 …

【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法
【Stinger5】ウィジット機能を使ってGoogle Adsenseの広告を掲載する方法

WordPressのテーマであるStinger5にはデフォルトの基本機能として、 …

【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ
【TinyMCE Templates】テンプレート挿入時にHTML自動整形を停止するカスタマイズ

TinyMCE TemplatesはWordpressの投稿画面のようにテンプレ …

【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!
【W3 Total Cache】データベースキャッシュ(Database Cache)を設定しよう!

キャッシュ系プラグインとしてW3 Total Cacheを利用している人はデータ …